じぶん銀行カードローン(じぶんローン)審査の基本情報

じぶん銀行カードローンの公式サイトはこちら

じぶん銀行カードローン

じぶん銀行の基本情報

じぶん銀行って最近ネットを中心によく見聞きすると思いますが、知名度からいえばマイナーな銀行なので口座開設やカードローン申し込みなどで二の足を踏んでしまう人も多いようですね。口座開設や借金情報などは個人情報の中でも最も隠しておきたいもの。自分がしらなければホントに大丈夫と思うのも無理のない話です。

じぶん銀行はバックボーンがすごい!
知名度がそれほど高くないじぶん銀行ですが、実は大きな企業が共同で設立した銀行で、その企業とは三菱東京UFJ銀行と、KDDIです。この二社が出資して作ったインターネット専業銀行がじぶん銀行ということになります。

三菱東京UFJ銀行とは?
大正8年設立、資本金1兆7000億円、預金残高114兆円の日本最大規模のメガバンク。
2015年4月時点
KDDIとは
昭和59年設立、資本金1400億円の通信会社
2015年4月時点

インターネット専業銀行とは、その名の通り、インターネット上で事業展開を行う銀行ということです。つまり実店舗というものを持っていません。街中を歩いていても本店、支店を見つけることはできず、あってもオフィスのみということになります。

特殊な形態の銀行ですが、現在では同じ形態の銀行はすでにいくつかあり、ジャパンネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行などが同様の事業形態になっています。どこも信頼のおける大企業が設立にかかわっており、言ってみれば”バックボーンのしっかりとした銀行”ということができます。

じぶん銀行のカードローンを”じぶんローン”という

そんなじぶん銀行の個人向け融資であるカードローンのことを”じぶんローン”といいます

銀行のカードローンはじぶんローンというように名称がついている場合があり、じぶんローン以外にも親会社である三菱東京UFJ銀行のカードローンはバンクイックといいますし、楽天銀行のカードローンは楽天スーパーローンといったりします。他にもりそなクイックカードローン、ジャパンネット銀行のネットキャッシング、住信SBIネット銀行のMr.カードローンなどが全国的には有名です。地方銀行にも同じように名称のついたカードローンは多々あります。

じぶんローンは審査も迅速

申込み時にeメールを登録するようになっていますが、このeメールに審査が完了したら連絡が入ります。審査結果はeメールで知らされるのではなく、申し込んだ人専用のページが作成され、そこに審査結果が表示されます。

ただし、申し込んだ当日に連絡が入るとは限りません。たとえば申し込んだ時間帯によっては翌日になることもありますし、多くの人が申し込んでいる場合は審査に時間がかかり、連絡があるのが数日後なんてこともないわけではありません。

 

じぶんローンの金利水準

じぶんローンの金利は年率で

1.7%(auユーザー借り換えコース)

17.4%(auユーザー誰でもコース)
となっています。

auユーザーで借り換えコースで利用するのが最も低金利での利用となりますが、auユーザー以外でも利用は可能です。

この水準が高いか低いかですが、銀行のカードローンの中では高めです。
どうしても1.7%(auユーザー借り換えコース)の方に目が行くと思いますが、実際にその金利を適用されるのは限度額最高である800万円付近での枠をもらえた場合のみ。
いきなり800万円の限度額っていうのはありませんから、通常であれば、数十万円の限度額を設定されて、金利も上限金利である17.4%(auユーザー誰でもコース)あたりになる可能性が大です。

1.7%(auユーザー借り換えコース)に着目すればじぶんローンのメリットと感じるでしょうし、17.4%(auユーザー誰でもコース)に着目すれば銀行カードローンとしてはデメリットという見方もできます。

ただし、アコムやプロミスなどの消費者金融になると上限金利は18%あたりになりますから、そこで目線を合わせると大して高い水準ではありません。

融資限度額~いくらまで借りれる?

10万円以上800万円以内
※10万円単位での限度額設定

じぶんローンの借り入れ限度額は800万円
最近では上限1000万円なんていうところもあり、少ないと感じるかもしれませんが、カードローンで800万円以上の借り入れとなると、かなり現実離れした金額という見方もできます。
ほとんどの方にとって、限度額800万円は十分すぎる金額で、多くの場合は100万円とか200万円がせいぜいではないでしょうか?
あと、初めて借りる方に多いのですが、いきなり800万円まで借りれるという勘違いをされている方がいらっしゃいます。
800万円というのはあくまでも限度額の最高ですから、初めて借りる場合の多くは数十万円の限度額からスタートとなります。

じぶん銀行カードローンの公式サイトはこちら

じぶん銀行カードローン

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 保険は上手に使うと人生のリスクに対する対処となり、安心を買うことができます。しかし内容がよくわからな…
  2. 今話題になっている仮想通貨をご存知でしょうか?仮想通貨と言えばビットコインやリップルなどが有…
  3. 友達からお金を借りることについてアンケートを取ってみました。【問い】『友達からお金を借り…
  4. ここ1〜2年、相続税の増税や低金利を背景に、空き地や畑だった場所にアパートが続々と建てられています。…
  5. テレビやラジオで繰り返し流れてくる過払い金請求のCM。けれども、過払い金請求とは、何かを知らない人が…
ページ上部へ戻る