ゴミを売る・儲ける!~あのニュースで得する人損する人より

モノ余りの時代と言われてから久しいですが、どんなお宅でも不要になったものが押入れや倉庫の奥に埋もれているもの。
テレビの『あのニュースで得する人損する人より』でそんな不用品やゴミとして処分してしまうようなものでも売ることができるという特集をやっていたのでまとめてみます。

家の中のガラクタがお金に変わる!

20141022215740

ゴミを売るというのは、実はネットオークションのことでした。
ネットオークションを活用すれば、家のガラクタでも値がついて売れるというわけです。

例えば、このさびたネジ。
20141022220026

一見すると完全にゴミですが、見る人が見ると価値あるものになるようで、このネジたちは1200円で売れました。

今回は、サバンナの八木さんの実家で不用品を漁って値を付けていこうという企画です。

例えば、コレ。
20141022220439

卵パックです。もちろん卵は使った後で捨てられるのを待つだけのものです。

こんな卵パックでも保育園や幼稚園で子供たちの工作材料としてニーズがあります。しかも1個や2個あっても全く足りません。大量に必要とされるので大量にまとめ売りが可能です。番組のプロの意見では50個で50円という値がついてました。

他に似たようなものでトイレットペーパーの芯もあります。トイレットペーパーの芯は10個で100円くらいで売れるそうです。

これは空き缶のプルタブ。
20141022221033

これもアクセサリーの部品として需要があるのだそうです。
20141022221158

このプルタブで1個1円で売れるそうです。
20141022221329

プルタブアートとして認知もされているので取引量も結構あるみたいです。

他にはこれ。自衛隊のチラシ。
20141022221513

実は自衛隊の公開演習とかはマニアには魅力的なもので、見学するには24倍もの倍率を乗り越えて当選しないとだめなのだそうです。そういう意味で希少性があり、値段がついているわけです。上記のチラシは480円の値段をつけていました。

他には新聞の号外、地域限定フリーペーパーなど、その時、その場所でしか入手できないものはタダでも需要が高くなっているそうです。

次に紹介されたのは使い古された辞書。
20141022222035

例え書き込みがしてあっても3000円弱で売れたりするものもあるそうです。なぜそんなにニーズがあるかというと、『ページがめくりにくい新品よりもシワがついたりしてページ目繰りがしやすい中古の方がいい』ということなのだそうです。
また、東大に合格した人が使っていた辞書などはゲン担ぎでプレミアがついてさらに高値になることもあるそうです。さらに東大生が使っていた参考書なんかは逆にマーカーがあった方が参考になるということで人気があるそうです。
なんだかものの見方が勉強になる話です。

次はACアダプター。
ACアダプターは保管するときに本体とは別に保管して行方知れずになったりするので、根強いニーズがあるそうです。モノによっては980円とか2000円もの値段がつくこともあるそうです。
20141022222648

あとは古新聞。
ダンスの下敷きでよく使われたりしますが、こうした古新聞もその日が誕生日だったりすると意味がある新聞になり売れるそうです。
20141022222904

次はプラモデル。
20141022223147

これもモノによっては1000円くらいで売れますし、本当に希少性があるものだと90万円以上で売れたものもあるそうです。

どこの家にもありそうなものばかり。みなさんの家も探せばお宝が出てくるかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「仮想通貨」という言葉も一般化してきた昨今、「仮想通貨の取引で大きな利益を得た」という話が出て来るな…
  2. 保険は上手に使うと人生のリスクに対する対処となり、安心を買うことができます。しかし内容がよくわからな…
  3. 今話題になっている仮想通貨をご存知でしょうか?仮想通貨と言えばビットコインやリップルなどが有…
  4. 友達からお金を借りることについてアンケートを取ってみました。【問い】『友達からお金を借り…
  5. ここ1〜2年、相続税の増税や低金利を背景に、空き地や畑だった場所にアパートが続々と建てられています。…
ページ上部へ戻る