即日融資~14時以降、夜でもいける!カードローン

カードローンを利用するきっかけとして多いのが、「予想外の出来事で急いで現金が必要」という状況です。

実際の利用者のアンケートでカードローンの資金使途を見てみると、急な飲み会に誘われたなどの交際費や、突然知人の結婚式に招待されたという冠婚葬祭費が上位に入ります。

急いでいるときは審査結果を待つ時間が不安ですので、即日融資で当日中に借りられるのが一番ですよね。

そこで、14時以降や夜からでもカードローンの即日融資を利用する方法についてご紹介します。

即日融資なら消費者金融

お金を借りられるローン商品は世の中にたくさんありますが、融資スピードや即日融資の利用しやすさで選ぶなら、消費者金融のカードローンが最適です。

大手消費者金融では、審査結果が出るまでの時間が最短30分~1時間と安定して速く、審査に合格した後にお金を借りるための方法が複数用意されているためです。

その中から自分の状況に合った方法を使うことで、即日融資が利用できる確率を高めることができます。

消費者金融はスピード融資で発展してきた

消費者金融がここまで発展してきたのも、スピード融資で急いで借入れしたい消費者のニーズに応えることができたためです。

素早い審査手続きを追求することでユーザーの利便性を高め、自動契約機を導入することで誰にも会わずに契約ができる利用しやすさも評価されたという流れがあります。

最近ではインターネットの利用者が増え、スマホの普及でさらに手続きが便利になっています。

以前と比べてますます即日融資が利用しやすい状況になっているのです。

 

消費者金融の審査が素早い理由

なぜ大手消費者金融は最短30分~1時間という素早い審査が可能なのでしょうか?

スピード融資が可能な要因としては、主に次のようなものがあります。

・スコアリングによる自動的な審査システム
・担保も保証人も不要

消費者金融の審査の仕組みはスコアリング方式で、申込者が入力した情報や信用情報をもとにシステムが自動的に返済能力を評価しています。

「この人にはどれぐらいの返済能力が見込めるのか?」という判断を機械が瞬時に行っているのです。

その結果、審査結果が出るまでの時間が大幅に短縮されますし、短時間にたくさんの申込みがあっても順番に次々と処理できます。

一般的な消費者金融の主な審査行程は次のようになっています。

・電話連絡で本人確認
・システムによるスコアリング審査
・在籍確認
・書類の確認

このように、時間のかかる行程がほとんどありませんので、スムーズに進めば最短30分で審査結果を出すことができるのです。

さらに、カードローンは担保も保証人も設定しませんので、提出書類も身分証明書と収入証明書だけで手続きができます。

借入れ金額によっては収入証明書が不要になることもありますので、手元にある書類だけで手続きを完了させることができます。

 

 

なぜ14時以降や夜でも即日融資ができるのか?

消費者金融が14時以降や夜の即日融資にも強いのは、審査業務を行っている時間が長く、お金を借りるための手続方法が充実しているからです。

大手の消費者金融は夜21時ごろまで審査業務を行っていますので、夕方から手続きを始めても当日中に審査結果が間に合うことが多いです。

ほとんどの人は平日は17時までは仕事をしていますが、仕事が終わった後や休日に申込みをしてもすぐに審査結果が出ます。

審査に合格した後は、銀行振込によるキャッシングが利用できたり、自動契約機を利用して即日カード発行ができたりと複数の借入れ方法が用意されています。

銀行振込の時間に間に合えばネットから即日融資が利用できますし、夜で銀行が閉まっているなら自動契約機に行くというように、手続方法を使い分けることで、当日中の借入れがしやすくなっているのです。

 

銀行カードローンは即日融資を積極アピールしていない

消費者金融とよく似た担保なし・保証人なしの融資として、銀行カードローンもありますが、即日融資は可能なのでしょうか?

