アイフルは家族に内緒で申し込める?旦那・親にバレない?

アイフルに申込みたいけど、家族バレが気になって申し込みできないという方は少なくないでしょう。来店契約じゃなくてWEB完結でどうかな?と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

消費者金融に家族に内緒で申込んだ場合、兄弟とかならまだしも、旦那さんや親にバレたとなれば、ひと悶着あるのは必死です。

となれば申し込みを躊躇してしまう方が出てくるのも仕方のないことでしょう。

しかし、アイフルではそんな心配はいりません。

申込者が家族バレを気にしていることは百も承知ですから、アイフルでは申し込みが家族バレしないための様々な対策が織り込まれているのです。申込方法で利用者側が気をつけることはありません。

しかも、利用中に至ってもその対策は講じられており、普通に利用していればまず家族バレすることはありません。

そこで今回はアイフルがとっている家族バレしないための対策にはどのようなものがあるのか、そしてそれを十分に有効活用するにはどうすればいいのかを解説していきます。

【アイフル公式】

家族バレしてしまう原因は?

それではまず本題に入る前にそもそもカードローン申し込みがなんで家族バレしてしまうのか、その原因について解説しておきます。

家族バレしてしまう原因が分からなければ、いくらアイフルがその対策を講じたとしても、利用者の方でバレる原因を作り出すことになるのです。

よって、家族バレしないためには、まずは利用者がそのための対応を理解した上で、それを行動に起こすことが重要なポイントとなってきます。

申し込み段階でバレることはほとんどない!

カードローン申し込みで家族バレする最も多い原因は下記の2つです。

・電話
・郵送物

カードローン業者が自宅に社名を名乗って電話をしてくることはないので、申し込み時に関しては電話連絡で家族バレする可能性は低いと言えるでしょう。

また郵便物にしても然りです。

社名を記載した郵送物が送られてくることはないので、個人宛の郵送物を家族が確認することでもなければ家族バレすることはないでしょう。

よほど勘のいい方か、申込者の素行に問題があり、以前も他社から借り入れして問題となった前歴でもなければ、申込時の電話や郵送物で家族バレすることはないのです。

しかし、現在は銀行カードローンの過剰融資の問題が取り沙汰されて多くのメディアで特集が組まれたために、家族のカードローンへの意識が高くなっていることは否めません。

よって、報道で指摘されたことが頭にあれば、バレてしまう可能性はないとは言い切れないでしょう。

家族バレする可能性が高いのは利用後から!

しかし、契約を済ませていざ利用となれば話は別です。

申し込み時には疑われなかった電話や郵便物が定期的にあるようになれば、家族が疑いの目を向ける可能性は高くなってきます。

通常では手にしていない現金が手に入ることが原因で、下記のような点で生活態度に大きな変化が出てくる方が少なくないからです。

・分不相応な私物が増える
・生活が派手になる
・金遣いが分不相応になる

こうなればそのお金は一体どこからきているのだろうなとなるので、「借金しているのでは?」と勘繰られる原因となってきます。

家族は知人とは違い、とかく一緒に住んでいる人を気にかけているものです。

それが親や旦那さんともなればなおのことで、利用者の態度の変化に気づくのも早いことでしょう。

よって、まず家族バレしないためには、本当に必要なことだけにカードローンを利用し、決して余分な遊興費に利用することだけは控えるよう心がけましょう。

返済遅れが一番NG!

カードローン利用者の中には返済できないほどの借り入れをし、その挙句に返済遅れや滞納といった問題を抱えてしまう方が少なくありません。

返済が遅れると当然カードローン業者は回収するために、督促の電話や郵送物の発送を頻繁に行うようになります。

こうなれば家族バレは必死で、逃れようとしても督促が止むことはありませんから、最終的には勤務先にもバレてしまう散々な結果となってしまいます。

そうならないためにも周囲バレしないためには毎月の返済を確実に行い、返済遅れの問題だけは引き起こさないよう心がける必要があるのです。

アイフルの申込時の家族バレ対策とは?

