カードローンの返済

カードローンとその返済方法について

返済方法について

カードローンの返済方法にはいくつかのタイプがあります。最もポピュラーなのは、カードでATMから返済する方法です。ただしこの場合、銀行の場合は、自行のATMだけではなく提携先のATM利用でも手数料がかからないケースが多いのですが、消費者金融会社などは自社ATMでは手数料無料ですが、提携先の場合には手数料がかかります。

この欠点を補うために、最近消費者金融会社で増えているのがweb返済です。これは、インターネット支払いシステムのPay-easyを利用するもので、24時間365日手数料無料でいつでもどこからでも自由に返済することができます。銀行やゆうちょ銀行だけでなく、信用金庫や農協を含む多くの金融機関に対応していますので新たに口座を開設する必要がありません。操作も簡単で、会員ページにログインし、web返済サービスを選択、返済金額を入力し、自分の持つ金融機関を選んでログインし振込手続きを実行するだけです。これだと、わざわざカードローン会社のATMまで足を運ぶ必要もありません。

また、口座振替での返済も可能です。口座振替の場合は手数料無料の場合がほとんどです。最初に口座振替の手続きをすればずっと利用することが可能です。ただし、毎月の口座残高を毎回チェックする必要があります。また、web返済ではない場合の銀行振り込みでの返済も当然可能ですが、この場合では手数料がかかる業者もあります。

契約途中で繰り上げ返済をする場合にも、web返済、ATM、銀行振り込みであれば対応できる業者が多くあります。特に、web返済なら、いつでもどこからでも自由に手数料無料で返済できますので便利です。繰り上げ返済は、すべて元金に充てられるため、その分の利息を節約できます。余裕があるときには、こまめに繰り上げ返済することで総返済額を軽減することができます。
20150108172628

返済期日に遅れた時の対応について

カードローンの返済方法にはいつくかありますが、返済期日に遅れた場合にはどうすればよいのでしょう。web返済であれば、いつでもどこからでも返済できますので、土日でも深夜でも気づいたときに返済できます。また、ATMの場合でも営業時間であれば返済可能ですし、コンビニのATMなら24時間利用可能な場合がほとんどです。通常の銀行振り込みでも、土日を跨がない限りは当日あるいは翌日には返済できます。ただし、口座振替の場合には、再振替をするか再振替がない場合には、ATMを利用するか、銀行から振込まなければなりません。

返済に遅れた場合に重要なことは、うっかり忘れの場合を除いては、業者に連絡を入れておくことです。延滞利息はかかってしまいますが、連絡を入れて何時に返済するか伝えておけば問題ありません。問題となるのは、返済はないし連絡が付かないということです。この場合は、連絡先を提出していれば勤務先や実家に連絡が入ることもありますから注意が必要です。

多重債務などで返済が苦しくなり、返済が遅れてしまう、あるいはできない場合にはカードローン会社に早めに相談することが大切です。今は、大半のカードローン業者で返済相談用の窓口やフリーダイヤルが用意されていますので、相談すれば親切に対応してくれます。状況を説明すれば、一緒にどうすれば無理なく返済できるか考えてくれます。この場合でも大切なことは、返済の遅延が予想される段階で早めに相談することです。遅延が出る前であれば、借り換え専用ローンの利用も可能かもしれず、負担を軽くすることもできるかも知れません。ただし、遅延が出た後では借り換え専用ローンの利用も期待薄となります。いずれにせよ、無理なく返済できる返済方法を再度作り、遅延なく返済していけるようにしなければなりません。

-カードローンの返済

Copyright© カードローン事典 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.