マイナンバーと個人情報~ノンストップ!より

多くの国民がマイナンバーを不安がる理由に個人情報の漏えいがあります。確かに年金問題で明らかになったのは担当官庁の情報管理の甘さであり、それが今後も同じような事態を招くのではないかと思うのは当然です。

が、中には必要以上に怖がり過ぎている面もあるようで、マイナンバーカード(個人番号カード)を持ち歩くこと自体が何か大きな災いの元になるのではといった“行き過ぎた”不安を持つ人もいるようです。

マイナンバーカードとは?
内閣官房のマイナンバーのページでは『個人番号カード』と記載されています。個人番号(マイナンバー)や氏名、生年月日といった基本情報と顔写真、ICチップが付加されたカードのことを指します。
20151007124147

ちなみに、2015年10月から送付されているカードは通知カードといい、マイナンバーカード(個人番号カード)ではありません。
なお、マイナンバーは通知カードがあればわかるので、マイナンバーカード(個人番号カード)はなくても構いません。マイナンバーカードは希望者が申請してはじめて交付されるカードです。

基本的に、マイナンバーカードに記載される情報というのは免許証や健康保険証など、既存のものに記載されている情報と同等のものであり、マイナンバー以外に何か特別な情報が付加されるわけではありません。言い換えれば、免許証など、今でも財布に入れて持ち歩いているような情報がマイナンバーカードにも記載されるだけの話で、それによってリスクが増えるというわけではありません。紛失や盗難などのリスクは今までと同じです。

そのあたりのことを踏まえ、フジテレビの『ノンストップ!』でマイナンバーカードと他のカード類に記載されている情報について比較していましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

 

マイナンバーカードと他のカード類との情報比較

マイナンバーカードと運転免許証、健康保険証の記載情報比較

【記載されている情報の比較】

マイナンバーカード 健康保険証 運転免許証
氏名
性別
生年月日
住所
顔写真
個人番号

表にあるように、マイナンバーカードに記載される情報は、運転免許証や健康保険証に記載されている情報プラス個人番号(マイナンバー)ということになります。マイナンバーカード1枚に情報がまとまっているので、不安に思うかもしれませんが、氏名や生年月日が漏れるというリスクは運転免許証を紛失するのと同じ程度です。

ただ、そうはいってもマイナンバーと氏名や住所などの個人情報が一緒に漏れるとなると、悪用される余地は少なからずあるはずです。用心するに越したことはないでしょう。

ちなみに、マイナンバーカードには顔写真が記載されます。個人番号制度はアメリカや韓国が既に導入済みですが、顔写真が入っているのは日本のマイナンバーカードの特徴なのだそうです。
アメリカや韓国ではこの個人番号を使ったなりすまし詐欺の被害が後を絶ちませんが、アメリカも韓国も個人番号カードに顔写真の記載はなく、個人番号さえわかればなりすましの詐欺ができたりするそうです。
日本の場合はその点を踏まえて顔写真入りのカードにして容易になりすましができないようにしているとのことでした。

 

スポンサーリンク

 

マイナンバーカードとクレジットカード、キャッシュカードの情報比較

【ICチップの中に記載される情報の比較】

マイナンバーカード クレジットカード キャッシュカード
氏名
性別
生年月日
住所
顔写真
個人番号
残高
利用履歴
その他 クレジットカードやキャッシュカードと同等の情報 カード番号
有効期限
口座番号

クレジットカードやキャッシュカードのICに保存されている情報というのは驚くほど少ないようです。素人考えでは氏名や番号の他にも利用履歴や住所などの情報も入っているのかと考えがちですが、実はセキュリティの面からカード自体に持たせる情報は極力少なくし、細かな情報はサーバーに保存するのが常識なのだそうです。

マイナンバーカードにクレジットカードやキャッシュカードの機能を持たせたとしても、そのあたりは同じになるようで、マイナンバーカードに細かな利用履歴が保存されたりはしないようです。ただし、マイナンバーカードには既に生年月日や住所などの情報が記載されていますし、どの程度の情報を持たせるのかは今後ICにインストールされるプログラムの仕様による部分が大きいといえます。まだまだ運用状況を細かくは想定できてない部分もあるのではないでしょうか?

ちなみに、このクレジットカードやキャッシュカードの機能をマイナンバーカードに持たせるのも任意で選ぶことができます。不要だという人は機能を持たせる必要はありませんが、関係者は利便性を追求する方向に動いているようで、将来的にはポイントカードの機能もマイナンバーカードに入れることができるようになるのではという話でした。

今から気を付けておくこと

ノンストップ!で強く注意喚起されていましたが、クレジットカードやキャッシュカードの暗証番号を誕生日にしている人は今後のために変えておいた方が良いとのことでした。今さら感はありますが、マイナンバーカードには生年月日が記載されていますので、財布ごと落としたりしてキャッシュカードも紛失したらあっという間に預金を他人が下ろせる状況になってしまいます。
ただ、これも今現在ですでに運転免許証や健康保険証には誕生日の記載がありますから、マイナンバーカードを持つから特に注意しなければならないことというわけでもないといえます。要は、マイナンバーカードを持ったからといって今まで以上に神経質になる必要はないといって良いのかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 保険は上手に使うと人生のリスクに対する対処となり、安心を買うことができます。しかし内容がよくわからな…
  2. 今話題になっている仮想通貨をご存知でしょうか?仮想通貨と言えばビットコインやリップルなどが有…
  3. 友達からお金を借りることについてアンケートを取ってみました。【問い】『友達からお金を借り…
  4. ここ1〜2年、相続税の増税や低金利を背景に、空き地や畑だった場所にアパートが続々と建てられています。…
  5. テレビやラジオで繰り返し流れてくる過払い金請求のCM。けれども、過払い金請求とは、何かを知らない人が…
ページ上部へ戻る