オリックス銀行カードローン、自営業は借りれる?ファクタリングは?

オリックス銀行カードローンを利用したいという自営業の方は少なくないでしょうが、申し込んでも利用できるのかどうかが不安だという方もいることでしょう。

一般的にカードローン申し込みにおいて自営業の方は審査が厳しくなる傾向が強いとも言われ、消費者金融カードローンよりも審査が厳しいとも言われる銀行カードローンでは審査NGとなる確率が高いという話はよく耳にします。

それではオリックス銀行カードローンの場合はどうなのでしょう?

今回は自営業の方がオリックス銀行カードローンの借り入れはできるのかを解説し、最もおススメの借入方法について検証していきましょう。

【オリックス銀行公式サイトはこちら】

自営業者の方もオリックス銀行カードローン利用はできる!

カードローンを利用できるかどうかで、まず重要となってくるのが申込資格をクリアできているかどうかです。

この申込資格をクリアできていなければ、たとえ申し込んだとしても審査に回されることなく利用NGの返答が返ってきます。

しかし、オリックス銀行カードローンの職業・業種に関する申込資格は下記のとおりとなっています。

・原則、毎月安定した収入のあること(専業主婦(主夫)、学生の方は除く)

つまり申込資格が無いとされているのは専業主婦(主夫)と学生のみで、毎月安定した収入さえあれば職業・業種に関する規定はありません。

よって、自営業者の方はオリックス銀行カードローンに申し込んで、利用できる立派な資格を持っていることになるのです。

しかし、ここで注意してもらいたいのが、申し込みできるからといって、必ずしも利用できるとは限らない点。

オリックス銀行カードローンは申し込み後の審査に通らないことには利用することはできません。

となれば気になってくるのが、自営業者の方の審査は厳しいものになるのかという点です。

次はそのオリックス銀行カードローンの審査が厳しくなるのかどうかについて説明します。

 

オリックス銀行カードローンの自営業者審査は厳しいの?

結論から言うとオリックス銀行カードローンの自営業者への審査は通常よりも厳しくなってきます。

これはオリックス銀行カードローンに限った話ではなく、すべてのカードローンにおいて自営業者の審査は一般の正規雇用者よりも厳しくなるのが実情のようです。

これは自営業者の方が申し込み資格ともなっている「原則、毎月安定した収入があること」という点で不安視される傾向が強いからです。

自営業者の倒産件数の実情

これはあくまでも一般的な話となるのですが、自営業者は審査時には下記のように認識されています。

・収入が低い
・収入が安定していない
・収入が途絶える可能性がある(事故や病気等で)

つまり、給与をもらっている正規雇用者でない上、経営が安定していないケースも多いので、必ず毎月決まった収入が得られるかどうかが不安視されているのです。

中には何年も継続して高年収をたたき出し、銀行にも優良顧客先と認められている自営業者の方もいますが、それはほんのひと握りでしかありません。

株式会社東京商工リサーチが発表した下記の自営業者倒産件数のデータを見てください。

・2006年 13245件
・2007年 14091件
・2008年 15646件
・2009年 15480件
・2010年 13321件
・2011年 12734件
・2012年 12124件

少々古いデータとなりますが毎年1万件もの倒産件数を数えており、ここに休廃業・解体件数を加えれば毎年約4万件もの休業、廃業、解散、倒産件数が出ていることになります。

これは毎年新しく約2万件の自営業者が出ている中での数字で、新規事業者に対する倒産件数の割合は約70%という高い数値となってくるのです。

となれば自営業者という業種がいかに不安定な経営状態にあるかが、お分かりいただけることでしょう。

毎月安定した収入があるかどうかを不安視されても仕方のないことだと思いませんか?

こういった実際の数値が語るデータによって、カードローン審査時には自営業者に対して「原則、毎月安定した収入があること」という点で不安があるため審査は厳しく行われることになるのです。

審査をスムーズに進めるには!

