仮想通貨の基礎知識~種類は?入手方法は?換金できる?リスクない?

今話題になっている仮想通貨をご存知でしょうか?

仮想通貨と言えばビットコインやリップルなどが有名なのですが、一般的な認知度はまだまだで、日本でも徐々に普及されつつあるといった状況です。今回はそんな仮想通貨についての基礎知識を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

仮想通貨とは?

まず仮想通貨とは何かを紹介しておきましょう。
仮想通貨とは一般的な通貨とは異なり、目に見えるような形では存在していません(そのため「仮想」の「通貨」なのです)。
ゲームの中などで使えるポイントのようなもの、といった理解をしている人もおられますが、今現在話題になっている仮想通貨はそういった類のものよりもさらに一歩進んで、実際の金銭決済に使用可能なもの、といって良いでしょう。

もちろん、どこでも使えるわけではありません。というか、実店舗ではまだほとんどの場所で使えません。
仮想通貨で一番知名度の高いビットコインでも、実際の店舗での使用が少しつず可能になりつつあるといった感じです。他の仮想通貨も1000種類を越えますが、日常生活で実店舗での買い物に使用できるものはほとんどありません。

ではどういった場面で使われているかというと、もっぱら投資対象になっていると言って良いでしょう。

スポンサーリンク

仮想通貨はどこで何に使える?

・売買決済としての仮想通貨
仮想通貨の使いみちは多く想定されています。売る側と買う側、双方が仮想通貨を価値として認めているのなら決済にも利用できるからです。ネット上に限れば、仮想通貨で決済できるサイトは数多く存在しています。

ビットコインだと、リアルな店舗で東京都内の一部の飲食店においても支払いが可能になっています。この流れは今後ますます加速していくと見られ、2017年の夏には20万店舗以上でビットコインによる決済が可能になると報道されています。つまり今以上に売買決済に仮想通貨(ビットコイン)は使うことができるのです。

・仮想通貨と電子マネーの違い
ここで注意しておきたいのが仮想通貨と電子マネーの違いです。

一見すると売買決済に仮想通貨が使えるのなら電子マネーと同じだと考える人もいるでしょう。しかし、仮想通貨と電子マネーでは大きく違います。仮想通貨と電子マネーの違いは大きく分けて2つです。それは『発行元の有無』『交換性(換金性)の可否』です。

電子マネーは発行元が明確になっています。これは発行元が電子マネーを使用できることを保証することで電子マネーは成り立っているからです。

しかし、仮想通貨には発行元という概念がありません。いろいろな仮想通貨にはそれを開発した人(会社など)はいますが、管理している団体がない仮想通貨もたくさんあります。仮想通貨の代名詞ともいえるビットコインも管理団体はありません。

多くの仮想通貨はシステムにより管理されており、それには高度な暗号化技術が使われいます。もし、この暗号化システムに不備がある場合には信用は失われ成立しなくなるのが仮想通貨なのです。

また、電子マネーは原則として譲渡や払い戻しができません。つまりお金としての交換価値(換金性)がないのです。電子マネーにお金を替えてしまうと物を購入したりサービスを受けたりするといった形でしか使用できません。電子マネーの発行元はそういうルールにすることで顧客の囲い込みを図っているわけです。

その一方で仮想通貨は譲渡や交換が可能です。他者へ渡すこともできれば売却することもできるし、お金に換金することもできるのです。そして交換レートは需要と供給のバランスによって日々変動しています。つまり価格差が生まれるわけで、ここに投資対象としての妙味を見出して多くの人が仮想通貨を投資対象として売買しています。

・投資の対象としての仮想通貨
既述のとおり、仮想通貨は投資対象として利用することができます。

仮想通貨は日本円やドルなどと交換することができるのです。仮想通貨の価格は受給バランスによって日々変動しています。仮想通貨の価値が低い時に投資して、仮想通貨の価値が値上がるのを待つ人もいます。さらに、為替レートとしても利用できます。相場によって交換レートが違うのだから為替としても投資商品として仮想通貨をみなすことができるのです。

