アイフルの在籍確認~電話のタイミングは?給料明細でも可?

「アイフルに申し込みたいけれど在籍確認の電話が気になって・・・」という方は少なくないでしょう。

勤務先への在籍確認の電話で周囲バレすることはないと言われていますが、「絶対に」という確証があるわけではないので気になるのも仕方がないことなのかもしれません。

近年はキャッシングがカードローンへ、サラリーマン金融、俗に言うサラ金という名が消費者金融という呼び名に変わり悪いイメージも払拭されましたが、未だにサラ金時代の悪いイメージが残っているのも確かです。

そう考えれば周囲バレたくないという思いは強いのも当然のことでしょう。

しかも、土日に申し込みしたいという方にとって、在籍確認の電話は大きなネックとなってきます。

土日休業という会社が多く、職場への在籍確認が取れないことから、即日融資を受けられないいうデメリットが考えられるからです。

そこで今回はアイフルの在籍確認はどうなっているのか、その気になるところを徹底解説していきます。


【アイフル】
金利(利率) 3.0%18.0%
限度額 800万円以内
年齢 満20歳以上70歳未満

なんで在籍確認が必要なの?

在籍確認の電話は何も本人が出る必要はありません。

アイフルが勤務先に電話連絡をし、申込者が在籍していることを確認さえできればそれで終了です。

よって、本人がいなくても「ただいま席を外しております」とか「ただ今外出しております」といった返答があれば在籍確認はOKとなります。

皆さんが気になる在籍確認といっても、その内容は大したものではないのです。

それではなんでアイフルはこんな簡単な作業を欠かすことができないのか、別にこれくらいのことならしなくてもいいじゃないかと思われる方も多いことでしょう。

しかし、アイフル審査はこの在籍確認が取れなくては、審査通過はありえません。

在籍確認は収入を本当に得ているのかの確認

アイフルの申込時には詳細な個人データの記載が求められますが、そのどれもが基本的には自己申告となります。

年収が200万円の方が300万円と偽って申告しても、アイフルは収入証明書の提出を求めない限り、その申告が本当かどうかを正確に把握することはできないのです。

つまり、アイフルの審査では50万円を超えない借り入れに限定されますが、収入確認は行われておらず、自己申告された額面を年収として審査を行うことになります。

50万円を超えない少額貸付に限っては、自己申告を信じた審査が行われることになるのです。

しかし、すべてを鵜呑みにして審査を進めるわけではありません。

個人信用情報から申込者の現在の借入状況や返済状況、そして基本情報を確認し、申告内容に問題がないのかは確認されます。

ですが個人信用情報に記載されている基本情報は最新のものではないので、ここで勤務先が記載されていても現在まだ勤務しているかどうかは分かりません。

この情報だけでは完全に勤務していることを確認することはできないのです。

となれば申込時に申告した勤務先に現在は勤めていない可能性も出てきますよね。

勤務先から得る給料は借入後の返済原資となるので、現在勤務していないのであれば返済原資はゼロとなり、申込資格である「継続、安定した収入がある」もクリアできていない状況となります。

この状態で審査通過させてしまえば、返済不能となるのは目に見えています。

いくら審査内容が良くても勤務先への在籍確認が取れなければ、審査を通過できないのも頷ける話ですよね。

アイフルの在籍確認

いま解説した理由からアイフルでは在籍確認なしで審査通過することはできません。

しかし、冒頭でも申しましたように在籍確認は、それほど心配する類のものではないのです。

そこでアイフルではどのような在籍確認が行われているのかを解説していきましょう。

アイフルの在籍確認はどのタイミングで行われるの?

