審査に関する情報

カードローンの在籍確認~派遣社員編

カードローンに申し込みをすると審査の最終段階で必ず行なわれるのが「在籍確認」です。
在籍確認は、申込者が申請した勤務先に本当に勤務しているかどうかを確認するために行なわれます。
健康保険証や社員証など、書類で在籍確認を行なうカードローン会社もありますが、ほとんどのカードローン会社が、勤務先への電話連絡による在籍確認を行なっています。
基本的に勤務先に電話することの多い在籍確認ですが、申込者が派遣社員の場合には、派遣先と派遣元のどちらに電話がくるのでしょうか?
今回は、派遣社員の方の在籍確認の方法について詳しく説明していきます。

電話が来るのは派遣元?それとも派遣先?

在籍確認の電話が来るのは、申込者が申告した勤務先の電話番号です。
そのため、申込者が申告した方に連絡がきます。

派遣先と派遣元、どちらを申告するのが正解?

派遣社員の方の場合、どちらを申告するか悩む方も多いと思いますが、基本的には「直接の雇用契約がある=直接お給料を貰っている」派遣元を申告します。
カードローン会社によっては、派遣社員の方のためにどちらを申告すべきか申し込みフォームに指示があるところもあります。

申告は基本的に派遣元、場合によっては派遣先でもOK

基本的に申し込み用紙に申告するのは派遣元の電話番号ですが、派遣元に電話されると、どのように電話対応されたのかが全く分からないというデメリットがあります。
また、派遣会社によっては私的な電話を一切シャットアウトしている会社もあります。
さらに、派遣会社の電話対応者が派遣登録スタッフのことを把握していないため、「そんな人はいない」などと回答されてしまう可能性もあります。
そのため在籍確認の様子をなるべく把握しておきたい方は、申し込みをする前にカードローン会社に相談をして、派遣先の電話番号を申告しておくと良いでしょう。

在籍確認完了のためには、事前の対策が重要

派遣元の電話番号を申告しても、派遣先の電話番号を申告しても、在籍確認の電話に申込者本人が必ず電話にでるとは限りません。
しかも、カードローンの在籍確認の場合、「個人名」や「銀行名+個人名」などで電話がかかってくるため、人によっては「怪しい電話」と受け止められてしまう場合もあります。
そのため、滞りなく在籍確認を完了させるためには、事前にしっかりと電話対応者に在籍確認の電話がある旨を伝えておくことが重要です。
電話対応者も事前に在籍確認の電話が来ることが分かっていれば、「怪しい電話」と疑われずによりしっかりと電話対応してくれる可能性が高くなります。

まとめ

今回は、派遣社員の電話での在籍確認について紹介しました。
知らない人から会社に電話がかかってくるのには抵抗のある方もいると思いますが、カードローンの審査に無事に通過するためにも、在籍確認の準備もしっかり行なっておきましょう。

-審査に関する情報

Copyright© カードローン事典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.