アイフル審査時間は長い?短い?最短で借りるためには?

大手消費者金融カードローンといえば30分のスピード審査で即日融資可能というのが鉄板の条件となっています。

即日借りたい、すぐにお金が必要だという方にとって、この大手消費者金融カードローンのサービスは何ものにも代え難い救難サービスとも言えるでしょう。

この即日融資を目的にアイフルへ申し込む方も多いのではないでしょうか。

しかし、即日融資可能を謳っていても、必ずしも申し込んだ日に現金を手にできるとは限りません。

申し込んだ方の属性内容によっては審査時間が長くなることもありますし、当日の申込者数が多ければ審査が遅れる可能性も考えられます。

そこで今回はアイフルに申込む際に最短で借り入れするのはどうすればいいのか、実際にどれくらいの審査時間が必要になるのかを見ていきながら、その方法を検証していきましょう。

時間勝負なら消費者金融カードローンにお任せ!

カードローンと言いえば即日融資が当たり前のように思われていますが、実はこの即日融資に完全対応しているのは消費者金融カードローンのみとなります。

以前は銀行カードローンの中にも即日融資に内応しているところもあり、将来的にも銀行カードローンの即日融資対応が期待されていましたが、昨年度に決まった新システムの導入によって銀行カードローンが即日融資に対応することは事実上なくなったのです。

銀行カードローン審査は慎重審査

近年は銀行カードローン利用者が消費者金融カードローン利用者を上回り、その信頼性の高さと低金利を武器に年々利用者は増加傾向にありました。

しかし銀行カードローンの過剰貸付が原因で自己破産者が増加したことが問題視されたことから、全国銀行協会からの自主規制の呼びかけを受け、現在、銀行カードローンは貸付に対する自主規制を行っています。

そして、その自主規制の中でも最も注目すべきなのが審査基準の引き上げと、審査方法の改善です。

自己破産者を生み出す過剰貸付となった原因が、十分な審査が行われていないかったことにあると指摘され、現在は慎重に審査を行っているのが実情です。

しかも、2018年度からは申込者を警視庁でデータ照会することが決定しました。

これは申込者が反社会的勢力に属していないかを確認することが目的ですから、過剰貸付による影響による余波ではないのですが、この警視庁でのデータ照会が義務付けられたことで、銀行カードローンの即日融資は完全にその芽が絶たれてしまったのです。

よって、今後は即日融資をはじめとする最短借入を希望する方は、消費者金融カードローンの利用に限定されることになるのです。

アイフルの審査スピードは?

それではアイフルの審査スピードは他の大手消費者金融と比べてどうなのでしょう。

できるだけ早くと願う方にとっては、この点は重要なポイントとなってきますよね。

しかし、その点は安心してください。

下記のように審査スピードは他の大手消費者金融と比較しても何ら後手に回るものではありません。

  • アイフル
    審査スピード:最短30分
  • プロミス
    審査スピード:最短30分
  • アコム
    審査スピード:最短30分
  • SMBCモビット
    審査スピード:最短30分

各社が公表している審査スピードを見れば、審査時間は各社横一線というのが実情です。

よって、アイフルじゃなく他のところに申し込んだ方が良かったと後悔するこもなく、安心して申し込んでもらえます。

しかし、ここでよく理解しておいてもらいたいのが、この「最短30分」というのは、なんの問題もなく、スムースに審査が進んだ場合に限っての話です。

冒頭でも申しましたが、審査時間は申込者の属性内容や申込日の審査の混み具合に大きく影響されるので、必ず30分のスピード審査を確約することはできません。

この点は誤解の無いようにシッカリと理解しておいて下さいね。

最短でアイフルから借り入れするには?

