プロミス完済後の借入。再契約審査前に知っておきたいこと。

以前にプロミスを使っていたけど、完済後に解約したという方は少なくないでしょう。

カードローンは契約すれば利用限度額内で何度でも簡単に借り入れできるので、利便性の面から言えば1枚持っておきたいと考える方は多いのですが、持っているとついつい必要のないお金まで借り入れしてしまう結果にもなりかねません。

よって、必要な分だけ借り入れした後は、そんなことにならないように解約する方も多いのです。

しかし、解約したはいいが、またお金が必要となってプロミスを利用したい時はどうすればいいのでしょうか?

以前利用していたから申し込めば簡単に利用できると思われる方も多いでしょうが、実はまた新たに申し込む必要があり、以前行った申し込みから契約までの流れを再び行う必要があるのです。

そこで今回は再びプロミスを利用する際に、戸惑わないためにも知っておいてもらいたいポイントについて説明していいくことにしましょう。

【プロミス公式サイト】
詳細⇒プロミス審査

 

完済後は勝手に解約されるの?

それではまずプロミスの解約について簡単に説明しておきます。

契約した方の中には利用していないため、解約しているのか利用中なのか分からないという方も少なくありません。

この説明でプロミスの解約とはどのようなものなのかをよく理解してください。

 

完済は解約ではない!

返済額が0円となっても、プロミスの契約が終了したわけではありません。

「完済 = 契約終了」と勘違いしている方も少なくありませんが、完済しても返済が終了しただけでプロミスとの契約が終了したわけではないのです。

中には完済後全く利用しておらず、解約処理されたと思い込んでいる方もいるようですが、解約するためにはキチンとした処理が必要になります。

完済後、この処理を行っていない方は解約されていない状態、つまりプロミスを利用できる状況にあるのです。

よって、そのような方は再度、プロミスへの申し込みは必要なく、以前借り入れした時と同じ要領で借り入れできます。

 

プロミスの解約方法

プロミスの解約方法は下記のように簡単です。

 

【プロミスの解約方法】

・プロミスコールに電話する
・お客様サービスプラザに行く

 

プロミスコールに電話した際は解約した旨を言い、下記の情報を伝えるだけです。

・会員番号
・名前
・生年月日

そして契約時に巻いた契約書の返還が必要かどうかを尋ねられるので、必要か不要かを答えればこれで解約処理は完了します。

またお客様サービスプラザで処理する場合は下記のものが必要となります。

・ローンカード
・印鑑
・本人確認書

カードを返還して解約書類を記入すれば、契約書が返還されて解約処理は完了となります。

上記のようにプロミスコールでの解約の方が手間なく行えるので、プロミスコールでの解約をおススメします。

また、無人契約機やWEBからは解約処理はできませんので、この点は勘違いしないようによく覚えておきましょう。

 

解約のメリット・デメリット

冒頭でも申しましたが、必要のない借り入れを防ぐために完済後にプロミスの契約を解約する方も少なくありません。

しかし、再度借り入れする必要性が出てきた際には再び契約する必要があるので、解約するかしないかはよく検討する必要があるでしょう。

そこでその決断の際に参考にしてもらいたいのが、解約によるメリット・デメリットです。

(プロミス解約のメリット)
・無駄な借り入れをする心配がない
・信用情報が冒される危険がない
・増額等、プロミスからの連絡がなくなる
・住宅ローン等の高額融資を受ける際に邪魔とならない
(プロミス解約のデメリット)
・再度利用する際の契約が面倒
・急にお金が必要になった時の対処法がなくなる
・再度申し込んでも契約できない可能性もある
・再度契約しても無利息期間は適用されない

やはり解約するメリットで一番大きいのは無駄な借り入れをしなくなる点でしょう。

人は不思議なもので欲しいものがあれば借金してまで購入しようとします。

その際に簡単に借金できる方法があれば、お金がないから我慢しようとせず購入しようとする可能性が高いため、解約することでそれを防ぐことができます。

また住宅ローンのような高額融資を受ける際には、カードローン利用によって高額借り入れをしていることが融資実行の邪魔となるケースも考えられます。

よって、この2つにメリットを求められる方ならば、プロミスを解約するのも仕方のないことでしょう。

しかし、利用する必要が出てくれば再び申し込みが必要になる上、必ず審査に通るという保証はないデメリットが生じます。

このメリット、デメリットのどちらが自分にとって有益であるかは判断の分かれるところでです。

ですが住宅ローンなどの大型融資を受ける予定が無く、無駄な借り入れはしないという賢いカードローン利用の鉄則を守れるのであれば、保持するための年会費等がかかるわけではありませんから、もしものために解約せずにそのままにしておく方がメリットは高いと言えるでしょう。

