オリックス銀行カードローンはおまとめローン的には使えません

オリックス銀行カードローンは限度額は最高800万円、それに金利は1.7%~17.8%。17.8%に着目すると消費者金融並みの高金利に見えますが、100万円を超える借り入れでは驚く程の低金利が適用される可能性があります。

よって、多重債務に苦しむ方がよく利用するおまとめローンにはぴったりの条件を兼ね備えていると言えるのですが、条件的には申し分のないこのオリックス銀行カードローン、実はおまとめローンとしての利用はできないのが実情です。

唯一認められているのがクレジットカードのリボ払いの借り換えのみで、おまとめやカードローンの借り換え目的としての利用は原則認められていません。

そこで今回はオリックス銀行カードローンのおまとめ問題を説明しながら、おまとめするのにおススメな東京スター銀行おまとめローンの概要について紹介していきましょう。

【オリックス銀行公式サイト】

【審査情報】
オリックス銀行カードローン審査

リボ払い借り換えならオリックス銀行カードローンの使用もOK!

多くの人にリボ払いが受け入れられているのは、高額な買い物をしても支払える範囲額で返済していけるという点です。

リボ払いは原則、毎月定額支払です。

また高いと言われるリボ払いの一般金利15.0%も買い物の支払額が30万円と高額でも、1年で完済できれば支払う利息は4.5万円で済みます。

となればリボ払いは一見、利用者にとってメリットの高い支払い方法のようにも思えます。

しかし、リボ払いは毎月定額という条件が付いています。

つまり、高額になればなるほど返済期間は長くなってくるのです。

リボ払いは長期支払いとなるだけ利息は高くなる

楽天カードのリボ払い条件は下記のとおりです。

・利用残高20万円以内 5千円
・利用残高20万円超え 1万円

これだと元金返済だけをこの支払いで賄うと仮定しても、30万円利用すると毎月1万円の返済で30ヶ月の期間を要します。

しかし、リボ払いはここに利息が発生するため、毎月の返済は下記の通りとなり、利息支払額が大きければ大きいほど完済にかかる期間は長くなってくるのです。

元金返済額 = 定額返済額 - 利息

利息は返済月の締め日に残っている利用額に対して発生するので、下記のように利用残高が大きければ大きいほど支払う利息は多くなってきます。

・1回目
利用残高30万円
返済額1万円
利息3,698円
残り元金293,698円・2回目
利用残高296,302円
返済額1万円
利息3,620円
残り元金287,318円

1回目の支払いは1万円のうち利息が3,698円かかっているので、元金返済は6,302円で、2回目は利息が3,620円なので元金返済は先月よりは増えましたが、増加分はたったの数十円ですから6,380円とほぼ変わりません。

元金返済は毎月の返済額の約6割程度にしか満たないということなのです。

以上のようにリボ払いは毎月の支払額から利息が差し引かれた金額が元金返済へと回されます。

つまり、返済当初は高い利息が発生するため、元金返済率が圧迫されることになるのです。

よって毎月の返済額が低いことが元金返済を遅らせる原因となり、いつまでたっても高額な利息が発生するため、完済までに長い期間が必要になってしまいます。

リボ払いは高額な買い物を無理せず行うメリットの高い支払い方法ですが、その反面、完済までに時間が掛かり、支払う利息は高額になってしまうというデメリットが存在することを理解しておきましょう。

 

リボ払いの継続利用と複数利用は危険!

近年はショッピング枠が数百万円に設定できるクレジットカードも珍しくありません。

もちろん審査に通って実際に使用できる方は返済能力と信頼度の高い方に限られてはくるのですが、実際に利用限度額300万円を金利15.0%で全額利用した場合の返済例を見てみましょう。

 

・1回目
利用残高300万円
返済額5万円
利息36,986円
残り元金2,986,986円

・2回目
利用残高2,986,986円
返済額5万円
利息36,825円
残り元金2,973,811円

 

毎月の返済額を5万円に増やしても発生する利息が約3.7万円にも上るため、元金返済は1.3万円ほどにしかなりません。

これではいつになれば完済できるのか全く見当もつきませんよね。

つまりリボ払いは無理のない返済ができますが、高額利用をすれば完済までの期間が長期化するため、計算すると驚くような利息支払いとなる結果を招くのです。

これは1社で高額利用した場合だけではありません。

複数社のクレジットカードを利用して、利用総額が高額となった場合も同様です。

ショッピング枠が50万円のクレジットカードで全額利用した場合、金利15.0%で毎月支払い1万円の場合の返済例は下記のとおりです。

返済総額 789,500円
支払総利息 289,500円
支払い回数 77回(6年7ヶ月)

この50万円枠のクレジットカードをほかに2枚持っており、そのカードも全額利用して総利用額が150万円となった場合はどうでしょう。

上記と同条件として考えれば、その返済例は下記の通りとなります。

返済総額 2,368,500円
支払総利息 868,500円
支払い回数 77回(6年7ヶ月)

支払い利息を見てください。

毎月の返済額は3社分で総額3万円で済みますが、返済期間は6年以上も掛かる上、利息は何と868,500円にもなるのです。

この利息は利用額150万円の約60%に相当します。

こんな高額な利息支払いをしていたなんて、実際に計算してみるとまるで闇金から借り入れしていたかのような錯覚さえ覚えてしまいませんか?

