プロミス 審査に関する情報

プロミスはブラックリストでも5万、10万なら借りられる?

ローンやクレジットカードで支払いを長期滞納すると、信用情報がブラックになってしまうことはよく知られていますよね。

ブラックになると大手の審査には合格できないと言われますが、実際のところはどうなのでしょうか?

この記事では、ブラックリストでもプロミスで少額の借入れができるのかについて考えてみたいと思います。

【公式サイトはこちら】

実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円20~69歳初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス
実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円20~69歳初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
女性専用レディースキャッシング

【詳細はこちら】
プロミス審査

プロミスはブラックリストでも借りられる?

ブラックリストの人は、過去に利用したローンやクレジットカードの支払を滞納していたり、返済できなかった経験がありますので、ローンの審査に合格するのは難しくなります。

これはプロミスのカードローンも例外ではなく、信用情報機関という場所で過去の返済状況が厳しくチェックされますので、事故情報があると通常は審査落ちになります。

ところが、ネット上にはブラックリストでもプロミスで借りられたという体験談があるのをご存知でしょうか?

プロミスは消費者金融の中でも知名度の高い会社ですので、ネット上には大量の口コミ情報があります。

その中で、稀ではありますが、信用情報がブラックなのになぜかプロミスの審査に通ったというものも複数見受けられるのです。

例えば、以下のような口コミ体験談です。

・事故情報があり他社は落ちたけど、プロミスで5万円だけ可決された
・何年も前にクレジットカードで滞納して解約になったことがあるのに、プロミスの審査に合格した

本来ならば信用情報に事故情報が記録されていれば落とされますが、状況によっては5~10万円の少額の限度額ならば借りられる場合もあるようです。

ブラックリストなのに大手のプロミスの審査に通ったことになりますが、これはなぜなのでしょうか?

ブラックリストとは?

まず確認しておきたいのは、ブラックリストといっても色々な状況が考えられるということです。

信用情報はブラックかホワイトかの両極端しかないのではなく、ブラックの中でも重いものもあれば軽いものもあります。

俗にブラックリストと呼ばれる状態は、過去に利用したローンやクレジットカードを予定通り返済できなかったことが記録されてしまい、新しいローンの審査に合格できなくなった状態です。

ローンの支払いを3ヶ月以上にわたって長期延滞したり、法律事務所や裁判所の手続きで債務整理をしたり、自己破産をしたりという経験がある人はブラックリストになります。

しかし、厳密には金融機関が「ブラックな人たちのリスト」をつけているわけではありません。

審査で問題になる滞納や債務整理などの金融事故の記録は、各個人のローン商品の利用履歴が記録された個人信用情報の中に保存されています。

その人が別のローン商品に申込んだときに、信用情報の記録によって「この人は過去に金融事故を起こしている」ということが判明する仕組みになっています。

つまり「貸付対象としない人たちの一覧」があるわけではなく、信用情報はまず先に個人を特定して、その個人の履歴を見る、という順序です。

そのため、審査する側の判断によっては、ブラック情報があると分かった上で、それでも審査に合格させる可能性は残っていることになります。

ある会社ではブラック情報により審査落ちになったけど、別の会社では同じ信用情報でも審査に合格するということもあるのです。

 

信用情報とは?

もう一つ、信用情報とは何なのかその仕組みも確認しておきましょう。

信用情報とは、簡単に言うと各個人の金融商品の利用履歴が記録されて、金融機関の間で情報共有されているものです。

日本には複数の信用情報機関がありますが、記録される情報の種類はほとんど同じで、主に次のような内容です。

・情報照会の記録
・借入れ状況の記録
・返済状況の記録
情報照会の記録

まず情報照会の状況は、消費者金融や銀行などがその人の信用情報を照会したことが記録されたものです。

金融機関が個人の信用情報を照会するのはほとんどの場合は審査を行うためですので、情報照会の記録からその金融機関のローン商品に申込みをしたことが分かります。

短期間に集中して情報照会の記録があると、ローン商品に多数申込みをしていると判断され、申込みブラックと呼ばれる状態になります。

申込みブラックとは?

