【1万円~2万円~3万円】お金を借りるメリット・デメリット~100人アンケート

給料日までの生活費が1万円ほど足りない!
急な飲み会が入って2万円いる!
デートなので3万円ほど持っておきたい!

金額的には大きくなくても、手持ちが少ない時に1万円~3万円程度のお金が入り用となったら皆さんならどうしますか?

貯金などがあれば問題もありませんが、何もない、次の収入待ちの状態であれば、誰かから、もしくはどこかから借りるしかありません。

具体的には親兄弟、知人友人といった自分の周りにいる人にお金を貸してもらうか、銀行や消費者金融などのお金を借りることができるキャッシングサービスを利用するかどちらかです。

10,000円、20,000円、30,000円といったところなら50000円以下の小額なだけに選択肢はいろいろありそうです。

親兄弟
最もスタンダードな選択肢ですね。親であれば何かと甘えが効くのでお金の話であれば多くの人が親を頼ります。

友人・知人
親のようには行きませんが、関係性によっては親と同等かそれ以上の付き合いをしている場合もあり、そのようなケースだと友人知人を頼ると言う人もいらっしゃるようです。

銀行、消費者金融
こちらは個人向けキャッシングを事業として展開していることもあり、気兼ねすることなくお金を借りたいと言う人にとってはとても便利な選択肢になっているようです。やはり親であっても親しい友人であってもお金を借りるという話は切り出しずらいもの。銀行や消費者金融であればこちらは顧客としての扱いとなりますから変な気苦労をすることもありません。

ちなみに、小額を借りる場合、カードローンを扱う当サイトのおすすめは以下の通りです。

アコム
⇒貸付条件確認
日本の個人向け融資ではプロミスと並んで双璧をなす大手消費者金融です。
数万円程度の借り入れであれば、借り入れまでのスピードや初回利用者限定での無利息サービスなど、使い勝手が抜きん出ているのでおすすめです。
プロミス
⇒貸付条件確認
アコムと並ぶ消費者金融最大手の1つです。
こちらもアコム同様に初回限定で無利息サービスがあり、借り入れまでのスピードも日本最速ともいえる速さです。小額融資には持ってこいだといえるででしょう。

1万円といった少額であれば、金利はさほど気にすることもありません。むしろ、スピーディに借りやすいところで借りてさっさと返済してしまうのがおすすめです。

100人アンケート~お金を借りるメリットとデメリット

世間の人は10,000円から30,000円程度のお金を借りる場合、どんな思いを持っているでしょうか。
当サイトではネットユーザ100人を対象に借り入れ先別のメリットとデメリットについてアンケートをとってみました。

基本的に、今後何度も借りなければならないようであれば、親や知人は頼らず、消費者金融や銀行などから借りたほうが良いかもしれません。アンケートの中でも「関係が悪くなるので何回も借りる訳にはいかない」というデメリットを指摘する声が多数ありました。

親兄弟・知人から借りる場合のメリット

親兄弟や知人から借りる場合のメリットはほぼ3点に集約されていました。一番多かったのが利息が不要という点です。これは誰しもが考えることでしょう。特に1万円~5万円程度であれば返済についても細かく言われる可能性が低く、結果として期限も有耶無耶でということもメリットとして捉えている人が多いように思いました。

親兄弟・知人から借りる場合のデメリット

デメリットは少しだけ意見が割れましたが、一番多かったのが信用をなくす、人間関係が悪くなるというものでした。借りたお金の返済が行き詰まった場合というわけでもなく、お金を借りるだけでルーズな印象を持たれかねないと思っている人が多いようです。
また、親の場合はその程度のお金も持ってないのかと借りるにあたっては詮索されたり小言を言われたりするのではという思いを持つ人も多かったようです。

あと、意外に多いのが何回も頼めないというものです。確かに、小額であるがゆえに借りやすそうというのは早計で、一度借りたのに二度三度と貸してほしいとはなかなか言い出しにくいものです。度々お願いするかも知れないというような場合は金融機関のカードローンなどを頼るのが一番無難な選択肢かもしれません。

詳しくは以下をクリックしてご覧ください。

▼ クリックで展開

お礼が必要とか、何度も頼めないといった意見はかなり現実的な意見で参考になりますね。
ざっくばらんに頼めるなら親や知人を頼るのも良いですが、ちょっとでも気遣いが入るようなら金融機関から借りるのが一番の選択肢といえるのかもしれません。

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る