銀行カードローンの中にもスピード審査ができる商品もありますが、現在は消費者金融ほど即日融資を全面に出してアピールしていません。

これは、最近になって銀行カードローンの過剰融資が社会問題として認識されるようになり、新聞などで一般的にも報道されたため、銀行が自主的にサービスの運用方法や広告手法を見直しているためです。

貸金業法の改正で消費者金融の貸付額が大幅に減少し、その代わり銀行カードローンの貸付額は1.5倍以上に増えたと言われており、多重債務の原因のひとつになっているのではないかと指摘されているのです。

その結果、以前のように即日融資や最短審査時間をPRしたり、収入証明書不要などの手続きの利便性を積極的にアピールしなくなっています。

このようなこともあって、可能な限り即日融資を利用したいというスピード重視でカードローンを選ぶなら、銀行よりも消費者金融の方が適していると言えます。

 

14時以降でも即日融資を受ける方法

それでは、大手消費者金融で14時以降や夜でも即日融資を利用する方法を見ていきましょう。

どの会社を利用するかや、振込してもらう銀行口座の種類によって「何時までに手続きすれば間に合うのか?」に違いがあります。

自分の状況に合ったものを選ぶのが融資スピードを高めるコツです。

 

アコム

アコムは「はじめてのアコム」で有名な消費者金融の最大手です。

現在は三菱UFJ銀行のグループ会社になっており、より安心して利用できるようになっています。

アコムで即日融資を利用するときのポイントは3つあります。

・自動契約機で即日カード発行
・楽天銀行なら銀行営業時間外でも即日振込
・それ以外の銀行は14時30分以降の申請は翌営業日入金

それぞれ詳しくチェックしてみましょう。

自動契約機「むじんくん」

アコムと言えば、自動契約機の元祖「むじんくん」が有名です。

むじんくんの営業時間は8時~22時が基本で、土日祝日も営業しています。

審査結果の連絡が夜になっても、その時間からむじんくんに行き、22時に間に合えばカードを発行してもらえますので、即日融資が可能です。

カードが発行されればコンビニATMが利用できますので、深夜でも借入れが可能となります。

三菱UFJ銀行の主要支店に設置されているテレビ窓口と呼ばれる契約設備でも、アコムのカード発行ができますがこちらは営業時間が長くはありませんので夜間の利用には向きません。

楽天銀行への振込

アコムの振込融資を利用するときは、楽天銀行の口座を持っていれば格段に便利になります。

楽天銀行のみ曜日や時間帯に関係なく即時振込が可能ですので、14時以降や夜でも最短1分で入金します。

深夜でもスマホから振込申請ができますので、コンビニATMなどから引き出せば即日でお金を借りることができます。

楽天銀行以外の銀行

アコムで楽天銀行以外の銀行に振込融資をしてもらう場合は、振込申請が14時30分を過ぎると翌営業日の入金になります。

ゆうちょ銀行は14時までの申請が当日振込の扱いになります。

三菱UFJ銀行の口座で受け取る場合でも、14時30分以降の申請は翌営業日の入金になりますので注意が必要です。

 

 

プロミス

プロミス

アコムと並んで知名度の高い消費者金融がプロミスです。

プロミスの審査回答時間は9:00~22:00(一部21時もあります)で、審査結果が出るまでの時間は最短30分です。

現在は三井住友銀行のグループ会社になっており、三井住友銀行をよく利用する人はプロミスでの借入れも便利になります。

プロミスでの即日融資のポイントは次の3つです。

・自動契約機でカード発行
・三井住友銀行かジャパンネット銀行なら銀行営業時間外でも即日振込
・それ以外の銀行は14時50分以降の申請は翌営業日入金

自動契約機

プロミスの自動契約機の営業時間は9:00~22:00(一部21時)が基本ですので、審査結果が当日中に出ればカード発行まで1時間の余裕があります。

三井住友銀行の支店に設置されているローン契約機でもプロミスのカードを発行することができます。

三井住友銀行のローン契約機は9:00~21:00まで利用できます(契約機により営業時間、休日が異なります)。

自宅の近所を探せばプロミスか三井住友銀行のローン契約機どちらかは見つかる場合が多いですので、夜でも即日融資が利用しやすいと言えます。

 

即時振込サービス「瞬フリ」

プロミスの振込キャッシングは、曜日や時間帯に関係なく申請から約10秒で入金する「瞬フリ」というサービスが便利です。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を利用している場合のみ瞬フリが利用可能です。

14時以降に即日融資を利用したいけどカードを発行したくないというときにも便利です。

 

その他の銀行

その他の銀行は、平日の9時~14時50分に振込申請したものが当日入金となり、それ以外の時間の振込申請は翌営業日の入金となります。

こちらは「瞬フリ」と区別して、口座振込の略の「口フリ」というサービス名になっています。

 

