プロミス 審査に関する情報

プロミスはブラックリストでも借りられる?

今までカードローンやクレジットカードなどを利用して、滞納をしてしまった経験のある方もいるのではないでしょうか。

そんな方は通称「ブラックリスト入り」という状態になっているかもしれません。

ブラックリストという言葉を聞くとカードローンの審査には通過できないというイメージがありますが、プロミスではどうなのでしょうか。

今回は、大手消費者金融カードローンであるプロミスではブラックリストでも審査通過できるのかどうかを詳しく調べてみました。

【プロミスの公式サイトはコチラ】

実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円18歳~74歳
申込時年齢が18歳・19歳の場合は収入証明書類の提出必須です。
高校生・定時制高校生・高等専門学校生は申込不可です。 収入が年金のみの方はお申込いただけません。
初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス
実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円18歳~74歳
申込時年齢が18歳・19歳の場合は収入証明書類の提出必須です。
高校生・定時制高校生・高等専門学校生は申込不可です。収入が年金のみの方はお申込いただけません。
初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
女性専用レディースキャッシング

【詳細はこちら】

プロミス審査

 

ブラックリストとは?

「ブラックリスト」という言葉を聞いたことがあるという方は多いかもしれませんね。

ブラックリストとは、カードローンやクレジットカードの利用で返済の滞納や、何かしらのトラブルをおこした人というイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。

実はクレジットカードやローン商品には、「ブラックリスト」という正式名称のリストは存在しません。

ブラックリストとは通称名であり、個人信用情報のとある記録のことを指しています。

 

ブラックリストに深く関係する個人信用情報

ブラックリストについて知るためには、まず個人信用情報について知る必要があります。

個人信用情報とは、おもにカードローンなどのローンサービスやクレジットカードなどの審査の時に利用される個人の情報です。

個人信用情報とは、クレジットカード会社や消費者金融、銀行や信用金庫など金融機関が共通して閲覧したり記録したりできる、個人と企業のお金の貸し借りの記録のことをいいます。

住宅ローン・自動車ローン・カードローン・教育ローン・クレジットカードのキャッシング利用・スマホの分割払いなど、企業にお金を借り、そして返済している一部始終の情報が記録されています。

特に注意なのがスマホ料金の延滞で、殆どの人はスマホ本体の購入が分割払いになっているため注意が必要です。

スマホ延滞でブラックリスト

ローンサービスやクレジットカードなどは、審査項目の1つとして個人信用情報を閲覧し、申込者を審査に通過させるかどうかをチェックしています。

 

個人信用情報に記録される信用事故の記録が通称ブラックリスト

この個人信用情報の記録ですが、通常通り契約を交わしお金を借りて返済期日を守っていれば、特に問題になることはありません。(ただし、申し込み時点での借入額が多い場合には問題視されることもあります。)

しかしこの信用情報のなかに返済が滞った記録があると、一気に審査通過が難しくなるのです。

基本的に返済日に間に合わなかった支払いに関しては、たとえ1日の遅れであっても返済遅れが分かるように記録されます。

更に深刻なのは、およそ2ヶ月以上返済期日よりも返済が遅れた場合に記録される「信用事故」という情報です。

1度信用事故の記録がついてしまうと5〜10年ほどの一定期間はローン商品やクレジットカードなどの審査に90%以上の確率で通過できなくなり、この状態が通称「ブラックリスト」と呼ばれています。

信用事故は利用者が以下のような状況に陥った時に、個人情報に記録されます。

・長期の延滞
・強制解約
・代位弁済
・債務整理

それでは1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

・長期の延滞

長期の延滞とは、支払い期日を過ぎても返済をせずに長期間返済を滞納している状態のことです。
本来の返済日からおよそ2ヶ月程度で、信用事故として信用情報に記録されます。

 

・強制解約

強制解約とは、返済などのトラブルを起こし、ローン商品を取り扱う会社やクレジットカード会社側から強制的に契約を解除される状態のことです。

強制解約になった場合にも、信用事故として信用情報に記録されます。

 

・代位弁済

代位弁済とは、利用者本人が返済不能に陥り、保証会社が返済金を立て替えて返済を行なったという状況です。

銀行カードローンを利用すると保証会社の保証を受ける必要があるのですが、この保証会社というものが、利用者にとっての保証人の役割を果たしてくれる会社です。

保証人の役割を果たしてくれる会社ですので、利用者が返済できなくなると銀行に利用者の代わりに代位弁済を行ないます。

利用者の借金は事実上銀行側にはなくなりますが、今度は保証会社への借金となり信用事故としての記録が残ります。

銀行カードローンの場合、アコムやプロミスなどの大手消費者金融が保証会社になっていることも珍しくはありません。

 

・債務整理

債務整理とは、利用者がローンやクレジットカードで返済不能に陥った時に、法のもとで返済額の減額を行なったり、支払いの延長を求めたりできる行為を指します。

債務整理には、自己破産や任意整理などいくつかの方法がありますが、信用情報には全て信用事故として記録されます。

 

プロミスはブラックリストでも審査通過できるの?

