家計簿が続かない人にはマネーフォワード【無料】がおすすめです

家計簿が続かない人にはマネーフォワードがおすすめです。無料です。

>>マネーフォワード公式サイトはこちら

 

お金を貯めるにはまず収入と支出をしっかりと把握して・・・

なんてよく言われますが、これが結構難しいですよね。
収入は誰でも気にしてますが、支出となるととたんにどんぶり勘定になってしまいます。そうならないためのツールとして家計簿なるものもあるわけですが、毎日マメに家計簿をつけるのは想像以上に面倒です。

しかし、そんな家計簿が続けられない人にもおすすめなのがマネーフォワードというサービスです。今回、試しに使ってみて便利さ、快適さにびっくりしました。

moneyfowadotop

>>マネーフォワード公式サイトはこちら

マネーフォワードはネット上で家計や資産の管理ができるサービスです。しかも、ベーシックな機能はほぼすべて無料。あのホリエモンも大絶賛、200万人以上の利用者数を誇ります。

マネーフォワードを大まかに解説します

マネーフォワードで管理できるのは資産と家計(入出金)の二つです。管理なんて仰々しい言葉を使いましたが、実際には超がつくほどの簡単操作で収入と支出、そして手元に残ったお金を確認できます。

<<なぜ簡単なのか?>>

マネーフォワードは1800を超える金融機関や事業者をフォローしており、ログイン情報を登録すればそれらの会社の会員ページからほぼ全自動でデータを取ってきてくれます。いちいち入力をする必要がないので簡単なのです。

マネーフォワードが取り扱うデータはいろいろあるようですが、私の場合は

銀行から⇒口座の入出金情報

クレジットカード会社から⇒利用履歴(支払情報)

連携アプリから⇒日々の支出情報(レシートの写真を撮る)

 

をほぼ自動で取得してきてくれています。さらに、財布内の現金残高を登録しておけば、財布に入っているお金までほぼリアルタイムで把握可能です。つまり、

私の収入と支出をここで一元管理できるのです。

今まではいろいろなサイトや明細書でそれぞれ確認していた情報が、マネーフォワードにログインするだけですべて確認できてしまう、これがマネーフォワードの非常に便利なところです。

マネーフォワードが便利な点
・銀行の入出金履歴を取得して表示
・クレジットカードの明細を取得して表示
・電子マネーやポイントも明細を取得して表示
・レシートなどの買い物情報も取得して表示
以上のことがほぼ自動で行われる(レシートは要撮影)。
もちろん費目ごとに集計表示もしてくれる。

>>マネーフォワード公式サイトはこちら

それでは、私がマネーフォワードでよく使う画面や機能をご紹介します。

ホーム画面

これがログインして最初に表示される画面です。

moneyfowadtop

たくさんの情報が表示されていますが、この中で良く見るのはやはり左上の総資産のところですね。

20150528144037

ここには、銀行に預けてある預金はもちろん、証券会社を登録していれば株も含めて計算されています。また、スーパーでの買い物など、日々の現金支払いも随時反映可能ですので、総資産額はデータが更新されるたびに変動します。

他には、財布内の現金はいくらか、携帯電話の料金状況はどうか、クレジットカードの請求額はいくらかといった情報も表示されています。それぞれの項目をクリックしていけば、さらに細かい情報を見ることができます。

>>マネーフォワード公式サイトはこちら

 

家計画面

家計タブをクリックすると家計状況を確認できる画面になります。この画面は大きく分けて二つの情報が確認できます。月次収支とその明細です。

moneyfoward_kakei_top_def1

 

『月次収支』のカレンダー部分を拡大しました。日ごとの収入と支出が一目瞭然です。

moneyfoward_kakei_karenda_def

 

それぞれの金額のところにカーソルを合わせると、その金額の内訳(明細)が表示されます。

下の画像ではスーパーとホームセンターの買い物の明細が表示されています。

moneyfoward_kakei_karenda_super

『生マロニー』などの明細が表示されていますが、それらの明細は手入力しているわけではありません。
マネーフォワードと連携している『ReceReco』というスマホアプリでレシートを読み込み、それが自動でマネーフォワードに取り込まれています。

 

この日はATMから現金を出していますね。

moneyfoward_kakei_karenda_atm

銀行から引き出されたお金は、財布内現金として扱われます。どういうことかというと、マネーフォワードには『財布(現金管理)』という項目があり、登録銀行からATMで出金をすると、その『財布(現金管理)』という項目の金額が増えるということです。銀行と連携しているからできることです。

 

ちなみに、ATMから出金をした場合はメールで知らせてくれます。

2015-05-23 09.54.19

 

このように、

いつ、何を、いくら購入したか
いつ、いくら入金があったか

といったことが簡単に把握できます。

>>マネーフォワード公式サイトはこちら

 

財布の中の現金を1円単位で簡単に管理ができる

既述ですが、マネーフォワードには手元の現金がいくらあるかを登録・管理する機能があります。『財布(現金管理)』機能がそれです。これがなかなか優れもの。

例えば、私の場合、”ヴィトンくん”と名付けて財布登録しています。

vitonkun

例えば、ATMから現金を引き下ろした場合。

その口座をマネーフォワードに登録しておけば、ATMから引き出したお金は、財布の中の現金としてカウントされます。

20150525111140

つまり、

銀行口座からのATM出金⇒財布内現金が増える
レシートなどの現金支出記録⇒財布内現金が減る

という仕組みになっています。

連携アプリ『ReceReco』を使えば現金支出を半自動で簡単入力

『ReceReco』というのは、iPhoneなどのスマホにダウンロードして使うアプリです。iPhoneの場合は『APP Store』から、アンドロイドスマホの場合は『GooglePlayストア』からダウンロード可能です。

