100万円借りる方法は親?カードローン?メリットとデメリット~100人アンケート

誰しもが経験する急な出費。
交通事故で車の修理代が必要とか、病気や怪我で入院・手術とか、中には詐欺や詐欺まがいの金銭トラブルに巻き込まれて100万円が必要になるというケースもあるかもしれません。
貯蓄があればそうした急な事態にも対応ができますが、貯蓄がなければ誰かを頼るしかありません。親、知人、金融機関が代表的なところでしょう。

一番人気は親。しかし・・・

お金を借りる場合に誰しもが考えるのが親です。気軽に頼めそうなイメージがある反面、100万円という高額な金額ともなると親の負担感も相当なもので、逆に頼みにくいという人もいます。

知人は・・・?

友達や知人を頼るという人もいるにはいますがこれはかなりの少数派です。実際に自分が直面しなければわからないことかもしれませんが、知人に100万円も貸してほしいと頼むのは非常識だと捉える人が多数派ですね。

銀行や消費者金融はハードルが低い

100万円を超える高額を借り入れする場合には、やはりお金を融資することが本業の金融機関を頼るのが一番だと考える人が多いようです。審査に通るかどうかの問題はありますが、そこがクリアされれば心理的なハードルはぐんと下がります。

当サイトでおすすめのカードローンは以下の通りです。

みずほ銀行カードローン
⇒貸付条件確認
説明不要のメガバンクですね。100万円を超えるような高額融資だと返済期間も相応にかかってきますから金利も気にしておいたほうが良いでしょう。メガバンクならではの低金利で安心して利用できますが同行の口座が必要だったり、審査期間が何日間もかかるのがネックです。
オリックス銀行カードローン
⇒貸付条件確認
こちらも銀行ですから審査期間が何日間かかかるのがネックですが、100万円以上の高額借り入れであれば銀行ならではの低金利メリットを享受出来る可能性があります。100万円未満だと金利面では消費者金融とさほど変わりありません。
アコム
⇒貸付条件確認
日本の個人向け融資ではプロミスと並んで双璧をなす大手消費者金融です。
数万円程度の借り入れであれば、借り入れまでのスピードや初回利用者限定での無利息サービスなど、使い勝手が抜きん出ているのでおすすめです。
プロミス
⇒貸付条件確認
アコムと並ぶ消費者金融最大手の1つです。
こちらもアコム同様に初回限定で無利息サービスがあり、借り入れまでのスピードも日本最速ともいえる速さです。小額融資には持ってこいだといえるででしょう。

借り入れ先別メリット・デメリット~100人アンケート

当サイトでは、ネットユーザー100人を対象に借入先別のメリット・デメリットのアンケートを取りました。
親や知人から借りる場合、金融機関から借りる場合、100万円という大金を借りるとしたらどんなメリット、デメリットが想定されるのかという趣旨で行ったアンケートです。
結果は以下の通り。

親や知人から借りる場合のメリットは?

金利とありますが、これは利息のことですね。利息の支払いをしなくてよいか、しても小額で済むという人が圧倒的多数でした。

親や知人から借りる場合のデメリットは?

デメリットとしては信頼関係に傷がつくのではと考える人が多数派でした。

銀行や消費者金融から借りるメリットは?

一番多いビジネスライクというのは、貸す側も仕事なので、変な気遣いをお互いする必要がないという意味です。審査に通りさえすれば融資額を借りることができますし、期日までに利息をつけて返済している限りではこちらはお客さんであり、肩身が狭い思いをしなくてもすむのが楽で良いという考え方です。
内緒というのは誰にも知られずに借りることが出来るという意味です。一方で、個人情報を知られるという点をデメリットに挙げる人がいました。

銀行や消費者金融から借りるデメリットは?

ある人にとってはメリットでも別の人にはデメリットにうつる場合もあるようです。例えば、親から借りれば返済に融通が効くと考える人は多いですが、それが逆になぁなぁになってしまってきまりが悪い、これはデメリットだと考える人がいるわけです。
銀行や消費者金融から借りることにアレルギーを持った人も未だにいます。例えば返済がちょっとでも遅れたら厳しい取り立てがあると思い込んでいる人もいます。銀行や大手消費者金融であれば、今の御時世厳しい取り立てはありえないんですが、そういった情報も持たない人は何十年も前のイメージを未だに持っているようです。

また、銀行や消費者金融の場合、良くも悪くもビジネスライクで割り切った扱いができるという点を挙げている人も複数おられました。すべてが契約で決められているので、例えば返済を守れなかった場合は自分の信用情報に傷がつくだけであり、そういった枠組みがあること、そしてそれを利用してきちんと行動しようとすることがメリットだと考える人もおられました。

銀行や消費者金融から借りる場合のデメリットとして金利を挙げる人は多かったですが、この金利の中には2種類あって、通常の金利のことを言っている人と、返済が遅れた場合の延滞利息のことを言っている人がいます。通常金利でも高すぎるという人もいますが、多くの人はデメリットではあるけれどキャッシングサービスである以上金利が発生するのは仕方ないと考えているようです。

また、金利と返済リスクはワンセットで、金利が高い⇒返済がきつい⇒延滞⇒信用情報に傷がつくといった流れをセットで懸念する人が結構おられました。ただ、カードローン利用者の実際を考察すると、金利が高いから返済が滞るというのは実はレアケースで、そもそも返済が滞る人は金利が低かろうが高かろうが返済が遅れてしまう人がほとんどのように感じます。優柔不断で返済に対する意識が低かったり、そもそも収入が不安定だったりというケースです。

アンケート結果は以下の通りです。
クリックしてご覧ください。

▼ クリックで展開

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る