さて前項では、一度ブラックリスト入りしてしまうと90%以上の確率でローンサービスやクレジットカードの審査に通過できなくなると説明してきました。

審査通過の確率が非常に低くなってしまう「ブラックリスト入り」という状態ですが、大手消費者金融であるプロミスはブラックリスト入りしていても審査通過ができるのでしょうか。

プロミスでも、ブラックリスト入りをしている人はほとんどの場合が、残念ながら「審査落ち」となっています。

 

ブラックは審査落ち!?プロミスの審査では何を見られるの?

プロミスの審査は、基本的に以下の3項目にて行なわれます。

・申込者の申告内容
・申込者の信用情報
・在籍確認

それでは、1つずつ詳しくみていきましょう。

 

・申込者の申告内容

審査でまず始めに確認されるのが、申込者自身が申告する申込内容です。

申し込みフォームに記入する申込内容は、年収、勤務年数、既婚・未婚、居住形態、居住年数など、さまざまなものがありますよね。

この申込者が申告したほぼ全ての内容が、審査の対象になるといっても過言ではりません。

たとえば、年収は高額な方が審査には優位になりますし、居住年数や勤務年数は長い方が審査で優位になります。

さらには既婚者よりも独身の方の方が自分で自由に使えるお金が多くなると考えられており、審査で優位になりますし、独身でも家族と同居している方の方が生活費がかからないため返済能力があると判断され審査通過の確率が上がります。

このように申し込みフォームで申告した申込者の内容のほぼ全てが、1つ1つ審査の対象となっています。

 

・申込者の信用情報

プロミスでは申込者の申告内容と同様に、審査の最初の段階で申込者の信用情報のチェックをおこないます。

ここで信用情報に信用事故の記録が見つかると、申込者の申告内容が審査通過基準を満たしていたとしてもかなり高い確率で審査落ちとなってしまいます。

 

・在籍確認

プロミスでは、基本的に申込者が申告した勤務先の電話番号に電話連絡を入れて在籍確認を行なっています。

在籍確認とは、申込者が申告した勤務先に本当に勤務しているかどうかを確認しするための審査です。

勤務先への電話ではプロミスとは名乗らずに、個人名を名乗ってきます。

たとえば「山田と申しますが◯◯さん(申込者名)はいますか?」という内容です。

本人が電話口にでて対応すれば基本的には終了となりますが、本人不在でも電話の対応者が「◯◯は外出しています。」など、本人の不在がわかる説明をしていれば、その段階で在籍確認は完了します。

しかし「◯◯という人はいません。」といった、在籍が確認できない回答をされてしまうと、在籍確認は完了せず、最悪の場合審査には通過することができません。

 

ブラックリストはプロミスの審査が通過できない

このように、プロミスの審査の内容をみても、信用情報の確認の段階で信用事故が見つかればプロミスの審査通過はかなり難しくなります。

そのため、ブラックリスト入りしている方がプロミスで借入を行なうのはほとんど不可能といえるでしょう。

しかし、ブラックでも審査通過できたという情報も

しかし、インターネットにてプロミスの審査情報を見ていると「ブラックでも審査通過できた」という情報を時々見つけることができます。

そのため、プロミスの審査はブラックだと絶対に通過できないともいいきれない状況です。
ただしブラックの審査通過は、可能性としてはかなり低いことが予測されます。

 

ブラックでも審査通過できるカードローンはあるの?