家族バレする原因について理解してもらったところで、アイフルが行っている家族バレ対策にはどのようなものがあるのかを解説します。

このアイフルの家族バレ対策はあくまでも、先ほど行ったNG行動を利用者が理解した上で行動に移している時にのみ効果を発揮します。

アイフルが家族バレしない対策を講じているから、バレないというわけではないことをよく念頭に置いて置くようにしてください。

アイフルが申込時の家族バレ対策として講じている手段は下記のとおりです。

・電話対応
・郵送物対応

これらは電話と郵送物は申込時の家族バレ原因のトップ2ですから、アイフルがどのような対策を講じているのか大いに興味の湧くところです。

電話対応

アイフルが申込後から契約に至るまでに電話連絡を入れるのは、基本的には1回のみとなります。

申込内容に問題があった場合には連絡が入るケースもありますが、何の問題もなければ電話連絡があるのは申込後の申込内容の確認電話のみとなります。

よって、家族バレするとなれば、この申込内容の確認時となるでしょう。

しかし、アイフルでは申込時の記入項目の中に「アイフルからの審査連絡について」
という事項を設けており、電話連絡先を下記の中から指定することができます。

・携帯電話
・自宅
・勤務先

ここで携帯電話を指定しておけば自宅にかかってくることなく、家族バレすることはありません。

この内容確認の電話連絡は申し込みが完了してから15分くらいでかかってきます。

申し込みを自宅で行う場合は、最善を期して申込完了後は外出するというのも1つの手段でしょう。

またこの内容確認の電話では勤務先への在籍確認の打ち合わせも併せて行われ、希望時間等を決めることができます。

家族バレと同様に会社バレもしたくないという場合には、この電話で自分の都合のいい時間帯を指定するのもおススメです。

郵送物対応

アイフルの契約後には基本的には、利用明細書類とローンカードが自宅に郵送されます。

利用明細書は振込キャッシングで借り入れしなければ発行されませんが、申込後はローンカードが手元にないので振込キャッシングが唯一の借入方法となります。

特に即日融資が必要な方は利用せざるを得ないでしょう。

しかし、安心してください。

この点においても万全の対応が取られています。

これら2つが家族バレとなる要因としないばかりか、即日融資の要望にもシッカリ対応できる対策が用意されているのです。

明細書類の郵送

契約手続き時の記入項目の中に「明細書類送付先について」という事項があり、書類の郵送方法を下記の3つから選択できます。

・自宅への郵送を希望する
・勤務先への郵送を希望する
・発送不要(振込融資は行わない)

