銀行カードローンの在籍確認について

最近では、都市銀のメガバンクから地方銀行までさまざまな銀行がカードローンを扱っています。
銀行のカードローンも消費者金融系のカードローン同様に審査があり、在籍確認が行なわれます。
しかし銀行カードローンの場合、在籍確認の方法には独特の特徴があります。
今回は銀行カードローンの在籍確認の方法や、その対策法について紹介します。

銀行が在籍確認の電話をしているわけではない

銀行カードローンでは、銀行が在籍確認の電話をすることはほとんどありません。
なぜなら銀行カードローンは、万が一、貸付金の回収ができない場合などの保証業務を銀行とは別の「保証会社」に委託していることが多いためです。
そのため銀行カードローンの考え方としては、「銀行の審査を通過した方が銀行カードローンを利用できる」のではなく、「保証会社の審査に通過した方が銀行カードローンを利用できる」という考え方になります。

ただし、在籍確認の電話では銀行名を名乗ることも多い

銀行カードローンは、保証会社が在籍確認の電話を行なうことが多いのですが、電話口で名乗る名前は「銀行名+個人名」の場合が多いようです。
具体的には「〇〇銀行の××と申しますが△△さんはいらっしゃいますか?」といった内容で電話がかかってきます。
ただし、銀行によって「銀行名のみ」のところや「個人名のみ」のところもあり、「銀行名、個人名のどちらで名乗るか」の希望を聞いてくれるところもあります。

電話での在籍確認を行なわない場合も

銀行によっては、申込者がカードローンの申し込みをする銀行の口座を持っている場合や、借入限度額が小額の場合には、電話での在籍確認を行わない場合があります。
また、銀行カードローンでは専業主婦の方の申し込みを可能としている銀行もあるので、自宅へ電話して申し込みの意思を確認する「在宅確認」を行なうところもあります。
申し込みをしたい銀行に問い合わせをすると、ほとんどの銀行では在籍確認の有無や在籍確認の方法を教えてくれますので、気になる方は事前の問い合わせをおすすめします。

勤務先への電話による在籍確認の事前対策

「たとえ銀行名で電話が来たとしても、カードローンの申し込みが職場の人にバレないかどうか心配」という方も多いのではないでしょうか?
スムーズに在籍確認の電話を完了させるためにも、電話にでる可能性のある職場の人々には事前に在籍確認の電話がくることを伝えておくことをおすすめします。
カードローンからの電話ということがバレたくなければ「銀行でクレジットカードに入会したので在籍確認の電話がくる」とか「子供の教育ローンを組んだので在籍確認の電話がくる」などと伝えておくことも可能です。
本人不在の場合でも、間違いなく対応してもらえるように下準備をしておきましょう。

まとめ

今回は銀行カードローンの在籍確認について紹介しました。
銀行カードローンの在籍確認の電話は、基本的に銀行名を名乗ってくれるので、それほど怪しい電話だと思われにくい傾向があります。
ただし、在籍確認が完了しないと本契約は結べませんのでしっかりと対応することが大切です。

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る