オリックス銀行カードローンは土日審査可能?借り入れは?

早くオリックス銀行カードローンを利用したいのであれば、まずはできるだけ早い申し込みが必要です。

審査にかかる時間は申込者の属性条件によって違ってきますが、審査開始は申し込み順となるので、早めの結果が欲しいのならば思いついた時にすぐ申し込むことをおススメします。

そこで問題となってくるのが土日休日の申し込み。

最近は土日休日の当日審査を行っているカードローンが増えてきましたが、オリックス銀行カードローンはどうなのでしょう?

そこで今回はオリックス銀行カードローンの審査はどうなっているのか、また借り入れは可能なのかなど、土日祝日の対応はどうなっているのかを説明していくことにしましょう。

【オリックス銀行公式サイトはこちら】

申し込みはできるが、審査対応は営業時間内のみ

結論から言うとオリックス銀行カードローンは土日祝日の申し込みは可能ですが、当日審査は行っていません。

オリックス銀行カードローンの審査は下記の公式サイトでも記載されているとおり、土日祝日は審査は行っていないのです。

「お申し込みの状況によっては、より素早い審査結果の回答が可能です。なお、速やかな審査に努めてまいりますが、土、日、祝日が間に入る場合やお申し込みの状況によってはお時間がかかる場合もございます。あらかじめご了承ください。(土日祝および12/31~1/3休)」
オリックス銀行カードローン審査

土日祝日申し込み分は翌営業日に審査開始

オリックス銀行カードローンの審査は月曜日から金曜日までの週5日間の営業時間内に限られています。

よって、土日祝日申し込み分の審査は、翌営業日に回されることになります。

ならば焦って土日祝日に申し込む必要はないと思われる方もいることでしょう。

しかし、できるだけ早いカードローン利用を開始したいのであれば、審査が行われない土日祝日でも申し込みすることをおススメします。

オリックス銀行カードローンは公式サイトでも素早い審査が可能なことをほのめかしてはいますが、これは断言しているわけではなく、その可能性があると言っているだけなのです。

申し込んだ当日のオリックス銀行カードローンへの申込者が多ければ、審査は申し込み順となるため、申し込みが遅ければ後回しとなる可能性もあります。

申し込みが午後以降だと、審査が翌日に回されることもあるのです。

また、申込者の属性や信用情報内容に問題がある場合には、通常よりも審査時間は長くなってしまいます。

よって、できるだけ早めの結果を求めるのであれば、早く審査に回されるためにも、早急に申込みしておくに限るのです。

申し込みはWEBから24時間365日可能

オリックス銀行カードローンは有人店舗を構えていないネット銀行となります。

よって、カードローン申し込みは公式サイトからのWEB申し込みとなり、24時間365日の申し込みが可能です。

【オリックス銀行公式サイト】

よって、土日祝日に前もって申し込んでおけば、翌営業日の審査も早めの対応をしてもらえます。

金曜日の夜に申し込めば、金曜・土曜・日曜と審査までに3日をようすることにはなりますが、翌営業日には早めの審査対応となる可能性は大です。

月曜日に申し込むよりも、確実に早めの審査を受けられるでしょう。

それでは申し込みから利用開始までの流れを簡単に説明しておきます。

1.公式サイト内の「お申し込み」をクリック
2.「個人情報の取扱いに関する規定」「カードローン取引規定」「保証委託約款」に同意
3.「お申し込みフォーム」に必要事項を入力
4.審査開始
5.メールで審査結果の連絡
6.勤務先への在籍確認
7.本人への申込内容の確認連絡
8.ローンカードが発行され郵送
9.メールにて必要書類の提出
10.利用開始

以上が申し込みから利用開始までの流れとなりますが、オリックス銀行カードローンは即日融資が可能とは謳っていません。ローンカードが手元に届かなければ利用開始となりません。

土日を挟まなければローンカード到着まで4日程ですみますが、挟むと利用開始までに1週間位の時間が必要となってきます。

よって、先程説明した申し込みから利用開始までの流れをよく理解して、審査進行の妨げとならないように迅速な対応をする必要があるのです。

 

オリックス銀行カードローンを早く利用するには?

そこで審査の進行をスムーズにし、最短の利用開始のために必要なポイントを紹介しておきます。

そのポイントは下記のとおりです。

・申込内容の確認連絡にすぐに出られるようにしておく
・すぐに必要書類を提出をする
・在籍確認が取りやすい工夫をしておく

審査をスムーズに進めるには上記3つが必須となってきますが、この中でも重要なのが在籍確認です。

オリックス銀行カードローンは、ほかのカードローン会社が行っている書類提出による在籍確認には対応していません。

在籍確認は電話連絡のみとなっているので電話で在籍確認が取れないでは、いたずらに利用開始を遅らせるだけでなく、最悪の場合、審査NGとなってしまうことも考えられます。

よって、勤務先が下記の条件にあてはまる方は十分注意しましょう。

・事務所が無人となる時間が多い
・数百人をこえる規模の会社に勤めている

中小企業の場合、事務所が無人となるところは珍しくありません。

その場合には必ず人がいる時間を申告しておき、その時間帯に在籍確認を行ってもらえるようにしましょう。

また数百人の従業員が務める会社では本当は在籍しているのに、人数が多いことから電話を取った人が把握しておらず、在籍していないと答えることも考えられます。

特に代表電話の場合には正社員ではなく、派遣社員が電話係に登用されているケースは少なくありません。

よって、申込時には代表番号ではなく、直通の番号を入力するであるとか、勤務先の課所や部署までシッカリと入力するようにしましょう。

カードローン審査は在籍確認が取れない場合、確実に審査落ちとなってしまいます。

この点をよく理解して在籍確認がとりづらい職場環境の方は、その対応をシッカリと行うようにしましょう。

 

審査時間にオリックス銀行口座の有無は関係ない!

