プロミス 審査に関する情報

プロミスの審査スピードは?早く融資を受けるコツはこれ!

近年は銀行カードローンの利用者が増加していますが、そのサービス内容は未だ消費者金融カードローンにはまだまだ追いつけいていないのが実情です。

そのサービスの中でも顕著に違いが出ているのが審査スピード。

銀行カードローンも以前のように審査に時間がかかることはなくなりましたが、スピード審査による即日融資に対応している銀行は数行しかありません。

となれば当たり前のサービスとなっている消費者金融カードローンのメリットは、まだまだ健在というわけです。

そのスピード審査を誇る消費者金融カードローンの中でも、業界最速水準を誇るのがプロミス。

スピード審査と即日融資を求めてプロミスに申し込む方は多いことでしょう。

そこで今回はプロミスの審査スピードはどうなのか、できるだけ最短で融資してもらうにはどうすればいいのかをテーマに、プロミス審査の全てを徹底検証していきます。

【プロミス公式サイトはこちら】

実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円18歳~74歳
申込時年齢が18歳・19歳の場合は収入証明書類の提出必須です。
高校生・定時制高校生・高等専門学校生は申込不可です。 収入が年金のみの方はお申込いただけません。
初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス
実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円18歳~74歳
申込時年齢が18歳・19歳の場合は収入証明書類の提出必須です。
高校生・定時制高校生・高等専門学校生は申込不可です。収入が年金のみの方はお申込いただけません。
初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
女性専用レディースキャッシング

プロミスの審査は業界最高表のレベル!

プロミスの審査スピードは業界最速水準の最短25分、そして借り入れできるまでの時間が最短30分というレベルを誇ります。

銀行カードローンの審査時間が下記のようになっていることを考えれば、いかにプロミスの審査スピードが早いかがお分かりいただけるでしょう。

・みずほ銀行 最短即日
・楽天銀行スーパーローン 当日~2営業日
・オリックス銀行 3営業日前後(通常)

また、プロミスの審査はただ早いだけではありません。

プロミスは下記のように銀行カードローンの保証会社となっており、各社のカードローン審査も請け負っているのです。

・三井住友銀行カードローン
・PayPay銀行
・住信SBIネット銀行
・横浜銀行
・福岡銀行

本来保証会社は利用者が返済不能となった場合、契約先銀行へ代位弁済することを主な業務としていますが、カードローンの保証会社となる場合はその審査も担っています。

よって、上記のようにメガバンクをはじめとする銀行から保証会社として利用されているということは、カードローン審査の実績にもそれだけ大きな信頼が寄せられている証とも言えます。

カードローンのような個人向け無担保融資の審査を短時間で行うには、今まで培ってきたノウハウもさる事ながら、豊富な実績データが必要になってきます。

プロミスはそれがあると各銀行からお墨付きをもらっているというわけなのです。

 

最短25分のスピード審査を阻む原因はコレ!

プロミスは最短25分のスピード審査が可能なため、ここさえクリアできれば最短30分で借入することができます。

しかし、この条件は申し込んだ人全てに適用されるわけではありません。

何故ならば申し込んだ方すべてがすぐに審査に回されるわけではありませんし、申込内容に何か問題があれば、その分、審査時間は長くなってしまうからです。

よって、最短25分という謳い文句は申し込み後すんなり審査に回され、スムースに審査が行われた場合に限定されます

そこで最短融資を受けるために注意してもらいたいのが下記の2点です。

・早めに申込みできているか
・信用情報に問題はないか

この2点がクリアできればプロミスの最短25分スピード審査で、最短30分の即日融資を受けられる可能性はグンと高くなってくるでしょう。

それではこの2点が審査時間にどのように影響してくるのかを説明していきます。

 

