在籍確認なし・電話連絡なしのカードローン

カードローンを利用したいけれど親や会社にばれるのが心配で申し込みをためらっているという方は少なくないでしょう。

現在では銀行カードローンもメジャーになっていますが、カードローンといえば消費者金融というイメージを持つ人も大勢います。

しかも実際に消費者金融カードローンに申し込む方も少なくないため、消費者金融からお金を借りているという事実を周囲に秘密にしたがる方が圧倒的に多いのが事実です。

消費者金融に申し込む際、職場の人にばれる原因として誰もが嫌がるのが、カードローン審査では欠かすことのできない勤務先への在籍確認。

自分の勤務先に直接電話がかかってくるのですから、周囲バレしてしまうのではと心配する気持ちも十分に理解できます。

どうにか在籍確認の電話を無くすことはできないものかと思っている方は少なくないでしょう。

そこで今回は在籍確認なし、電話連絡なしのカードローンは存在するのかについて解説していきます。

在籍確認の電話連絡なしは基本的に難しい!

申込先が銀行であろうが消費者金融であろうが、基本的にカードローン審査では在籍確認の電話連絡は必ず行われます。

「そんなの必要ないのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、カードローン審査は在籍確認が取れないことには完了しません。

審査内容には全く問題なかったのに、在籍確認が取れなかったことが理由で審査落ちとなったという方もいるくらいですから、カードローン審査においていかに在籍確認が重要視されているのかがお分かりいただけるでしょう。

なんで在籍確認が必要なの?

それではなんでそれほど在籍確認が重要視されるのでしょうか?

これは在籍確認が取れたことで、申込者に安定した収入が継続して得られる状態であることの証明になるからです。

カードローンの申込資格には必ず申込者に安定・継続した収入があることが謳われています。

お金を貸したからには必ず返してもらわなければなりません。

しかし、返済に充てるだけの返済原資がない状態で貸したお金が返ってくることはないので、その返済原資となる収入が安定、継続して得られている状態であることが求められます。

その収入が得られる先が現在働いている勤務先から得られる給与となるわけです。

ですが申込時の自己申告だけを鵜呑みにして、本当は記入した勤務先に所属していなかったとしたらどうでしょう。

審査時に収入が安定、継続して得られると判断した結果は覆されることになりますし、返済原資となる収入を持たないことから返済不能に陥る可能性が高く、貸付条件の不適合者となります。

このような事態を招かないためにも審査合否を判断するには、記入した勤務先に所属しているというシッカリとした裏付けが必要となってくるのです。

となればその裏付けとなる在籍確認が必須となる理由は、簡単に理解してもらえることでしょう。

以前は電話確認以外の在籍確認もあったが・・・

申込者が電話連絡による在籍確認を嫌がっていることは、カードローン業者側も十分に理解しています。

そこでサービス満足度向上と顧客拡大の戦略の一環として取り入れられたのが書類による在籍確認です。

基本的には電話連絡のみでの対応を前提としていますが、電話連絡による在籍確認が無理だと認められる場合において、下記のような書類を提出することで在籍確認として認められました。

・社員証(写真入り)
・保険証(勤務先の社名入り)
・給与明細書(勤務先の社名入り)

この書類による在籍確認が可能なことは多くのサイトでも紹介されていたので、目にしたことがある方も多いことでしょう。

ですが現状ではこの書類による在籍確認は敬遠される傾向にあり、以前は対応していたアコム、プロミス、アイフルの大手消費者金融でも、原則この在籍確認が認められることはありません。

これは提出書類が原本提出でなかったこともあり、不正に操作された書類の提出が少なくなく、実際には勤務していなかったというケースが増加してきたからです。

実際に勤務していないため返済原資がなく、返済不能となるケースが多くなり、対応していたカードローン業者は多大な損益を被ることになりました。

このような理由から、以前は緩和された在籍確認方法も今では電話連絡に限られることになったのです。

対応しているのはSMBCモビットだけ!

電話連絡を回避することは不可能なのでしょうか。

いいえ、1社だけ可能となるカードローンがあります。

WEB完結申込を謳っているSMBCモビットなら、気になる電話連絡を回避することが可能です。

その理由はWEB完結申込にあり!

SMBCモビットで電話連絡が回避できる理由は、この業者の掲げるWEB完結申込にあります。

WEB完結申込でカードローンを申し込めば、申し込みから契約までのすべての処理をWEB上で完結することができるので、ほかのカードローンにはない下記の条件で申し込みすることができます。

・電話連絡なし
・郵送物なし

ここで注目してもらいたいのが「電話連絡なし」という条件です。

実はSMBCモビットのWEB完結申込では在籍確認自体が行われないので、電話連絡による会社・職場への周囲バレを気にすることなく申し込みすることができるのです。

以前は申込内容に不備等の問題があれば担当者から電話連絡が入ることもありましたが、2018年3月から導入された新サービスにより、完全に電話連絡なしというスタンスで申し込みが可能となりました。

導入された新サービス内容は下記の2つです。

・スマホカメラで簡単入力サービス
・審査状況紹介サービス

この新サービスは申込者の負担軽減と迅速な審査結果を目的として導入されたもので、「スマホカメラで簡単入力サービス」ではスマホ等の携帯電話による申込時に本人確認書をスマホで撮影すると、氏名等の記載項目を自動的に入力フォームに取り組むサービスです。

そして電話連絡無しを絶対的なものにしたのが「審査状況紹介サービス」で、審査状況照会をパソコンやスマホで確認でき、審査過程で発生した書類の不備や追加手続きの有無を細かく照会画面で確認することができます。

