オリックス銀行カードローンの提携ATMは手数料無料。借り入れと返済は?

近年はインターネット社会に突入したこともあり、全てにおいてネットを利用した活用法が求められるようになりました。

これはカードローン業界のも影響を及ぼし、インターネット申込や振込キャッシングなど、その利用手段にも広くインターネット活用ができる設備が整えられています。

しかし、ことカードローン利用で一番利便性が高いのがATM。

今ではいたるところにATMが設置されており、その数は利用するのに探す手間が必要ないほどとなっています。

また振込キャッシングを利用しても現金入手は結局ATMからとなるため、端からATM利用した方が手間がかからないのが実情です。

このような事情によって、カードローンにおいてはATMが重要な位置づけとなっています。

そこで今回はオリックス銀行カードローンのATM対応がどうなっているのかに焦点を絞って検証していくことにします。

【オリックス銀行公式サイト】

オリックス銀行カードローンの提携稼働ATMは?

銀行カードローンに限らず、消費者金融カードローンも大手ともなれば自社ATMを持っているのが一般的です。

よって、カードローン業者の稼働ATMは自社ATMと、ほかの金融機関のATM利用が可能な提携ATMの総数で表されることとなります。

特に近年は消費者金融カードローンが有人店舗を減少させる傾向にあるため、自動契約機と自社ATMだけを備えた無人店舗の拡充が図られているので、大手消費者金融の自社ATMを見かけたことがある方は少なくないでしょう。

そんな中、驚くことに

オリックス銀行カードローンは自社ATMを持たないカードローン

なのです。

オリックス銀行は無店舗経営のネット銀行

実はオリックス銀行は店舗を持たない無店舗経営であり、それゆえ自社ATMすら持ちません。

下記のように本店と数点の事務所は構えていますが、通常の銀行業務で発生する業務の大半を非対面で行い、不必要なコストを省くことでそれを販売商品のコスト等に反映させています。

・本店/東京住宅ローンプラザ
・大阪オフィス/大阪住宅ローンプラザ
・福岡オフィス/福岡住宅ローンプラザ
・立川オフィス

オリックス銀行カードローンのATMは提携ATMのみ!

自社ATMがないなら、利用できるATMは提携ATMのみということになってきますよね。

となれば気になってくるのが提携ATMの使用手数料。

カードローンのことを少しは知っている方ならご存知でしょうが、自社ATMなら使用手数料は無料、提携ATMは使用手数料が有料というのがカードローン業界の一般常識で下記の使用手数料が発生します。

・利用金額1万円以下 110円
・利用金額1万円超え 220円

たった数百円くらいという方もいるでしょうが考えても見てください。

この手数料はカードローンの利用回数が多い方ほど多くなり、仮に1ヶ月に返済を含め1回110円の手数料を4回支払ったとしましょう。

その金額は1年で「(110円×4回)×12ヶ月=5280円」、これが220円の手数料ならば「(220円×4回)×12ヶ月=10,560円」となります。

しかも、複数年にわたってカードローン利用するとなると、かきのようにその年数分をかけた手数料が発生してくるのです。

・2年利用時
110円の場合 10,560円
220円の場合 21,120円

・3年利用時
110円の場合 15,840円
220円の場合 31,680円

・4年利用時
110円の場合 21,120円
220円の場合 42,240円

・5年利用時
110円の場合 26,400円
220円の場合 52,800円

こうしてみれば決して気にしないでいられる金額ではありませんよね。

カードローンの場合はATM利用率が多い上、利用期間も複数年となるので、こうなる確率は決して低くありません。

しかし、オリックス銀行カードローンの提携ATMはどのATMを利用しようと借入・返済にかかわらず使用手数料は完全無料です。

「自社ATMは持たないけれど、その代わり提携ATM使用料は無料にします」というのがオリックス銀行カードローンのスタンスとなっているのでしょう。

冒頭でも申しましたようにATMの利便性はカードローン利用には欠かすことができません。

よって、賢いカードローン選びをする際には「提携ATM使用料が無料かどうか」が、必ず選択肢の中に含まれるほどです。

となればオリックス銀行カードローンの提携ATM利用は提携ATM使用料が有料のところが多い中、上記のような手数料を支払う必要のない点は見逃すことのできない大きなメリットとなってきますね。

オリックス銀行カードローンの提携ATM台数は?

提携ATMの使用手数料が無料だとしても、稼働台数が十分でなければ意味はありません。

利用できる提携ATMを探して回らなければならないなら、ATM自体の利便性が失われてしまいますものね。

しかし、この点は安心してください。

何と

オリックス銀行カードローンの提携ATMは全国で100,000台以上
(2020年3月末現在)

が稼働しています。

この数字にピンとこない方もいるかもしれませんが、47都道府県での平均稼働台数が2,000台以上と言えば、その台数の多さを実感してもらえるのではないでしょうか。

また稼働台数の充実だけではありません。

最も利用頻度の多いスーパー、コンビニの提携ATMが充実しており、何といっても日本最大手の最大手のセブンイレブンとローソンの提携ATMが利用できるのですから、ATMを探して回る心配は一切ありません。

提携ATM先は下記のとおりです。

スーパー・コンビニ系
・セブン銀行
(セブンイレブン、イトーヨーカドー)
・E-NETコンビニ
(ファミリーマート、ポプラ、デイリーヤマザキなど)
・ローソン
・イオン銀行
(イオン、ミニストップ)

銀行
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・西日本シティ銀行
・ゆうちょ銀行

提携ATMの営業時間は?

