カードローンの仮審査と本審査~仮審査が通れば本審査も通る?

カードローンには仮審査と本審査、二つの審査が用意されていることが多々あります。

仮審査とは文字通り“仮の審査”のことであり、カードローンを発行している消費者金融や銀行のホームページには、

あくまでも仮審査なので本審査でお断りすることもあるよ

といった注意書きが書かれているものです。

ということは、仮審査でOKとなっているにもかかわらず、本審査が審査否決なんてことがあるのか、カードローンを申し込もうとする人にとっては結構真剣に考え込んだりするものです。

仮審査とはどんな審査か?

金融機関によって若干の違いはありますが、共通していえるのは

本審査前に行う最低限の審査

といった位置づけになっていることです。

最低限の審査ですから入力項目も非常に少なくなっていますし、仮審査を申し込んでから結果が連絡されるまでの時間も非常に短くなっています。

例えば消費者金融大手のアコムやプロミスなどはこのあたりは自動化していて最短〇秒なんていう宣伝をしていたりもするわけです。

では、どんなことを仮審査ではチェックするのかというと、これはもうどこもほぼ同じで、

〇収入
〇他社の借入状況

の二つです。中にはこれに今働いているところでの勤務年数なども考慮するところもありますが、融資する側が知りたい情報はほぼ借入状況と収入状況の2点に絞られます。
さらにいうと、借り入れ状況の中でも、特に重要なのは借入額よりも借入件数だと言われています。具体的にはこの件数が4件を超えてくると途端に仮審査の通過率は悪くなってきます。

仮審査に通るためには、このあたりのポイントを押さえ、借入件数が多い方は少しずつでも借り換えでまとめるなどして借入先を少なくしておきましょう。

本審査とは

本審査はその名の通り正式な審査手続きであり、人の判断も入ってきます。当然、その審査内容は仮審査よりも広範多岐にわたります。

〇申請内容はどうか
 ⇒住所や勤務先
 ⇒年収や勤務年数

ここではチェックのみですが、ネットではなく申込書に自筆で記入している場合は筆跡などもチェックされることがあります。字の上手い、下手が審査に影響は与えません。しかし、お金を借りるための大切な申込書に書きなぐったような汚い字を平気で書いて提出するような人は延滞することが多いという業界人の話もあり、少なくとも審査にプラスには働かないようです。

〇本人確認
 ⇒本当に本人が申請しているか

これはネットで申込みをした場合に、本人の携帯電話や自宅電話に電話がかかってきて本当にお金を借りる申込みをしたかと意思確認されます。家族に内緒でお金を借りようとする人は自宅だと家族が出る可能性がありますから携帯電話を書いておく必要があります。

〇在籍確認
 ⇒本当に申請書の勤務先に勤務しているか

在籍確認は多くの人がプレッシャーに感じる審査項目です。なぜなら勤務先に本当に勤務しているのかどうかを確認するため、金融会社の人が実際に電話してくるからです。つまり、ここで借金の申込みをしていることが会社にばれるんじゃないかと思うわけです。
このあたりは金融会社も心得ていて、中小、零細の貸金業者でもない限りはまともに会社名を名乗ることはありません。多くの場合は個人名を名乗るだけで知り合いからの電話を装うようです。

〇クレジットヒストリーの確認
 ⇒現在の借入状況
 ⇒過去の借入状況

次にクレジットヒストリーですが、これはその人の過去の借金の状況を個人信用情報機関に問い合わせて確認します。
今現在の借金はあるかどうか、あるのであればそれは申請書に書かれてある通りか、過去に借金の延滞はないか、自己破産などの金融事故を起こしてないかといった情報を確認します。万一、ここでトラブルが露見すると、仮審査が通っていても本審査で否決、落とされます。

 

大まかには以上のような感じになります。
仮審査で融資対象として適格かどうかを確認し、本審査で細かなところを詰めていくという感じです。

2回目以降の申込みをするなら保証会社をチェック

一度どこかのカードローン審査に落とされた人が、再び他のカードローンを申し込む際、保証会社がどこかというのは重要なポイントになってきます。

なぜなら、保証会社は複数の金融機関のカードローンの保証を請け負っていることが少なくないからです。

保証会社の例

(株)オリエントコーポレーション
みちのく銀行『トモカ』、武蔵野銀行『むさしのカードローン「シグナス」』、千葉興業銀行『ちば興銀カードローン【リリーフ】』、清水銀行『しみずスピードカードローン』、但馬銀行『たんぎんカードローンSTORK』、京葉銀行『カードローン「そっけつくん」』、八千代銀行『プラスユーネクスト』、中京銀行『カードローン「ハイステージ」』、宮崎太陽銀行『使い上手』、みずほ銀行『みずほ銀行カードローン』

(株)セディナ
第四銀行『D-スタイル』、清水銀行『しみずアシストカードローン』三重銀行、『みえぎんカードローン』

SMBCコンシューマーファイナンス(株)
鹿児島銀行『かぎんカードローン』、北洋銀行『カードローン スーパーアルカ』、きらやか銀行『Do it 500(ドゥ イット 500)』、福島銀行『カードローン「フリーライフ」』、東日本銀行『ゆあポケットII』、福邦銀行『新なんでもザウルスカードローン』、関西アーバン銀行『アーバンカードローン』

上記の他にも、アコムや新生フィナンシャルなど、カードローンの保証を事業として展開しているところはいくつかあります。

カードローンの本審査で落ちるということは、この保証会社の判断で落ちているということですから、次に別のカードローンに申し込む際には保証会社が別のところにしないと、また落とされるということになります。

一定期間に何度も落とされていると、それだけで他のカードローンの審査に通りにくくなりかねませんから、審査におとされた後の二度目、三度目は保証会社が別のところのカードローンに申し込むように注意しましょう。

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る