みずほ銀行カードローンの増額(限度額の引き上げ)~審査のポイントは?

みずほ銀行カードローンを利用しているが、利用限度額が物足りない。

もっと利用限度額を高額に設定してくれるカードローンはないのか?

みずほ銀行カードローン利用者の中にはこんな思いを持つ方は多いことでしょう。

その時に思い浮かぶのが他社申込。

今よりも条件のいい利用限度額のところはないものかと、各カードローンの申込条件や利用条件を調べて申し込もうと考える方は少なくないでしょう。

しかし、チョッと待ってください。

わざわざ他のカードローンに申し込まなくても、みずほ銀行カードローンで利用限度額を増額できるのです。

そこで今回はみずほ銀行カードローンで利用限度額の増額を行うにはどうすればいいのか、その条件と申し込みの流れについて解説していきます。

【みずほ銀行公式サイト】

利用限度額の増額に必要な条件

みずほ銀行カードローンに申し込んだ際の利用限度額は、一部の方を除いて決して高額なものではないでしょう。

これはみずほ銀行カードローンに限った話ではないのですが、消費者金融、銀行にかかわらず、カードローンへの初回申込時には利用限度額と金利は決して有利な条件とはなりません。

これはひとえに利用実績がないことから、申込者の返済能力と信用度が高いと判断できないからです。

カードローンの利用限度額と金利は返済能力と信用度が大きく影響してきます。

これら2つにおいて高い評価が得られれば好条件でカードローンを利用できるのですが、初回申込時にそう判断されるケースはほとんどありません。

よって、一般的にカードローン業者は高額な利用限度額を希望しない限りは、初回申込時には最高で50万円の利用限度額、上限金利の適用となります。

カードローンの申し込みは大抵の場合、書類上の審査だけで合否判断を下すことになるので、個人との接触は皆無です。

よって、返済能力と信用度を書面上から判断するしかないので、申込者の持つ本質の信用度など測るすべがありません。

よって、杓子定規の審査結果しか導くことができないのです。

しかし、この審査結果は契約後の利用状況によって改善されます。

みずほ銀行カードローンが利用状況に問題がなければ、この人は返済能力、信用度が高いと判断すれば利用限度額の増額も可能になりますし、それに伴って適用金利も低く設定される可能性があるのです。

それではどのような条件をクリアすれば利用限度額の増額が可能になるのでしょうか?

