審査に関する情報

カードローンの在籍確認は避けられない!?その傾向と対策

カードローンの申し込みをしてから、契約が完了するまでの間には、必ず審査が行なわれます。
そして、その審査の最終段階で行なわれるのが在籍確認です。
在籍確認は勤務先への電話連絡にて行なわれることが多く、職場でカードローンの利用がバレないかと心配な方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、カードローン会社の在籍確認の内容について徹底的に調査し、スムーズに在籍確認を完了させる方法を紹介していきます。

在籍確認とは?

在籍確認とは、申し込み者が申告した職場に勤務しているかどうかを確認するために行なわれる審査です。

なぜ在籍確認が必要なの?

カードローン会社とは、保証人不要・無担保にて利用者にお金を貸している業者であり、利用者にとっては気軽にお金が借りられるというメリットがあります。
しかしそういう甘い条件で融資をするとなると、カードローン会社側からしてみれば、貸したお金を回収できないかもしれないというリスクが非常に高いともいえるわけです。
そのため、カードローン会社が申し込み者にお金を貸すかどうかを決めるために、申し込み者の「返済能力」を確認する必要があります。返済能力とはすなわち返済をしていくだけのお金を稼いでいる能力ということですから、言ってしまえば「返済能力がある=収入がある」ということです。
つまり、在籍確認にてしっかり仕事をしていることが確認できれば、カードローン会社も安心してお金を貸すことができます。
よって在籍確認は、申し込み者の「返済能力」を確認するための最終審査ともいえます。

電話だけじゃない在籍確認の方法

「在籍確認=職場への電話連絡」というイメージのある方も多いようですが、実は在籍確認の方法は職場への電話連絡だけではありません。
在籍確認は、申し込み者が申告した勤務先へ勤務している確認がとれればOKですので、社会保険証や収入証明書などの書類で在籍を確認してくれるカードローン会社も存在します。
ただし、現在では多くの会社が職場への電話連絡による在籍確認を行なっています。
中には書類での在籍確認に対応してくれる業者も存在しますので、どうしても職場への電話に抵抗がある場合にはコールセンターなどで相談してみるのも1つの方法です。

在籍確認の具体的な方法

それでは、実際に在籍確認がどのように行なわれるのかを見ていきましょう。

在籍確認の電話は誰がかけてくる?

在籍確認の電話のかけ方は、以下の2つのタイプによって特徴が分かれます。

・消費者金融系カードローン
・銀行系カードローン

それでは、それぞれの特徴をみていきましょう。

・消費者金融系カードローン
消費者金融系カードローンの場合、基本的に在籍確認の電話は「個人名」でかかってきます。
具体的には「◯◯(個人名)と申しますが△△さん(申込者名)はいますか?」という内容で電話がきます。
消費者金融の名前を出すようなことは絶対にありません。
またカードローン会社によっては、電話をかけてくる人物の性別を選べる会社などもあります。
特に「女性専用のカードローン窓口」を設けているような会社であれば、女性が在籍確認を行なってくれます。

・銀行系カードローン
銀行系カードローンの場合、基本的に在籍確認の電話は「銀行名+個人名」でかかってきます。
具体的には「××銀行の〇〇(個人名)と申しますが△△さん(申込者名)はいますか?」という内容です。
また、中には「銀行名のみ」や「個人名のみ」のところもあり、どちらかを選ばせてくれるカードローン会社もあります。

在籍確認の電話に本人がでた場合何を聞かれるの?

在籍確認の電話に本人がでた場合には、基本的に「△△△△様(申込者のフルネーム)ご本人様で宜しいでしょうか?」と、本名を確認されて終了です。
詳しい申し込み内容の確認などをされることはなく、時間にして1分もかからずに終了してしまう内容です。

本人不在だった場合はどうなるの?

在籍確認の電話が来たタイミングで本人が不在の場合には、電話対応者の回答によって在籍確認が行なわれます。
「〇〇と申しますが△△さんはいますか?」という問いに対して電話対応者が「本日はお休みしています。」や「ただいま席を外しています。」など、勤務先に在籍が確認でるような回答が得られればそこで在籍確認が完了になります。
逆に、電話対応者が「私的な質問には答えられない。」や「そのような人はいない。」などと回答してしまうと在籍確認を完了することができずに審査に通過できない可能性があります。

在籍確認は事前にしっかり対策しよう

在籍確認の電話は、突然かかかってくることが多いため、必ず本人が対応できるとは限りません。
電話対応者の回答によっては審査落ちしてしまう可能性も十分にありますので、事前にしっかりと対策をしておく必要があります。

基本的な電話対応者への根回しは必須!

たとえ自分がいつでも電話にでられる状況でも、絶対に電話にでられるとは限りません。
そのため、職場の電話対応者には「在籍確認の電話がくる」ということを事前に伝えておくことがポイントでです。
カードローンを利用していることがバレたくない場合には「クレジットカードの契約をした」などと言い訳ができますし、銀行からかかってくる在籍確認の電話に関しては「車のローンの件で電話がくる」などと、別のローンを組んだということもできるので、職場の同僚にはしっかり伝えておくようにしましょう。

派遣社員は「派遣先」と「派遣元」のどちらに電話がくるの?

派遣社員の場合には、本人が申告した職場の連絡先に電話が入ります。
基本的に勤務先として申告するのは、直接給与をもらっている派遣元ですが、登録者が多い場合、派遣元スタッフが登録者の名前までしっかりと把握していない可能性があります。
そのため、在籍確認の電話で派遣元に電話されるのが心配な方は、派遣先を連絡先として申告しておいても良いでしょう。
どちらの場合でも、電話を対応する人々に「在籍確認の電話がくる」という根回しはしておいた方が確実です。

アルバイトやパートにも在籍確認はある?

アルバイトやパートでも在籍確認は行なわれます。
この場合にも勤務先に同じように電話がきますので、事前に電話対応者にしっかりと伝えておきましょう。

専業主婦の在籍確認はどうなるの?

カードローンの中には、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも申し込みをOkにしている会社もあります。
申込者が専業主婦の場合には、在宅確認として自宅に連絡がくるパターンや、配偶者の勤務先に電話連絡が入る場合があります。
カードローン会社によっても確認方法が違いますので、事前にどこに電話がくるのか確認してしっかり対策しておきましょう。

まとめ

今回はカードローン会社の在籍確認の方法とその対策について紹介しました。
職場にカードローン会社から電話がかかってくるのは抵抗のある方も多いと思います。
しかし長電話をされるようなことはなく、事前にしっかりと根回ししておけば職場でカードローンの利用がバレることもありません。
いきなりかかってきた在籍確認の電話にあわてないように、事前にしっかりと対策をしておきましょう。

-審査に関する情報

Copyright© カードローン事典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.