オリックス銀行カードローンで10万円借りるなら・・・

高額なカードローン借入を希望する方もいますが、利用者の大半は低額借り入れを目的としているのが実情です。

事実、カードローン販売を手がけるジャパンネット銀行が行った借入額のアンケート調査でも、下記のような結果となっており全体の60%が10万円未満の借入状況となっています。

借入額
・1万円未満 4.9%
・1万円以上~10万円未満 57.7%
(ジャパンネット銀行)

これは高額所得者の場合も同様で、10万円未満の借入割合は下記の通りとなっています。

・年収800万円以上~600万円未満 60.4%
・1,000万円以上 54.4%

つまり所得額に関係なく、カードローン借入額は10万円未満という方が60%もの大きな割合を占めているのが実情なのです。

そこで気になってくるのが金利。

低額借入といえども低金利で借り入れしたいと考えるのは当然のことでしょう。

そこで今回はオリックス銀行カードローンで10万円を好条件で借り入れする方法、そしてそれに代わる代替案を紹介しいきましょう。


金利(利率) 限度額 年齢
1.7%17.8% 最高800万円 満20歳以上69歳未満

オリックス銀行カードローンで10万円借りるなら高額限度額設定を狙え!

銀行カードローンといえば消費者金融カードローンよりも低金利なのがひとつの代名詞となっていますが、消費者金融カードローンとさほど変わらない金利設定となっているところも少なくありません。

残念ながらオリックス銀行カードローンも下記のように金利設定だけを見ると、その1つに分類される銀行カードローンとなってきます。

オリックス銀行カードローン金利
1.7%~17.8%

一般的には消費者金融カードローンの上限金利が18%、銀行カードローンの上限金利が15%前後と言われていることから判断すると、オリックス銀行カードローン金利は銀行カードローンよりも消費者金融カードローンに近い設定と言わざるを得ません。

となれば10万円を借り入れするなら、オリックス銀行カードローンは消費者金融カードローン並みの高金利となることが推測されます。

となればオリックス銀行カードローンよりも、15%前後を上限金利としている他の銀行カードローンを利用した方が受けられるメリットは高くなってきます。

ですが実際に適用される金利は公表されている金利数値だけを見て簡単に判断してはなりません。

基本的にカードローンは初回申込で30万円以下の借入限度額が設定された場合、上限金利が適用されるというのが一般的です。

しかし、借入条件を変更することによって低金利借入ができる可能性も出てくるのです。

オリックス銀行カードローンは限度額が高額なら驚きの低金利!

カードローンに限らず金融機関からの借り入れは、その額が大きければ大きいほど金利は低く設定されます。

これはまずは下記の借金利息を制限する法律である利息制限法が関係しています。

利息制限法による上限金利
・元本額10万円未満の貸付
⇒上限金利20%・100円未満の貸付
⇒上限金利18%

・100万円以上の貸付
⇒上限金利15%

上記のように高い借入額ほど確実に低金利で借り入れすることができるのです。

しかし、この金利設定は上限額を超えなければいくらに設定しようとも規制はないので、最終的に設定金利は貸し付けする金融機関の自主裁量に任されています。

各カードローンの設定金利に差が生まれているのも、この自主裁量によるものです。

ここで注目してもらいたいのがその自主裁量によって決定された設定金利。

低金利で借入するためには、いくら借り入れすればどれくらいの金利が適用されるのか、各カードローンの金利特徴をよく知る必要があるのです。

オリックス銀行カードローンの金利設定は決して高くない!

それではオリックス銀行カードローンの金利特徴を実際に見ていくことにしましょう。

オリックス銀行カードローンの借入限度額に伴う金利は下記のように設定されています。

オリックス銀行カードローンの利率

100万円未満 12.0%~17.8%
100万円以上~150万円以下 6.0%~14.8%
150万円超え~300万円以下 5.0%~12.8%
300万円超え~500万円以下 4.5%~8.8%
500万円超え~700万円以下 3.5%~5.8%
700万円超え~800万円以下 1.7%~4.8%

高額な借入限度額となるほど適用金利が低くなっていますが、注目して欲しいのはそこではありません。

まず注目してし欲しいのは適用金利に幅が持たされている点です。

オリックス銀行カードローンの上限金利は17.8%と消費者金融カードローン並ですが、申込者の審査内容如何で12.0%の金利適用が受けられる可能性もあるのです。

下限金利が適用されることはほとんどないと言われているので、12.0%の金利適用となるケースは稀でしょうが、それでも一般的な銀行カードローン金利である15.0%、またはそれよりも低い金利適用となる可能性は否定できません。

よって、年収や勤続年数、他社借入件数、他社借入総額など審査時に重要視される項目において高評価となる可能性のある方なら、オリックス銀行カードローンを低金利で利用できる可能性は高くなってくるのです。

オリックス銀行カードローンの借入限度額は100万円以上がおススメ!

