アイフルは金利ゼロ?~無利息になる条件、利息の計算方法など

アイフルはアコムやプロミスと並ぶ大手消費者金融カードローンの1つで、絶対的な認知度と人気を誇る消費者金融カードローンです。

この認知度と人気はアイフル独自のサービスという裏付けがあってこそで、他社との差別化を図るために多種多様なサービスや商品販売が評価されています。

しかし、アイフルは銀行カードローンよりも高金利と言われる消費者金融カードローン。

利用時の金利は気になってくるところでしょう。

そこで今回はその気になるアイフルの金利について様々な角度から検証していき、アイフルの金利は本当に高いだけなのか、それともメリットと言える点が隠されているのかを解説していくことにします。

【アイフル公式サイト】

アイフルは金利ゼロでの利用が可能!

消費者金融カードローンの上限金利はアイフルの18.0%という数値が一般的で、15.0%が一般的な銀行カードローンと比べると確かに高金利となっています。

よって、できるだけ低金利でカードローンを利用したいという方には自信を持っておススメできる商品とは言えません。

しかし、そこはさすが銀行カードローンにはない様々な独自サービスを展開している消費者金融カードローン。

銀行カードローンでは滅多にお目にかかれない無利息サービスという大変魅力的なサービス提供で銀行カードローンとの金利差を埋めています。

無利息サービスとは消費者金融カードローンの掲げる条件をクリアすれば一定期間の無利息期間が提供されるサービスで、金利ゼロの無利息で借り入れできる、利用者にとって見逃すことのできないサービスです。

アイフルでもこの無利息サービスが提供されており、条件をクリアすれば30日間の無利息サービスを受けることができます。

アイフルの無利息サービスの内容

アイフルで30日間の無利息サービスを受けるための条件は下記の2つです。

・アイフルの利用が初めて
・カードローンに申し込んだ

アイフルにはカードローン以外にも下記のような金融商品がありますが、無利息サービスが提供されるのはカードローン利用時のみです。

・事業サポートプラン
・かりかえMAX
・おまとめMAX

よって、アイフルで無利息サービスを受けられるのは、アイフルにカードローンを初めて申し込んだ方のみということになってきます。

アイフルはカードローンというイメージが強いため、広告やCMで無利息サービスがあることを聞きつけ、全ての商品に無利息サービスが適用されると勘違いする方も多いのですが、アイフルで無利息サービスの対象となる金融商品はカードローンだけです。

この点はアイフルでほかの金融商品を申し込もうと考えている方はよく覚えておきましょう。

アイフルの無利息期間開始は契約日の翌日から!

無利息サービス利用時に一番気をつけなければならないのが、無利息期間の開始日がいつになっているのかという点です。

無利息サービスはほかの消費者金融カードローンでも提供されていますが、その開始日の設定は各社同じではありません。

よって、開始日をキチンと把握しておかなければ、利用しない間に無利息サービスの期間が終了していたというハメにもなりかねません。

アイフルの無利息期間開始は契約日の翌日からです。

中には確認なしに端から開始日は初回借入日だと勝手に思い込んでいる方も多いようですが、アイフルの無利息期間開始日は契約日の翌日ですから、すぐに借入予定がないという方は借入予定に合わせた申し込みをするか、ほかの条件で無利息サービスを利用できるカードローンを検討する必要があるでしょう。

