オリックス銀行カードローン審査情報~仮審査はある?結果までの日数は?

カードローンといえば消費者金融とイメージが強いかと思いますが、実は近年の利用率は銀行カードローンの方が多くなっているのです。

これはやはり銀行カードローンの低金利と信用度の2枚看板が利用者に受け入れられているからでしょうが、銀行にもかかわらずほかの金融商品よりも審査基準が甘く、通りやすい傾向が大きく関係しています。

申し込んでも審査通過しないでは、相変わらず消費者金融カードローンの利用率が高いはずですから、この点はそう考えて間違いないでしょう。

そして銀行の中でもカードローン事業に力をいれているのがネットバンク。

そこで今回はそのネットバンクの一つであるオリックス銀行のカードローン審査について徹底検証していきます。

 
【公式サイト】
 

オリックス銀行カードローンの審査は厳しいの?

オリックス銀行に関わらず、すべてのカードローン申し込みで皆さんが気にするのが審査。

申し込んでも審査に通らないのではと心配で、申し込みを躊躇している方も少なくないでしょう。

しかも、申し込み先が消費者金融カードローンよりも審査が厳しいと言われる銀行カードローンならばなおのことだと思います。

そこで、まずオリックス銀行カードローンの審査は厳しいのかどうかについて検証していきましょう。

 

審査難易度はココで判断できる!

オリックス銀行は審査通過率はもとより、審査基準を公表しているわけではないので、その実態を明確に知ることはできません。

サイトでは「オリックス銀行に通らなかったら他のところは厳しい」といった意見が多く見られますが、これもサイトの私見であるものが多く、口コミ等の確証が持てない材料による判断と言わざるを得ません。

しかし、オリックス銀行カードローンの申込条件や利用条件から、審査難易度を推測することはできます。

そのポイントは下記の3つです。

・審査時間
・金利設定
・保証会社

オリックス銀行カードローンでこれら条件がどうなっているのかで、審査難易度を計ることができるのです。

それではどのような条件設定となっているのかを、実際に見ていくことにしましょう。

①審査時間

審査時間は審査難易度を計るのに一番簡単な目安となります。

審査時間が長ければ長いほど審査は慎重に行われている証となり、厳しい審査が行われていると判断できます。

消費者金融カードローンが銀行カードローンよりも審査が甘いと言われるのも、30分のスピード審査や即日融資が可能であることが1つの理由として挙げられます。

そこでオリックス銀行カードローンの審査時間ですが、なんと消費者金融並みの早さを誇る最短即日となっているのです。

銀行カードローンでは即日融資が可能なところはほんの数行だけで、審査時間も早くて2~3営業日が一般的と言われています。

となればオリックス銀行カードローンの審査時間は短いと断言できます。

実際に申し込んだ方の口コミでは、審査NGとなりはしましたが結果は申し込みから1時間ほどで出たとのことです。

よって審査時間から見たオリックス銀行カードローンの審査難易度は、消して厳しいものではなく消費者金融カードローン並であると推測できます。

②金利設定

カードローンの審査時間がほかの金融商品よりも極端に短いのにはワケがあります。

貸倒リスクを高金利によって穴埋めしているからです。

審査基準を甘くすれば、返済不能となる方が増加するのは言うまでもありません。

そのリスクを回避するために、融資の際には慎重な審査が行われるのです。

その点、カードローン審査は短時間審査となるため、返済不能となる方も増加します。

その損失を高金利で穴埋めして、トータルで利益が出るように金利で調整しているのです。

つまり、金利設定が高いほど、返済不能に陥りやすいと考えられる層も利用者として受け入れしてくれる確率が高いというわけです。

よって、金利が低い場合は審査が厳しく、高い場合は審査が甘いと判断できます。

そこでオリックス銀行カードローンの金利ですが、銀行カードローンのウリの1つである低金利を物の見事に裏切った設定となっているのです。

金利は1.7%~17.8%で、下限金利は低く設定されているものの、50万円以下の初回利用で最も適用されることの多い上限金利は17.8%で消費者金融カードローンと何ら変わりがない高金利になっています。

よって、先ほどの審査時間同様、消費者金融カードローン並みの審査難易度であると推測できます。

③保証会社

銀行カードローンは保証会社をつけることを申し込み条件としています。

実は審査通過に一番深くかかわってくるのが保証会社。

銀行カードローン審査は銀行ではなく、この保証会社によって行われているのです。

しかも、保証会社となる先は大手消費者金融や信販会社が多いので、どこが保証会社であるかによって審査難易度の予測を立てることができます。

オリックス銀行カードローンの保証会社は下記の2つとなります。

・オリックスクレジット株式会社
・新生フィナンシャル株式会社

通常、保証会社は1つのところが多いのですが、オリックス銀行カードローンは2つの保証会社となっています。

これはほかの銀行カードローンよりも審査通過率が高くなることを意味します。

審査先が1つだと審査に落ちてしまえばそれで終了ですが、オリックス銀行カードローンならばどちらか一方の審査に通過すればいいので、その分、審査通過率は高くなってくるのです。