この『ReceReco』を起動してスマホのカメラでレシートを撮影すると、レシートに書かれてある商品名や金額を自動で文字に起こしてくれます。

2015-05-23 15.50.41

多少の文字修正が必要になることもありますが、登録に要する手間は大したことありません。

もちろんレシートをもらってない場合でも大丈夫。ReceRecoでもマネーフォワードでも手入力が可能です。日々の支出の記録は、私の場合、

レシートがある場合⇒ReceRecoでレシートを撮影して半自動入力
レシートがない場合⇒手入力

という形になっています。時には入力漏れで財布内の実現金と、マネーフォワード上の財布現金が合わない場合もありますが、そういう場合は手入力で調整できます。

>>マネーフォワード公式サイトはこちら

 

携帯料金の確認までできる!節約にも役立つ

マネーフォワードは、携帯電話料金データもアカウント登録さえすれば自動で取り込んで一覧表示してくれます。

moneyfoward_keitaibunsekisyo

一部拡大したのが下の画像です。

moneyfoward_keitaibunsekipickup

明細書を細かくチェックしてない人も、このような一覧表でチェックできると自然と意識も向くというものです。
ちなみに私はこの明細一覧を見て、ドコモの契約時に『いらなかったら後で解約してくださいね』と言われてつけていたdビデオやdヒッツなどで料金が発生していることを発見、約1000円の節約ができました。

正直言って、通話料金や通信料は定額サービスで契約しているので毎月の変動は基本的に発生しません。しかし、コンテンツ配信料は利用しなければ契約していることを忘れてしまう危険性があるうえに、料金は毎月かかってくるものなので、放置していたらバカにならない金額を支払い続けることになります。ドコモの担当者の『いらなかったら後で解約してくださいね』というセリフも、そのあたりのことを承知の上であえて勧めているのでしょう。
とにもかくにも、こういった内容の確認作業がマネーフォワードの中で一度にできてしまうところがとにかく便利なのです。

>>マネーフォワード公式サイトはこちら

 

とにかく家計簿が続けられない人もこれなら大丈夫では?

マネーフォワードの一番の良いところは、いろいろな機能があるにもかかわらず、日々の家計管理にかける時間が非常に少なくて済む点にあります。

私の場合は一日分のレシートを入力するのに5分程度しかかかりません。なぜならスマホのカメラでレシートを撮影するだけだからです。内容を確認して修正する時間を入れても5分程度です。

それにこの生活に慣れてくると、モノを買った時点でレシートを撮影したり、手入力したりしますので、そうなると時間的にはほぼかかってないのと同じです。
最初に銀行口座やクレジットカード会社のログイン情報などを登録する必要はありますが、それさえ乗り切ればあとは本当に手間いらずです。

>>マネーフォワード公式サイトはこちら

 

セキュリティが心配だったけど・・・

銀行やクレジットカードのログイン情報を登録して大丈夫かと不安に思う人もいるかと思います。かく言う私も、最初のうちは銀行口座は登録せずに、支出管理の機能だけ利用していました。それだけでも便利なので、レシートなどの支出管理はマネーフォワードでやって、資産管理は今まで通りということでも問題ありません。しないならしないでもいいんです。

しかし、マネーフォワードのセキュリティは三菱東京UFJ銀行などのメガバンクと同じレベルのものを採用しています。ここの部分を疑いだすと銀行のインターネットバンキングなんかも怖くて利用できません。

20150528074410

20150528075459

20150528075509

それに、そもそも、マネーフォワードにログインしても、登録済みの銀行の口座番号やログイン情報は見ることができませんし、マネーフォワードから振込み指示などが出せるわけでもありません。あくまでもマネーフォワードが自動で取得してきた取引履歴情報を見れるだけです。ですから、仮にマネーフォワードへのログイン情報が他人に漏れたとしても、せいぜい預貯金残高や支出明細が見られるだけで、実損が発生する可能性はほとんどありません。

つまり、マネーフォワードを使うことでお金を盗られるような事態に陥るリスクはほぼ皆無だと思うようになったので、今ではメインバンクを登録して資産管理もしています。

というわけで、いろいろ書きましたが、家計簿が続けられないという方も、マネーフォワードとReceRecoを利用すれば多分続けられると思いますよ。無料ですから試しにチャレンジしてみては?

>>マネーフォワード公式サイトはこちら

 

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 毎月受け取る給料明細。きちんと確認していますか?「月給だから、毎月同じ額が同じように記載され…
  2. 「仮想通貨」という言葉も一般化してきた昨今、「仮想通貨の取引で大きな利益を得た」という話が出て来るな…
  3. 保険は上手に使うと人生のリスクに対する対処となり、安心を買うことができます。しかし内容がよくわからな…
  4. 今話題になっている仮想通貨をご存知でしょうか?仮想通貨と言えばビットコインやリップルなどが有…
  5. 友達からお金を借りることについてアンケートを取ってみました。【問い】『友達からお金を借り…
ページ上部へ戻る