保険の種類は3種類

『もしもケガをしたら・・・』
『もしも病気になったら・・・』
『もしも故障したら・・・』

ある日突然トラブルに巻き込まれ、思いもよらぬ出費を余儀なくされる・・・。

まさかまさかと思っていても、全くトラブルなく人生を過ごせる人なんて皆無ではないでしょうか?

そういう場合に備えるのが保険の役目ですね。

保険をムダ金のようにとらえている人もいますが、やはりもしもに備えておくことは無駄ではありません。
やりすぎてはダメですが。。。

そんな保険ですが、大きく分けると3種類あります。

第一分野の生命保険、第二分野の損害保険、あとはその中間に位置するとも言われている第三分野保険などです。
第一分野の生命保険には、生命保険の他、年金保険やこども保険も含まれます。人を対象にした保険がこの分野になります。

第二分野の損害保険はモノを対象にした保険です。自動車保険、バイク保険、火災保険などがこの分野になります。

そして第三分野保険。
従来は生命保険と損害保険の二種類だったんですが、近年ではその間に位置するような保険が人気になっており、それが第三分野の保険といわれています。

第三分者の保険には、医療保険、傷害保険、介護保険などがあります。外資のガン保険などが有名ですね。

いずれの保険も多数の保険契約者から支払われる保険料を原資に、契約者が不測の事態になった場合に保険金の支払いを行う仕組になっています。

 

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 元日産会長のカルロスゴーン被告が10億円の保釈金で保釈が認められましたね。10億円が高いのか…
  2. 「生活費が足りない!でも親や知人に頼るのはちょっと・・・。」こういう場合、多くの人が考えるの…
  3. 自動車を所有すると必ず支払わないといけないのが自動車税。しかし、場合によってはこの自動車税の納付…
  4. 埼玉県秩父市にある聖神社は、銭神様として古くから有名で、全国から参拝者が集まってくる神社です。…
  5. がんになったとき、1年間にいくらくらいのお金がかかると思いますか?NHKの『あさイチ…
ページ上部へ戻る