アイフル

アイフルも最短30分の素早い審査を行っていますので、即日融資が利用しやすい消費者金融です。

アイフルで即日融資を利用するときは、次の3つのポイントをおさえておきましょう。

・無人契約ルーム「てまいらず」で即日カード発行
・銀行振込でのキャッシング
・お急ぎ審査フリーダイヤルの活用

無人契約ルーム「てまいらず」

アイフルでは無人契約ルームという名称が使われていますが、アコムやプロミスのような自動契約機と同じ用途で利用できます。

アイフルの設備ではタッチパネル式の機械は設置されておらず、契約ルーム内に受話器があり、オペレーターと通話しながらカード発行を行うため、このような名称となっています。

でまいらずは22時まで営業している場所が多いですので、ネットで申込みをした後にカード発行をすることで夜でも即日融資を利用可能です。

アイフルは銀行のグループ企業ではありませんので、銀行支店でのカード発行はできません。

 

銀行振込でのキャッシング

アイフルの振込キャッシングは、一般的な銀行振込システムが使われています。

振込の申請が15時を過ぎると翌営業日の入金になりますので注意しましょう。

確実に即日融資を利用するには、平日の14時までには振込申請を完了させておきたいところです。

 

お急ぎ審査フリーダイヤル

アイフルの特徴として、お急ぎ審査フリーダイヤルというものがあります。

借り入れを急いでいるときは専用のフリーダイヤルに相談することで、優先して審査を受けることができるというものです。

オペレーターと会話しながら手続きができますので、最初から即日融資を利用したいということを伝えておくことで、最短時間での審査を受けることができます。

お急ぎ審査フリーダイヤルの受付は平日の9時から21時です。

 

 

SMBCモビット

SMBCモビットはWEB完結申込みや、パソコンの入力だけで1次審査の結果が瞬時に出る10秒簡易審査サービスなどが人気です。

知名度も高く、プロミスと同じくSMBCグループの消費者金融ですので、安心感があります。

SMBCモビットで即日融資を利用する方法は3つあります。

・自動契約機で即日カード発行
・銀行振込でのキャッシング
・スマホATM取引

自動契約機の利用

SMBCモビットも、ネットで申込んで審査結果の連絡を受けてから自動契約機を利用すれば、即日でカード発行ができます。

自動契約機の営業時間は21時までが基本です。

結果が確定次第すぐにカード発行が可能となり、その後SMBCモビットと審査のやり取りをして、契約完了となればATMの利用ができるようになります。

 

銀行振込

SMBCモビットの振込融資は、平日の9時~14時50分までに申請されたものが当日中に入金されます。

それ以降の時間や土日の振込申請は全て翌営業日の入金になります。

SMBCモビットには銀行営業時間外でも入金する振込キャッシングはありませんので注意しましょう。

 

スマホATM取引

SMBCモビットでは新しいサービスとして、セブン銀行のATMを利用した「スマホATM取引」も利用できます。

これは、スマホにSMBCモビットのアプリをインストールし、カードの代わりとして利用することで、ATMから借入れや返済ができるという便利なサービスです。

スマホATM取引の操作手順は次のようになります。

・スマホにSMBCモビットアプリをインストール
・セブン銀行ATMでスマホ取引を選択し、QRコードを表示させる
・SMBCモビットアプリでQRコードを読み取る
・企業番号などを入力して認証する

あとは画面の指示に従って操作すればSMBCモビットカードの発行なしでお金を借りることができます。

スマホATM取引が利用可能な時間は、土日祝日を含めて毎日0時10分~23時50分となっています。

つまり、23時50分~翌0時10分の20分間だけは利用できませんが、それ以外の時間は曜日に関係なくいつでも借入れと返済ができます。

セブン銀行のATMを使いますが、セブン銀行の口座を持っていなくても問題なく利用できます。

SMBCモビットは自動契約機の設置台数が比較的少ないですが、スマホATM取引で日本全国かなりの地域をカバーできています。

 

 

まとめ:大手消費者金融ならたとえ夜でも即日融資に間に合う!

大手の消費者金融は最短30分から1時間という素早い審査が可能で、自動契約機なども充実していますので、即日融資を利用しやすいサービスです。

銀行カードローンも即日で借入れ可能な場合がありますが、以前のように即日融資を積極的にアピールした商品展開はしていません。

消費者金融の融資の流れを把握して、自分に合った会社を選べば、14時以降や夜からの申込みでも、条件を満たせば即日融資が可能です。

即日振込が可能な時間帯や、自動契約機の設置状況などを事前に調べて、安心して手続きできるようにしておきましょう。

 

 

 

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る