カードローン申し込みにおいては原則、必要となる提出書類は本人確認書のみです。

通常お金を借り入れるとなれば多くの提出書類が必要となりますが、カードローンの場合は個人の返済能力と信用度をもとにした信用取引となるので、一般的な銀行融資に必要な複雑な書類提出は求められません。

よって、申込資格さえクリアしていれば毎月安定した収入があると認められるのです。

そう認められない場合は申込資格において、はっきり資格が無いことが明記されており、オリックス銀行カードローンなら専業主婦と学生、ほかのカードローン会社では派遣社員や契約社員等が挙げられています。

つまり、申込資格でNGとされていない職業や業種は、就業していることで毎月安定した収入があると判断されているということなのです。

しかし、いま説明したとおり自営業者の場合は少々話が違ってきます。

オリックス銀行カードローンの申込資格がないわけではありませんが、毎月安定した収入があるという点においては不安視されているのが実情です。

よって、申込時には提出を求められていなくても収入証明書を提出することをおススメします。

自営業者の方の収入証明書は下記のものがそれに相当します。

・確定申告書
・所得証明書
・納税申告書

もちろん収入証明書の内容が悪い場合は審査通過は難しいでしょうが、チャンと毎月安定した収入があることを示せるのであれば話は別です。

自営業者だからという理由で無駄な厳しい審査をすることなく、スムーズな審査が行われるので融資実行までの時間も短縮できます。

また場合によっては収入証明書の提出を求められるケースも少なくないので、やはりオリックス銀行カードローンの申し込む際には主入証明書を事前に用意しておくことをおススメします。

 

自営業者がオリックス銀行カードローンへ!利用時の注意点!

自営業者のカードローン審査が厳しくなるのは収入面の問題だけではありません。

カードローンを事業資金として利用される可能性が高いという点も大きく影響してくるのです。

基本的にカードローンは資金使途については問われませんが、事業資金としての利用はNGとしているところが大半となてきます。

これはオリックス銀行カードローンにおいても同様です。

特にオリックス銀行カードローンは借入限度額の最高が800万円と高額で、借入額が大きくなるほど低金利での借り入れが可能となってきます。

よって、高額借入が必要となる事業資金としての利用に適したカードローンの1つとなってくるため、契約違反となることを知っていても申し込みする自営業者がいないとも限りません。

しかし、事業資金としての利用を禁じているオリックス銀行カードローンで事業資金利用したことがバレることにでもなれば契約違反となり契約解除も考えられ、一括返還請求が行われることもあります。

そうなってしまっては事業はたちまち立ち行かなくなり、倒産の憂き目を見ることにもなりかねません。

審査に通った後の利用に関しては、わざわざオリックス銀行カードローンが実態調査をしているわけではないので、バレてしまう可能性は高いとは言えませんが、オリックス銀行カードローンを事業資金として利用するには、こういったリスクをはらんでいるため絶対に避けましょう。

 

事業資金利用もできるのはコレ!

自営業の場合、資金繰りが間に合わず、運転資金として短期借入をしたいということも少なくないでしょう。

そんな時に面倒な申し込みもなく簡単に借入できる手段があればと考える自営業者の方は多いのでは?

