プロミス解約後に2回目の再利用申し込み。審査の留意点はコレ!

「一度プロミスで解約手続きをしたけど、またお金を借りたい!。」

カードローンは急な借り入れにも迅速に対応してくれるという特徴から、再申し込みをしたいと思う方は意外と多くなっています。

しかし、プロミスでは再申し込みを受け付けてもらえるかどうか不安な方もいるのではないでしょうか。

また、申し込みをしたことがない新規申込者と、再利用申し込み者では申込方法に違いがあるのかも気になるところですよね。

そこで今回はプロミス解約後に再利用申し込みは可能かどうか、手続きの流れや審査の留意点について詳しく調べてみました。

【公式サイト】

 

プロミスでは再利用申し込みが可能

プロミスでは一度借入金を完済して解約手続きをとった人でも、再利用申し込みが可能です。
ただし、再利用申し込みだからといって審査なしなどの優遇があるわけではなく、新規申し込みの時と同様に以下の流れで再利用手続きが行なわれます。

1. 申し込み
2. 審査
3. 契約

プロミス再利用申し込みの手続きの流れ

プロミスの再利用申し込み手続きは、これまで契約したことがない新規申し込み者と若干の違いがあります。
プロミスの再利用申し込みは以下のどちらのタイプかで手続きが変わるので、自分がどちらのタイプになるのかを事前にチェックしておいてください。

・会員サービスにログインできる人
・会員サービスにログインできない人

会員サービスにログインできる人の申込方法

カードが手元にある方、カード番号や暗証番号が分かる方で会員サービスにログインできるのであれば、ネットから再設定が可能です。

ただし、ログイン後の画面に「ご利用限度額0円」と表示されている人の場合、電話での手続きが必要になります。
このような場合には、プロミスコールに再設定手続き申し込みの電話をしましょう。

会員サービスにログインできない人の申込方法

既に会員カードが手元にない方、カード番号や暗証番号が分からない方は、新規申し込み時と同様の手続きを行ないます。

インターネットの新規申し込みボタンから手続きを行なうか、プロミスコールに電話をし、再契約希望の旨を伝え手続きを行なってください。

再利用でも審査落ちの可能性あり!審査に落ちてしまう理由とは?

たとえ一度プロミスの審査に通過し契約していた方でも、2回目の申し込みでは再び審査が行なわれます。

また、現在の状況次第では、審査落ちとなる可能性もあるので注意が必要です。

プロミスの再申し込み審査では何をチェックされるのか、審査落ちしてしまうおもな理由を見ていきましょう。

プロミス再利用申し込み時の審査内容とは?

プロミスの再利用申し込み時の審査内容は、新規契約申し込み時とほぼ同じになります。
審査は大きく分けて以下の3項目のチェックが行なわれます。

・本人の申告内容
・個人信用情報
・在籍確認

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう。

本人の申告内容

申込者が申告した、再申し込み時点での申告内容を確認します。
これは初回の契約から、年収や勤務先などの状況が変わっている可能性があるためです。
初回契約時と同様に改めて、全ての申告内容が確認されます。

個人信用情報

個人信用情報とは、クレジットカードやローンに関する取引情報が記録された履歴のことです。
この履歴は、日本国内に3つある信用情報機関という場所に保管されています。
金融機関が共通して見ることができる履歴なので、プロミスからも申込者の過去のお金の貸し借りの記録が確認できます。
再利用申し込み時点までの、過去の記録をチェックすることになります。

在籍確認

プロミスでは、勤務先に申込者宛に電話をかける在籍確認を行なっています。
再利用申し込みの場合には在籍確認がなかったという口コミもありますが、基本的には在籍確認の電話がくると認識しておいてください。
特に初回申し込み時と現在の勤務先が変わっている場合には、在籍確認の電話はかかってきます。
急な在籍確認の電話に慌てないためにも、職場の人に「在籍確認の電話がくる」と伝えておくことが大切です。
カードローンへの申し込みが職場の人にバレるのが心配な方は、「クレジットカードに入会申し込みをした。」と伝えておけばよりスムーズに対応してもらえますよ。

プロミスの再利用申し込みで審査に落ちてしまう人の特徴と留意点

「プロミスで一度審査に通過した経験があるから、今回も審査通過できるだろう。」
そう思っている人でも、再利用申し込みで審査落ちしてしまう人もいるものです。
プロミスでは審査基準や審査落ちの理由は公開していませんが、審査落ちした人の傾向から審査落ちの理由を推測することはできます。
今回はプロミスの再利用申し込みで審査落ちしてしまう人の特徴と、留意点をまとめてみました。

