プロミス 審査に関する情報

プロミスの借り入れはいくらから?1000円単位?

カードローンで1番気をつけなければならないのが借りすぎ。

カードローンは契約さえしてしまえば、ATMからまるで自分の預金をおろすかのごとく引き出すことが可能です。

もちろん借り入れできる額には限度はありますが、考えなしに借り入れを続ければアッという間に返済に苦しめられることになってしまいます。

よって上手くカードローンを利用していくには、返済可能な計画立て借り入れを行うことが1番重要なポイントと言えるでしょう。

そこで心がけてほしいのが、必要以上の借り入れをしないという点です。

毎月キチンと返済できるだけの借り入れにとどめておけば、高額借り入れとなることもありませんし、それによって返済不能に陥ることもありません。

となれば気になってくるのが借入最低額。

いくら必要以上の借り入れをしないと決めても、借入最低額よりも小さな借り入れはできません。

借り入れしたいのは3,000円なのに、借入最低額が10,000円だから余分な借り入れをすることになる。

きっとカードローンを利用している方はこんな経験をしたことがあることでしょう。

カードローンの最低借入額は10,000万円に設定されているところが大半なので、ついつい借りグセがついてしまったという方も多いのでは?

しかし、プロミスならそんな心配はありません。

1,000円単位での借り入れが可能なのです。

そこで今回はプロミスの最低借入額1,000円に焦点を絞って、借り入れする際に知っておいて欲しい情報や利用してもらいたいサービスなどを紹介しつつ、他社との比較を行っていくことにします。

【プロミス公式サイトはコチラ】

実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円18歳~74歳
申込時年齢が18歳・19歳の場合は収入証明書類の提出必須です。
高校生・定時制高校生・高等専門学校生は申込不可です。 収入が年金のみの方はお申込いただけません。
初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス
実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円18歳~74歳
申込時年齢が18歳・19歳の場合は収入証明書類の提出必須です。
高校生・定時制高校生・高等専門学校生は申込不可です。収入が年金のみの方はお申込いただけません。
初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
女性専用レディースキャッシング

【詳細はこちら】
プロミス審査

カードローンで借り入れできる最低額は?

冒頭でも申しましたがカードローンを提供している業者は星の数ほどありますが、最低借入額が10,000円を切っているところは数える程しかありません。

必要な分だけ借り入れしたいと考える利用者が多いにもかかわらず、残念ながらそのユーザーニーズに対応しているカードローン業者は少ないのが現実なのです。

カードローンは利用者に借り入れしてもらってはじめて儲けが出ます。

よってカードローン業者はできるだけ多くの借り入れをしてもらいたいと願っています。

きっとその願いが借入最低額10,000に表れているのでしょう。

それでは参考までに10,000万円未満の借り入れが可能なカードローン業者を紹介していくことにしましょう。

最低借入額はATMか銀行振込かで変わってくる場合や、利用条件が課せられているところもあるので、注意して見ておくようにしてください。

①消費者金融、信販会社カードローン

・プロミス
自社、セブン銀行ATM、銀行振込が1,000円(ほかATMは10,000円)

・アイフル
ATM、銀行振込ともに1,000円

・アコム
ATM、銀行振込ともに1,000円(ATMによっては対応不可の場合もあり)

・SMBCモビット
ATM1,000円、銀行振込1円(1円単位の振込が可能なのは電話依頼の場合のみ)

・セゾンカードインターナショナル
ATM、銀行振込ともに1,000円(銀行振込はセゾンカード引き落とし口座のみ対応)

・ACマスターカード
ATM、銀行振込ともに1,000円(ATMによっては対応不可の場合もあり)

②銀行カードローン

・三井住友銀行
同行ATMのみ1円の対応可(ほかATMは1,000円)

・みずほ銀行
同行ATMのみ1円の対応可(ほかATMは1,000円)

・auじぶん銀行
ATMのみ1,000円の対応可

・セブン銀行
ATMのみ1,000円の対応可

・新生銀行カードローンレイク
自社、セブン銀行ATMのみ1,000円の対応可(ほかATMは10,000円)

なんと中にはプロミスの1,000円をさらに下回る1円単位での借り入れが可能なところもあるようですが、使い勝手の面においては利用条件が課せられているケースが多いのが目に付きます。

相対的に見て利便性の面では銀行よりも、消費者金融、その中でも特に下記4社が際立っていると言えるでしょう。

・プロミス
・アイフル
・アコム
・SMBCモビット

プロミスで1,000円単位の借り入れをするには?

それでは実際にプロミスで1,000円単位の借り入れする方法について詳しく説明していきましょう。

プロミスではATMと銀行振込で1,000円単位の借り入れが可能ですが、残念ながらプロミスが提供するすべての借入方法に対応しているわけではありません。

1,000円単位の借り入れをするためには、下記どれかの借入方法を利用する必要があります。

・ATMでの借り入れ
・振込キャッシングでの借り入れ
・店頭窓口での借り入れ

それでは、これら借入方法の注意点について説明していくことにします。

①ATMでの借り入れ

プロミスで利用できるATMは自社ATMのほかに下記のATMがあります。

・三井住友銀行ATM
・三菱UFJ銀行ATM
・ゆうちょ銀行ATM
・イオン銀行ATM
・セブン銀行ATM
・ローソンATM
・ファミリーマートATM
・ミニストップATM
・イーネットATM