カードローンを利用したことがある方なら、利用しようとわざわざ出向いたのにATMの利用が営業時間外だったという経験をしたことがある人も多いのでは?

コンビニATMは24時間365日利用可能と思っている方もいるようですが、24時間365日を謳っているコンビニATMでも正常に可動するためのメンテナンスが必要となります。

よって、ATMには必ずメンテナンス時間が必要となりますし、銀行ATMならメンテナンス時間の他にシッカリと決まった営業時間が設定されています。

そこで利用できなかったということにならないためにも、各提携ATMの営業時間について説明しておきましょう。

各提携ATMの営業時間は下記の通りです。

・スーパー・コンビニ
営業時間 全日0時15分~3時、4時10分~23時50分
*イオン銀行は第2月曜日1時30分~7時の間はシステムメンテナンスのため利用不可。
・三菱UFJ銀行
営業時間 全日0時15分~3時、4時10分~23時50分
・三井住友銀行
営業時間 月曜日7時~23時45分
火曜日~土曜日0時15分~3時、4時10分~23時45分
日曜日0時15分~3時、4時10分~21時
*祝日は曜日の営業条件と同じ。
不定期にシステムメンテナンス等のため利用できない場合もあり。
・西日本シティ銀行
営業時間 平日7時~19時
土日祝日8時~19時
*不定期にシステムメンテナンス等のため利用できない場合もあり。
・ゆうちょ銀行
営業時間 全日0時15分~3時、4時10分~23時40分
*第3月曜日のみ7時からの利用
不定期にシステムメンテナンス等のため利用できない場合もあり。

提携ATMからの一括返済は要注意!

オリックス銀行カードローンの提携ATMを使った返済で1つだけ注意して欲しい点があります。

それは一括返済の場合です。

約定返済と随時返済は何の問題もありませんが、一括返済の場合は利用できる提携ATMが限られています。

利用できる提携ATMは下記のとおりです。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、西日本シティ銀行

特に西日本シティ銀行では一部ATMで一括返済が行えないので、事前確認が必要となってきます。

また一度に返済できる上限額は200万円となっているので、それ以上の返済をする場合には分けて返済することになる点も合わせて覚えておきましょう。

オリックス銀行カードローンには提携ATM以外の借入・返済方法も!

それではオリックス銀行カードローンのATM対応についてご理解いただいたところで、最後に提携ATM以外の借入・返済方法について説明しておきましょう。

もしかすると提携ATMよりも利便性の高いものが見つかるかもしませんから、よく目を通すようにしてください。

オリックス銀行カードローンの提携ATM以外の借入方法は?

それではまず借入方法からです。

オリックス銀行カードローンの提携ATM以外の借入方法は残念ながら下記の1つだけです。

指定口座への振込キャッシング

有人店舗があれば店舗での店頭借入という方法もあるのですが、オリックス銀行は基本的に無店舗経営のため店舗での銀行業務は行っていません。

それではこの振込キャッシングの概要と注意点を説明していきましょう。

オリックス銀行カードローンの振込キャッシングの特徴は?

オリックス銀行カードローンの最大の特徴は即時振込です。

即日振込に対応しているカードローンは多くありますが、依頼後数秒で振込可能な即時振込に対応しているところは極小数です。

よって、振込キャッシングを利用する方にとっては、ほかのカードローンとの大きな差別化ポイントとなってくるでしょう。

しかし、即時振込を利用するにはジャパンネット銀行を指定口座にする必要があります。

振込指定口座を自社口座に指定していない点は、申し込みに口座開設が必要となることの多い銀行カードローンの中でオリックス銀行カードローンの1つのメリットとなってきます。

その代わり即時振込だけでなく振込キャッシングすべてのサービスを受けるためには、ジャパンネット銀行の口座開設が必要となってくるのです。

下記が振込キャッシングでの振込可能時間となります。

月曜日~金曜日 0時10分~8時40分 振込実施時間 即日9時~10時
8時40分~15時 振込実施時間 即日
15時~23時50分 振込実施時間 翌営業日9時~10時
土・日・祝日 0時10分~23時50分 振込実施時間 翌営業日9時~10時

即日振込のため振込時間が分からないばかりか、振り込みは銀行営業時間に左右されることになります。

しかし、ジャパンネット銀行を口座に指定すれば即時振込が受けられるだけでなく、ほぼ24時間365日の振り込みが可能で、時間や曜日に関係なく確実に現金を手にすることができるのです。

全日 0時10分~23時50分 振込実施時間 即時

よって、オリックス銀行カードローンで振込キャッシングを利用する方は、ジャパンネット銀行を振込先口座に指定することをおススメします。

即時振込サービス利用条件
①契約後(カード発行後)
②登録口座、または振込専用口座にジャパンネット銀行を登録いただければ利用可能

オリックス銀行カードローンのATM以外の返済方法は?