注目してもらいたい点はほかにもあります。

オリックス銀行カードローンの金利設定は100万円以上の借入限度額となれば、さらに低金利で借り入れできる可能性が高くなってくる点です。

「100万円以上~150万円以下」の設定金利を見ると「6.0%~14.8%」と、上限金利は一般的な銀行カードローン並、下限金利は驚く程の低金利となっています。

いかに低金利となるのかは、下記100万円借入時の各社適用金利と比較すれば一目瞭然です。

100万円借りた時の想定金利

オリックス銀行カードローン 6.0%~14.8%
みずほ銀行カードローン 12.0%
三井住友銀行カードローン 12.0%
三菱東京UFJ銀行バンクイック 12.6%
ソニー銀行カードローン 9.8%
イオン銀行BIGカードローン 8.8%

上限金利の設定となれば金利メリットを生むとは言えませんが、先程説明したように条件さえ良ければ上記銀行カードローンよりも低金利で借り入れすることが可能となってきます。

また、満足な金利設定となる自信がないのであれば、さらに高い借入限度額を設定することで確実に低金利での借り入れが可能となってきます。

オリックス銀行カードローンの低額借入を低金利で借り入れするには

以上のことからオリックス銀行カードローンで10万円ほどの低額借入を低金利で借り入れするためには、下記条件のクリアが一番近道となってきます。

・できるだけ高額な借入限度額にする
・申込者の審査結果が極めて高評価である

申込者の審査結果については諸条件が関係してくるため、頑張ったとしてもすぐにそれが結果として反映されるわけではありません。

よって、審査結果によっていきなりオリックス銀行カードローンで低金利スタートが可能となってくる方は限られてくるでしょう。

しかし、できるだけ高額な借入限度額を設定することは、審査で高評価を受けるよりも難しくありません。

希望の借入限度額が通るかどうかは、審査結果次第ですが申し込みしてみるだけの価値はあるのです。

「300万円超え~500万円以下」なら上限金利は8.8%、「500万円超え~700万円以下」なら5.8%と、たとえ上限金利が設定されたとしても十分低金利で借り入れできます。

この大きなメリットを考えれば、オリックス銀行カードローンを低金利で利用するのに借入限度額の設定がいかに重要かはお分かりいただけるでしょう。

借入限度額はあくまでも借入できる上限額の設定額ですから、満額借り入れする必要はありません。

借入限度額は500万円だけど、実際に借り入れしているのは10万円という形でも何ら問題はなく、10万円の借り入れに対しても借入限度額によって設定された金利が適用されます。

よって、「700万円超え~800万円以下」の借入限度額の設定が可能な方ならば、10万円を最高で1.7%、最低でも4.8%という低金利で借り入れすることができるのです。

高額な借入限度額の申し込みは審査が厳しくなるため、申込時には自分に適した限度額での申し込みが必要となってきますが、まずは100万円以上をひとつの目安としてみるのが妥当でしょう。

オリックス銀行カードローンは100万円以上の借り入れができれば、低金利利用できる可能性が高くなってくるということを忘れないでくださいね。

大手消費者金融のカードローンを利用するのも1つの手!

オリックス銀行カードローンを低金利で利用するには、高額な借入限度額設定を行う必要があります。

よって、通常よりも厳しい審査を通過する必要が出てくるのです。

となれば、審査通過する自信がないという方も出てくるでしょう。

そんな方におススメしたいのが大手消費者金融のカードローンです、

消費者金融カードローンの無利息融資が現実的

消費者金融カードローンは高金利ですが、銀行カードローンではなかなか見られないサービス提供が1つの特徴となっています。

そのサービス内容には様々なものがあり、このサービス目的で消費者金融カードローンに申し込む方も少なくありません。

そしてその中でも利用者にとって最もメリットが高く、注目されているのが無利息サービス

このサービスはその名のとおり無利息で借り入れができるサービスで、初回申込者限定の30日間無利息サービスというのが一般的です。

10万円ほどの借り入れならば18.0%の高金利でも、この無利息サービスを利用して借り入れした方がメリットを生むことになるでしょう。

無利息サービスのあるおススメ消費者金融カードローン!