しかし、先程説明したように一番簡単な借入手段であるオリックス銀行カードローンは事業資金として利用することはできません。

そこで最後に事業資金としても利用でき、なおかつ簡単借入が可能な手段について説明していきます。

その借入手段は下記の3つです。

・事業資金として利用可能なカードローンを利用する
・ビジネスローンを利用する
・ファクタリングを利用する

それではこれら2つについて詳しく説明していくことにします。

事業資金としての利用が可能なカードローン

カードローンは基本的には事業資金としての利用は禁じられていますが、利用可能なカードローンがないわけではありません。

各カードローン会社からは事業資金としての利用を前提としたビジネスタイプのカードローンも販売されており、もちろん個人的な利用も可能です。

これならば審査時に端から事業資金としての利用を懸念されることもないので、自営業者が申し込んでも審査に影響することはありません。

オリックス銀行でもこの事業資金利用可能なカードローンが販売されています。

①オリックスvipローンカードbusinessの商品概要

その商品はオリックスvipローンカードbusinessで、商品概要は下記のとおりとなっています。

  • 申込条件 20歳~69歳までで、下記いずれかに該当していること
    1.業歴1年以上の個人事業主
    2.法人格を有する事業の代表者
  • 借入額コース
    1.500万円
    2.400万円
    3.300万円
    4.200万円
    5.100万円
    6.50万円
  • 金利 6.0~17.8%
  • 遅延損害金 19.9%
  • 資金使途 自由
  • 返済方法 リボルビング払い、または1回払い
  • 返済期間
    1.リボルビング払い 最大10年2ヶ月(122回)
    2.一括払い 28日~61日
  • 担保、保証人 不要
  • 決算書提出 不要

上記の申込条件に記載があるように、このオリックスvipローンカードbusinessは自営業者が利用することを前提に販売されているカードローンとなります。

よって通常のオリックス銀行カードローンよりも、自営業者は気軽に申し込むことができるのです。

またこの手のビジネス向けのカードローンは決算書の提出が求められることが一般的ですが、オリックスvipローンカードbusinessは確定申告書の提出のみで決算書提出は不要です。

決算書を用意するとなると大変な労力と時間が必要となるので、ほかのビジネスカードローンと比較すれば見逃せないメリットとなってくるでしょう。

②オリックスvipローンカードbusinessの審査は会社の将来性が重要視される!

通常カードローンは申込者個人の信用取引となるので、申込者の返済能力と信用度が一番重要視されますが、オリックスvipローンカードbusinessの場合は少々違ってきます。

オリックスvipローンカードbusinessは事業資金としての利用を認めているため、個人の信用だけでなく、事業の経営状態や将来性についても重要視されるのです。

この点は通常のカードローン審査とは大きく違ってくる点となるでしょう。

よって申込時には下記の2点が重要となってきます。

・申込者の返済能力と信用度
・事業の将来性

申込時にはこの点をよく理解して、事業性を明確に説明できるものを用意しておくのもいい方法でしょう。

 

ビジネスローンの利用

カードローンを1枚は持っておきたい、事業資金として利用できるカードローンが好ましい、という自営業者の方ならばオリックスvipローンカードbusinessをおススメします。

しかし、端から事業資金として利用するならビジネスローンを利用するという手もあります。

①ビジネスローンとは
ビジネスローンは自営業をはじめとする中小企業向けの借入手段となるローン商品で、下記のように様々な金融機関から販売されています。

・ビジネスローン専門会社
・銀行、信用金庫
・消費者金融
・信販会社

銀行の中小企業への事業資金融資は審査基準が厳しく、融資実行まで時間がかかるなど決して借りやすいものではありませんが、ビジネスローンはその問題をクリアした一番手軽に融資が受けられる借入手段です。

ビジネスローンはその名のとおり事業資金借入のために用意された金融商品で、通常の銀行融資と比較すると下記のような特徴を持ちます。

・融資スピードが速い
・審査通過率が高い
・無担保、無保証で申込み可能
・開業資金としての融資も可能

ビジネスローンなら現状の経営状態が悪かったとしても、将来的に展望が認められれば融資実行可能性は高くなってきます。

この点は現状の経営状態に重点を置く銀行融資や一般カードローンとは大きく違う点です。

ビジネスローンは多くの金融機関から販売されていますが、対応、条件ともにおススメなのがビジネスローン専門業者です。

それでは、その専門業者の1つであるビジネクストを例に挙げて、その概要を見ていくことにしましょう。

②ビジネクストの特徴

ビジネクストのビジネスローンは下記のような自営業者にぴったりの借り入れ手段です。

・至急資金調達が必要だ
・銀行融資で決済が下りなかった
・銀行融資に必要な担保や保証人が用意できない

上記ポイントはビジネスローン全般に共通するものですが、ビジネスローン専門業者以外は現状の経営状態が重要視される傾向があり、ビジネスローン本来の借りやすさが感じられないケースは少なくありません。