オリックス銀行カードローンのATM以外の返済方法には下記のものが挙げられます。

・口座振替
・口座振込

それではこの2つの返済方法の概要と注意点を説明していきましょう。

口座振替

口座振替はオリックス銀行カードローンだけでなく、ほかのカードローンでも広く提供されている返済方法で下記のメリットがあります。

・返済忘れがない
・手数料がかからない

よって、一番避けなければならない返済遅れを最も回避できる返済方法とも言えるので、是非とも利用してもらいたいおススメの方法と言えるでしょう。

しかし、オリックス銀行カードローンの口座振替はすべての銀行口座に対応しておらず、下記の銀行口座からは口座振替ができません。

・商工中金
・農林中央金庫
・セブン銀行、ローソン銀行、楽天銀行、イオン銀行などのネット系銀行(ただしジャパンネット銀行は除く)
・外資系銀行(※SMBC信託銀行はお引き落としできません。)
・漁業協同組合
・オリックス銀行

この中でもよく覚えておいて欲しいのがオリックス銀行座が利用できないという点です。

オリックス銀行の普通口座は自動受取や自動支払の口座として利用できないため、ほかの銀行では考えられないことですが口座利用ができません。

返済方法として口座振替を希望する方は、お手持ちの銀行口座が対応可能かを事前に確認しておくようにしましょう。

また、返済方法を途中で口座振替にするには「預金口座振替依頼書」の提出が必要となり、専用の返信用封筒(切手不要)を使って郵送しなければなりません。

この2つはメンバーズナビで印刷することができるので必要事項を記入して郵送し、返済方法を変更することをカードデスクに忘れず連絡するようにしましょう。(電話番号:0120-890-699)

口座振込

先ほどの口座振替と同様にオリックス銀行カードローンの口座振込もほかとは少々違った趣を持ちます。

通常、カードローンの返済用振込口座は下記のように代表口座が指定されます。

・○○銀行○○支店
・普通口座
・口座番号○○○○○
・口座名義人○○○○

しかし、オリックス銀行カードローンの場合は、利用者ごとに返済専用口座が用意され、その指定口座以外の振込方法はありません。

この返済専用口座はメンバーズナビで確認することが可能です。

少々変わった振込方法となりますが、利用予定のある方はシッカリと覚えておきましょう。

オリックス銀行カードローンの随時返済は注意が必要!

それではオリックス銀行カードローンの返済方法をご理解頂いたいところで、最後にこれだけは注意して欲しい返済時の注意点について説明しておきます。

オリックス銀行カードローンの返済日はどの返済方法を選択しても下記のどちらかを設定することができます。

オリックス銀行カードローンの返済日
・毎月10日
・毎月末日

よって、給料日に合わせて都合のいい方を選ぶとよいでしょう。

しかし、返済日に合わせた返済なら問題ありませんが、余裕を持った返済を心がけている方は注意が必要なのです。

返済手段には約定返済と随時返済が!

オリックス銀行カードローンの返済手段には下記の2つがあります。

オリックス銀行カードローンの返済手段
・約定返済
・随時返済

約定返済というのは借り入れに対して発生する毎月の返済額のことで、随時返済は俗に言う繰り上げ返済を指します。

繰り上げ返済は決められた返済額とは別に追加で返済することを指し、通常の返済のように利息を含みません。

そのため返済した全額が元金返済に回されるので確実に元金を減らすことができ、返済期間の短縮や支払利息の軽減を実現できます。

よって、カードローンの賢い返済を行うならば余裕ができた時に随時返済を行い、元金返済を進めることが最も有効な返済方法と言われています。

これはオリックス銀行カードローンの場合も同様で随時返済を行うことはできるのですが、これが災いして約定返済のつもりが随時返済として処理されてしまう可能性があるのです。

オリックス銀行カードローンの約定返済の判断基準は?

そこで問題となってくるのが約定返済と判断される基準です。

早めの返済を心がけている方はシッカリと理解しておいてください。

オリックス銀行カードローンで行われた返済が約定返済と判断されるのは、

約定返済日の14日前の午前3時

が基準時となっています。

よって、これ以前に返済されたものはすべて随時返済と判断され、元金返済に当てられることになります。

よって、この期日をよく理解せず基準時よりも前に返済すると、余裕を持って早めに当月返済したつもりが随時返済として処理されてしまい、当月の約低返済をもう一度行う羽目にもなりかねません。

そうならないためにも、オリックス銀行カードローンの返済タイミングには気をつけるようにしましょう。

【オリックス銀行公式サイト】

【関連情報】
オリックス銀行カードローン審査

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る