それでは最後に無利息サービスを提供している、おススメの消費者金融カードローンを紹介しておくことにしましょう。

今回紹介するおススメカードローンは下記の3社です。

・プロミス
・アコム
・アイフル

それではこれら各社の無利息サービスの特徴を説明していくことにします。

プロミス


プロミス

金利(利率) 4.5%17.8%
限度額 500万円
年齢 20歳~69歳

プロミスの30日間無利息サービスは下記3つの条件をクリアすることで利用できます。

・プロミスの利用が初めて
・Eメールアドレスの登録
・WEB明細の選択

よって退会者の再度利用はできませんし、Eメールアドレスを登録してWEB明細の選択する作業をしなくては利用することはできません。

WEB申込の場合はオペレーターからの詳しい商品説明がないので、これら条件を見逃すケースも少なくありません。

申込時には利用するための作業が必要となることを忘れないようにしましょう。

プロミスの無利息サービス開始日

無利息サービスは下記のように開始日の設定が各社違ってきます。

・初回借入日の翌日
・契約締結日の翌日

よって、開始日を確認しなかったがために、利用しないままサービス期間が終了してしまったという方も少なくありません。

プロミスの無利息サービス開始日は初回借入日の翌日からです。

よって、借り入れしないままサービスが終わっていたということはなく、すぐに借入予定がない方でも安心して利用してもらえます。

ポイントを貯めれば何度でも利用可能!

無利息サービスは初回申込時に1度だけ利用できるというのが一般的ですが、プロミスは下記のようにポイントを貯めることによって、何度でも無利息サービスを利用することができます。

・250P 7日間
・400P 15日間
・700P 30日間

今回紹介する3社の中でも継続して無利息サービスを利用できるのはプロミスだけですから、これは大きなメリットと言えるでしょう。

ポイントはプロミス利用中に、下記のような作業を行うことで貯まっていきます。

・毎月の初回ログイン 3P
・メールや書面受け取りサービスすべてを継続して登録する 3P
・「プロミスからのお知らせ」を見る 最大20P

決してすぐに十分なポイントが貯まるわけではありませんが他ではあまり見られないサービスですから、プロミスに申し込みするだけの十分な選択ポイントとなってくることは間違いありませんね。

アコム


金利(利率) 3.0%18.0%
限度額 800万円
年齢 20歳~69歳

アコムは下記2つの条件クリアで30日間の無利息サービスを受けることができます。

・アコムの利用が初めて
・返済期日を35日ごとに設定

プロミスより作業は少ないですが、返済期日を35日ごとに設定しなければ利用することはできません。

プロミス同様に忘れず作業を完了するようにしましょう。

アコムの無利息サービス開始日

アコムの無利息サービス開始日は契約締結日の翌日からです。

プロミスのように初回借入日の翌日ではありませんから、利用しないままサービス期間が終わったということにならないように注意が必要になってきます。

だからといって借金する必要もないのに、借り入れを行うのはナンセンス。

すぐに借り入れする必要がないのであれば必要性が出てから申し込みを行うか、開始時が初回借入時の翌日となるプロミスに申し込んだ方がいいでしょう。

アイフル


金利(利率) 4.5%18.0%
限度額 500万円以内
年齢 満20歳以上70歳未満

アイフルは他の2社と違い、初回申込者であれば何の作業もなく無条件で30日間の無利息サービスを利用することができます。

利用するための作業が面倒だという方にとっては、おススメのカードローンとなってくるでしょう。

アイフルの無利息サービス開始日

しかし、アイフルの開始日は契約締結日の翌日からとなります。

無利息サービスを有効利用するためにも、アコム同様の対応が必要となってきます。

申込時にはよく検討するようにしましょう。

【関連情報】
オリックス銀行カードローン審査

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る