それは下記の2点です。

・定期的な利用履歴がある
・返済実績がある

それではこの2点について詳しく解説していきましょう。

定期的な利用履歴がある

カードローンに申し込んでも利用しない方は少なくありません。

近年はカードローンに対する認識が大きく変わり、もしもの時の一枚として持っておこうと考える方が多くなったからです。付き合いで申込んだという人も一定数います。

つまり、急にお金が必要になったからカードローンに申し込むという方ばかりではなくなったため、申し込んで利用しないままという人も少なからず存在します。

しかし、この状態では増額融資の対象にはなりません。

先程も申しましたが初回申込時に高評価が得られないのは、その判断材料が書面上の情報となるからです。

そこで評価アップに必要不可欠なのが、申込後のカードローン利用です。

利用することで利用実績ができ、利用者がどのような使い方をするのか、判断するための材料が得られるというわけです。

申し込み後に利用しないままでいると、評価のしようがないので利用者評価は申込時と変わりません。

評価材料がないのですから、これは当然のことですよね。

よって、利用限度額を増額するためには、まずは契約後にカードローンの利用実績が必要になってくるのです。

返済実績がある

また利用実績があれば評価が上がるわけではありません。

評価を上げるために一番注意しなければならないのが返済実績です。

返済実績とは約定返済日に契約時に決められた額を確実と返済していることを指し、これが返済能力と信用度を上げる判断材料となってきます。

ここで誰もが高額な利用限度額が簡単に設定されない理由を考えてみましょう。

親しい友人に100円貸してくれと言われたら別に何も考えず貸す人が多いかと思いますが、その額が10万円だったらどうでしょう。

100円ならば返ってこなくてもという考えがあるため簡単に貸すこともできるでしょうが、10万円となれば話は違ってきます。

返ってこなかったらと心配になって、簡単に貸すことなんてできませんよね。

利用限度額の増額も同じです。

返してくれるだけの返済能力と信用度があると判断できなければ、今よりも高い利用限度額の設定なんてできるはずがありません。

その判断基準となるのが返済実績です。

毎月の約定返済日に確実な返済を行っていれば返済能力、信用度ともに高いと評価されますが、逆なら低いと評価されます。

返済が度々遅れているとか、遅延期間が長いという状態ならば、決して返済能力と信用度は高いとは判断されず、逆に低いと判断されることになるのです。

となれば利用限度額の増額なんて認められるわけがありませんよね。

みずほ銀行カードローンは申込後に利用限度額の増額は可能ですが、それには返済能力と信用度が高いと判断されるだけの利用履歴が前提となってくるのです。

みずほ銀行カードローンで増額を希望する方は、この点をシッカリと理解しておきましょう。

【みずほ銀行公式サイト】

増額審査の流れ

みずほ銀行カードローンで増額を希望する場合には、申込時と同様に再び審査を受けることになります。

申込方法については自ら申し込むか、みずほ銀行カードローンから増額案内を待つかのどちらかになりますが、どちらの場合も再審査は必ず行われます。

どちらが審査通過率が高いかは言うまでもありませんが、できれば増額資格ありと認められたみずほ銀行カードローンからの案内を待った方が得策でしょう。

みずほ銀行カードローンの増額申請は下記のいずれかの方法で行えます。

増額申請方法
・インターネット
・電話
・店頭窓口

それでは、今回は一番申し込みしやすいインターネットでの増額の流れについて見ていきましょう。

その流れは下記のとおりです。

1.会員ページにログイン
2.必要事項を記入して増額申請
3.審査
4.勤務先への在籍確認
5.審査結果の通知
6.増額

増額申請で注意しなければならないのは下記の2点です。

・審査
・勤務先への在籍確認

要は審査が増額申請の合否判断を下すことになるので、この2点は増額できるかどうかを決定する重要なポイントになってきます。

それではこの2つの注意ポイントについて解説していきましょう。

審査時の注意ポイント

審査時に重視されるポイントは下記の2点です。

・返済履歴
・年収の減額

審査は初回申込時と同様、もしくはそれ以上の時間を有します。

それだけ慎重な審査が行われることになるので、決して申し込めば審査通過できるというものではありません。

利用限度額の増額にどれだけの資格が必要になるのかは、先ほど解説したとおりですから、その点は十分にご理解いただけることでしょう。

返済履歴

みずほ銀行カードローンから増額の案内があった場合には、この返済履歴に問題なしということで評価が得られた結果と言えます。

よって、返済履歴にかんして心配する必要なないでしょう。

しかし、自ら増額申請する場合には、これまでの返済履歴がどうかには注意する必要があります。

審査はみずほ銀行カードローンの保証会社であるオリコが担当するのですが、返済履歴において下記のような状況にある場合には、増額審査を通過することはありません。

審査に落ちるケース
・返済に遅延がある
・他社借入の返済状況に問題がある
・他社借入件数と総額が増えた

ここでまず注意しなければならないのは返済状況です。

みずほ銀行カードローンの返済が確実に行われていない場合には、審査通過は難しくなってくるでしょう。

特に度重なる遅延や延滞がある場合には審査通過は絶望的です。

また、みずほ銀行カードローンだけでなく、他社借入がある方はその借入状況も大きく影響してきます。

審査時には信用情報機関から申込者の信用情報が取り寄せられるので、他社取引情報のすべてが確認されます。

他社借入でも遅延や延滞の問題があればNGとなりますし、初回申込時よりも他社借入件数や借入総額が高くなっている場合も審査に大きく影響します。

利用限度額は年収に応じた設定が上限となるので、過剰貸付と判断されるような貸付は行われません。

よって、返済状況に問題がなくても、借入件数や借入総額が増えている場合には、それが年収に見合ったものなのかに注意する必要があります。

年収の減額

また増額申請時には初回申込同様に細かな情報記入が求められますが、この中で注意してもらいたいのが年収の増減です。

利用限度額の増額を審査する際にまず求められるのが、返済できるだけの返済原資があるかどうかです。

返済原資は年収に当たるのですが、初回申込時よりも年収が低くなっている場合には、審査通過に大きく影響してくると考えておきましょう。

これは年収の大きさにも影響されますが、年収1,000万円の方が800万円に減額されるのと、300万円の方が150万円に減額されるのとでは、返済原資に対する評価は大きく変わってきます。