仮想通貨の初期段階では、交換レートが0.1円とか、0.01円とか、タダに近いようなレートで取引されていました。売買する人自体がほとんどいない頃です。この頃に1000円分とか2000円分購入した人が世界にはたくさんいて、今では億万長者になっています。

たらればの話になりますが、例えば、ビットコインのレートは2017年6月時点で20万円~30万円を上下しています。1円のときに1000円分購入していたとしたら、
20万円×1000=2億円
となります。本当の初期だと0.1円程度のレートだったという話もありますから、その頃に1000円分購入し続けていたら今頃は日本円で20億円という巨富を得ていることになります。

どんな種類がある?

仮想通貨の種類は多く、ネットでは1200種類程度は存在しているといった話をあちこちで見ますが、一説では2000種類以上という説もあるようです。どこかに把握している団体なり組織なりがあるわけではないんですね。

また、新しい仮想通貨が流通したり、逆に流通しなくなった仮想通貨は消えていったりしているのが現状です。そんな中でも有名な仮想通貨についてご紹介しておきましょう。

・ビットコイン(Bitcoin)
仮想通貨の中で最も有名なのがビットコインです。ビットコインは数ある仮想通貨の中でも最も普及しています。

ビットコインの資産価値は流通し始めてから何十万倍にも上昇しました。そのためビットコインで億万長者のお金持ちになった人も多く存在しています。逆に、ビットコインがここまで資産価値を持つとは思わなかったために大量のビットコインを保持していたにも関わらずデータを記録したハードディスクごとうっかり捨ててしまい、何億円も失った人もいます。
ちなみにこの人はイギリスのハウェルズという人で、ハードディスクごと捨ててしまったビットコインは7500BTC。今の日本のレートだと、1BTCが25万円ですから、

25万円×7500BTC=1,875,000,000円

18億7500万円です!
悔やんでも悔みきれないでしょう。

ビットコインは発行量が約2100万ビットコインまでとシステムによって決まっています。そのため大量発行によるインフレが起きることがありません。

歴史も古く、仮想通貨の中でも最も普及しているため、ビットコインは仮想通貨の中でも基本として見られることが多いです。基軸通貨といった表現をされる場合もあるくらいです。

・リップル(Ripple)
リップルも仮想通貨では有名な部類に入ります。
リップルはビットコインの欠点を補っている点にあるといわれています。決済のスピードがビットコインよりも速く、こちらは管理会社が存在するためセキュリティー能力が高いのです。また、価格変動の安定感もビットコインより上回っています。

・イーサリアム(Ethereum)
イーサリアムもまた有名な仮想通貨です。
正式にはイーサリアムとは仮想通貨の名称ではありません。イーサリアムとは「イーサリアムプロジェクト」の計画のために必要な技術として提供されているアプリケーションやソフトウェアなどのプラットフォームの総称です。そしてイーサリアムプロジェクトにおいて使用される仮想通貨のことをイーサー(ETH)と呼んでいます。

イーサリアムはコントラクト(契約)をブロックチェーンに盛り込めることが特徴だといわれています。簡単に説明すると契約の条件や履行までを管理することができるのです。ちなみに、イーサリアムはマイクロソフトとの連携が発表されたことで一気に注目を集めました。

入手するにはどうしたら良い?

仮想通貨を入手する方法は大きく分けて2つです。マイニング(採掘)、取引所での交換の2つとなっています。それぞれの方法についてご紹介していきます。

マイニング(採掘)

マイニング(採掘)とは、ザクっと説明すれば、ビットコインの新規発行に至る行為とされています。
ビットコインは、多くの人がネット上で共有している取引台帳にすべての取引履歴が記録されていきますが、記録されるまでにはその取り引きが正常なものなのかを検証するための膨大な処理がコンピュータによって行われます。その膨大な処理を請け負った人(団体)に謝礼として新規発行される仕組みになっています。言い方を変えれば、ビットコインが流通していく過程で管理作業に貢献した人に提供されるというわけです。

