住信SBIネット銀行カードローン

一般的に、銀行の無担保融資であるカードローンは、消費者金融系や信販系会社に比べて金利が低いといわれていますが、中でも住信SBIネット銀行は群を抜いて低金利です。支店をもたないインターネット銀行ですので、多くの地方銀行のカードローンで定めているように、銀行の本支店の営業区域内に居住してないとだめとか、勤務してないとだめといった制限はありません。つまり、日本全国どこに住んでいてもネットからの申込みが可能です。
また、住信SBIネット銀行ならではの様々な条件によって金利の引き下げも行っているため、上手に活用すると銀行系の中でもかなり低い利率が期待できます。

特にMr.カードローンのプレミアムコースは好条件になっており、引き下げ条件を満たしていれば年1.99~7.49%で借入れができます。これは有担保ローンにも匹敵する低金利で、一般的なキャッシング等の金利が利息制限法の上限による年15~20%に近いことを考えると、驚異的ともいえます。

住信SBIネット銀行では、カードローンの申し込みを受けて審査をした結果、より条件のよいプレミアムコースかスタンダードコースかを決定します。コースは自分で選ぶことができませんが、スタンダードコースの場合でも年8.49~14.29%とかなり低めの設定になっていますので、まずは申し込んでみるとよいでしょう。条件はSBI 証券の口座保有登録済であること、または同行の住宅ローン残高があることですので、それほど厳しい条件ではありません。なお、これらの条件を満たしてないときにはいずれも0.5%年利が高くなりますが、それでもかなりの好条件となっています。
無担保ローンを利用したい人の中でも、利率の低さで借入れ先を選びたいときには、こちらの銀行ほどの条件のところはなかなか見つかりません。候補の一つに入れておきましょう。

高額融資に対応
住信SBIネット銀行のカードローンの大きな特色は何といっても金利の低さですが、それだけではありません。銀行ならではの豊富な資金力を活かし、利用限度額の上限もかなり高いものとなっています。スタンダードコースでも300万円までの設定が出来ますし、Mr.カードローン プレミアムコースになると1000万円の融資も可能な場合があります。高額の借り入れになるほど金利は低くなりますので、目的別ローンの代わりに利用してもそれほど大きな違いがなく、非常に使い勝手の良いローンです。

返済方法
住信SBIネット銀行のカードローンでは、返済方法は預金口座からの引き落としになります。借入残高に応じて段階的に約定返済額が変動しますので、借入額が少なくなったら毎月の負担も軽くなります。住信SBIネット銀行は提携先のatmの種類も豊富にありますので、口座に入金するときも近くのatmで簡単に手続きができます。

利用開始までの期間
気をつけたいのが申し込みから融資までにかかる日数です。消費者金融のように即日融資とはいかず、申し込みをした時点で保証会社と銀行でそれぞれに仮審査を行います。仮審査を通過したらその結果が連絡されますので、本人確認書類などの必要書類を郵送します。その後、本審査を行い、それに通過したら融資を受けることができます。書類の郵送にどれくらいかかるかということもありますが、少なくとも数日は日数を要しますので、急いで現金が必要なときにはあらかじめ連絡を入れて相談することをお勧めします。指定期日内に必要書類を送らなかったとき、在籍確認ができなかったときなどは申し込みの取り下げをされてしまいますので、きちんとスケジュールどおりに手続きをしましょう。

Copyright© カードローン事典 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.