アイフルと他社との無利息サービス比較

それではアイフルの無利息サービスの内容が分かったところで、他社の無利息サービスとどう違うのかを比較してみましょう。

今回比較するのは大手消費者金融カードローンとして肩を並べる下記の2社です。

・プロミス
・アコム

それではこれら2社の無利息サービス内容を見ていきながら、アイフルとの違いを検証していきましょう。

プロミスとの違い

それではまずはプロミスとの違いを見ていきます。

①権利資格

プロミスでは下記3つの条件をクリアすれば30日間の無利息サービスを受けることができます。

・プロミスの利用が初めて
・Eメールアドレスの登録
・WEB明細の選択

アイフルでは初回申込者ならば自然に無利息サービスの利用権利が発生しますが、プロミスの場合には申込時に各種設定が必要となります。

この点は面倒のないアイフルに軍配が上がるでしょう。

②無利息サービス開始日

例えばプロミスの無利息期間開始は初回借入日の翌日からです。

この点は申込後すぐの借入予定のない方でも安心して申し込めるので、借入予定のない方にとってはアイフルは不利となってきます。

③プロミスの無利息サービスは何度でも受けられる

無利息サービスの利用は初回申込時の1度きりというのが一般的です。

しかし、プロミスは利用後に貯まるポイントを利用して、ポイント数に応じた下記無利息サービスを再度受けることができます。

・250P 7日間
・400P 15日間
・700P 30日間

今回紹介する3社の中で再度無利息サービスを利用できるのはプロミスだけですから、この点は大きな差別化ポイントとなってくるでしょう。

アコムとの違い

それではまずはアコムとの違いを見ていきます。

①権利資格

アコムでは下記3つの条件をクリアすることで30日間の無利息サービスを受けることができます。

・アコムの利用が初めて
・カードローンに申し込んだ
・返済期日を35日ごとに設定

プロミスと同様に利用するために設定が必要になるので、アイフルの方が面倒がなく利用しやすいと言えます。

②無利息サービス開始日

プロミスの無利息期間開始はアイフル同様に契約日の翌日からです。

申込後すぐの借入予定のない方は、アイフル同様に注意が必要になってきます。

アイフルの借入限度額と金利

それではカードローン利用で最も気になる借入限度額と金利がどうなっているのかを見ていきましょう。

アイフルの条件は他社と比べてどうなの?

アイフルの気になる借入限度額と金利は下記のとおりです。

・借入限度額
 ⇒最大500万円
・金利
 ⇒4.5%~18.0%(実質年率)

またとある銀行カードローンのこれら条件は下記のとおりとなります。

・借入限度額
 ⇒最大800万円
・金利
 ⇒4.0%~14.5%(実質年率)

こおして見比べればやはり銀行カードローンよりもそのスペックはどうしても見劣りすることになりますが、同じ消費者金融カードローンのプロミスとアコムの条件も下記のとおりですから、消費者金融カードローンとしては一般的な条件であると言えるでしょう。

(プロミス)
・借入限度額
 ⇒最大500万円
・金利
 ⇒4.5%~17.8%(実質年率)
(アコム)
・借入限度額
 ⇒最大500万円
・金利
 ⇒4.7%~18.0%(実質年率)
借入額が大きいほど金利が低くなる!

これはアイフルに限った話ではありませんが、カードローンは借入限度額が高額になるほど設定される金利は低くなります。

利用者に対する金利設定はカードローン業者の裁量に任されていますが、それでも利息制限法という法律で規定された上限金利を上回る金利設定を行うことはできません。

これが影響してカードローンは高額借入ほど低金利設定となる路線が規定されたのです。

利息制限法とは?

利息制限法は個人に対する貸付金利に上限を設け、不当金利による貸付を防止するために制定された法律で、その規定内容は下記のとおりとなっています。

・元金10万円未満 上限金利20.0%
・元金10万円以上~100万円未満 上限金利18.0%
・元金100万円以上 上限金利15.0%

上限金利は借入元金によって3段階に分けられており、借入元金が高額になるほど適用される上限金利は低く設定されています。

アイフルでは上限金利と下限金利を公表してはいますが、借入元金に応じた細かな適用金利は公表されていません。

よって、借入額に応じていくらの金利が適用されるのかを予測することはできませんが、借入限度額が100万円以上であれば利息制限法の規定から上限金利は確実に15.0%を上回ることはないというわけです。

また遅延損害金の上限金利も利息制限法によって規定されており、上限利率は借入元金の1.46倍までと定められています。

よって、借入残金によって下記のように遅延損害金の上限金利が決定されます。

・元金10万円未満 上限金利20.0% × 1.46 ⇒ 29.2%
・元金10万円以上~100万円未満 上限金利18.0% × 1.46 ⇒ 26.28%
・元金100万円以上 上限金利15.0% × 1.46 ⇒ 21.9%

表では最高は21.9%が上限となっていますが、カードローンの遅延損害金の上限金利は最大20.0%を超えられない規定があるため、20.0%の利率を上回る設定を行っているカードローン業者は皆無です。

アイフルの遅延損害金の利率は最高の20.0%となっており、上限金利の18.0%を上回る高金利となっているので、無駄なお金を支払わないためにも返済遅れはしないよう心がけるべきでしょう。

アイフルの借入限度額と金利は審査内容次第!

