アイフルは主婦でもOK?専業主婦は?

「アイフルは定職に就いていない主婦でも審査に通るの?」アイフルに申し込みたいけれど、審査に通るかが不安で尻込みしている主婦の方は多いことでしょう。

お金を借りるということは返済を伴うことになるので、その返済原資が乏しい主婦の方が心配になるのは当然のことでしょう。

しかし、ご安心ください。

アイフルは主婦でもパートやアルバイトで収入があれば、十分審査に通る可能性があるので安心して申し込んでもらえます。

ですが残念ながら何の収入も持たない専業主婦の方は申し込んでも審査に通ることはありません。

アイフルは安定、継続した収入があることが申し込み条件となっているため、収入のない専業主婦の方は貸付対象から外れてしまっているのです。

そこで今回はアイフルへの主婦の申し込みに焦点を当て、どのような対応となっているのか、アイフルにはどんなサービスがあるのかを詳しく解説していきます。

【アイフル公式】

アイフル審査に収入が与える影響

アイフルの審査を通過するには、下記の条件をクリアする必要があります。

「満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方。なお、お取引期間中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。」
アイフルHPより参照

少しもって回った言い方なので簡単に要点を挙げれば下記のとおりです。

・年齢20歳以上~70歳未満
・定期的な収入を得ている
・返済能力がある
・アイフルの審査基準を満たしている

返済能力があるか、アイフルの審査基準を満たしているかは、審査時に審議される項目となるので、申込条件としては下記の2つをクリアしていればOKということになります。

・年齢20歳以上~70歳未満
・定期的な収入を得ている

専業主婦がアイフルに申し込みすらできないのは、申込条件となっている「定期的な収入を得ている」という項目をクリアできていないからなのです。

何を持って定期的な収入と判断するかはカードローン業者によって違ってきますが、アイフルの場合にはパートやアルバイトによる収入も勤続期間が一定期間を上回っていれば、定期的な収入があると判断してくれます。

よって、専業主婦は申込NGですが、パートやアルバイトを行っている主婦ならば申込OKとなってくるのです。

定期的収入がないとアイフルへの申し込みができないワケ

それでは何故、定期的収入がないとアイフルに申し込むことができないのでしょうか?

専業主婦は確かに個人としての収入を持ちませんが、この状態はパートやアルバイトをしている主婦よりも返済能力はあるという見方もできます。

主婦が家事の合間を塗ってパートやアルバイトを行うのは、配偶者の年収だけでは十分に生活できていないとも考えられるからです。

これに対してパートやアルバイトをしていない専業主婦は、そんなことをしなくても配偶者に十分な年収があるという見方ができるので、パートやアルバイトをしている主婦よりも返済能力は高いという判断も成り立ちます。

となれば一概に個人の収入を持たないからといって、申込NGとするのはなんだか理屈が通りませんよね。

しかし、アイフルにはそうせざるを得ない理由があるのです。

その理由は貸金業法に制定された総量規制という法律にあります。

総量規制とは?

総量規制とはアイフルをはじめとする貸金業者が遵守しなければならない、貸金業法に定められた個人への貸付額を規制した法律です。

総量規制は貸金業者に対して、個人に年収の3分の1を超える貸し付けを禁じています。

つまり年収が210万円だと、アイフルが貸し付けできるのは年収の3分の1に当たる70万円ということになるのです。

ここまで話せば勘のいい人ならもう察しが付いていると思いますが、総量規制に準ずれば年収ゼロの専業主婦が借り入れできるのはゼロ円となります。

よって、1円であろうともアイフルが専業主婦に貸し付けしたとねれば、これは違法行為となり行政処分が下されることになるのです。

となればアイフルが専業主婦の申し込み自体をNGとしているのも当然のことですよね。

総量規制の例外を利用すれば・・・

しかし、この総量規制には例外の措置を受けることが可能です。

本来、総量規制は消費者金融などの貸金業者の過剰貸付と利用者の過剰借入を抑制し、返済不能と陥り自己破産者とならないために政府が取り入れた予防策という側面を持ちます。

