専業主婦でも借りられるカードローンはココ!2018最新版

家計を預かる主婦だからこそ、急な出費に備えてカードローンに申し込みたい。

そんな方は少なくないでしょう。

しかし、パート主婦ならばいざ知らず、専業主婦ともなれば個人でカードローンを利用するのは難しいのが実情です。

カードローンは誰でも簡単に申し込めて、すぐに借り入れできるイメージが強いのですが、それには返済能力があることが基本的条件となってきます。

よって、自分自身が収入を持たない専業主婦がカードローン審査に通過するのは簡単ではないのです。

そこで今回は専業主婦がカードローン利用することはできるのかに焦点を当てて検証していきます。

専業主婦のカードローン借入が困難な理由

専業主婦が簡単にカードローン借入できない理由は冒頭でも申しましたが、各金融機関がそれを許さないのは総量規制という法律が大きく影響しています。

総量規制とは?

総量規制については知っている方も多いでしょうが、今回の話をよく理解してもらうためにも、まずはこの法律について簡単に説明しておきます。

総量規制は貸金業法に定められている法律の1つで、個人に対して年収の3分の1を超える貸付を禁じており、それに違反した場合には法的制裁が加えられます。

専業主婦がカードローン借入しにくいのも、この貸付条件に限度額設定がされているからです。

年収の3分の1を超える貸付が禁じられているということは、全く年収のない専業主婦はこの時点で借り入れするどころか、申込資格すらも得ていないことになります。

しかし、ここで注目してもらいたいのは、年収の3分の1を超える貸付を禁じられているのが貸金業者のみという点で、銀行法を遵守した貸付を課せられている銀行はこの総量規制にとらわれない貸付が可能だという点です。

となれば総量規制にとらわれない貸付ができる銀行ならば、専業主婦も融資が受けられることになりますよね。

しかし、話はそう簡単ではありません。

法的規制を受けない銀行でも、専業主婦がカードローンを利用するのは難しいのが実情なのです。

それでは貸金業者である消費者金融と銀行の専業主婦への対応がどうなっているのかを説明していきましょう。

消費者金融カードローンでも借りれる可能性はあるが・・・

総量規制の見地から言えば、専業主婦が消費者金融カードローンで借り入れは絶対に不可能です。

ですが総量規制は何の考えもなく制定された法律ではありません。

総量規制は国民の生活を守るために作られた法律なのです。

カードローンは他の金融商品と比べれば、簡単に申し込めて借り入れできる大きなメリットがあります。

しかし、このメリットが災いして多くの多重債務者を生むこととなり、その結果、自己破産状態となる人たちが続出したのです。

そこでそれを防ぐべく施行されたのが総量規制で、貸付上限額を規定することで多重債務者となることを抑制しました。

ですが貸付を制限することで国民が不利益を被ることになれば、総量規制が作られた本来の目的に反することになってしまいます。

そこで設けられたのが総量規制の例外という特例措置です。

総量規制の例外とは?

総量規制にはその法律が国民の生活に不利益を与えることがないように、下記のような条件にあてはまる際に、その特例措置として総量規制を超えての貸付を認めています。

  • おまとめローンの利用時
     ⇒低金利借換で返済が有利になる
  • 配偶者貸付
     ⇒夫婦合算年収を総量規制に適用する
  • 緊急で必要になった借り入れ
     ⇒医療費や葬儀費用など
  • 個人事業主としての借り入れ
     ⇒個人の事業資金としての借り入れ

この中で専業主婦が消費者金融カードローン借入で利用できるのが配偶者貸付です。

専業主婦に収入がなくても配偶者貸付を利用すれば、夫の収入の3分の1を上限として借り入れすることが認められます。

となれば専業主婦が消費者金融カードローンに申込む際、この配偶者貸付を利用すれば審査通過できることになるのですが、この配偶者貸付を行っているのは下記一部の中小消費者金融のみです。

・アスカ
・レディースフタバ
・ベルーナノーティス
・キャネット

大手消費者金融と呼ばれるところでは、この配偶者貸付によるカードローン利用を認めているところは1社もありません。

事実、上記のところでは配偶者貸付による専業主婦のカードローン借入が可能ですが、大手消費者金融と比べると会社の信用度も安心度もまったく違ったものになってきます。

専業主婦借入は不可能ではありませんが、この事実はシッカリと理解しておきましょう。

銀行カードローンなら総量規制は関係ないが・・・

ここまでの話を聞けば消費者金融カードローンで借り入れするのは不安だという方は少なくないでしょう。

となれば総量規制に全くとらわれない貸付が可能な銀行カードローンということになってくるのですが、その銀行カードローンでも専業主婦のカードローン借入は難しいのが現状です。

以前は専業主婦申込OKを謳う銀行カードローンは多く見られたのですが、メガバンクと呼ばれる大手銀行やネット銀行ではほぼ専業主婦の申し込みは受け付けていません。

銀行カードローンでは貸付条件の厳格化が!