また保証会社の1つである新生フィナンシャル株式会社は新生銀行カードローンレイクの保証会社でもあり、新生銀行カードローンレイクは審査通過率を公表している大手消費者金融の中でも下記のように高い審査通過率を記録しています。

 

(2016年度審査通過率順位)
1位 アコム48.2%
2位 アイフル46.8%
3位 プロミス43.3%
4位 新生銀行カードローンレイク37.4%

 

上位3社とは若干差をつけての4位ですが、このランキングに位置していることは、新生銀行カードローンレイクの審査通過率は高いと判断できます。

ということはその審査を行っている新生フィナンシャル株式会社の審査難易度は決して高くはなく、低い部類に分類されることは明白です。

最終的に融資実行を判断するのはオリックス銀行となりますが、審査通過となったものを融資不実行とするケースはほとんどないでしょう。

この点からも先の2つと同様、オリックス銀行カードローンの審査は消費者金融カードローン並みの審査難易度であると推測できます。

 

オリックス銀行カードローンの審査ではどんなことをしているの?

それではオリックス銀行カードローンの審査難易度がわかったところで、その審査ではどのようなことが行われているのかを説明していきましょう。

審査には仮審査と本審査がある

カードローン審査は仮審査と本審査の2つに分けられており、仮審査を通過したものが本審査へと進み、そこで審査OKとなれば契約へといたります。
(参照:カードローンの仮審査と本審査~仮審査が通れば本審査も通る?

この仮審査と本審査は審査される内容が全く違います。

簡単に説明すると、仮審査は申し込み時に申請された情報から、カードローン利用できる状態であるのかを審査する場で、本審査は信用情報を元に申請内容に誤りがないか、信用情報に不備がないかを確認する場です。

よって、基本的には仮審査さえ通過できれば、申請情報の虚偽や金融事故がない場合に限り本審査で落とされることはないでしょう。

それでは実際に仮審査と本審査では、どのようなことが行われているのかを詳しく説明していきます。

オリックス銀行カードローンの審査は、先に申しましたようにオリックスクレジット株式会社と新生フィナンシャル株式会社の2社によって行われます。

①仮審査

仮審査は申込時に記入した申込者の各情報をもとに、コンピュータを使ったスコアリング審査が行われます。
(参照:カードローンのスコアリングって何?属性とは?

申込時に記入した各情報は属性と呼ばれ、その属性が何であるのかによって評価点が異なります。

例を挙げると下記のとおりです。

(職業)
・公務員       5点
・大手上場企業    4点
・中小企業      3点
・個人事業主、自営業 2点
・パート、アルバイト 1点
*振り分けられた点数はあくまでも仮です。

このように事前に決められた各属性の評価点をコンピュータを使って、簡単に集計するのがスコアリング審査です。

以前はこの集計を人の手を使って行っていましたが、コンピュータを導入することにより短時間で集計結果が求められるようになりました。

このスコアリング審査は大手ならすべてのカードローン業者の審査に導入されています。

消費者金融カードローンをはじめ、一部の銀行カードローンでも即日審査や即日融資が可能になったのも、時間のかからないスコアリング審査の導入のおかげなのです。

そこでオリックス銀行カードローンで用いられる属性は、ほかのカードローン業者よりも多い39項目となっています。

その一部を抜粋すると下記のようなものとなります。

・名前
・生年月日
・性別
・家族構成
・子どもの人数
・自宅郵便番号
・自宅住所
・電話番号
・Eメールアドレス
・現在の居住形態
・居住年数
・家賃
・家賃、住宅ローンの返済の有無
・勤務先
・勤務先郵便番号
・勤務先住所
・勤務先電話番号
・資本金
・業種
・勤務先種類
・従業員数
・勤続年数
・職業
・収入形態
・役職
・職種
・税込年収
・出向の有無
・利用中のローン

これら属性のスコアリングによる総合得点が、オリックス銀行カードローン審査の合格基準をクリアすれば仮審査通貨となるのです。

しかし、これら属性全てで高評価を得る必要はありません。

39項目全てがスコアリング対象となるのですが、審査通過で重要となってくるのはこれら属性の中でも一部のものとなってきます。

もちろんすべての属性が高評価であるに越したことはありませんが、各属性に振られた評価点は異なっており、重要とされるものほど高い点数が振られています。

よって、その属性で低評価とならない、または高評価となれば審査通過率はグンと高くなってくるのです。

オリックス銀行カードローン審査で重要視される属性は下記のとおりです。

・年収
・勤務先
・勤続年数
・居住年数
・居住形態
・利用中のローン

これら属性に問題なければまず審査通過は期待できると言っていいでしょう。

②本審査

本審査はまず申込者の個人情報と信用取引情報が記載された信用情報を元に、申請された属性内容に誤りがないかが確認されます。(参照:個人信用情報とカードローン審査について