銀行カードローンの場合、口座開設を申し込み条件としているところが多く見られますが、オリックス銀行カードローンは口座開設は必要ありません。

また口座開設を必要としていない銀行カードローンは口座開設をしないと利用できないサービスがあるなど、最終的には口座開設が必要となるケースも多いのですが、こういったデメリットもオリックス銀行カードローンにはないのです。

実はオリックス銀行には普通預金口座がありません。

よって、ほかの銀行カードローンのように自行の口座を利用したサービス展開を一切行っていないのです。

オリックス銀行の口座開設には申し込みから約10日ほどの日数が必要となってくるので、口座がないことによるデメリットが一切ないというのは本当に大きなメリットとなってくるでしょう。

 

契約後の借り入れは土日でも可能!

土日祝日の審査ができないならば、契約後の借り入れにも支障があるのではと心配する方もいることでしょう。

しかし、その心配はいりません。

オリックス銀行カードローンは土日祝日の借り入れが可能です。

オリックス銀行カードローンの借入方法は下記のとおりです。

・指定口座への振り込み
・提携ATMからの借り入れ

それでは各借入方法の利用条件について説明していきましょう。

 

◇指定口座への振り込み

オリックス銀行カードローンは契約者の指定した口座への振込キャッシングが可能です。

利用はパソコンや携帯からメンバーズナビからと、電話による申し込みによる2つの手段が選べます。

しかし、下記指定口座には振込対応していないので注意が必要です。

・ゆうちょ銀行
・商工中金
・農林中央金庫
・オリックス銀行
・セブン銀行、楽天銀行、イオン銀行等のネット系銀行
・シティバンク銀行等の外資系銀行

上記銀行口座をお持ちの方は、対応可能なほかの銀行口座を用意しておくようにしましょう。

 

・振込可能時間

振り込みによる借り入れは基本的には、下記のように銀行営業時間内となります。

(平日)
・申込時間:0時10分~8時40分 振込時間:即日9時~10時
・申込時間:8時40分~15時   振込時間:即日
・申込時間:15時~23時50分   振込時間:翌営業日9時~10時

(土日祝日)
・申込時間:0時10分~23時50分 振込時間:翌営業日9時~10時
※毎日3:00~4:10はシステムメンテナンスのため利用中止。

 

上記のように振り込みによる借り入れは、土日祝日は即日に現金を手にすることはできません。

しかし、振込先口座をジャパンネット銀行に指定すれば24時間365日、即時振込のサービスが受けられるので、土日祝日の借り入れも可能になります。

即時振込サービス利用条件
①契約後(カード発行後)
②登録口座、または振込専用口座にジャパンネット銀行を登録いただければ利用可能

ここで注目してもらいたいのが24時間365日はもちろんですが、即日ではなく、即時振込であるという点です。

この即時振込ならば申し込み後、数秒で口座に指定されるので振り込みを待つことなく、現金を手にできます。

振り込みによる借り入れを行うならば、ジャパンネット銀行を指定口座にすることをおススメします。

 

◇提携ATMからの借り入れ

実はオリックス銀行は自社ATMを持っていません。

よって、オリックス銀行利用者は提携ATMのみの利用となります。

しかし、この自社ATMがないことが逆に大きなメリットを生み出す要因となっているのです。

提携ATMでカードローンを利用すると手数料が発生するところが多く、一般的には下記手数料がかかってきます。

・利用金額1万円以下 108円
・利用金額1万円超え 216円

しかし、オリックス銀行カードローンが利用できるATMは提携ATMのみとなるため、この手数料が一切かかりません。

これはカードローンで一番利便性の高い提携ATM利用において、ほかのカードローンと差別化できる大きなメリットとなってきます。

また提携ATMは全国に99,000台以上あり、下記のような提携ATMの利用が可能です。

・三菱UFJ銀行ATM
・三井住友銀行ATM
・西日本シティ銀行ATM
・ゆうちょ銀行ATM
・イオン銀行ATM
・セブン銀行ATM
・ローソンATM
・E-net(ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、ポプラ、デイリーヤマザキ、セーブオンなど)

銀行提携ATMの場合には利用時間に規制がありますが、コンビニ提携ATMならばメンテナンス時間を除けば、ほぼ24時間365日の借り入れが可能です。

よって、土日祝日も提携ATMを利用すれば問題なく借り入れできます。

【オリックス銀行公式サイトはこちら】

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る