ここ数年、ニュース等で多く取りざたされたので知っている方も多いでしょうが、銀行カードローンは過剰貸付により多くの自己破産者を生んだのではないかと問題視されています。

この状況を生み出したのは銀行法には総量規制のように貸付上限額を規制する法律がないことため、貸付額のすべてが銀行の裁量に一任されていることが原因でした。

貸付額は銀行が申込者に返済能力があると判断すれば、任意で貸し付けが行えました。

しかし、総量規制以後、銀行カードローンの利用者が増えるに連れて自己破産者が増加したということは、この返済能力を判断する審査システムに問題があったという見方をする方もいるわけです。

そこでその状況を重く見た全国銀行協会は、銀行カードローン問題について「健全な消費者金融市場の形成に向けて、各行が適切な業務運営をするよう点検していく必要がある」
と言及し、下記の「銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ」を公表したのです。

・配慮に欠けた広告・宣伝の抑制の必要性
・健全な消費者金融市場の形成に向けた審査態勢等の整備の必要性

これによって各銀行では下記のような広告・宣伝文句の使用を自粛し、全く収入のない専業主婦への貸付を自主規制する流れとなりました。

銀行による広告規制
・総量規制の対象外
・収入証明書不要
・おまとめローン可能
・専業主婦融資
・即日融資可能

法律的には専業主婦への貸付は問題ありませんが、収入がないことから返済不能に陥る要因が大きいとする審査態勢の見直しから、専業主婦へのカードローン貸付を自主規制することになったのです。

地方銀行なら専業主婦でも利用可能なところも!

ここまでお話したように各銀行の自主規制により、今ままでは利用可能だった銀行カードローンでも専業主婦の借り入れは難しいのが実情です。

しかし、この自主規制は大手銀行やネット銀行では積極的に推進されていますが、地方銀行となると話は違ってきます。

つまり、すべての銀行が全国銀行協会の「銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ」に右に倣えとしているわけではありません。

事実、地方銀行では専業主婦のカードローン申し込みを受け付けているところも多く、下記のような条件をクリアする必要はありますが、大手銀行やネット銀行のように専業主婦NGという傾向は強くは見られません。