現在ブラックリスト入りしている方でも、すぐにカードローンを利用したいという方もいるのではないでしょうか。

そんな方は、ブラックでも審査通過できるカードローンを知りたいと思っていますよね。

ブラックでも審査通過できるカードローンは、実は存在します。

しかし、ブラックでも審査通過できるカードローンを利用するのは、非常に危険なリスクを伴います。

 

ブラックでも審査通過できるカードローンは非常に危険

ブラックリスト入りしている方の中には、ブラックでも審査通過できるカードローンを探してネットサーフィンしたり、広告をチェックしたりする方もいますよね。

そして、カードローンの中には「ブラックリスト入りでも審査なしで借りられる」などと宣伝しているカードローン会社も存在します。

しかしこのようなカードローン会社の実態は、通称「闇金」と呼ばれる危険な貸金業者です。

 

ヤミ金は審査通過後のリスクが非常に高い

そもそも消費者金融は、「貸金業法」と呼ばれる法律に従って貸付業務を行なっています。

また、銀行カードローンも、「銀行法」と呼ばれる法律のもとに貸付業務を行なっています。

しかし、「ブラックでも審査なしで借入できる」などと宣伝しているような闇金業者の場合、「貸金業法」も「銀行法」にも基づかない、独自の貸し付けを行なっています。

このような業者は、ブラックなど大手消費者金融や銀行では審査通過できない人々を狙って、最初は優しい言葉で貸し付けを行ないます。

しかし後々で法外な金利を適用されたり、暴力まがいの取り立てが行なわれたり、一度借りてしまうと抜け出すのも難しい状況に陥ってしまいます。

「ブラックでも絶対借りられる」「審査なしで借りられる」とうたっているような貸付業者の場合、ほぼ100%の確率で闇金ですので、たとえお金に困っていたとしても絶対に利用は控えましょう。

 

闇金に手を出す前に公的機関の利用の検討を

「プロミスでもお金が借りられないのなら、闇金を利用するしかない」

そう思い詰めている方もいるかもしれませんが、闇金に手を出す前に、しっかりと公的機関で利用できるものがないかを確認しましょう。

たとえば、公的機関の借入制度には「生活福祉貸金貸付制度」というものがあります。

この制度は国が他からの必要な資金を借入れるのが困難な人に対して、生活を立て直すまで必要な資金を融資してくれるという制度です。

利用条件があり誰でも利用できる制度というわけではないですが、闇金よりも格段に低い金利で融資を受けることが可能です。

闇金に手を出す前に、まずはこのような利用できる制度がないかどうかをお住まいの市区町村の自治体などに相談してみることをおすすめします。

 

信用情報の情報開示請求で再申し込みのタイミングを確認

「どうしてもプロミスを利用したい!でもブラックが原因で審査落ちが心配。」

そんな方は、信用情報の開示請求をしてみるのもおすすめです。

普段金融機関しか閲覧することのできない個人信用情報ですが、日本に3つある信用情報機関に情報開示請求を行なうことによって、自分の信用自己情報がどうなっているのかを確認することができます。

自分の信用情報を確認しておけば、あとどれくらいで信用自己情報が削除されるのかが確認できますので、次の申し込みのタイミングに向けてしっかり準備をすることができます。

ちなみに情報開示請求は、郵便での申し込みや窓口での申し込みがほとんどになり、中にはインターネット申し込みを受け付けているところもあります

また、情報開示には1000円程度の料金がかかりますので、事前にしっかり調べておきましょう。

個人信用情報の開示請求について

 

まとめ

今回は、プロミスはブラックリストでも借りられるのかどうかについて調べてみました。

ブラックリストとは、個人信用情報に信用事故の記録が付いている状態を指しており、一度信用事故の記録がついてしまうと5〜10年ほどは、どのローンやクレジットカードの審査通過も難しくなります。

この状況はプロミスでも同じであり、信用自己情報があるとかなりの確率で審査落ちとなってしまいます。

ただし、ブラックでも審査通過できたという口コミもネット上には存在するため、絶対に審査通過できないともいえないようです。

 

また、プロミスの審査に通過する自信がないからといって「審査なしで借りられる」などと宣伝している「闇金」に手を出すのは非常に危険です。

ブラックリスト入りしている方でも、国の生活福祉貸金貸付制度などを利用すれば、融資を受けられる可能性があるので、まずは自治体や弁護士に相談することをおすすめします。

【プロミスの公式サイトはコチラ】

実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円18歳~74歳
申込時年齢が18歳・19歳の場合は収入証明書類の提出必須です。
高校生・定時制高校生・高等専門学校生は申込不可です。 収入が年金のみの方はお申込いただけません。
初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス
実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円18歳~74歳
申込時年齢が18歳・19歳の場合は収入証明書類の提出必須です。
高校生・定時制高校生・高等専門学校生は申込不可です。収入が年金のみの方はお申込いただけません。
初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
女性専用レディースキャッシング

-プロミス, 審査に関する情報

Copyright© カードローン事典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.