この処理をこなすためにはコンピュータに膨大な負担がかかるため、一般的には企業レベルで専門知識を持った人があたっているのが通常です。

高性能のコンピュータ、電気代、専門スキルをもった技術者、、、とマイニングを行うためには負担が大きいですが、メリットとして無料でビットコインを得ることができるのです

取引所での交換

仮想通貨の一般的な入手方法が取引所での交換になります。
ネット上での取引でお金を払うことによって仮想通貨を買う(交換する)ことができるのです。

まずはどの仮想通貨を購入したいのかを決め取引所に会員登録します。
取引できる仮想通貨は取引所によって異なります。日本国内の取引所で有名なのがbitFlyerで、国内最大の取引実績を誇り、誰もが知る名だたる企業が株主となっています。仮想通貨自体への信頼度がもう一つの状況なので、こうしたバックボーンがしっかりとしていることは利用者にとっても大きなメリットといえるでしょう。

ただ、2017年6月現在、取引できる仮想通貨はビットコインとイーサリアムの2種類です。

bitFiyerは簡単に口座開設ができます。パソコン・スマートフォンで口座開設をすることができて書類や身分証明書の郵送も必要ありません。口座を開設したら指定口座に日本円で入金するだけで仮想通貨を手に入れることができます。

ウォレットって何?

暗号通貨を利用する場合はウォレットが必要になります。

ここで言うウォレットとは仮想通貨を保管する財布のことであり銀行口座みたいなものです。

ビットコインの場合でもウォレットに保管して資金の移動は相手のウォレットを指定して送金します。ウォレットはパソコンやスマートフォンなどの端末やインターネットのオンライン上に作ることができます。ここでは4つのタイプのウォレットについて紹介しましょう。

・デスクトップ上のウォレット
これは専用のソフトウェアをパソコンやスマートフォンなどのデバイスにインストールすることで仮想通貨を管理します。これには完全型と簡易型があります。完全型の場合はブロックチェーン上の全取引データがダウンロードされるためそれが可能となる容量が必要です。簡易版の場合はブロックチェーンをダウンロードしないので軽いです。

・オンライン上のウォレット
オンライン上のウォレットはインターネットブラウザを使用して仮想通貨を管理します。この場合はネットがつながった状態でのウォレットなのでセキュリティー対策が必要です。

仮想通貨は資産だと考えることができますからオンライン上での仮想通貨の管理はセキュリティー対策が必要なのです。具体的には2段階認証設定や秘密のパスワード設定などを心がけましょう。

・ハードウェアウォレット
イメージとしてはUSBでPCのデータを保存するのと同じです。
ハードウェアウォレットはPC内のデータをケーブルにつないでデータを転送することでUSB上に暗号通貨を保管するのです。
USBをオンライン上のパソコンにつながなければオフラインの状態で保管することができます。問題点としてはハードウェアウォレットが故障した場合に仮想通貨も取り出せなくなるということです。
最初に書きましたが、イギリスのジェームズ・ハウエルズという人は、かつてビットコインが安い時に購入しノートパソコンのハードディスクに記録していました。しかし、それほど大切に思ってなかったのか、その後そのパソコンを捨ててしまったそうです。
彼が購入したビットコインは、今では18億円を超えるまでになっているそうですが、ハードディスクがないので捨てたも同然です。
オンライン上で管理していればこんなことにはならなかったわけです。

・ペーパーウォレット
ウォレットを紙に印刷しておくことによって仮想通貨を保管します。インターネットにつながることが絶対にないので一番安全な保管ができるウォレットです。その一方で紙を紛失したり盗難にあったりすると仮想通貨がなくなります。保管方法に気をつける必要があるのがペーパーウォレットなのです。

換金できる?

仮想通貨を手に入れても一般的には使いづらいのが現状です。そのため仮想通貨を円に換金したいと考える人もいます。

もちろん仮想通貨を円に換金することはできます。イメージとしては円をドルに両替するのと同じです。

仮想通貨を手に入れるときに取引所を利用しましたが円に換金するときも交換所でできます。

換金の方法は取引所に仮想通貨を送金して売ることで円に換金することができるのです。円となったら取引所から出金手続きをすることによって円として銀行から引き出すことができるのです。
まさに為替やFXと似ているため仮想通貨を投資と捉える人も多いのです。

法的な扱いは?

