WEB完結のカードローン

WEB完結契約とは、その名の通り、インターネット上で契約手続きが完了してしまう契約のことをいいます。

通常は書類のやり取りがあるために郵送の時間がどうしても数日必要になりますが、WEB完結契約では書類はスマホのカメラで撮影して専用アプリから送信する手順になっています。
そのため郵送の日数が省略でき、また融資するお金も利用者の口座に直接振り込むためにローンカードの到着が遅れても問題ないという形になっています。

また、中には完全カードレスのカードローンもあります。

このWEB完結契約を利用するには銀行口座を持っていればOKで、お金を借りるためのローンカードも原則必要ありません。ネット上から必要な金額を振り込むように手続きすればそれで必要なお金を調達することが可能です。

また、返済もネットの管理画面から処理することが可能になっており、毎月の約定返済以外の臨時の繰り上げ返済も現金を持つことなくパソコンから手続き可能です。

ちなみにWEB完結型のカードローンには以下のようなところがあります。

プロミス(プロミスWEB完結の流れ
アコム
SMBCモビット
新生銀行カードローン レイク

レイク以外は消費者金融になりますが、利便性という点では銀行カードローンよりも進んでいると言って良いでしょう。

WEB完結契約が一つの流れに

今はデータの時代と言われています。コンピュータが広く利用されるようになって何でもデータ化されて利用されており、お金もデータそのものの扱いを受けています。

お金は数値そのものですから、電子データとして利用もしやすく、クレジットカード、デビットカード、電子マネーといったお金の代用品も広く普及しています。

しかし、世界から見れば日本はまだまだ現金でのやり取りを重視する風潮が強いと言われています。東京といった都会でさえ、買い物や飲食代金の支払いにクレジットカードが使えないという店が多く残っていますし、それを当たり前のこととして受け入れてきた文化があります。
カードローンなどでお金を借りる際も同じで、現金を調達し、現金で返済する、といった利用をしているユーザーはたくさんいます。いや、カードローンを利用しているユーザーのうち一定割合はクレジットカードなどを持てない人で占められているため、現金でのやり取りが主流になっている人は案外多いかもしれません。

しかし、その流れにも少しずつ変化が置き始めています。現金至上主義の世代が少しずつ減少していき、それに変わって増えつつあるのがネットを当たり前のように使いこなす世代です。

この世代は支払いをするのにクレジットカードや電子マネーを利用するのは当たり前で、ポイントを貯めるメリットを重視している人もたくさんいます。

また、お金を借りる際にもWEB完結契約が可能かどうかを重視する人も大勢います。金利の高さよりも利便性の高さの方を重視する人たちです。

ローンカードを持たないという選択

お金が必要だからカードローンを利用するわけですが、あえてローンカードを手元に持たないという選択をする人もいます。
なぜかというと、ローンカードを手元においておくと、ついついクレジットカード感覚で使ってしまうからです。
もちろん返済原資のあてがあってのことなら何の問題もありませんが、クレジットカード的な使い方をするならクレジットカードを使うほうがポイントや各種特典サービスが充実していてお得です。
それよりもついついカードローンに甘えてしまってそれほど必要のないことにまでカードローン頼みでお金を使ってしまうことのほうがリスクであり、人生コストが高くつきかねません。
そうしたことを考慮してローンカードがないWEB完結契約型のカードレスローンを選ぶ人も増えてきているわけです。
これならネットから管理画面に入って振込手続きをして、、、という作業がワンクッション入りますから、それまでに思い直すことができるわけです。

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る