 

解約後の再利用は再度申し込みが必要

「前に利用していたから、すぐに復活できるだろ?」

といったように、プロミスの再利用は簡単な申し込みでできると考えている方も多いでしょう。

しかし、借り入れする方の条件は以前と同じとは限りません。

勤務先が変わっていることもあるでしょうし、年収が大きく変化している可能性もあるでしょう。

よって、以前に契約していたからといって、無条件で再度プロミスを利用できることにはならないのです。

プロミスを解約して、再度利用する場合には再審査を行うこととなります。

もちろん以前に審査に通っているのですから、その時と条件が変わっていなければ問題なく審査通過する可能性は高いと考えられます。

しかし、以前申し込みした時と条件が変わっている場合には注意が必要です。

 

こんな場合は審査通過できないかも・・・

それでは再度利用しようとしても、再審査に通過できない方の特徴について説明しておきましょう。

その特徴は下記のとおりです。

 

【プロミス再審査に落ちるケース】

・以前利用中の返済に問題がある
・解約後に借入先が増えた
・解約後に借入総額が増えた
・現在利用中の返済に問題がある

 

①以前利用中の返済に問題がある

解約前のプロミス利用で問題がある場合、再審査通過は難しいでしょう。

その問題とは返済の遅延や延滞です。

これはプロミスに限った話ではありませんが、カードローン審査で一番重要視されるのは返済能力と信用度です。

審査はこの2つが大丈夫であるかどうかを審議する場所といっても過言ではないでしょう。

よって、以前の利用で返済に度重なる遅延や延滞があれば、返済能力、信頼度ともに問題視されることとなるので、審査を通過することはまずないでしょう。

何回かの遅延で、すぐに返済したくらいであれば問題とはならないでしょうが、度重なる遅延や延滞となれば絶対にNGです。

そうならにためにもプロミスに限らず、健康な返済を心がけるようにしましょう。

 

②解約後に借入先が増えた

プロミス解約後にほかのカードローン借り入れをする方も少なくありません。

しかし、再申込時にその借り入れ先が複数ある場合には注意が必要です。

例え借入先で借り入れしていないとしても、借入先が複数あるということは、いつ何時高額な借り入れをするとも限りません。

借りに銀行や消費者金融など5社とカードローンの契約を結んでいたとし、それぞれの借入限度額が50万円だったとしましょう。

現在どこからも借り入れがなく、借金が0円だったとしても、借りようと思えば

50万円×5件=250万円

ということで、最大で250万円の借り入れをすることができるのです。

となれば個人の年収の3分の1を超える貸付を総量規制という法律で禁じられているプロミスは、この法律を破る危険性が高いため審査NGとせざるを得ないのです。

現在借入先が多い方は、多くても2社以内に留めてから申し込みすることをおススメします。

 

③解約後に借入総額が増えた

これも先ほど説明した総量規制が大きく影響しています。

プロミスでは他社借入と新規申し込みによる借入総額が100万円を超える場合には、収入証明書の提出が求められます。

つまり、貸し付けしても総量規制を超える額にならないかどうか年収を見て判断するためです。

それほどプロミスは審査時には現状借入額を重要視しています。

よって申込時の他社借入総額が多い場合には、プロミスの審査通過は難しくなってくるでしょう。

現状の他社借入総額が多い方は、まず返済を進めてから申し込みすることをおススメします。

 

④現在利用中の返済に問題がある

これも返済能力と信用度が大きく影響してくるのですが、現在の借入先で金融事故を起こし、信用情報にその旨が記載されている場合は、プロミスの審査通過は絶対に有り得ません。

金融事故とはブラックリストとも言われ、下記の情報が信用情報機関に登録されます。

 