ここで誤りがあれば仮審査で集計さえたスコアリング点数自体が狂ってくるので、仮審査通過の信ぴょう性が疑われることになります。

住所や電話番号などの数字入力違いくらいなら問題はありませんが、先程重要だと申しました属性に虚偽と認められるような差異があれば即審査NGとなることもあります。

よって、くれぐれも虚偽申告だけはしないようにし、入力ミスもないように心がけましょう。

またこの本審査で重要な確認となるのが返済状況です。

各種ローンや借り入れの返済状況で度重なる遅延や延滞があれば、それらは情報全て信用情報に登録されます。

遅延や延滞はあとで返済していても、著しく返済能力を落とす原因となるため、その回数によっては審査NGとなる可能性は高くなってきます。

そして最も注意しなければならないのが、金融事故と呼ばれる債務整理です。

債務整理は返済不能となった利用者の救済手段ではありますが、金融機関からは返済能力ナシと決定づける原因となります。

よって、信用情報に債務整理の記録がある方は、絶対に審査通過することはありません。

以上2点が本審査で主に確認される事項となります。

 

どちらの保証会社で審査されるの?

オリックス銀行カードローンはオリックスクレジット株式会社と新生フィナンシャル株式会社の2つの保証会社があるのですが、一体どちらが審査を行うことになるのでしょう?

どうせなら審査通過率の高い新生フィナンシャル株式会社に審査してもらいたいという方が多いのではないでしょうか?

実は審査はまずオリックスクレジット株式会社で行われるようです。

オリックスクレジット株式会社は同じオリックス株式会社の系列会社ですから、これはまあ当然のことでしょう。

しかし、借入限度額が300万円に満たいない案件や、属性評価が低い案件は新生フィナンシャル株式会社へ回されると言われています。

つまり高額借入や優良申込者がオリックスクレジット株式会社、それ以外が新生フィナンシャル株式会社というスタンスのようです。

実際に100万円の希望額で申し込んだ際の保証会社は新生フィナンシャル株式会社でした。

オリックス銀行カードローンの金利は300万円超えと、300万円以下では下記のように大きな開きがあります。

200万円超え~300万円以下 金利5.0%~12.8%
300万円超え~400万円以下 金利4.5%~8.8%

借入限度額が300万円を超えると超えないのとでは、上の金利に4%もの開きがあるのです。

金利設定の説明でも申しましたが、金利が低くなれば審査は自ずと厳しくなります。

よって、オリックス銀行カードローンの審査においては、保証会社がオリックスクレジット株式会社となる場合は厳しく、新生フィナンシャル株式会社となる場合は甘くなると言っていいでしょう。

そこでオリックス銀行カードローンの審査通過確率を上げるためのポイントを1つ申し上げます。

それは決して300万円を超える希望額の申し込みをしないということです。

これならば自ずと保証会社は高い審査通過率を持つ新生フィナンシャル株式会社となり、審査通過確率は若干でも高くなる可能性が出てきます。

増額は利用後でも行えるので、まずは確実に通過するため、借入希望額は300万円以下に抑えるようにしましょう。

 

オリックス銀行カードローンの審査時間は?

それでは最後にオリックス銀行カードローンの審査時間について簡単に説明しておきましょう。

先程も申しましたがオリックス銀行カードローンは即日審査が可能です。

これは公式HP内の質問ページで下記のように記載されています。

「お申し込みの状況によっては、最短即日でご審査結果の回答が可能です。なお、速やかな審査に努めてまいりますが、土、日、祝日が間に入る場合やお申し込みの状況によってはお時間がかかる場合もございます。」
出典:http://www.orixbank.co.jp/personal/cardloan/qa.html?id=21830009999

しかし、これはあくまで審査がスムーズに行われた場合ですから、属性や他社利用状況に問題がある方は即日に審査結果が出ることはないでしょう。

数日から1週間ほどは掛かると考えておいた方が無難です。

また、オリックス銀行カードローンはローンカードが手元に届かなければ利用開始できません。

ローンカードは郵送にて届けられるため、利用できるまでの日数は最短でも1週間ほどかかることになります。

即日審査に目をつけてオリックス銀行カードローンに申し込む方も少なくありませんが、即日に審査結果が出てもローンカード到着までは借り入れできないことをよく理解しておきましょう。
 
【公式サイト】
 
 

 

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る