オリックス銀行カードローンの返済方法や返済額。コンビニで返済できる?一括返済は?

カードローンと言えば申込方法や借入方法ばかりが取り沙汰されていますが、カードローンで一番注意しなければならないのが返済。

カードローンは審査にさえ通れば、その後は借入限度額内で簡単に借り入れできますが、それもキチンと毎月の返済が行われていることが前提となります。

度重なる遅延や延滞を繰り返すと、利用限度額を減らされたり、最悪、利用停止となることもあるからです。

また返済について詳しく知ることは、金利負担を減らす賢い利用法を知ることにも繋がります。

これを知るのと知らないのとでは、返済総額にも格段の差が生まれることでしょう。

そこで今回はオリックス銀行カードローンの返済に焦点を絞って、あらゆる角度から検証していくことにしましょう。

なお、審査に関する情報はこちらのページを参照してください。
オリックス銀行カードローン審査情報

【公式サイト】

オリックス銀行カードローンの返済で重要なポイントはコレ!

オリックス銀行カードローンの審査に通過して無事利用可能となれば、借入月の翌月から返済が始まります。

そこで確実な返済を継続してもらうためにも、よく理解しておいてもらいたいのが下記の3点です。

・返済方法
・返済日
・返済額

この3点をチャンと抑えておかなければ、返済遅れや返済不足などを引き起こし、信用情報期間にその記録が登録されることになります。

返済遅れはオリックス銀行からの信用度は確実に減りますし、それが度重なる遅延や延滞となれば信用情報機関にもその記録が登録されることとなり、今後のローン等の審査にも悪影響を及ぼすことになるのです。
(参照:信用情報機関と個人信用情報~事故情報の保持期間

そこでまずはオリックス銀行カードローンにおいて、上記3つがどのようになっているのかを詳しく説明していきます。

【公式サイト】

オリックス銀行カードローンの返済方法は?

カードローン利用者は好きな時に簡単に借りたいという思いが強いため、申込時に借入方法については詳しく調べます。

しかし、返済方法については二の次というのが実情でしょう。

たいていの方はATMを利用した面倒のない返済を希望されるでしょうが、ATMにしてもその利用条件をよく理解しておかないと、返済遅れになるなどの不利益をもたらすことにもなるのでシッカリと利用条件を理解しておく必要があります。

オリックス銀行カードローンの返済方法は下記の3つです。

・提携ATMからの返済
・口座振替による引き落とし
・指定返済用口座への振込

それでは各返済方法の詳細を見ていきましょう。

①提携ATMからの返済

オリックス銀行は自社ATMを持っていません。

よってATM返済は提携ATMで行うことになります。

1.提携ATM手数料が無料

一般的に提携ATM利用時には下記の使用手数料が必要になりますが、オリックス銀行カードローンはどの提携ATMを利用しても手数料はかかりません。

・1万円以下 使用手数料108円
・1万円超え 使用手数料216円

提携ATM利用者の多いカードローンにおいて、この点はオリックス銀行カードローンの大きなメリットと言えるでしょう。

2.提携ATM

また提携ATMは全国で100,000台以上(2018年2月末現在)が稼働しており、下記の提携ATMが利用できます。

(コンビニ・スーパー)
・セブン銀行ATM(セブンイレブン、イトーヨーカドー)
・E-NETコンビニATM(ファミリーマート、スリーエフ、ポプラ、デイリーヤマザキなど)
・ローソンATM
・イオン銀行ATM(イオン、ミニストップ)
(銀行)
・三菱UFJ銀行ATM
・三井住友銀行ATM
・西日本シティ銀行ATM
・ゆうちょ銀行

なんといってもコンビニ最大手のセブンイレブンとローソンが利用できるので、提携ATMを見つけるのに困るということはないでしょう。

3.提携ATM利用可能時間

コンビニATMなら24時間365日利用可能と思っている方も多いでしょうが、実際のところ休みなく稼働しているATMはありません。

よって、時間ギリギリの返済で間に合わなかったということにならないためにも、利用する可能性のあるATMの営業時間は把握しておく必要があります。

提携ATMの利用可能時間は下記のとおりです。

・コンビニ、スーパーATM全般
全日 0時15分~3時、4時10分~23時50分
*イオン銀行のみシステムメンテナンスのため第2月曜日1時30分~7時の利用はできません。
・三菱UFJ銀行ATM
全日 0時15分~3時、4時10分~23時50分
*イオン銀行のみシステムメンテナンスのため第2土曜日21時~翌7時の利用はできません。
・三井住友銀行ATM
月曜日 7時~23時45分
火曜日~土曜日 0時15分~3時、4時10分~23時45分
日曜日 0時15分~3時、4時10分~21時
*祝日は当該曜日の営業条件と同じ。また不定期にシステムメンテナンス等のため利用できない場合があります。
・西日本シティ銀行ATM
平日 7時~19時
土日祝日 8時~19時
*不定期にシステムメンテナンス等のため利用できない場合があります。
・ゆうちょ銀行ATM
全日 0時15分~3時、4時10分~23時40分
*第3月曜日のみ7時からの利用となり、不定期にシステムメンテナンス等のため利用できない場合があります。