よって、郵送物を一切なしにすることもできますし、自宅ではなく勤務先にすることで家族バレの原因を作ることを回避できます。

しかし、発送不要を選んで郵送物を完全に止める際には注意が必要です。

この契約時点で発送不要を選んでしまうと、契約後に振込キャッシングを利用した借り入れをすることができません。

つまり、ローンカードが到着するまで借り入れすることができないのです。

これは即日融資を狙ってアイフルに申し込んだ方にとっては大きな痛手となってくるでしょう。

しかし、これも次に話すローンカードの受取方法で解決でき、当日ローンカードを使って借り入れすることが可能です。

しかも振込キャッシングは申込時に設定していなくても、契約後に再設定することもできるので、将来的に振込キャッシングも利用するかもという方も安心して頂いて結構です。

ですが振込キャッシングで借り入れした分に関しては、その利用明細は郵送で送られてくることになるので、この点だけは絶対に忘れないようにしましょう。

ローンカードの郵送

アイフルをはじめとしてカードローン借入で利用するローンカードは、契約後に自宅へ郵送という形が一般的です。

自宅へローンカードを郵送することで、申込者が申込内容通り本人であることを確認できるというメリットがあるからです。

銀行カードローンの中では、契約完了となってもローンカードが自宅に到着しないと利用開始できないといった徹底した対応をしているところさえあります。

しかし、アイフルではローンカードの受取方法を選択することが可能です。

申込時の記入項目に「カードの受取方法」という事項が設けられており、ローンカードの受取方法を下記の3つから選択することができます。

・郵送
・無人契約ルーム
・配達時間えらべーる

ここで「無人契約ルーム」を選べば、ローンカードが自宅に郵送されることはなく、完全に申込時の郵送物をシャットアウトすることができるというわけです。

無人契約ルームの無人契約でんわBOX「てまいらず」の営業時間は8時から22時です。

これならば即日融資を行うには十分な猶予があるので、郵送物を発送不要として振込キャッシングが利用できなくても即日融資を受けられるでしょう。

アイフルの申込後の家族バレ対策とは?

それでは申込時の家族バレ対策を把握してもらったところで、申込時よりも家族バレする可能性が高くなる申込後の家族バレ対策についても解説しておきましょう。

家族バレせずに申し込めたと安心していた矢先に、利用しているのがバレたでは元も子もないので、シッカリとその対策を理解しておくようにしてください。

アイフルが行っている申込後の家族バレ対策は下記のとおりです。

・WEB明細の対応
・連絡事項の完全メール化

この2つは申込時にも同様に行われている対策ですが、申込時よりも連絡事項等のやり取りが多くなる利用時の方が大きな効果を発揮します。

その効果についてはここまでの話で十分理解していただいていることでしょう。

しかし、契約後には申込時にはなかったサービスの提供を受けることができます。

利用中の連絡事項でも不備がないよう、アイフルではaiメールをはじめとする便利な会員サービスを提供しています。

会員サービスの内容

アイフルでは家族バレを防ぐための連絡手段の変更により生じる不手際を防止するため、パソコンやスマホ等で利用できる便利な会員サービスが提供されています。

その主なサービスは下記のとおりです。

口座照会 利用残高、融資可能額、返済日、返済金額の照会
限度額の増額 借入限度額の増額申込
各種登録、変更 申込時の情報内容の変更申込
問い合わせ アイフルへの各種問い合わせ
aiメール 返済日のお知らせ、アイフルからの各種お知らせ

この会員サービスを利用することでアイフルとのやり取りを、電話や郵送物なしで行えるというわけです。

これには注意!利用時の家族バレ要注意点

アイフルの家族バレ対策があれば本人が返済遅れ等の問題を起こさない限り、自宅に電話や郵便物が送られてくることもなく、家族バレすることなく利用していけるでしょう。

しかし、利用時に注意して欲しいのがATM借入時に発行される利用明細です。

借入時には利用明細の発行が法律で決められているので、必ず借入時には利用明細が発行されます。

この利用明細を家に持ち帰り、家族の目に入ってしまうケースが少なくないのです。

母親に財布の中身を見られるという話は別に珍しいことではありませんし、ズボンのポケットの中に入れていたら選択時に見つかったなんていうケースもよくある話です。

そうならないためにも、利用明細は早めに処分するように心がけましょう。

また利用する提携ATMにも要注意です。

セブン銀行やローソンATM、イーネットといったコンビニ系ATMならば問題はありませんが、提携ATMの中にはカードローン利用時の明細発行ができないがあります。

借入時の利用明細は発行することが法律で決められているので、その場合には利用した提携ATMの事業先から郵送で利用明細書が送られてくることになります。

明細書が発行されないATMについてすべての詳細が明らかになっていないため、下記のように既にその事実があったところを挙げるにとどまり、現状アイフルが利用できるのは西日本シティ銀行の1つだけです。

しかし、これも確実にという藩士ではないので、一貫して言えるのは有名どころ以外の提携ATMは利用しないのが唯一の対策法となってくるでしょう。

・足利銀行
・池田泉州銀行
・大垣共立銀行
・第四銀行
・但馬銀行
・千葉銀行
・中京銀行
・栃木銀行
・トマト銀行
・みちのく銀行
・宮崎銀行
・武蔵野銀行
・もみじ銀行
・京都銀行
・紀陽銀行
・群馬銀行
・京葉銀行
・南都銀行
・西日本シティ銀行

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る