一般的な条件
・配偶者に収入があること
・限度額が低いこと
・申し込めるエリアが限定

地方銀行であることから地域性という利用者限定はありますが、配偶者に収入があることが認められれば借り入れすることが可能です。

2018年4月現在、専業主婦でも借入可能としている地方銀行をざっとピックアップしてみました。

専業主婦でも融資可能としている銀行カードローン一覧

銀行名 本店所在地 カードローン名称 上限年齢
みちのく銀行 青森県青森市 トモカ 64歳以下(100万円以下)、満59歳以下(500万以下)
岩手銀行 岩手県盛岡市 カードローン〈エルパス〉 70歳未満
東北銀行 岩手県盛岡市 イーノス 66歳未満
第四銀行 新潟県新潟市 D-スタイル 65歳未満
山梨中央銀行 山梨県甲府市 カードローン「waku waku エブリ」 66歳未満
富山銀行 富山県高岡市 スピード王 MAX 70歳以下
大垣共立銀行 岐阜県大垣市 ザ・マキシマム 61歳未満
大垣共立銀行 岐阜県大垣市 随弁型カードローン「マキシマム・ミニ」 65歳未満
三重銀行 三重県四日市市 みえぎんカードローン(一般) 63歳未満
池田泉州銀行 大阪府大阪市 カードローン(キャッシュカード一体型) 70歳未満
紀陽銀行 和歌山県和歌山市 紀陽銀行カードローン 65歳未満
但馬銀行 兵庫県豊岡市 たんぎんカードローン スピードポケットプラス 69歳以下
山陰合同銀行 島根県松江市 ごうぎんDuo[デュオ]カードローン 70歳未満
中国銀行 岡山県岡山市 カードローン コレカ 65歳以下
中国銀行 岡山県岡山市 ちゅうぎんカードローン「i-コレカ」 65歳未満
阿波銀行 徳島県徳島市 パワーアップカードローン 60歳未満
四国銀行 高知県高知市 フリーカードローン 65歳以下
筑邦銀行 福岡県久留米市 Myポケットカードローン 75歳未満
筑邦銀行 福岡県久留米市 エクセルカードローン 60歳以下
西日本シティ銀行 福岡県福岡市 キャッシュエースプラス 69歳以下
十八銀行 長崎県長崎市 十八銀行カードローン 65歳未満
大分銀行 大分県大分市 スピーディ 60歳未満
大分銀行 大分県大分市 ハッピーカードローン 70歳未満
宮崎銀行 宮崎県宮崎市 パートナーカード「おまかせくん」 65歳未満
琉球銀行 沖縄県那覇市 しあわせのカードローン 65歳以下
北日本銀行 岩手県盛岡市 カードローン ASUMO[アスモ] 63 歳以下
仙台銀行 宮城県仙台市 スーパーカードローン「エクセレント」 69 歳以下
東和銀行 群馬県前橋市 カードローン「とんとん」 65歳以下
東和銀行 群馬県前橋市 スピード王 MAX(30日無利息) 70歳以下
東日本銀行 東京都中央区 ゆあポケットII 69歳以下
八千代銀行 東京都新宿区 プラスユーネクスト 64歳未満
神奈川銀行 神奈川県横浜市 小口無担保カードローン「かなぎんマイポケット」 60歳以下
長野銀行 長野県松本市 カードローン「リベロ」 65歳以下
福邦銀行 福井県福井市 新なんでもザウルスカードローン 65歳以下
静岡中央銀行 静岡県沼津市 しずちゅうCSカードローン 70歳未満
第三銀行 三重県松阪市 第三銀行カードローン「SUN」 65歳未満
大正銀行 大阪府大阪市 大正カードローン 70歳未満
島根銀行 島根県松江市 しまぎんカードローン30 65歳以下
島根銀行 島根県松江市 しまぎんカードローン 65歳未満
西京銀行 山口県周南市 さいきょうファーストカードローン 64歳以下
徳島銀行 徳島県徳島市 とくぎんカードローン・サポート 65歳以下
徳島銀行 徳島県徳島市 カードローンパートナー30万円・50万円コース 65歳以下
徳島銀行 徳島県徳島市 SaSaっとカードローン 65歳以下
香川銀行 香川県高松市 PaPaっとカード 68歳以下
愛媛銀行 愛媛県松山市 ひめぎんスマートカードローン 65歳以下
愛媛銀行 愛媛県松山市 ひめぎんクイックカードローン 65歳以下
愛媛銀行 愛媛県松山市 ひめぎんカードローン・サポート 69歳以下
愛媛銀行 愛媛県松山市 カードローン 円姫 65歳以下
高知銀行 高知県高知市 こうぎんセレクトローン ZEYO 69歳以下
高知銀行 高知県高知市 こうぎんカードローン・サポート 65歳以下
高知銀行 高知県高知市 こうぎんカードローン 65歳以下
福岡中央銀行 福岡県福岡市 福中銀 快速ポケットローン 69歳以下
佐賀共栄銀行 佐賀県佐賀市 きょうぎんカードローンえびす 60歳以下
佐賀共栄銀行 佐賀県佐賀市 スピード王MAX 70歳以下
長崎銀行 長崎県長崎市 ながさきカードローン「プレミアA(エース)」 70歳未満
宮崎太陽銀行 宮崎県宮崎市 キャッシュフル 70歳以下
宮崎太陽銀行 宮崎県宮崎市 太陽パワーカードローン 70歳以下
宮崎太陽銀行 宮崎県宮崎市 太陽カードローン 65歳以下
南日本銀行 鹿児島県鹿児島市 なんぎんWAZZECA(ワッゼカ) 70歳未満
沖縄海邦銀行 沖縄県那覇市 カードローンS 60歳未満
沖縄海邦銀行 沖縄県那覇市 アイカードくじらくん 65歳未満
ジャパンネット銀行 東京都新宿区 ネットキャッシング 70歳未満

それでは専業主婦でも借りられる銀行カードローンにはどのようなものがあるのか、その特徴を上げながらいくつか紹介していくことにしましょう。

西日本シティ銀行 キャッシュエースプラス

まず一つ目に紹介するのが福岡県に居を置く西日本シティ銀行です。

このカードローンは九州全域、および中国地方にお住まいの方が申込可能ですが、キャッシュカード発行済の普通預金口座を持っていることが申込条件となっています。

そのほかの条件は下記のとおりです。

年齢 満20歳以上~満69歳以下
対象地域 福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、山口県、広島県、岡山県
金利 13.0%~14.95%
借入限度額 10万円以上~300万円以内
必要書類 キャッシュカードまたは普通預金口座通帳、本人確認書、収入証明書(50万
       円を超える場合)