理由1. 初回解約後に他社で信用事故を起こした
プロミスの初回解約後に、信用事故を起こしているパターンです。
信用事故とは、長期延滞や任意整理、自己破産、強制解約など、信用取り引きの中で何かしらの問題を起こした時に、個人信用情報に記録される情報です。
信用事故の記録は基本的に5〜10年ほどは残ってしまうので、その間はローンやクレジットカードの審査に通過することが、かなり難しくなります。
一度信用事故の記録がついてしまうと、事故記録が削除されるまでプロミスの審査通過は難しくなります。
現在他社借り入れがある人は信用事故の記録がつかないように返済期日を守って、しっかり取り引きしてください。

理由2. 初回契約時にプロミスで何かしらのトラブルをおこした
「長期延滞を起こした。」「何度も返済が遅れてしまった。」「強制解約になった。」など、過去にプロミスとの間で何かしらの問題があった人も審査通過が難しくなります。
他社で信用事故を起こした場合には、信用情報機関に5〜10年間記録が残ります。
しかし、プロミスで何かしらのトラブルを起こした場合、プロミス独自の個人情報には半永久的にその記録が残ります。
このような人の場合は個人信用情報の自己記録が消えていたとしても、プロミスの審査に通過することはできません。
一度プロミスで問題を起こしてしまっている方は、他のカードローンへの申し込みをおすすめします。
ただし信用情報に事故記録が残っていれば、どのカードローンでも審査通過は厳しい状況です。

理由3. 収入が不安定または収入がない、勤務年数が短い
プロミスなどの大手消費者金融では、アルバイトやパートなど非正規雇用の人でも申し込みが可能です。
しかし安定した収入がないと判断された人や、極端に勤務年数が短い人は審査落ちの可能性があります。
たとえ初回申し込み時には安定した収入があり、ある程度の勤務年数があった人でも、再申し込み時に状況が変化していれば審査落ちする可能性はあるのです。
また、初回申し込み時は働いていたが現在は専業主婦になっているという方も、再申し込みはできませんので注意してください。
プロミスでは、年齢の条件の他に「安定した収入があること」が申し込みの条件になっています。
たとえパートやアルバイト小額の収入でも、毎月コンスタントに収入があることが重要であり、1つの勤務先で長く働いている人ほど審査通過しやすくなりますよ。

理由4. プロミス以外のカードローンに同時期に申し込みをした
「再申し込みのプロミスに審査通過できるか心配だったので、他のカードローンにも申し込みをした。」という方は注意が必要です。
先にも説明した通りプロミスを含む金融機関では、信用情報を通して個人の取引情報を確認しています。
個人信用情報の中で、短期間に複数社に申し込みをしている記録があると「お金に困っている」と判断されかねません。
その結果、返済能力に不安があると認識されて審査に落ちる可能性があります。
プロミスの再審査に通過したければ、プロミス1社に絞って申し込みをしましょう。

初回契約時と何が違う?再契約時の留意点

プロミスの審査に無事に通過でき再利用が可能となった場合でも、初回契約時と再契約時ではサービスに若干の違いがあります。
今回は、再契約前にしっかりチェックしておきたい留意点もまとめてみました。
再契約では無利息期間サービスが利用できない
プロミスでは、新規契約者を対象に30日間の無利息期間サービスを設けています。
しかし再契約の方の場合には、無利息期間サービスを利用することができません。
無利息期間サービスの対象となっているのは、過去にプロミスと契約したことのない初回契約の方に限りますので注意してください。

どうしても無利息期間を利用したいという方であれば、アコムやアイフルなど無利息期間サービスのある他のカードローンの利用をおすすめします。

カードローン名 サービス名 サービス内容
アコム 30日間金利0円サービス 契約日の翌日から30日間は利息が0円
アイフル 30日間利息0円サービス 契約日の翌日から30日間は利息が0円
新生銀行カードローン レイク ・30日間利息0円
・5万円まで180日間利息0円
契約日の翌日から30日間利息0円か、契約日の翌日から5万円まで180日間利息0円か、どちらかのサービスを利用できる

※上記の無利息期間サービスはプロミス同様に初回契約の方が対象になっています。

初回契約時と返済金額が変わる場合も

このようにプロミスでは再申し込みの場合には、無利息期間サービスが利用できません。
そのため、初回契約時と再契約時で同額を借り入れ、同じ期間で返済したとしても利息に差が生じる可能性があります。
「プロミスは利用経験があるから。」と安心せずに、申し込み前には一度公式サイトにある返済シミュレーターから、返済プランのシミュレーションを行なっておくことが大切です。

まとめ

今回は、プロミス解約後の再利用申し込みの流れや審査・再契約時の留意点などについて説明してきました。
プロミスでは、基本的に再利用の申し込みが可能となっていますが、現在の申込者の状況次第では審査に落ちてしまう可能性もあります。
また、初回の契約時とはサービス内容にも若干の違いがありますので、プロミス再契約のメリットやデメリットをしっかりおさえた上で、再度申し込みをしてくださいね。

【公式サイト】

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る