アイフルが掲げる最短30分の審査が可能となれば、確実に即日融資を受けることができます。

しかし、先ほど申しましたようにその可能性を阻害する要因があるため、最短借入を可能にするためにはいくつかの条件をクリアする必要があるのです。

そのクリアしなければならない条件は下記のとおりです。

・申込時間
・申込方法
・希望借入金額
・個人信用情報の内容
・在籍確認

これら各条件をすべてクリアすることで、最短30分のスピード審査が可能となってくるのです。

それではこれら条件について詳しく見ていくことにしましょう。

申込時間

アイフルの審査可能時間は8時から22時となっており、基本的にはこの時間内に申し込みすれば即日融資が可能と言われています。

しかし、最短融資を狙うのであれば、できるだけ早い時間に申し込むことをおススメします。

審査完了までに要する時間は下記のとおり、早い時間の方が短時間で済むのが実情です。

朝から昼 < 昼から夕方 < 夕方から夜

審査は申し込まれた順に行われることになるので、申し込み時間が早いほど早く審査に回されることになります。

審査待ちの状況で申し込みとなれば、申し込んだ時点で審査している案件に時間を要するケースもありますし、審査申込が集中していればそれだけ待ち時間は長くなっていきます。

よって、審査に回されるのが遅くなり、審査可能時間ギリギリの22時前の申し込みは、翌日に回される可能性も高くなってしまうのです。

おススメなのは審査開始時間の8時です。

前日に申し込むことを決めているのであれば、24時間365日申込可能なWEB申し込みを利用して前夜に申し込みを済ませておくのもいい手です。

これならば8時の審査開始と同時に、審査に回される可能性が高くなります。

申し込む必要になるタイミングもありますが、思い立ったらできるだけ早めの申し込みを心がけるようにしましょう。

申込方法

アイフルの申込方法は下記の3つがありますが、最短審査を狙うのであればWEB申込が断然おススメです。

・WEB
・店頭
・電話

WEB申込みならば必要事項の入力も3分程度で完了するので、この中で一番申込時間を短縮できます。

忘れてはならない電話連絡!

また申し込んだ後に必ず行って欲しいのが、アイフルの専用ダイヤルへの電話連絡です。

アイフルでは早く審査をして欲しい場合には、この専用ダイヤルに電話してその旨を伝えれば優先的に審査に回してもらえます。(専用ダイヤル番号:0120-337-137)

特に申込者が多くなる昼以降に申し込んだ場合には、この電話連絡を入れると入れないとでは大きな差が出てきます。

必ず忘れずに電話連絡を入れるようにしましょう。

おススメなのがWEB申込と無人契約機の併用!

朝イチで申し込んで午前中に審査結果が出れば問題ありませんが、審査結果が3時以降になる場合には注意が必要です。

アイフルは24時間365日の振込キャッシングに対応していません。

よって、銀行営業時間外の3時以降に審査完了となった場合には、振込キャッシングでは当日現金を手にすることができません。

よって、ローンカードの発行が必須となってくるのです。

そこでおススメなのがWEB申込と無人契約機のローンカード発行の併用

申し込みをWEB申込で済ませておき、ローンカードの発行を無人契約機で行うのです。

WEB申込の場合、ローンカードの受け取りを下記の3つから選択できます。

・郵送
・配達時間えらべーる
・無人契約ルーム

ここで無人契約ルームを選んでおけば、近隣の無人契約機「てまいらず」でローンカードを発行し、確実に現金を手にすることができます。(てまいらず営業時間8時~22時)

借入希望金額

最短審査を望む際に忘れてはならないのが借入希望金額。

実は審査は借入希望金額が大きければ大きいほど厳しくなってきます。

アイフルの初回申込時に設定される借入限度額の上限は50万円です。

基本的にはこの50万円枠の間で、審査結果に応じて借入上限額が決定されます。

よって、この限度額内であれば特別審査が厳しくなることはありませんが、50万円を超える借入上限額を希望する場合には収入証明書の提出が求められますし、審査も慎重に行われるため、自ずと審査時間も長くなってしまいます。

借入限度額は利用着に変更できるので、最短審査を狙うならまずは50万円を超えない範囲で、本当に必要な額面で申し込むことをおススメします。

個人信用情報の内容

審査に時間がかけられるかどうかは個人信用情報の内容確認が大きく影響してきます。

この個人信用情報には申込者の氏名や住所、職業などの基本情報の他に、他社借入やローンなどの契約情報と返済状況がデータとして保管されています。

この個人信用情報に問題がなければ、最短審査は概ね可能となってくるとも言えるでしょう。

申込内容に差異はないか?