早めに申込みできているか

プロミスへの申し込みは24時間365日可能ですが、「申し込み=審査開始」というわけではありません。

プロミスの審査可能時間は午前9時~午後9時となっており、この時間内に申し込みが完了していなければ、審査は後日へと回されてしまいます。

つまり、午後9時ギリギリに申し込んだのでは、審査が受けられる可能性は低いというわけです。

また余裕を持って申し込んでも、申込人数の多い繁忙期に当たるタイミングでは審査開始までに時間がかかることが予測されるので、最短25分で審査終了となる確率は低くなってしまいます。

平日でも正午以降は申込人数が多くなる可能性が高く、審査終了までに数時間かかることも予測されます。

よって、最短25分のスピード審査を狙うならば、遅くても午前中、欲を言えばWEB申し込みを利用して前夜の申し込みが必要となってくるでしょう。

短時間審査を希望するなら、できるだけ早めの申し込みを心がけるようにしてください。

 

信用情報に問題はないか

審査通過で重要になってくるのが返済能力。

お金を貸しても返ってこないではプロミスも営業を続けていくことはできません。

よって、この点に関しては厳しく審査されます。

その判断材料として用いられるのが信用情報です。

信用情報には個人の信用取引による借り入れやローン等の取引情報がすべて記載されており、下記のような情報が一目で確認できます。

・申し込み先
・他社借入残金
・他社借入社数
・返済履歴

この信用情報で問題とされるのは、下記の3つです。

・返済履歴
・他社借入残金
・他社借入社数

ここに問題があれば即審査NGとなる場合がある上、そうでなくても他の審査項目との兼ね合いを慎重に審議することになるので、審査は長くなってしまいます

①返済履歴

返済履歴はローンや借り入れの返済状況で問題があった場合に登録される情報です。

返済が健全に行われていれば、この返済履歴に情報が載ることはありませんが、度重なる遅延や延滞があればその記録が登録され、金融事故扱いとなってしまいます。

通常、金融事故とは自己破産のような債務整理のことを指すのですが、これらもそれと同じ扱いとして判断されるというわけです。

もちろん債務整理の過去があれば審査に通ることは絶対にありません。

度重なる遅延や延滞がその債務整理と同等の扱いとなってしまうのですから、これがいかに審査でマイナス評価になるかは、簡単に想像がつくのではないでしょうか。

数度の遅延ならば即、審査NGとなることはありませんが、審査は慎重に行われることになるため、必然的に長くなってしまいます。

よって、ここに問題があれば審査が長引くことは必死となってくるでしょう。

 

②他社借入社数

プロミス以外に借り入れを行っている方は珍しくありませんが、それも度を超えれば懸念材料の元となります。

例えカードを持っているだけで全く借り入れをしていなかったとしても、借り入れできるローンカードがあるということは、その気になれば借入が可能ということです。

ましてや、そのローンカードが複数枚あったりすると、プロミスに申し込んだ時点で借り入れが0円だったとしても、その後に数百万円の借り入れとなることも否定できず、知らぬ間に返済できないほどの高額借入になっている可能性もあります。

また、プロミスは貸金業者ですから、総量規制という法律を遵守しなければなりません。

総量規制は貸金業者に個人への貸付を年収の3分の1までに規制した法律です。

よって、他社借入件数が多い場合、貸金業者は法律違反とならないためにも、審査は慎重にならざるを得ません。

複数借入先がある場合は、審査は長くなると心得ておきましょう。

 

③他社借入総額

他社借入件数とならび、同じ理由で他社借入総額が多い場合は審査はすんなりと進みません。

年収が多い場合は問題とならないケースもありますが、大抵の場合は「本当に貸しても大丈夫なのか」と慎重に審査が行われます。

目安としては総量規制で定められた年収の3分の1ですが、この金額の目安をカードローン業者は100万円としています。

よって他社借入総額が100万円を超えている場合や、プロミスの借り入れで100万円を超える場合は、本人確認書とともに収入証明書の提出が求められ、審査も慎重に行われます。

借入総額が100万円に達する場合は、まず短期審査は期待できないでしょう。

 

プロミスから最速で借り入れする申込方法はコレ!