日本でも仮想通貨が徐々に流通し始めているため法的にも整備されつつあり、仮想通貨法が制定され2017年4月1日から施行されています。

この法律には仮想通貨の取引サービスを提供する事業者に対するルールが示されています。簡単に説明すると、

仮想通貨を扱う事業者は国の許可が必要となり監査の対象にもなる

という内容です。

また、仮想通貨は支払い手段として定義されており、資産として扱われています。つまり、仮想通貨はモノとして捉えられているのです。

ちなみに、この法律内でも仮想通貨と電子マネーは区別されています。このように、日本において、仮想通貨は法律の整備が始まったばかりというのが現状です。

仮想通貨のリスク・危険性

日本でも法律が整備され始めた仮想通貨ですが、それゆえにリスクもあります。仮想通貨のリスクについても紹介しておきましょう。

・相場急落のリミッター(ストップ安)がない
仮想通貨のリスクとして挙げられるのが相場の急落です。仮想通貨は価値が保障されているわけではありません。円のように国が管理しているわけでもないのでより危険が付きまといます。しかも株式のようにストップ安というようなリミッターがありません。リミッター(ストップ安)がないということは、どこまで価値が急落するのかわからないのです。ビットコインですと一日で30%以上も価格が下落したこともあります。一日といいましたが、厳密には数時間の間の出来事でした。リミッターがないので落ちるときにはどこまで落ちるかわかりません。

・流動性が低い
仮想通貨は流動性においてもリスクがあります。仮想通貨の取引流動性は高くありません。仮想通貨最大の流通量を誇るビットコインでも市場における流動性は低いと言えます。これがさらにマイナーな仮想通貨ならなおさら流動性は低いです。流動性が低いことによるリスクは売りたいときに売れず、購入したいときに購入できない可能性があるということです。自由に取引できない危険はリスク以外のなにものでもありません。

・取引所の信頼性
仮想通貨において取引所におけるリスクも忘れてはいけません。マウントゴックス事件がいい例です。2014年に日本最大のビットコイン取引所であるマウントゴックスが破綻したのです。実はこの事件はマウントゴックスの元社長であるマルク・カルプレス氏が横領したことが発端といわれています。この事件では取引所が信用できない可能性があるということを証明してしまいました。当時、マウントゴックスにビットコインを預けていた人は、自分のビットコインが消滅しています。現在の価格まで持ち続けることができていたらと考えると悔しさも想像を超えるものがあります。
もちろんすべての取引所が信頼できないわけではありません。しかし、安易に取引所を信頼することもできないのです。

スポンサーリンク

仮想通貨の今後について

仮想通貨は流通が徐々に高まっているとは言えまだまだ発展途上にあります。
実は日本銀行や日本政府も仮想通貨には注目しています。東京五輪でも仮想通貨を活用する動きがあるようです。仮想通貨を利用することが一般的になると外貨との両替の手間や手数料がほとんど必要ありません。グローバル化した現代社会において、仮想通貨はもっとも適した通貨なのです。
まだリスクもある仮想通貨ですが今後は法律の整備も進むにつれて安全性も高まっていくことでしょう。今から仮想通貨の将来の可能性にかけてみることも悪いことではありません。

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「仮想通貨」という言葉も一般化してきた昨今、「仮想通貨の取引で大きな利益を得た」という話が出て来るな…
  2. 保険は上手に使うと人生のリスクに対する対処となり、安心を買うことができます。しかし内容がよくわからな…
  3. 今話題になっている仮想通貨をご存知でしょうか?仮想通貨と言えばビットコインやリップルなどが有…
  4. 友達からお金を借りることについてアンケートを取ってみました。【問い】『友達からお金を借り…
  5. ここ1〜2年、相続税の増税や低金利を背景に、空き地や畑だった場所にアパートが続々と建てられています。…
ページ上部へ戻る