総量規制は国民の生活を守るという目的のもと施行された法律なのです。

よって、貸し付けを禁じることで国民の不利益となる場合には、総量規制の例外が認められ、年収の3分の1を超える借り入れも可能になってきます。

しかし、この総量規制の例外を認めて申込者を募るかどうかは、カードローン業者の裁量に任されているので、借り入れできるカードローンは限定されてしまいます。

残念ながら総量規制の例外を利用して借り入れを募っているのは中小の貸金業者のみで、アイフルをはじめとする大手消費金融ではまったく皆無であるのが実情です。

アイフルでこの例外措置を導入して販売されているのは「おまとめMAX」という追加借り入れ不可のおまとめローンのみですから、新規借入をしようとするには不向きな商品となってきます。

よって、今のところ主婦がアイフルに申し込むには、パートやアルバイトによる収入を得ている状態を維持するしか方法はないということですね。もちろん、正社員や派遣社員の方も問題はありません。

アイフルってどんなカードローン?

カードローン利用者の男女比率を見てみると、7対3と圧倒的に男性の利用割合が大きいのが実情です。

これは近年イメージが刷新されたカードローンと言えども、女性にはまだまだ心配な気持ちがぬぐいきれずに申し込みしにくいというのが本当のところでしょう。

そこで女性である主婦の方にも安心してアイフルに申し込んでもらうため、サービス体制等を簡単に説明して安心のアイフルであることを理解してもらいましょう。

消費者金融の中でのアイフルの位置づけ

現在、大手消費者金融と呼ばれるカードローン会社には下記のようなところが挙げられます。

・アコム
・プロミス
・SMBCモビット

もちろんアイフルもこの大手消費者金融の1つに分類されるのですが、この大手消費者金融の中でもアイフルは他のカードローン業者とは全く違った立ち位置となっています。

それはアイフルが大手消費者金融の中で唯一の独立系消費者金融である点です。

他の大手消費者金融は下記のようにメガバンクによる資本提携を行っており、メガバンクの系列企業という立ち位置となっています。

アコム 三菱東京フィナンシャルグループ傘下
プロミス 三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)傘下
SMBCモビット SMBCコンシューマーファイナンス傘下

しかし、アイフルだけはどのメガバンクの傘下にも入らず、独自資本による経営を続けています。

そもそも他の大手消費者金融がメガバンクの資本提供を受け入れたのは、グレーゾーン金利による過払い金請求が始まり、自己資本だけでは経営存続ができない状況に追い込まれたことを発端としています。

となれば唯一その資本提供を受けずにその局面を乗り切った、アイフルの資本力と経営力には特記する点が見られると判断できるでしょう。

アイフルの特徴

アイフルは他のカードローン業者にはない、キャッシング商品の幅広さが一番の特徴となっています。

通常のカードローン以外にアイフルが展開している金融商品は下記のとおりです。

  • かりかえMAX
    ⇒借り換えローン
  • おまとめMAX
    ⇒おまとめローン
  • ファーストプレミアムカードローン
    ⇒23歳以上対象のビジネスパーソン向け大口融資商品
  • 事業サポートプラン
    ⇒事業系ローン(無担保だけでなく、不動産担保にも対応)
  • SuLali(スラリ)
    ⇒女性専用カードローン

この中でも主婦の方たちに注目してもらいたいのが女性専用カードローンのSuLali(スラリ)です。

このSuLali(スラリ)は通常のカードローンと同一の借入条件が適用されますが、受けられるサービスには下記のように女性に限ったものが付け加えられています。

・借入限度額 10万円
・女性向けカードデザインによるローンカードが2種類から選べる
・女性オペレーターによる専用フリーダイヤル
・連絡は原則SMS(ショートメッセージサービス)