プロミスには下記のような申込方法が用意されていますが、最速で借り入れしたいならWEB申し込みが一番おススメです。

・WEB申し込み
・無人契約機及び三井住友銀行ローン契約機
・店頭
・電話
・郵送

WEB申し込みは、その後の借入方法によって若干手順が違ってきます。

・WEB申し込み後、振込キャッシングの利用
・WEB申し込み後、無人契約機でカード発行

振込キャッシング利用の場合

振込キャッシングを利用して借り入れする場合の手順は下記のとおりです。

1.WEBから申し込み
2.仮審査
3.本人確認書の提出
4.本審査
5.契約
6.指定口座へ振込

プロミスの振込キャッシングは原則24時間最短10秒で振込可能となっています。

 

無人契約機でカード発行

WEB申し込みでは後日、カードが郵送されてくるのですが、当日カードが欲しいという方は無人契約機で契約を済ませることでカード発行が可能です。

その場合の手順は下記のとおりです。

1.WEBから申し込み
2.仮審査
3.自動契約機で本人確認書の提出
4.本審査
5.契約
6.カード発行
7.ATMから引き出し

WEB申し込みしておくことで無人契約機の滞在時間を減らすことができ、カード発行までにかかるのは20~30分ほどです。

また、プロミスの無人契約機は9:00~21:00(※契約機により営業時間が異なります)の時間帯で利用可能ですし、人目が気になるという方は三井住友銀行ローン契約機でカード発行を受けることもできます。

振込キャッシングが間に合うなら前者、間に合わないなら後者の方法で申し込むのが、プロミスでは最短で借り入れできる方法となってきます。

 

審査時間を短くするポイントはこれ!

それでは審査時間を短くするためのポイントを紹介しておきましょう。

それほど難しいことではないので、よく理解して実践すれば確実に審査の短縮が可能になってくるので、しっかりと目を通してください。

 

人為的ミスをなくす!

申込者自身に問題があればどうしても審査時間は長くなってしまいますが、問題がなくても審査が長くなってしまうケースも少なくありません。

それは申込時の人為的ミスです。

往々にしてよくあるのが下記の2つ。

・必要書類が正しく提出されていない
・申込内容に入力ミスがある

これらはできていそうで、できていない方が多く、確認作業の重複と再提出のための連絡等で時間がとられてしまい、審査時間がいたずらに長くなってしまいます。

必要書類の提出でよく見られるミスは下記のとおりです。

・本人確認書の有効期限が切れている
・コピーして提出する部分が違う
・コピーがピンぼけして情報が確認できない
・提出書類が足りない

申し込み時にチャンと確認して、ミスのないように心がけましょう。

そして、入力ミスの中で一番多いのが半角英数字の入力で、0をひとつ多く入力しているであるとか、電話番号の打ち間違えなどです。

特に勤務先には電話連絡による在籍確認が行われるので、電話番号の入力ミスは「該当会社なし」と判断される可能性もあるため、審査落ちの原因となる危険性もあります。

また借入総額などの重要情報の入力ミスは故意と取られてしまう可能性もあるのです。

そうなれば即審査NGとなる可能性もあります。

とにかく入力ミスは審査を長引かせるだけでなく、審査落ちとなる可能性もあるので、ミスなく入力するよう注意するように心がけましょう。

 

在籍確認は必ず取れるようにしておく!

プロミスでは基本的に勤務先の在籍確認は電話連絡で行われます。

よって、電話が繋がらない場合や営業時間外には在籍確認が取れず、審査がそこでストップしてしまいます。

この在籍確認ができずに審査がストップしてしまうケースは少なくありません。

営業日なのに電話が繋がらないという話は、会社員数の少ない中小企業ではよく聞く話です。

このような場合は後日、連絡後に審査完了となりますが、事前に分かっているなら連絡が取れない旨を相談するようにしましょう。

そうすれば確実に連絡が取れる時間帯に電話することもできます。

在籍確認ができないことには、審査は絶対に終了しません。

 

借入希望額を低く設定する!