しかし、ビジネクストのように専門業者の場合は比重が会社の将来性に置かれるため、上記のような状況の自営業者でも借り入れできる可能性は多いにあるのです。

ビジネクストの商品概要は下記のとおりです。

年齢 満20歳~69歳
審査 基本的には3営業日(土日祝日除く)
融資実行までの期間 最短2、3日、長くて1週間程度
最高借入額 1,000万円(新規取引時は上限500万円)
金利 100万円以上 8.0~15.0%
100万円未満 13.0~18.0%
返済期間 最長5年(60回以内)
担保、保証人 原則、不要
WEB申込 可能
資金使途 自由
必要書類 本人確認書、確定申告書(原則直近2期分)

ビジネクストでは借入形態をカードローンとすることができ、その場合には上記条件で元金定率リボルビング方式による返済となりますが、ローン形式ならば下記の返済方法が選択できます。

・元利均等返済 最長5年(60回以内)
・元金一括返済 最長1年(12回以内)

しかし、ビジネクストの返済期間を見てもらえればわかるのですが、基本的にビジネスローンは10年もの長期返済が可能な銀行融資やオリックスvipローンカードbusinessと違い、短期返済を目的としたもので返済期間は最長5年となります。

また気になる金利は上記条件を見てもわかるようにカードローンと大差はありません。

特に100万円を超える借り入れとなるのであれば、100万円を超える高額借入では低金利がウリのオリックス銀行カードローンの方が低金利となる確率は高くなってくるでしょう。

ビジネスローンは資金調達手段としては他の企業融資よりは借り入れしやすい条件が整ってはいますが、利用時には返済期間と金利面への注意が必要です。

本当にビジネスローンの利用が一番メリットの高い借入手段なのかを、ほかの借入手段と比較してよく検討する必要があるでしょう。

ファクタリングの利用

自営業に限らず会社経営者の方すべてにおススメの資金調達手段がファクタリングです。

ファクタリングは金融機関からの借り入れとは一種違う調達方法で、会社の持つ売掛債権をファクタリング会社へ売却して、手数料を除いた現金を資金として調達する方法となります。

よって、この資金調達手段は借り入れとはならず、売却後はファクタリング会社によって売掛金の回収業務が行われます。

手数料はファクタリング会社によって違ってきますが、借金することなく資金調達できるので、資金繰り等で急ぎで運転資金が必要になったという場合にはおススメの資金調達手段と言えるでしょう。

それでは先程と同じくビジネクストのファクタリングを例に挙げて、商品概要を見ていきます。

利用対象者 売掛債権を持つ国内法人企業
前払い限度額 1億円(1億円以上の場合要相談)
対象売掛金企業 継続的な取引のある国内法人、または個人事業主
対象売掛債権 譲渡禁止でないこと、検収済みであること
手数料 月利2.0%以下(前払い手数料1.2%、事務手数料0.8%)
必要書類 法人概要資料、決算書二期分、売掛先企業様との取引を証する書類

上記のように条件さえ満たせば借金することなく、売掛債権をファクタリング会社に売却することで現金化が可能です。

手数料も2.0%以下とカードローンやビジネスローンの金利と比較すると極めて低いので、利用できる可能性がある場合は有効な資金調達手段となってくるでしょう。

ビジネクストは利用対象者が法人のみとなっていますが、自営業者の利用が可能なところはいくつもあるように、条件は申込先によって違ってきます。

この点をよく理解して、一番メリットの高いファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

【オリックス銀行公式サイトはこちら】

 

【関連記事】
オリックス銀行カードローンは個人事業主でも借りれる?
オリックス銀行カードローン審査情報~仮審査はある?結果までの日数は?

 

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る