②口座振替

口座振替ならば残金不足さえなければ、手数料もかからず確実に返済することが可能です。

返済を忘れがちな方には、おススメの返済方法と言えるでしょう。

オリックス銀行カードローンの口座振替は利用できない銀行があるので、口座振替希望者は注意しておかなければなりません。

口座振替ができない銀行は下記のとおりです。

・ゆうちょ銀行
・オリックス銀行
・セブン銀行、楽天銀行、イオン銀行等のネットバンク
・シティバンク等の外資系銀行
・農林中央金庫
・商工中金

なんでオリックス銀行が入っているのと驚かれる方も多いでしょうが、オリックス銀行の普通預金口座は少々特殊で自動受取や自動支払の口座としては利用できません。

これら銀行に口座をお持ちの方は、ほかの返済方法を選ぶか、前もって対応可能な銀行に新規口座を用意しておくようにしましょう。

③指定返済用口座への振込

オリックス銀行カードローンの銀行振込による返済は、ほかのカードローンと少々勝手が違います。

返済で銀行振込を選ぶと、利用者ごとに返済専用口座が用意されます。

よって通常ならば振込先銀行名がHP等に記載されているのですが、この返済専用口座はお客様専用サイトの「メンバーズナビ」でないと確認できません。

また海外からの送金による振込には対応しておらず、振込手数料が発生するので、決して利便性のいい返済方法とは言えないでしょう。

返済日

オリックス銀行カードローンの返済日は毎月10日、もしくは末日のどちらかから選べます。

これはどの返済方法を利用しても、同じ返済期日となってきます。

しかし、返済する日には注意する必要があります。

というのが返済が早過ぎると約定返済ではなく、随時返済として処理されてしまうからです。

「約定返済?随時返済?」と首を傾げられた方もいるでしょう。

約定返済とは10日もしくは末日に行う毎月の返済のことで、随時返済とはそれとは別に余裕ができた場合などに多めに返済する方法を指します。

よって、今月は早めに返済しておこうと行った返済が、約定返済ではなく随時返済として処理されてしまうと、約低返済を再度行うことになるのです。

オリックス銀行カードローンの約定返済かどうかを決める基準時は、約定返済日の14日前の午前3時となっています。

返済を2度行う羽目にならないためにも、この約定返済金額決定基準時には気をつけるようにしましょう。

返済額

オリックス銀行カードローンの毎月の最低返済額は借入額残高によって決まっており、下記のように高額になればなるほど返済額は高くなってきます。

・30万円以下       7,000円
・30万円超~50万円以下 10,000円
・50万円超~100万円以下 20,000円
・100万円超~150万円以下 30,000円
・150万円超~200万円以下 35,000円
・200万円超~250万円以下 40,000円
・250万円超~300万円以下 45,000円
・300万円超~400万円以下 50,000円
・400万円超~500万円以下 60,000円
・500万円超~600万円以下 70,000円
・600万円超        80,000円

利用期間が長くなると一体いくらの借り入れを行っているのかわからなくなる方も多いと思いますが、借入額を把握しておくことは毎月の返済額を忘れないだけでなく、過剰な借り入れを防ぐ抑止力にもなります。

その点をよく理解して、残高照会と取引明細書の確認を毎月必ず行うようにしましょう。

確認方法は簡単です。

契約ご利用可能となるお客様サポート「メンバーズナビ」にログインし、「残高照会」と「取引明細照会」の項目を選択するだけです。

口座振替の場合はデータ反映されるのに2~3営業日必要になってくるので、それだけ念頭に置いておけばタイムリーなデータをすぐに確認することができます。

ほかにも返済確認表など様々な会員サービスが提供されているので、ぜひ利用するようにしてください。

 

賢く返済したいのならば随時返済や一括返済がおススメ!

借り入れした後は無理のない範囲で返済したいという方は多いことでしょう。

しかし、カードローン金利は一般の金融商品の金利に比べかなり高金利です。

しかもオリックス銀行カードローンの場合は、300万円を超える借り入れならばより低金利が適用されますが、300万円以下の借入金利はそうでもありません。

よって、余裕がある際には随時返済を行って、借入残金を少しでも早く処理するのが賢い返済方法と言えるでしょう。

随時返済の1番大きなメリットは直接元金を減らすことができる点です。

 

随時返済で直接元金を減らそう!

随時返済によって直接元金を減らせば、支払う利息は自ずと少なくなってきます。

オリックス銀行カードローンの利息は元金に応じて支払額が変わってきます。

これはなにもオリックス銀行カードローンに限った話ではなく、金融機関からの借り入れ全てに共通して言えることです。

ここで実際に例を挙げてその違いを見てみましょう。

オリックス銀行カードローンの上限金利である金利17.8%で、100万円と50万円の借入残金に掛かる利息を計算してみます。

・100万円 17.8万円
・50万円 8.9万円

なんと利息には倍以上の開きが出ています。

それでは次は近い数字の100万円と80万円ではどうでしょうか?