【信用情報機関に記録されるトラブル情報】

・延滞情報 返済の延滞記録(約5年)
・債権回収 財産差押えの記録(約5年)
・自己破産 自己破産記録(約10年)
・個人再生 個人再生記録(約5年)
・任意整理 任意整理記録(約5年)
・特定調停 特定調停記録(約5年)
・保証会社 保証会社が代位弁済した記録(約5年)

 

また中には度重なる遅延を信用情報に記録するカードローン業者もいるので、その情報が記録されている場合には金融事故と同じ扱いとなり、審査NGの原因となります。

ちょっとくらいの遅延ならと簡単に考えている方も多いのですが、そうならにためにも健康な返済を心がけることをおススメします。

 

プロミスで再度申し込みした時の流れは?

プロミスを解約して再度利用する際には再び以前と同じように申し込みする必要があります。

以前と同じように申し込みしても問題ないのですが、事前にプロミスコール等で連絡を取って、再契約したい旨を知らせておいた方が申し込みはスムーズに進むでしょう。

それではプロミスへの再申し込みの方法を説明しておきましょう。

申込方法は下記のとおりです。

・プロミスコールへ電話連絡する
・会員サービスから申し込む
・インターネットから申し込む

①プロミスコールへ電話連絡する

先程も申しましたが再契約する際には、プロミスコールに直接その旨を申し出ることで再契約できる可能性があります。

これはすべての申込者に適用されるわけではありませんが、電話連絡で簡単に申込み手続きが完了するケースもあるのです。

よって再申し込みする際には、まずプロミスコールへ電話連絡を入れるのが一番オススメの方法でしょう。

 

②会員サービスから申し込む

プロミスをいったん契約した場合でも、プロミスの会員サービスにログインできることがあります。

全ての方がというわけではありませんが、もしログインできるのであれば会員サービス内で再設定することも可能です。

この方法が一番簡単ではありますが、ログインできたとしても、画面に「ご利用限度額0円」と表示されている場合は再設定することはできませ。

よって、この場合はプロミスコールへの電話連絡で再申し込みすることをおススメします。

 

③インターネットから申し込む

以前に申し込んだ時と同様に再申し込みもインターネットから行えます。

しかしインターネットからの申し込みは再契約ではなく、新規契約として扱われることとなるので、先に説明した2つの申込方法と比べれば契約までには時間がかかることとなるでしょう。

 

解約せずにカードだけ廃棄するのもおススメな方法!

今回はプロミスの再契約に焦点を絞って説明してきましたが、やはり解約して再契約するというのは再利用することを前提に考えれば二度手間でしかなく、効率的に考えても決していいとは言えないでしょう。

しかし、完済をした人の中には『持っていると無駄な借り入れをしてしまうのでは?』という懸念を抱いている方がいることは事実です。

そこで1つおススメの提案があります。

解約は控えてカードだけを廃棄する方法です。

カードローンの借入方法で一番利便性が高いのが、ローンカードを使ったATMからの引き出しですから、この借入方法を潰すことで無駄な借り入れを防ぐ大きな効果があります。

これだと安易に借り入れする心配もありませんし、解約する必要もないので再度必要となった時に面倒な再申し込みをする必要もないのです。

しかし、ローンカードを廃棄したら、再発行するのが面倒なのではと思われる方もいることでしょう。

確かにカードを廃棄すれば再利用の際には再発行する必要があり、数百円の手数料がかかりますが、その手順や時間は再申し込みと比べれば驚く程、簡単にすみます。

 

ローンカード再発行時の手順

再発行は電話一本で申し込めます。

受付は24時間OKですから、利用状況に問題がなければすぐに再発行となります。

またローンカードの受け取りは郵送もしくは、自動契約機での発行のどちらでも選択可能です。

すぐにカードローンを手にしたい場合には自動契約機での発行を選ぶといいでしょう。

この点もプロミスの顧客満足度が高い理由の一つです。

ローンカードの再発行は郵送だけというところが多く、到着までに日数がかかることが多いのですが、プロミスなら最短即日にローンカードを手にすることができます。

これならばカードローンの即日融資と同じ感覚で借り入れすることが可能です。

【プロミス公式サイト】

 

 

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る