借入れ状況の記録

次の"借入れ状況"は、カードローンやクレジットカードなど、どの会社をいくらの限度額で利用しているかが分かります。

消費者金融の審査では総量規制の上限もありますし、他社借入れが多すぎる人は審査落ちとなります。

総量規制と金利について
返済状況の記録

最後の返済状況がブラックリストに深く関係する項目です。

3ヶ月以上の長期滞納や債務整理など、返済状況に問題があるとブラックリスト扱いとなり、審査で不利になります。

このような情報は、事故情報と呼ばれたり、異動情報と呼ばれることもあります。

大手消費者金融はブラック情報にとても厳しいため、事故情報が一つでもあると審査落ちになる可能性が高いです。

こういった信用情報は、消費者金融やクレジットカードの利用履歴はもちろんですが、住宅ローンや自動車ローンなどの目的別ローンや、奨学金の返済状況、携帯電話端末の分割払いの支払い状況も情報共有されています。

 

事故情報の種類で返済への態度まで分かる

信用情報は、ローン商品の貸し倒れを防ぐための対策として金融機関の間で情報共有されるものですので、借金が契約どおりに返済されなかった記録はかなり詳細に残ります。

ひとことでブラックリスト・事故情報と言っても、以下に例を挙げるように、いくつか種類があります。

・延滞
・強制解約
・任意整理
・自己破産

このような事故情報の種類から、借金の返済が難しくなったときに、その人がどのような行動をとったかまで分かるのです。

たとえば、任意整理を行いその後は返済を続けている人は、事情があって厳しいなりにも返済しようと努力していることが分かります。

しかし、もし長期延滞の後で強制解約になっていたら、借金の返済を放棄した人だと捉えられます。

信用情報に事故情報があるという点では同じでも、その後どうなったかによっては、審査担当者からの印象も変わってくるのです。

ブラックでも軽いものだったり、すでに解消していることがハッキリしていれば、審査に合格できる可能性が出てきます。

 

ブラックリストでも時間が経てば解消することも

また、信用情報に記録された事故情報は、無期限でずっと残るわけではなく、一定期間がたつと情報が消える仕組みになっています。

ほとんどの事故情報の保存期間は「5年を超えない期間」とされています。

ということは、過去に債務整理をしたことがあっても、その件が解決してから5年以上経過していれば、信用情報機関からは情報が削除されます。

事故情報が消えた後は、プロミスなどの消費者金融に申込みをしても、過去の延滞や債務整理のことはバレないのです。

ネット上には何年も前にクレジットカードで滞納したのになぜかプロミスの審査に通ったという口コミがありますが、こういうケースでは、本人が気づかないうちに事故情報が消えていた可能性も考えられます。

このような信用情報の仕組みを考えてみると、ブラックリストでもプロミスの審査に合格することは絶対に不可能ではないと言えそうです。

 

ブラックなら少額融資を狙う!

ブラックの借入れ先としては柔軟審査の中小消費者金融も人気ですが、そちらにシフトする前に、プロミスで5〜10万円程度の少額融資の審査にチャレンジしてみるのも一つの方法です。

もし5万円でも可決されれば、その後プロミスで延滞せず返済した実績を作ることで、増額申込みもできるようになるからです。

比較的軽いブラックならば、返済実績を作ることで信用を取り戻せる可能性もあります。

まずはプロミスの審査ではどのようなことをチェックされているのか確認して、審査に合格できそうか考えてみましょう。

 

プロミスの審査基準

プロミスの審査では結局何を見られているかというと、借りたお金を毎月きちんと返せるかどうか、その人の返済能力が評価されています。

身分証明書など書類に不備がないかなどを確認しつつ、返済能力を評価するためには主に次のポイントが見られています。

・年収や収入など
・信用情報
年収や収入など

プロミスのカードローンは無担保融資で、保証人もつけませんので、利用者の毎月の収入で返済することが前提です。

収入については、年収の金額はどれぐらいなのかと、収入がどれぐらい安定しているかが見られます。

年収は高ければ高いほど返済能力が高いと判断されます。

最低ラインが明確にあるわけではありませんが、100万円程度は必要で、総量規制が適用されるため年収の3分の1が借入れの上限となります。

収入の安定性については、勤務先の会社の規模や勤続年数で評価され、実際に申告したとおり働いているか在籍確認でチェックされます。

どれぐらい生活が安定しているかについては、住居の居住年数や家族構成も参考にして判断されます。

 