アイフルの在籍確認は基本的には電話で行われます。

そこで気になってくるのが、その電話連絡がいつ入ってくるのかという点でしょう。

今回は一番利用者の多いWEB申し込みを例に挙げて見ていくことにします。

WEB申込みならば契約後の郵送物もメールでやり取り可能となるので、勤務先だけでなく家族バレも防げ、申し込み後は無人契約機でローンカードの受け取りができるなど、アイフルの申込方法の中でも最も利便性が高いおススメの方法となっています。

そのWEB申込の流れは下記のとおりです。

1.必要事項を記入して申し込み(所要時間3分~5分)
2.「申込完了」のメールが送信される(申込完了後、数分以内に受信)
3.携帯へ申込内容の確認電話が入る(所要時間10分~15分)
4.在籍確認の電話(所要時間1分ほど)
5.必要書類の提出
6.審査結果の通知
7.契約(所要時間1分~3分)

アイフル申込後の流れを見る限り、勤務先への在籍確認は最短、申込完了後にかかってくる内容確認電話が終わった時点で行われます。

そしてアイフルの場合、在籍確認を自分の都合のいい時間にするためには、この内容確認の電話が大いに役に立つのです。

内容確認の電話で在籍確認の連絡時間について希望が聞かれます。

よって、この時に希望の時間があれば、それを伝えておけば周囲バレを全く気にせず在籍確認を行える可能性が高くなるのです。

大きな企業では無理でしょうが数人から数十人くらいの中小企業ならば、かかってきた電話を直接自分で取ることができるので、周囲バレをとても気にする方には安心できるかもしれません。

アイフルの在籍確認ってどんなものなの?

それでは気になるアイフルの在籍確認の電話がどんな内容なのかをお教えしておきましょう。

先程も申しましたように、在籍確認の電話は本人がでなくても問題ありません。

よって、アイフルの電話による在籍確認の内容は下記の2つに分類できます。

・本人が対応した場合
・勤務先社員が対応した場合

それではこれら2つにどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

本人が対応した場合

本人が対応する際の流れは下記のとおりです。

1.勤務先の職員が電話に出る
2.アイフルが個人名を名乗り、申込者の呼び出しを依頼
3.職員が申込者に電話をつなぐ
4.本人が電話に出ると本人かどうかを確認される
5.確認が取れれば在籍確認終了

とあるカードローン業者の中には電話口で様々な質問をするところもあるようですが、アイフルの場合には本人であるかどうかの確認だけです。

よって、電話の会話内容が周りに怪しまれることもないので、在籍確認の電話がアイフルからのものだと勘付かれることはまずありません。

勤務先社員が対応した場合

本人が外出しており、電話口に出られない際の流れは下記のとおりです。

1.勤務先の職員が電話に出る
2.アイフルが個人名を名乗り、申込者の呼び出しを依頼
3.職員が外出中であることを述べる
4.再度連絡することを告げて電話を切る
5.在籍確認終了

本人が電話に出られなくても外出している、つまりはそこで勤務しているということが電話で確認できたことから、これで在籍確認は終了です。

また、本人が在籍確認の電話に出られなかった場合には、在籍確認のあとで本人に連絡が入り、勤務先の職員との会話内容について進言があります。

こんな話をしたので、何か言われたら話を合わせて下さいねといった主旨のものです。

これは一体どんな会話をしたのか心配になる方にとっては、アイフルならではの細心の心遣いと言えるでしょう。

勤務先への電話連絡がつきにくい方は注意!

先に申しましたように、アイフルは在籍確認が取れなければ審査通過はできません。

連絡が付かなかった場合には時間をずらして連絡を入れてくれますが、それも度を越えた回数になると電話連絡がつかなかったことで在籍確認が取れないと判断されて、審査落ちとなるケースも考えられます。

よって、日中、会社に誰もいないとか、なかなか連絡がつきにくいという特殊な事情がある場合には、申込後の確認電話の際に確実に連絡が取れる時間帯を申告しておくようにしましょう。

また、それ以外にも申込者が派遣社員である場合には注意が必要となってきます。

派遣社員は在籍確認に細心の注意が必要!

