カードローンの在籍確認~パート・アルバイト編

現在、カードローンは誰でも借りやすいシステムになっており、アルバイトやパートの方でも安定した収入があれば、申し込み可能なカードローン会社も増えてきました。
アルバイトやパートの方でも、審査は正社員の方と全く同じ手順で行なわれます。そこで気になるのが、勤務先への電話での在籍確認です。
普段から勤務先の電話にでる機会のあるアルバイトやパートの方であれば、特に問題ありませんが、普段勤務先の電話にでることがないような方の場合、どのように対処するのがよいのでしょうか?
今回は、アルバイトやパートの方のための在籍確認の傾向と対策を説明していきます。

アルバイト・パートでも勤務先に在籍確認の電話がある

たとえアルバイトやパートの方でもカードローンの申し込みを行なうと、ほとんどの場合、職種に関係なく職場に在籍確認の電話が入ります。
しかし、在籍確認の電話は、必ず本人が対応しなければならないということはありません。
したがって、本人以外の人が電話にでた場合でも、申込者の在籍が確認できさえすれば在籍確認は完了になります。

在籍確認が完了になるかならないかは電話対応者次第

在籍確認が完了するかしないかは、電話対応者次第です。
基本的に、在籍確認の電話は消費者金融系であれば「個人名」にて、銀行系であれば「銀行名」にて電話がくることが多いようです。
「◯◯と申しますが××さんはいますか?」という内容で電話がきますが、その電話に対して「××は席を外しています。」とか「××は本日帰りました」とか、申込者の在籍が確認できる返事があれば、在籍確認は完了となります。
しかし「そんな人はうちにはいません。」など、在籍を確認できない答えが返ってきた場合には、在籍確認が完了せずに審査に通過することができなくなります。

アルバイト・パートのための在籍確認の対策

その① 電話対応者に在籍確認があることを伝える
普段職場の電話にでる機会のないアルバイト・パートの方の場合、いきなり個人名で会社に電話がかかってくるのは明らかに不自然です。
そのため電話対応者も警戒して「個人情報なので答えられない」などと回答してしまうことも少なくありません。
スムーズに在籍確認を完了させるためには、職場で電話にでる可能性のある人に「在籍確認の電話がくる」ということを前もって伝えておきましょう。
在籍確認の電話をしてくるのはカードローン会社だけではないので「クレジットカードの入会申し込みをしたので在籍確認の電話がくる」などと伝えておけば、スムーズに対応してもらえることでしょう。

その②カードローン会社に相談してみる
職場に電話をかけられることに、どうしても抵抗がある方の場合は、逆にカードローン会社に相談してみるのも1つの方法です。
「普段、自分宛に電話がかかってくることがないので、在籍確認の電話に抵抗がある」などの理由で1度相談してみるとカードローン会社によっては、書類(給与明細や健康保険証など)など他の方法で在籍確認をとってくれる場合があります。

まとめ

今回はアルバイト・パートの方のための在籍確認の傾向と対策について説明しました。
普段職場に自分宛の電話がかかってくることがない場合、在籍確認の電話が不安な方もいると思いますが、職場やカードローン会社側に事前に相談しておくことである程度の不安を解消することができます。
この記事を参考にして、事前にしっかりと対策をとっておくことをおすすめします。

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る