完全な女性による対応となりますので、主婦にかぎらず女性なら誰でも安心して申し込めます。

また借入限度額が10万円と定額に設定されているので、パートやアルバイトと高収入が見込めない主婦の方でも十分に審査通過できる審査難易度であることが伺えます。

審査は借入限度額が高額に設定されるほど厳しくなります。

10万円というのはカードローンの契約限度額としては少額であるため、パートやアルバイトで得られる収入でも審査通過率は当然高くなってきます。

審査に通るかどうかが不安という収入の少ない主婦の方でも安心して申し込むことができるでしょう。

借入限度額は契約後に増額することも可能です。

増額審査を受ける必要はありますが定期的な借り入れを行い、問題なく返済を続けていれば審査に通過できる確率は高いでしょう。

しかしSuLali(スラリ)に申し込む際には1つだけ注意しなければならない点があります。

それは他社借入がないことです。

これはアイフルへの通常申込ではない条件ですが、SuLali(スラリ)に限っては他社借入があれば申し込んでも審査を通過することはありません。

他社借入がある主婦の方はSuLali(スラリ)ではなく、通常のカードローン申込みをするようにしましょう。

知っておいてもらいたいアイフルのサービス

それでは最後にアイフルのカードローン申し込み、および利用時の知っ得情報を解説しておきましょう。

アイフルのカードローンの特徴は下記のとおりです。

・最短30分のスピード審査で即日融資も可能
・簡単便利なインターネット申込み
・多彩な借入手段

アイフルの評判がいいのはまず最短30分のスピード審査で即日融資という点でしょう。

この点については再度詳しくお話する必要はないでしょうが、残りの2つも見逃すことはできません。

そこで残りの2つについて解説しておくことにします。

簡単便利なインターネット申込み

アイフルでは下記のようにいくつもの申込方法が用意されているので、ご自分にあった申込方法を選ぶことができます。

・インターネット
・来店(アイフル店舗、契約ルーム)
・電話

この中でも一番おススメなのがインターネットからのWEB申込みです。

WEB申込みならば24時間365日、インターネットが繋がる環境さえあればどこからでも申し込みすることができます。

申し込みに必要な唯一の書類となる本人確認書もWEB申込みならば写メを添付するだけの手間いらずで、提出用にコピーをとったりする必要もありません。(*SuLali(スラリ)申込みでは別途本人写真が必要になります。)

またアイフルで即日融資を受けるためには、振込キャッシングが利用できる銀行営業時間内に契約を完了するか、ATMでローンカードの発行を受けるかのどちらかです。

申込時間が遅れて契約完了が銀行営業時間外となりそうな場合には、申込時にローンカードの受取方法を「契約ルームで発行」にしておけば、無人契約でんわBOX「てまいらず」でローンカードの発行を受けることができます。

申し込みをインターネットで行い、カード発行だけを無人契約でんわBOX「てまいらず」で受けられるので、手間なく確実に即日融資が可能になってきます。

また、即日融資を希望するなら忘れてはならないのが在籍確認です。

アイフルでは在籍確認がとれないと審査完了とはなりません。

パートやアルバイト先で電話による在籍確認が無理な場合には、事前にその旨を電話でオペレーターに申し出るようにしましょう。

場合によってはその他の方法による在籍確認にも対応してくれる場合があるので、必ず相談するようにしてください。

そして多くの方の体験談で囁かれているのが旦那バレです。

アイフルでは基本的に他人バレしないための対策がとられているので、旦那バレするケースはめったにないのですが、それは確実にというわけではありません。

後日、旦那バレしてもめることのないように、可能であるならばアイフルに申し込むことを旦那さんに話しておくことがベストでしょう

多彩な借入手段

アイフルでは下記のような借入手段があります。

・アイフルATMでの借り入れ
・提携ATMでの借り入れ
・インターネットからの振込キャッシング
・フリーダイヤルからの振込予約
・アイフル店舗での借り入れ

この中でも一番利便性が高いことから利用率が高いのがATMを使った借り入れです。

提携ATM利用時には手数料が発生しますが、アイフルの提携ATMは下記のように他社大手消費者金融と比較してもダントツの稼働数を誇ります。

・アイフル提携ATM台数 84,717台
・アコム提携ATM台数  59,073台
・プロミス提携ATM台数 72,082台
*月刊消費者信用2015年1月号より

しかも提携ATMは下記のとおり主要なコンビニを網羅しているので、ATMを探して回るといった手間は一切必要ありません。

・三菱UFJ銀行
・イオン銀行
・西日本シティ銀行
・親和銀行
・福岡銀行(借り入れのみ)
・熊本銀行(借り入れのみ)
・セブン銀行(セブンイレブンなど)
・ローソンATM
・イーネットATM(ファミリーマート、サークルKサンクス、ポプラ、スリーエフ、デイリーヤマザキなど)

一部銀行では返済としては利用できませんが、24時間365日利用可能な主要大手コンビニATMでは借り入れも返済も可能なので、利便性の面では満足できるものと言えるでしょう。

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る