これは勤務先が10名未満など誰もが顔見知りになれる小規模な会社へ派遣されている方は気にする必要はありませんが、数百人規模といったような大企業で派遣社員として勤務している方は、在籍確認に細心の注意をくばることをおススメします。

多くの人数を抱える企業の場合、社員名簿に派遣社員の個人名が登録されていないことも珍しくありません。

よって、実際に勤務しているのに個人名だけでは、電話口で在籍していないと言われてしまう可能性があるのです。

そうならないためにも申込時には派遣先名だけでなく、勤務している部・課署まで詳細に記入しておくようにし、在籍確認の際には部・課署を言って呼び出してもらうようお願いしておきましょう。

また、こういったトラブルを防ぎたいのであれば、勤務先に派遣先ではなく派遣元の社名を記入しておくのもひとつの手です。

派遣会社の場合、個人情報の秘匿とのために個人に取り次いでもらえないとか、在籍しているかどうかを答えてくれないところもありますが、そうでなければ確実に在籍確認が取れる方法となってきます。

とかく派遣社員は勤務期間が短く、サイクルが早いケースが多いので、派遣されている会社の状況を把握した上で一番いい方法を取るようにして下さいね。

在籍確認は電話連絡以外でも可能?!

アイフルでは在籍確認が取れなければ、最悪、審査落ちとなってしまうこともあります。

しかし、諸事情でどうしても電話による在籍確認が取りにくい場合にはどうすればいいのでしょうか?

在籍確認が取れないからアイフルへの申し込みを諦めた方がいいのでしょうか?

いいえ、アイフルではそんな方たちのために、救済措置が用意されています。

その救済措置が書類提出による在籍確認です。

アイフルでは種類提出による在籍確認も可能!

先にも解説しましたが、アイフルは申込完了後に申込確認の電話が入ります。

その際に在籍確認の電話を入れる時間帯等を確認されるのですが、この際に電話連絡による在籍確認が難しいことを相談すれば、電話に代わって書類提出で在籍確認としてくれるカースがあります。

その際に提出が求められる主な書類は下記のとおりです。

・健康保険証(社名が入ったもの)
・直近の給与明細
・源泉徴収票
・住民税決定通知書

どの種類提出が求められるのかはケースバイケースとなるため、アイフルのオペレーターとの話し合いとなります。

勤務先との電話連絡が付きにくい場合や、どうしても勤務先に電話連絡を入れてもらいたくない理由がある場合には、願ったり叶ったりの方法となってくるでしょう。

しかし、よく理解しておいてもらいたいのは、必ず対応してくれるわけではないということです。

アイフルでは在籍確認は電話ですることが原則とされています。

書類確認はあくまでも、どうしようもない、他に方法がないと認められた場合のみの救済方法となるのです。

よって、相談しても受け入れてもらえない方も出てくるでしょう。

特に下記のような場合には、まず書類による在籍確認は認められません。

・審査内容が芳しくない
・50万円を超える借り入れを希望している

他社借入が多い場合や、返済に幾度かの遅延が認められるなど、審査で重要視されるポイントでマイナス評価がついた場合や、収入証明書の提出が必要となる高額借入を希望している場合には、十中八九、電話での在籍確認となるでしょう。

この点はよく理解しておくようにしましょう。

大手の中では書類の在籍確認に対応してくれる可能性が大!

近年は大手消費者金融では書類による在籍確認に対応する傾向が高まっていたのですが、書類偽造とによる被害が大きくなってきたことにより、だんだんと対応しないというスタンスへと変わってきつつあるのが実情です。

よって、対応可能と言われていたプロミスやアコムでは、相談には乗ってくれるが対応してもらえなかったというケースが多くなりつつあります。

実際に電話で確認しても「検討はしますが、審査結果によってはどうしても電話が必要となる場合もあります」と言葉を濁してくるのが実情です。

しかし、そういったニュアンスの前置きはあるものの、「可能です」と即答してくれたのがアイフル。

書類による在籍確認もできるという強い感触を抱かされました。

先程解説したNG要因がある場合には諦めるしかないでしょうが、そうでなければ対応してくれる可能性は大手消費者金融の中では一番高いでしょう。

どうしても電話連絡の在籍確認を避けたいという方は、アイフルに申し込んでみるのも1つの手かもしれませんね。

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る