個人信用情報でまず確認されるのが申込内容に間違いがないかという点です。

ここで申込情報と個人信用情報に差異がある場合は、確認が取られることになるので、審査に遅れをきたします。

また、中には審査に通りやすいようにと虚偽申告をする方がいますが、情報を偽って申し込んでも個人信用情報を見れば一目瞭然でバレてしまいます。

このような行為は決していい影響を及ぼすことにはならず、審査を長引かせる原因となるだけです。

しかも、他社借入等の審査時に重要視される情報を偽った場合には、悪質な虚偽申告と判断されて一発で審査NGとなってしまうことにもなりかねません。

そのようなことにならないためにも虚偽申告は絶対にしないようにし、審査遅れの原因となる記入ミスのないように提出前には確認作業を怠らないようにして下さい。

返済状況に問題はないか?

また個人信用情報で確認されるのが返済状況です。

他社借入やローンの返済がある場合、ここで何度も遅延があれば審査は慎重に行われることになり、審査結果が出るまでの時間が長くなってしまいます。

また、長期間の遅延にあたる延滞(61日以上、もしくは3ヶ月以上の遅延継続)の記録があれば、審査を通過することはないでしょう。

審査時間が長くなるのは、この個人信用情報に問題があるケースが大半です。

個人信用情報に問題がある場合には、最短審査は期待できないと覚えておきましょう。

在籍確認

審査内容に問題がなければ在籍確認をとって審査は終了となります。

そこで問題となってくるのがこの在籍確認です。

アイフルに限らずカードローン審査は在籍確認が取れないことには完了しません。

よって、勤務先への電話連絡が取りづらい職場環境の方は注意が必要です。

審査自体は最短で終了しているのに、この在籍確認が取れないがために、無駄に審査時間が長くなるケースも少なくありません。

電話連絡が取りづらい方は、時間指定等の工夫が必要になってくるでしょう。

また日中に勤務先への連絡がどうしても難しい場合には、その旨をアイフルのオペレーターに相談し、書類提出での在籍確認に応じてもらえないかの打診をしてみましょう。

アイフルでは生類確認の在籍確認にも対応!

これは必ずしも応じてくれるわけではありませんが、正当な理由がある場合には電話ではなく、下記書類提出による在籍確認に対応してくれるケースもあります。

・給与明細書
・健康保険証
・雇用契約書
*勤務先社名と申込者フルネームの記載があることが条件

近年は書類偽造による申込詐欺が多くなったことで、書類による在籍確認への対応が厳しくなってきているので対応の可否は分かりませんが、まずは相談してみるだけの価値はあるでしょう。

提出書類の不備には気をつけて!

審査を長引かせてしまう原因でよくあるのが提出書類の不備です。

不備があったため再提出が求められ、その分、しんさが遅れることになってしまうのです。

本人確認書

基本的にアイフルへの申込時に必要な書類は本人確認書のみです。

よって、運転免許証をはじめとする下記書類を用意しておけば問題はありません。

・パスポート
・公的証明書類
・個人番号カード
・住民基本台帳カード
・特別永住者証明書(外国籍の方の場合)

しかし、提出する本人確認書と現住所が違う場合には、下記いずれかの書類提出が必要になってきます。

・公共料金の領収書(NTT、電気、ガス、水道、NHK)
・住民票の写し
・印鑑証明書

収入証明書

収入証明書の提出が求められるのは下記の2つのケースです。

1.50万円を超える借入限度額を希望する場合
2.今回の借り入れと他社借入との総額が100万円を超える場合

最短審査を希望するなら1番目は考えられないので、気をつけなければならないのは2の場合です。

今回申し込む借入希望額と既存の借入限度額の合算が100万円を超える場合には、必ず収入証明書の提出が必要になってきます。

申し込んだ後で再度提出を求められることになれば、それだけ審査は後回しにされ最短審査の夢は消えてしまいます。

そうならないためにも既存の借入先の借入限度額を再確認し、超えるようであれば申込時に提出できるようにしましょう。

アイフルで提出可能な収入証明書は下記のとおりです。

・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・給与明細書(直近2ヶ月分)
・確定申告書
・所得証明書

またが下記情報が明記されていない場合と手書き部分がある場合、勤務先社印もしくは社判が必要となるので確認を忘れないようにしましょう。

・発行年月
・氏名
・勤務先名
・総支給額

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る