プロミスでは借入希望額が50万円を超える場合と、他社借入との総額が100万円を超える場合には収入証明書の提出が必要となってきます。

つまり借入希望額が大きくなるほど審査は厳しくなり、その分、審査時間も長くなるというわけです。

融資額が大きくなればその分、高い返済能力を求めることになるので、慎重に審査を進めることになります。

よって、審査時間を短くするのに一番有効なのが、借入希望額を低く設定する方法なのです。

借入希望額が低ければ求める返済能力も高い水準ではありませんから、審査もスムースに進みます。

しかも、最初に低い借入希望額にして申し込めば、プロミスも計画的な利用と返済を心がけている申込者だと評価も高くなり信頼性も増します。

この相乗効果で、審査時間の更なる短縮も期待できるのです。

借入限度額は利用後に増額することができます。

よって、借り入れを早めたいのであれば、まずは高額な借り入れは望まず、借入希望額を低く設定して申し込むようにしましょう。

 

プロミスから最短借り入れするなら瞬フリが便利!

プロミスの振込キャッシングは原則24時間365日の借り入れが可能となってきます。

よって、一番最短で一番簡単な借り入れを行うには、振込時間約10秒の「瞬フリ」というサービスを利用するのが便利です。

各銀行の振込実施時間の目安は下記のとおりです。

(銀行、信用金庫)
平日 ・0時10分~9時受付     当日9時30分ころ振込
・9時~14時30分受付    当日9時30分ころ振込
・14時30分~23時50分受付 翌営業日9時30分ころ振込

(ゆうちょ銀行)
平日 ・0時10分~9時受付     当日12時ころ振込
・9時~14時受付       当日17時ころ振込
・14時30分~23時50分受付 翌営業日12時ころ振込

瞬フリの振込にかかる時間がいかに早いかがお分かりいただけると思います。

瞬フリはプロミスと契約して会員となり、対応可能な銀行口座があれば誰でも申し込めます。

初回申込時には振込先口座等の登録が必要となるため少々面倒ですが、今後の利便性を考えれば、契約後すぐにでも申し込んでもらいたいサービスの1つと言えるでしょう。

その他、プロミスの審査に関する情報は別ページにまとめています⇒プロミス審査

 

プロミスの他におススメのカードローンは?

今回はスピード審査、即日融資可能な先としてプロミスを紹介してきましたが、他にもプロミスと同等のサービスを展開しているところもあります。

それは下記の3つです。

・アコム
・アイフル
・SMBCモビット

この3社もプロミス同様に最短25分のスピード審査と、最短即日融資を掲げています。
(SMBCモビットは申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

今回は各社詳細についての説明は省きますが、SMBCモビットは最近注目のカードローン会社ですし、残りはプロミスと並ぶ大手消費者金融の面々です。

よって、信頼性と実績もプロミスに劣らず、安心して借り入れできるカードローン業者と言えます。

プロミス以外にもとお考えならば、これら3社を検討してみるのもおススメの方法と言えるでしょう。

【プロミス公式サイトはこちら】

実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円18歳~74歳
申込時年齢が18歳・19歳の場合は収入証明書類の提出必須です。
高校生・定時制高校生・高等専門学校生は申込不可です。 収入が年金のみの方はお申込いただけません。
初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス
実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円18歳~74歳
申込時年齢が18歳・19歳の場合は収入証明書類の提出必須です。
高校生・定時制高校生・高等専門学校生は申込不可です。収入が年金のみの方はお申込いただけません。
初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
女性専用レディースキャッシング

 

-プロミス, 審査に関する情報

Copyright© カードローン事典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.