以上のようにリボ払いは利用しだいでは毎月の返済に困ることはないでしょうが、利用額によっては驚く程高い利息を支払う羽目になる、ある種キケンな支払い方法だということがよくお分かりいただけたでしょう。

 

高額利用のリボ払いはオリックス銀行カードローンで借り換えの検討を!

冒頭でも申しましたがオリックス銀行カードローンの上限金利は17.8%と消費者金融カードローン並で、低金利がウリの銀行カードローンとしては満足のいくものではありません。

しかし、一見高金利に見えるオリックス銀行カードローンも高額借入となれば話は違ってきます。

オリックス銀行カードローンの金利設定は下記のとおりです。

・100万円未満 12.0%~17.8%
・100万円以上~150万円以下 6.0%~14.8%
・150万円超~300万円以下 5.0%~12.8%
・300万円超~500万円以下 4.5%~8.8%
・500万円超~700万円以下 3.5%~5.8%
・700万円超~800万円以下 1.7%~4.8%

審査結果にもよりますがオリックス銀行カードローンは100万円未満の利用限度額設定では決して低金利を謳える金利設定とはなっていません。

しかし、借入限度額が100万円を超えると上限金利はリボ払いの15.0%を下回り、審査結果によっては6.0%という低金利が適用されることも夢ではないのです。

リボ払いはいくら利用しても金利が変わることはありませんが、カードローンの場合は利用限度額設定によって適用金利が違ってきます。

上記のように借入限度額設定が大きければ大きいほど、低金利の恩恵を受けることができるのです。

となれば100万円を超えるリボ払いを行っている方は、オリックス銀行カードローンで借り換えすることによって支払利息を減額することが可能になってきます。

またオリックス銀行カードローンの毎月の返済額は下記のとおりです。

・100万円以上~150万円以下 3万円
・150万円超~200万円以下  3.5万円
・200万円超~250万円以下  4万円
・250万円超~300万円以下  4.5万円
・300万円超~400万円以下  5万円
・400万円超~500万円以下  6万円
・500万円超~600万円以下  7万円
・600万円超~        8万円

これならば150万円の借り入れでも返済額は3.5万円と、リボ払いの返済額とほぼ変わりはないため返済に窮することもなく、低金利によって支払う利息も大幅に減額することができますよね。

このようにオリックス銀行カードローンは高額借入で金利メリットを生むカードローン、おまとめにも利用したいところですが、残念ながらおまとめ、借り換えには利用することはできません。

唯一できるのがリボ払いからの借り換えなのです。

リボ払いで100万円以上の利用がある方は、少しでも支払利息を減額するために一度検討してみることをおススメします。

 

おまとめローンなら東京スター銀行がおススメ!

金融業界でもいち早く、おまとめローン販売に着手した実績からおまとめローンの老舗とも呼ばれているのが東京スター銀行。

その商品にも大きな特徴を持っており、東京スター銀行に預貯金があれば、その額面に応じた借り入れには金利がかからないという画期的な商品を販売していました。

おまとめローンで150万円借り入れしても、100万円の預貯金があれば、金利対象となるのは残りの50万円のみとなるわけです。

これってすごく利用者有利な商品設定になっていますよね。

しかし、現在は残念ながらこの最大のメリットとも言える預貯金金利サービスは行われていません。

となれば東京スター銀行でおまとめローンを組むメリットはないのでしょうか?

いいえそんなことはありません。

そこで今回は東京スター銀行のおまとめローンの特徴を説明していきながら、どのようなメリットがあるのかを検証していきましょう。

東京スター銀行のおまとめローンの特徴

東京スター銀行のおまとめローンはスターワンバンクローンと呼ばれ、商品内容は下記のスペックとなっています。

・金利 5.8%~14.8%
・借入限度額 1,000万円
・審査時間 最短3日
・融資実行時間 最短2週間
・収入証明書 必要
・来店不要のWEB申し込み
・契約社員、派遣社員も利用可能(パート、アルバイトや専業主婦は利用NG)
・年収200万円以上

残念ながらパート、アルバイトや専業主婦は利用できませんが、200万円の年収があれば契約社員や派遣社員も利用できるのは大きな魅力でしょう。

おまとめローンは高額融資となるため、正社員であることを申込条件としているところが多いので、この点だけでも「東京スター銀行に!」と考える方は多いのではないでしょうか。

またスターワンバンクローンの申込条件は下記のとおりです。

・融資時年齢が満20歳以上~65歳未満
・前年度の税込年収が200万円以上
・給与所得者で正社員、契約社員、派遣社員のいずれかであること

そして下記の条件が揃えば審査通過の可能性も高くなってきます。

・過去に債務整理や自己破産を行っていない
・他社借入やローンの延滞がない
・過去6ヶ月以内に東京スター銀行のローン審査で否決されていない

これら条件に問題がないという方は、是非とも東京スター銀行のスターワンバンクローンを検討してみることをおススメします。

 