減額後の年収が返済能力なしと考えられるような場合には、増額審査通過は難しいと考えておくべきでしょう。

在籍確認時の注意ポイント

増額審査時には初回申込時と同様に勤務先への在籍確認が行われます。

初回申込時と勤務先が変わらない場合には気にする必要はありませんが、勤務先が変わった方は注意が必要です。

転職理由がレベルアップと取られるようなものなら高評価となる場合もありますが、基本的に勤続年数は返済能力と信用度を測る上で重要な判断材料となってきます。

よって、会社規模や職種が違うところへ転職している場合には、年収ダウンも考えられるので、審査は慎重に行われることになります。

転職が原因で審査落ちとなる可能性もあるので、好条件を求めての転職である場合には、事前にその旨を報告しておくようにしましょう。

増額すると金利はどうなる?

基本的に金融機関からの借り入れは、借入額が大きいほど適用金利は低くなります。

これは利息制限法によって、借入額に対する上限金利が規定されていることが影響しており、その上限金利は下記のように定められています。

借入額10万円未満 上限金利20.0%
借入額10万円以上~100万円未満 上限金利18.0%
借入額100万円以上 上限金利15.0%

この上限金利内で金融機関は任意の金利設定を行っているのです。

よって、みずほ銀行カードローンで利用限度額の増額を行えば、適用金利も低くなる可能性は十分にあるでしょう。

みずほ銀行カードローンの適用金利は下記のとおりです。

借入額10万円以上~100万円未満 適用金利14.0%
借入額100万円以上~200万円未満 適用金利12.0%
借入額200万円以上~300万円未満 適用金利9.0%
借入額300万円以上~400万円未満 適用金利7.0%
借入額400万円以上~500万円未満 適用金利6.0%
借入額500万円以上~600万円未満 適用金利5.0%
借入額600万円以上~800万円未満 適用金利4.5%
借入額800万円 適用金利2.0%

みずほ銀行カードローンでは100万円以上の借入限度額となれば、確実に現状よりも低金利でカードローン利用できるということになります。

みずほ銀行カードローン利用は高額な利用限度額設定がおススメ!

カードローンに申し込む方の大半は、高額な利用限度額設定にさほど興味がないのが実情です。

銀行カードローンは高額な利用限度額設定ができるのがひとつの特徴であり、みずほ銀行カードローンでも800万円もの高額設定が可能で、ほかの所を見れば1,000万円という驚きの額のものまであります。

しかし、消費者金融カードローンよりは低金利と言われる銀行カードローンでも、それほどの借り入れとなれば決して低金利とは言えないのが実情です。

中にはカードローンにそんな高額設定は必要ないだろうという方もいることでしょう。

ですがこの高額な利用限度額の設定が可能なのは、利用者にとって大きなメリットとなってくるのです。

みずほ銀行カードローンで利用限度額が10万円と100万円とでは、適用金利に0.2%もの差が出てきます。

つまり高額な利用限度額の設定を行っているほど、みずほ銀行カードローンの借り入れを低金利で行えるというわけです。

10万円を借り入れした際に0.2%の金利差が生み出す年間の利息差額は、下記のように微々たるものです。

・14.0%⇒利息14,000円
・12.0%⇒利息12,000円

しかし、適用金利が5.0%ならば下記のように、大きな利息差額を生み出します

・14.0%⇒利息14,000円
・5.0%⇒利息5,000円

しかも、借入額が90万円だった場合には、下記のようにさらに大きな利息差額を生み出すのです。

・14.0%⇒利息126,000円
・5.0%⇒利息45,000円

借入限度額の設定は審査しだいですが、賢くみずほ銀行カードローンを利用するためには、できるだけ高額な利用限度額の設定がおススメとなってくるというわけです。

利用者は増額審査が通過できるよう、今回解説した内容をよく理解して、さらなる利用限度額の設定を目指しましょう。

【みずほ銀行公式サイト】

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る