上記のようにプロミスは実に多くのATMを利用することができるのですが、この中で1,000円単位の借り入れができるのは、自社ATMと三井住友銀行ATMの2つだけです。

プロミス自体がSMBCグループ傘下ですから、系列以外の提携ATMは未対応となっています。

1,000円単位での借り入れをする場合は、この点は忘れず覚えておきましょう。

プロミスATMと三井住友銀行ATMの営業時間等は下記のとおりです。

・プロミスATM
営業時間7時~24時(ATMにより営業時間と休日が異なる)
利用手数料0円

・三井住友銀行ATM
営業時間24時間(店舗によって異なる)
利用手数料0円

上記のようにプロミスATMは0時~7時の間はシステムメンテナンスのため利用できなくなるので、利便性に関しては自社ATMよりも三井住友銀行ATMの方が優れていると言えるでしょう。(ただし三井住友銀行ATMも毎週月曜日の0時~7時はメンテナンスのため利用不可)

②振込キャッシングでの借り入れ

プロミスの振込キャッシングを利用すれば、会員サイトから最短10秒、手数料無料で1,000円単位での借り入れが可能です。

しかし、振込キャッシングの場合は銀行の営業時間内に振込依頼をする必要があり、振込依頼する時間によって、下記のように振り込みのタイミングが変わってきます。

・平日(月曜日~金曜日)
0時~9時 当日の9時30分頃
9時~14時50分 振込受付後、最短10秒くらい
14時50分~24時 翌営業日の9時30分頃

・土日祝日
終日 翌営業日の9時30分頃

当日の振り込みを望むのであれば、平日の9時~14時50分までに振込依頼を完了しておく必要があり、それ以外の振込依頼はすべて翌営業日の9時30分頃となってしまいます。

しかし、三井住友銀行やPayPay銀行をはじめとした、全国約200の金融機関で24時間365日土日・夜間でも振込みが可能です。

しかもその場合は振込依頼後、最短10秒で振込可能なプロミス独自の「瞬フリ」サービスが利用できます。

また振込キャッシングの場合、現金を手にするにはATMからの引き出しが必須となってきます。

銀行手数料が無料に時間帯ならば問題ありませんが、それ以外の場合だと手数料がかかってしまいます。

しかし、この点もプロミスはぬかりありません。

PayPay銀行の口座を指定していれば、下記の条件で手数無料で提携ATMから現金を引き出すことが可能です。

・毎月1回手数料無料
・3万円以上の引き出しなら何度でも手数料無料

よって、指定口座にするならば利便性の高いPayPay銀行の方がおススメと言えるでしょう。

③店頭窓口での借り入れ

プロミスの店頭窓口であるお客様サービスプラザからも1,000円単位での借り入れが可能です。

しかし、近年プロミスは一昔前の店舗拡大路線から、自動契約機と自社ATMを設置した無人店舗路線へとシフトチェンジしたため、人員を配置した有人店舗が少なくなっています。

現在ではその数も下記のように全国で20店舗弱となっているので、有人店舗を探すのに一苦労となるケースが多くなってくるでしょう。
(店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、最新情報はプロミス公式サイトをご確認いただけます様お願いいたします。)

(関東)
・新宿お客様サービスプラザ
東京都新宿区西新宿1-4-1 プリンスビル6F

(北海道)
・札幌お客様サービスセンター
北海道札幌市中央区南3条西3-10-4三信ビル3F

(東北)
・仙台お客様サービスセンター
宮城県仙台市青葉区中央3-6-7東日本建物仙台駅前ビル1~2F

(北陸)
・金沢お客様サービスプラザ
石川県金沢区堀川町4-1セントラルビル7F

(中部)
・名古屋お客様サービスプラザ
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-19マルイト名古屋ビル2F

(関西)
・梅田お客様サービスプラザ
大阪市北区小松原町1番10号梅田パルビルB1F

(中国)
・広島お客様サービスプラザ
広島県広島市中区立町1-1エルビル1~5F

(四国)
・松山お客様サービスプラザ
愛媛県松山市湊町5-5-7双和第3市駅前ビル2F

(九州)
・福岡お客様サービスプラザ
福岡県福岡市博多区博多駅前1-2-1博多駅前ビル2F
・鹿児島お客様サービスプラザ
鹿児島県鹿児島市東千石町1-3-19天文館第2ビル3F
・那覇お客様サービスプラザ
沖縄県那覇市金城5-2-4メゾンシャルマンビル1F

一番多い時で全国に70~80もあった有人店舗も、今では全国にたったの18店舗しかありません。

それでも主要都市のある関東、関西では出店数は目立ちますが、それ以外ではお住まいの都道府県にあるかどうかもわからないのが現状です。

そもそも店舗借り入れをする方自体が少ないのですが、こういった状況を考慮すればATMか振込キャッシングの利用を検討した方が現実的と言えるでしょう。

【プロミス公式サイトはコチラ】

実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円18歳~74歳
申込時年齢が18歳・19歳の場合は収入証明書類の提出必須です。
高校生・定時制高校生・高等専門学校生は申込不可です。 収入が年金のみの方はお申込いただけません。
初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス
実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円18歳~74歳
申込時年齢が18歳・19歳の場合は収入証明書類の提出必須です。
高校生・定時制高校生・高等専門学校生は申込不可です。収入が年金のみの方はお申込いただけません。
初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
女性専用レディースキャッシング

-プロミス, 審査に関する情報

Copyright© カードローン事典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.