ここまでの話でアイフルでは高額借入となるほど低金利が設定されるということはご理解いただけたでしょう。

しかし、アイフルの金利設定で参考となる利息制限法で規定された上限金利は下記の2点だけです。

上限金利18.0%

上限金利15.0%

・元金10万円以上~100万円未満
・元金100万円以上

よって、100万円以上なら確実に15.0%以下の金利が設定されますが、これよりも高額な200万円、300万円の借入限度額だからといって、さらに低金利が設定されるとは言い切れないのが実情です。

高額な借入限度額の設定には総量規制も関係してくる上、返済額も大きくなることから申込者に高い返済能力が求められるため、審査において
「高額な借入限度額者 = 返済能力の高い信用できる人物」
という評価が下されなければいくら高額借入を申請しても融資されることはありませんから、契約となれば自ずと低金利の設定となってくるでしょう。

しかし、この場合も○○%と断言することはできず、審査の結果を待つしかないのが実情です。

銀行カードローンの中には細かな適用金利を公表しているところもありますが、アイフルのように公表していない場合には、利息上限法で予測できる範囲以外は適用金利の予測は付かないと考えておきましょう。

【アイフル公式サイト】

アイフルの返済額と利息の計算方法について

カードローンの返済方式はいくつもありますが、アイフルの返済方式は「借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」を導入しています。

なんだか長ったらしくてよく意味がわからないという印象でしょうが、要所を上げれば下記のとおりです。

・毎月の返済額は借入残高によって変動する
・毎月の返済額は一定の最小返済額が設定されている(借入残高に応じて変動アリ)

この方式は毎月の返済額が一定で少ないというメリットがあるのですが、返済額に利息が含まれるため返済額が少ないため、下記のようなデメリットが生じます。

・なかなか元金が減らず返済期間が長くなる

また元金が減りにくく、返済期間が伸びることで、支払う利息も多くなってしまいます。

ヤミ金のように不法な利息を請求しているわけではありませんが、カードローンがほかの金融商品と比べて高金利と言われるのは、表面上の金利数値だけが影響しているわけではないのです。

利用する際にはこういった特徴があることをよく理解しておくべきでしょう。

そして合わせて理解しておいて欲しいのが、一体どれくらいの利息を支払うことになるのかという点。

カードローンの場合、借りやすさだけに目がいって利息に目がいかない方が少なくないため、いつまで経っても返済が終わらないとか、完済後に支払った利息を確認して驚くハメになってしまう人が多いのが実情です。

返済中にわかっていれば打つ手もあったのにと後悔することにもなりかねません。

そこで最後にアイフルを利用する方に、返済額と利息のシミュレーション計算方法についてお教えしておきましょう。

いくら借りたら返済はいくらで利息はいくら

アイフルの毎月の返済額は最小返済額が借入残金に応じて下記のように設定されており、毎月定額となっています。

借入残金10万円 4,000円
借入残金20万円 9,000円
借入残金30万円 13,000円
借入残金40万円 13,000円
借入残金50万円 15,000円
借入残金100万円 30,000円
借入残金150万円 35,000円
借入残金200万円 40,000円
借入残金300万円 50,000円
借入残金400万円 60,000円
借入残金500万円 70,000円

またその利息は下記計算式で簡単にシミュレーションすることができます。

借入残高 × 契約金利 ÷ 365日 × 借入日数

10万円を金利18.0%で20日間借入した際の利息は下記のとおりです。

10万円 × 18.0% ÷365日 × 20日 = 386円

このように返済額と支払利息は求めることができますが、こんな面倒なことをするよりも手っ取り早いのがアイフルのHPに用意されている返済シミュレーションです。

返済シミュレーションで返済額と利息を計算!

下記のアイフルサイトに入れば、条件を入力するだけで簡単に求めることができます。

https://www.aiful.co.jp/topics/?cid=PH10H010

入力するのは下記の3つだけです。

・支払サイクル
・借入金額
・契約金利

入力後に実行キーを押せば、数秒で下記情報が表示されます。

・返済回数
・月次返済額
・返済期間
・返済総額

またこれに合わせて毎月の返済内訳も確認でき、毎月の利息充当額と元金充当額も確認できるので、いくら利息を支払っているのかが実感できるでしょう。

契約者でなくても利用できるので、申込前に1度利用してみることをおススメします。

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る