これによって電話連絡なしで申込者が回答することができるようになり、気になる審査過程を確認するだけでなく、電話連絡を完全に排除することができるようになりました。

WEB完結申込の申込条件

しかし、このWEB完結申込を利用するためには、下記の条件をクリアする必要があります。

WEB完結申込利用条件
・三井住友銀行または三菱UFJ銀行に普通預金口座を持っている
・運転免許証かパスポートを持っている
・指定する収入証明書類を用意できる
・勤務先確認のための書類提出ができる

基本的にはそれほど厳しい条件ではありませんが、指定口座を持っている必要がある点は注意しなければなりません。

持っている場合にも①口座番号、②支店名、③暗証番号の3つを明確にしておくことを忘れないようにしてください。

また、本人確認書が運転免許証とパスポートの2つに限定されている点にも注意が必要です。

他社ではこれ以外の本人確認書の提出が広く認められているので、本人確認書が引っかかって申し込みできないというケースはありませんが、この2点に限られてくることから申し込みできないという方も出てくることが予測されます。

そしてWEB完結申込で在籍確認が不要とされる一番の原因となる在籍確認用書類は、下記の2つの提出が求められます。

・全国健康保険協会発行、もしくは各健康保険組合発行の社会保険証
・直近1ヶ月分の給与明細書

ここで注意して欲しいのが「直近1ヶ月分の給与明細書」です。

申込時には下記いずれかの収入証明書の提出が求められますが、それとは別に「直近1ヶ月分の給与明細書」の提出がもとめられます。

・源泉徴収票
・税額通知書
・所得証明書
・確定申告書
・給与明細書(直近2ヶ月分)

よって、収入証明書の提出で給与明細書以外のものを選べば、「直近1ヶ月分の給与明細書」の提出が必要になってくるので、面倒を省くためにも収入証明書の提出には、直近2ヶ月分の給与明細書を選ぶことをおススメします。

以上のように提出しなければならない書類が多く、それが指定されているということと、指定口座を持っていることが必要なことから、WEB完結申込を利用するためにはほかのカードローンよりも面倒な作業が必要になってきます。

即日融資を希望するといった理由でスピード審査を求める場合は、迅速な審査となるように事前に上記条件をクリアできる態勢を整えておく必要があると覚えておいてください。

WEB完結申込にはデメリットも・・・

WEB完結申込による申し込みならば、確実に電話連絡による在籍確認を回避したカードローン申し込みが可能になります。

しかし、WEB完結申込をしたことによって、通常のカードローンでは受けられる下記サービスが利用できないというデメリットも出てきます。

WEB完結申込のデメリット
・ATM借入ができない
・返済方法は口座振替のみ
・土日祝日の即日融資には対応不可

とにかく金融機関から個人名を名指しして勤務先に電話連絡されるのだけは避けたいという方にも、これだけは欠かせないというカードローンのサービスはあることでしょう。

よって、申し込む際には上記デメリットがあることをよく理解した上で、納得してから申し込む必要があります。

それではこれらデメリットを簡単に説明しておくことにしましょう。

×ATM借入ができない

実はWEB完結申込ではローンカードの発行が受けられません。

借入手段として利用できるのは振込キャッシングだけとなってきます。

WEB完結申込は申し込みから借り入れまでを全てWEB上で行う方法のため、借入手段も振込キャッシングに限定されます。

これは今後継続して利用していく上でも、下記のような大きなデメリットとなる可能性があります。

・深夜の借り入れができない
・土日祝日の借り入れができない

振込キャッシングは銀行の営業時間内取引が前提となるため、それ以外の時間に借入申込をしても振込は銀行のよく営業時間となってしまうのです。

この振込キャッシングのデメリットを解消するため、24時間365日の振込対応が可能なネット銀行と提携しているカードローンもありますが、SMBCモビットのWEB完結申込では対応不可の2行を指定口座にすることが条件とされているため、このデメリットを避ける術がありません。

この点はカードローン利用における利便性を大きく落とす事になるので、申し込みする際にはこの点をよく理解しておくようにしましょう。

×返済方法は口座振替のみ

通常カードローンには口座振替以外にATMからの返済方法が用意されています。

しかし、SMBCモビットでWEB完結申込の場合には、返済方法は指定口座からの口座振替しか選ぶことができません。ローンカードがないからですね。

ローンカードがあることで借り入れ時にも返済時にも利便性が確保されるわけですので、このローンカードの発行が受けられないとなるとそれなりに利便性を落とすことになります。

ですが口座振替による返済は一番返済忘れがない返済手段とも言われています。

返済遅れが多くなれば利用者の返済能力と信用度が落ちるため、利用後の借入限度額の増額が受けられず、金利見直しがされることもありません。

その点から言えば一番おススメしたい返済手段でもあるので、返済手段が口座振替に限定されることに不便さを感じる方もいるでしょうが、逆にメリットと考えればその考えも幾分和らぐことでしょう。

×土日祝日の即日融資には対応不可
最近はアコム、プロミス、アイフルといった大手消費者金融では土日祝日の申し込みでも、条件次第で即日融資への対応が可能となっています。

即日融資が可能な消費者金融カードローンであれば、いつ申し込んでも即日融資が受けられるというイメージを持つ方も多いことでしょう。

しかし、SMBCモビットのWEB完結申込を利用した場合には、先ほど申しましたように口座に振込されるのは銀行営業時間内であることが条件となってきます。つまり、

銀行営業時間以外は借入金を引き出せない

ということになります。

WEB完結申込では契約完了となれば土日祝日でも振込依頼は可能ですが、実査に口座に振込されるのは銀行の翌営業時間となるため、確実に現金を手にできる即日融資には対応できません。

WEB完結申込では在籍確認がないので、勤務先が土日祝日は休業のため即日審査ができないというよくある話は回避することができますが、当日に契約できても借り入れすることはできないので、即日融資が必要な方はほかのカードローンに申し込むようにしてください。

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る