・100万円 17.8万円
・80万円 14.24万円

この近い数字でも3万円以上の開きが出ています。

つまり、利息支払いをできるだけ抑えるためには、早めに元金を減らすのが最善の策となってくるのです。

約定返済だけに頼り切った返済では、なかなか元金は減りません。

通常の約定返済は返済額が借入残金に応じて固定されており、その中に毎月発生する利息が含まれています。

利息は上記のように元金が高額なほど高くなってくるので、借入直後の約定返済時には金利支払いが多く、元金返済に充てる額が少なくなってしまいます。

よって、約定返済だけに頼った返済では、元金が減りにくく、多くの利息を支払うことになるのです。

そこで是非とも行って欲しいのが随時返済です。

先程も申しましたように随時返済は約定返済のように利息支払いを含みませんから、返済した分だけ確実に元金を減らすことができます。

もちろん生活に負担がかかるような無理な返済を行う必要はありませんが、少しでも余裕ができた月には随時返済を行うよう心がけましょう。

 

最も効果があるのが一括返済

随時返済を行って元金の早期返済を進めるのも賢い返済方法ですが、もしも余裕があるのならば一括返済が最もメリットの高く、賢い返済方法となります。

オリックス銀行カードローンの上限金利である17.8%で100万円の借り入れを行い、50万円の返済を完了しているとしましょう。

借入残金である50万円に対する利息は8.9万円ですが、これを一括返済できたなら8.9万円全額を支払う必要がないのです。

もちろん一括返済となるとそれなりにまとまった金額が必要となるので、できる方とそうでない方は出てくるでしょう。

しかし、この一括返済はすぐには用意できない借入残高がある方よりもむしろ、少し無理をすれば用意できる10万円未満の借入残高の方に利用してもらいたいのです。

10万円の借入残金であれば金利17.8%でも利息は1.78万円ですから、大した利息ではないと考える方が多いでしょうが、少額であろうとも一括返済できるのであれば利息支払いなんてバカなことをする必要はありません。

そのお金を使って家族で食事に行った方がいくらも生きたお金の使い方となるでしょう。

大した利息ではないからと考えず、返済できるなら一括返済を利用して、無駄な利息支払いは避けるよう心がけてください。

随時返済と一括返済の方法は?

それでは最後に是非とも利用してもらいたい随時返済と一括返済のやり方を説明しておきましょう。

随時返済と一括返済はオリックス銀行カードローンが用意している返済方法すべてで行えます。

随時返済は返済額が任意となりますが、一括返済の場合はオリックス銀行カードローンへの問い合わせが必要となります。

問い合わせはお客様サポート「メンバーズナビ」にログインすれば、「一括返済シミュレーション」で下記の手順で確認できます。

1.一括返済予定日を入力して検索を押す
2.一括返済金額が表示される

間違った金額を返済しても一括返済とはならず、残金に対する利息が発生することになるので、必ずここで確認して正しい金額を指定した返済予定日に合わせて返済するようにしてください。

それではその返済方法を簡単に紹介しておきましょう。

①提携ATMからの返済

随時返済は先に紹介した提携ATMすべてで行えますが、一括返済の場合は利用できる提携ATMが限定されます。

その提携ATMは下記です。

・三菱UFJ銀行ATM
セブン銀行ATM、ローソン、Enet、イオン銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、西日本シティ銀行

1回あたりの最大返済額は200万円となっています。

それ以上の返済が必要な方は複数回に分けて入金するようにしましょう。

また西日本シティ銀行ATMは一部のATMで一括返済が行えません。

利用する際にはオリックス銀行カードローンへ問い合わせして、利用する提携ATMが対応可能かどうかを事前確認するようにしてください。

②口座振替による引き落とし

口座振替による返済は毎月の約定返済日しか行えません。

ほか2つの返済方法ならば返済日を指定できるため、早期返済で少しでも利息を減らすことができます。

しかし、口座振替だと最大で1ヶ月分の利息を余分に支払うこととなるので、この利息支払いが気になる方ははかの返済方法を選択することをおススメします。

また利用には随時返済、一括返済ともにオリックス銀行カードローンへ申し込む必要があります。

その方法は先程紹介したお客様サポート「メンバーズナビ」の「増額返済申込」から下記の手順で行えます。

1.「増額返済申込」もしくは「一括返済申込」を選択
2.「増額返済金額」もしくは「一括返済金額」を選択
3.「お振込み口座」を選択
4.入力内容を確認して「増額返済を申込む」もしくは「一括返済を申込む」を選択
5.申込完了

申し込みが面倒な上、支払利息が多くかかるので、あまりおススメできる返済方法とは言えませんね。

③指定返済用口座への振込

オリックス銀行カードローン利用者ごとに用意された返済専用口座から返済する方法です。

返済専用口座は客様専用サイトの「メンバーズナビ」にあり、その口座に返済を行います。

利用方法は通常返済と同様で、海外からの送金はできない点も同じですから、この点だけは注意しておきましょう。

【公式サイト】

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る