信用情報

もう一つ審査で重要なのは信用情報です。

申込みブラックになっていないか、他社利用が多すぎないか、過去のローンで事故情報がないかなどがチェックされます。

どの事故情報があればアウトなのか、どれくらいまでなら許容されるかはもちろん公表されていませんので、利用者の体験談などを参考にするしかありません。

まず言えることは、自己破産をしていたり、他社を現在も延滞中で解消していなかったり、債務整理をした直後で現在も返済中の状態では、残念ながらプロミスの審査に合格することはできません。

こういう状態はブラックの中でも重大な問題ですので、中小消費者金融でも審査落ちしてしまいます。

一方、延滞をしても最終的に完済していたり、債務整理をしてもそれを完済して何年か経っているような状態ならば、合格になる可能性もあるようです。

 

審査はスコアリングで総合的に判断される

プロミスの審査で見られるポイントを紹介しましたが、これらの項目がスコアリングのシステムで総合的に判断されています。

大企業に務めていて年収が高くても他社利用が多すぎると不合格になりますし、アルバイトやパートでも信用情報に問題がなく他社利用も少なければ問題なく利用できます。

もし信用情報にブラック情報が残っているなら、その時点でかなりのマイナスになりますので、それ以外の項目はしっかりしている必要があります。

不安定なアルバイトの仕事で勤続年数も短く、それに加えて過去に延滞しているということになると、少額融資でも審査合格は難しいと言えます。

逆に、何年か前にブラックの記録があったとしても、現在は解消していて安定した仕事に就いていると分かれば、少額なら返済能力があると判断してもらえる可能性があります。

カードローンのスコアリング

 

信用情報に不安があるなら借入れ希望額を下げる

信用情報に不安があるときは、借入れ希望額をできるだけ少なくすれば可決される可能性が高まります。

返済能力に疑問があるけど最低ラインは満たしているという人は、まずは低い限度額で審査合格になることが多いからです。

プロミスの審査では年収が100万円程度の人や、20代前半のアルバイトが審査に申込むと、限度額10万円で可決されることが多いと言われています。

これは、まずは最低ラインの少ない限度額で審査に合格させて取引の様子を見て、問題なく返済できていれば限度額を増額するという方法をとっているのだと思われます。

プロミスの増額について口コミを検証

同じ理由で、過去に金融事故の情報があっても現在は生活が再建されている人には、5万円~10万円程度ならば可決される可能性があります。

 

嘘の申告は逆効果に

もう一つ気をつけたい注意点として、嘘の申告はバレる可能性が高いため避けるべきということがあります。

信用情報がブラックだと、それをカバーするために年収を多めに申告したり、他社利用額を少なめに申告したくなりますが、ほとんどの場合は逆効果になります。

他社利用額は信用情報機関でしっかり判明しますし、収入証明書不要の条件に該当しても審査の事情で提出を求められることもあります。

信用情報に不安があるなら、なおさら正直に正確な情報を申告する必要があります。

このような点を意識しながら審査にチャレンジすれば、ブラックリストでも5万円程度の少額なら借入れできるかもしれません。

 

まとめ:信用情報が完璧でなくても少額なら借入れできる場合がある

ネット上に豊富にあるプロミスの口コミ体験談の中には、ブラックリストなのに審査に合格したという話もあります。

ブラックでも比較的軽い事故情報だったり、5年間の保存期間が経過して事故情報が消えていると、審査に合格することもあるようです。

信用情報が完璧ではない状態で審査を受けるときは、できるだけ借入れ希望額を小さくして、申込情報を正確に申告することが重要です。

ブラックの人は可決されても5万円から10万円程度の少額になりますが、その後返済実績を作ることで増額していくことも可能です。

少しずつクレジットヒストリーを改善できるようにしていきましょう。

 

【公式サイトはこちら】

実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円20~69歳初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス
実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円20~69歳初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
女性専用レディースキャッシング

【詳細はこちら】
プロミス審査

-プロミス, 審査に関する情報

Copyright© カードローン事典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.