東京スター銀行スターワンバンクローンの概要

それではスターワンバンクローンの概要について詳しく説明していくことにしましょう。

実は東京スター銀行のおまとめローンとして知られているスターワンバンクローンは、下記2つのコースが用意されています。

・おまとめローン 複数の借り入れを1つにまとめたい
・のりかえローン 金利の低いローンに借り換えたい

上記のように借り換え目的に応じてコースを選べるようになっているのです。

それではこれらコースはどのような特徴があるのかを見ていくことにしましょう。

 

①おまとめローン

おまとめローンの商品スペックは下記のとおりです。

・金利 5.8%~14.8%
・借入限度額 1,000万円
・審査時間 最短3日
・融資実行時間 最短2週間
・最大借入期間 10年

申込条件は先に説明したとおりですが、おまとめローンは返済専用ローンとなるため契約完了後は借り換え先に直接、東京スター銀行から借換額が振り込まれます。

金融機関から販売されているおまとめローン商品は大抵の場合、返済専用となっており追加借入はできません。

しかし、スターワンバンクローンのおまとめローンは追加借入が可能です。

スターワンバンクローンのおまとめローンも限度額設定には下記の2つが必要となってきます。

・借入限度額 借り換えに必要な額面
・利用限度額 追加借入の額面

つまり、おまとめに必要な借入限度額とは別に追加借入分の利用限度額設定をすることになるのです。

おまとめローンの利用限度額は「30万円以上~300万円以下」となっています。

よって、スターワンバンクローンのおまとめローンなら借り換えとともに、新たな借り入れが可能となってきます。

これは追加借入がなしのおまとめローンが多い中、スターワンバンクローンの大きな特徴でもあり、利用者にとっては大きなメリットとなってくるでしょう。

 

しかし、追加借入するには条件があります。

追加借入はおまとめローンの借入残高が、設定した利用限度額を下回った時点でないとりようできません。

500万円をおまとめローンで借り換え、追加借入の利用限度額を100万円に設定していたとしましょう。

この場合は500万円の返済を進め、借入残金が100万円を切らないことには追加借入はできません。

この点はよく理解しておくことにしましょう。

 

②のりかえローン

こちらの商品は低金利を目的に借り換えしたいという方のニーズに合わせたローン商品となっているため、おまとめローンよりも金利面で大きなメリットを生み出します。

のりかえローンの商品スペックは下記のとおりです。

・金利 7.9%~9.8%
・借入限度額 1,000万円
・審査時間 最短1週間
・融資実行時間 最短1ヶ月
・最大借入期間 10年

おまとめローンの金利が5.8%~14.8%ですから、いかに好条件の金利設定になっているかがお分かりいただけるでしょう。

カードローンやクレジットカードのリボ払いの場合、10%を切る金利が適用されることはまずありません。

よって、金利を低くして返済利息を軽減したいという方は、まさにおススメの借り換え商品と言えます。

また、おまとめローンと同様に追加借入も可能です。

追加借入の限度額は「50万円以上~300万円以下」と、おまとめローンとは少々設定は違いますが、同条件で利用できます。

その上、のりかえローンと名は打っていますが、おまとめローンに利用できないわけではありません。

となればおまとめローンよりも、金利の有利なのりかえローンを利用した方がメリットは高くなってきますよね。

しかし、のりかえローンの場合は審査がおまとめローンよりも厳しくなってくるため、審査落ちするケースも少なくないのです。

実際、東京スター銀行の公式サイトでも「審査結果により、スターバンクローン(おまとめローン(年率14.8%))をご案内する場合があります。」と明記されており、のりかえローンに申し込んでも、審査結果によってはおまとめローンの利用となるケースも出てきます。

しかし、おまとめローンとは違った申込条件が求められているわけではないので、先に説明した条件をクリアしているならば、まずは低金利ののりかえローンに申し込むことをおススメします。

 

知っておきたいスターワンバンクローンの注意点

スターワンバンクローンを利用する際には、知っておいてもらいたいいくつかの注意点があります。

その注意点は下記のとおりです。

・借り入れと返済の利用手段が充実していない
・利用には東京スター銀行の口座開設が必須
・融資実行までに時間がかかる

スターワンバンクローンを利用するには、東京スター銀行の口座開設が必須条件となってきます。

残念なことですがスターワンバンクローンの借り入れや返済は、東京スター銀行の口座利用のみです。

今では常識ともなっている他行振込の振込キャッシングや、ATMキャッシングには対応しておらず、返済手段も口座引き落としのみとなってきます。

返済のみであればあまり影響はないでしょうが、追加借入を行う際には利便性に欠けると感じる方も出てくるでしょう。

また融資実行までに時間がかかる点もよく理解しておきましょう。

おまとめローンで最短2週間、のりかえローンなら最短1ヶ月もの時間が必要になってきます。

中には時間を気にした借り換えを希望している方もいるでしょうから、スターワンバンクローンで借り換えをする場合には、特にこの点には注意するようにしてください。

【オリックス銀行公式サイト】

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る