上限金利は銀行カードローンとしては一般的な数値となりますが、下限金利に関しては高めの設定となるため、高額な借入限度額を設定する場合には向いているとは言えません。

しかし、専業主婦で100万円を超える借入限度額が設定されることはまずありえないので、専業主婦の方には銀行カードローンの低金利を利用できるおススメの銀行カードローンと言えます。

ですが審査時間が長くかかり、審査が厳しいとの声もあるので、申し込みの際には配偶者の属性内容が慎重に審査されると覚悟しておいた方がいいでしょう。

東北銀行 イーノス

次に紹介するのが岩手県に居を置く東北銀行のイーノスです。

このカードローンも配偶者の収入があることを条件に、専業主婦の申し込みを受け付けています。

また利用条件は専業主婦だからということで限定されることはなく、あくまでも配偶者の審査結果次第となるので、専業主婦でも高額借入が可能な銀行カードローンと言えます。

ですが配偶者の勤務先への在籍確認が行われることもあるようですから、配偶者に内緒で申し込むのは止めた方がいいでしょう。

このカードローンの申込条件は下記のとおりです。

年齢 満20歳以上~満66歳以下
対象地域 自宅および勤務先が東北銀行の営業区域内
金利 4.8%~14.0%
借入限度額 10万円以上~500万円以内
必要書類 本人確認書、収入証明書(300万円を超える場合)

また東北銀行の口座がなくても申し込みできますが、返済が東北銀行からの口座振替となるため、申し込み時に口座開設は必須となります。

十八銀行 十八銀行カードローン

十八銀行は長崎県では非常に認知度の高い地方銀行で、そのカードローンは専業主婦だけでなく年金受給者も申込可能な幅広い申込枠を持ちます。

またそのスペックも都市銀行やネット銀行に見劣りしないことから、専業主婦だけでなく、それ以外の方にとってもおススメの申し込み先と言えます。

このカードローンの申込条件は下記のとおりです。

年齢 満20歳以上~満70歳以下
対象地域 自宅および勤務先が長崎県、福岡県、熊本県、山口県
金利 2.4%~14.6%
借入限度額 10万円以上~800万円以内
必要書類 本人確認書、収入証明書(100万円を超える場合)

またこのカードローンは最少返済額が2,000円と低く、返済しやすいのも特徴で、十八銀行の口座開設がなくても利用することができます。

そして見逃せないのがプレミアシート(優待席)の利用です。

十八銀行で住宅ローンを利用している場合、限度額300万円で金利4.5%の好条件利用が可能になります。

対象地域にお住まいの方で、住宅ローンを組んでいる場合には、一番先に申込検討してもらいたいカードローンと言えるでしょう。

三重銀行 みえぎんカードローン

三重県に居を置く三重銀行のみえぎんカードローンは、大きく抜きに出た特徴を持つカードローンではありませんが、すべてのスペックが標準的な銀行カードローンと同等もしくは、いい条件のカードローンとなっています。

このカードローンの申込条件は下記のとおりです。

年齢 満20歳以上~満65歳以下
対象地域 自宅および勤務先が長崎県、福岡県、熊本県、山口県
金利 4.5%~14.3%
借入限度額 10万円以上~500万円以内
必要書類 本人確認書、収入証明書(50万円を超える場合)

しかし専業主婦の場合には借入上限額が30万円までとなっているので、それ以上の借り入れを希望する方は注意が必要です。

低額でもいいから、標準スペックの銀行カードローンを利用したいという方におススメのカードローンと言えるでしょう。

神奈川銀行 小口無担保カードローン「かなぎんマイポケット」

神奈川銀行の小口無担保カードローン「かなぎんマイポケット」はその名のとおり、低額融資を目的としたカードローンで借入上限額は30万円となっています。

借入限度額に不満を持つ方もいるでしょうが、固定金利の14.0%は借入上限額を30万円とした場合においては、他のカードローンと比べても低金利と言えます。

よって、高額借入は必要ないという専業主婦の方にはおススメのカードローンとなってくるでしょう。

このカードローンの申込条件は下記のとおりです。

年齢 満20歳以上~満61歳以下
対象地域 自宅および勤務先が神奈川銀行の営業区域内
金利 13.0%(固定)
借入限度額 5万円以上~30万円以内
必要書類 本人確認書

しかし、このカードローンの申し込みは、全ての手続きを銀行窓口で行わなければなりません。

また毎月の返済額が借入金額にかかわらず、一律5,000円と少々高めに設定されています。

多少融通がきかないところもありますが、専業主婦の方にありがちな小口借入に限定すれば、メリットの高いカードローンとなってくるでしょう。

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る