消費者金融は貸付条件の掲示をしなければならない

消費者金融のCMを見ると、細かな文字がズラッと映し出されて
『あんなのいちいち読めない!』

 

とテレビに突っ込みを入れたことはありませんか?

 

例えば、アコムのCMにはこんな感じで出てきます。
rapture_20140620060320


rapture_20140620060305


字が細かすぎて読めない・・・

 

しかし、実は、消費者金融などの貸金業者は、貸付条件に関する広告をするときには、定められた事柄を必ず表示しなければならないことになっています。

 

【表示しなければならない事項】
・商号・名称・登録番号
・貸付利率
・返済方式
・返済期間・返済回数
・担保が必要な場合は担保に関する事項

 

企業名のみの宣伝なら必ずしも全てを表示する必要はありませんが、たとえば貸付利率を表示したなら、他の事項もセットで表示しないといけない決まりになっています。

 

また、貸付条件の広告にホームページのアドレスやメールアドレスを表示させる場合には貸金業者登録簿に登録されている電話番号を表示しなければなりません。

 

アコムのCMを見ると、きちんと表示されてますよね。

 

テレビCMをするような大きな貸金業者がこれらのことを守らないわけはありませんので、テレビCMをしているかどうかは借り入れ先を決めるうえで一つの大きな基準にはなりえます。

 

一方、中小のサラ金業者の中にはこうした法律を順守してないところもあります。

 

名称と貸付利率、連絡先のみのチラシなんかよく見る光景です。

こうしたものは貸金業法に違反している可能性が大ですから、利用するのは控えた方が賢明です。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

  1. 口座を作ってナンボの銀行で信じられない話。起業したての1年目。会社を作ってやる気満々で銀…
  2. 『家計の支出ナンバーワンは何ですか?』何にお金を使っているのか、家計を考える上ではいの一番に…
  3. ゆうちょ銀行のオンラインサービスであるゆうちょダイレクト。何ができるのか、備忘録としてまとめてみ…
  4. 元日産会長のカルロスゴーン被告が10億円の保釈金で保釈が認められましたね。10億円が高いのか…
  5. 「生活費が足りない!でも親や知人に頼るのはちょっと・・・。」こういう場合、多くの人が考えるの…
ページ上部へ戻る