ジャパンネット銀行カードローン。専業主婦は利用できるか?

銀行や消費者金融などの金融業者でお金を借りる時は、業者によって様々な決まりがあります。

消費者金融の場合は、年収の3分の1以上の借入が出来ないように総量規制がかかります。これは2006年の貸金業法の改正によって設けられた規制です。多重債務者が急増し社会問題化したことが背景にあります。
ただ、銀行は貸金業法ではなく銀行法で規制されます。そのため、銀行は総量規制の対象外であり、年収の3分の1以上の借入でも審査に通りさえすれば利用する事が出来るようになります。法の規制がかからないということです。

ジャパンネット銀行も銀行になります。よってここのカードローンも総量規制対象外です。審査基準は成人以上で一定収入がある方が利用出来て、無職無収入では審査に通らずに利用する事は出来ません。

では、総量規制対象外のジャパンネット銀行カードローンを、無職無収入の専業主婦でも利用する事が出来るのでしょうか?

結論から言えば利用可能です。公式サイトには以下のような記述があります。

奥さまに収入がなくても、配偶者がお仕事をされていて、安定した収入があれば、奥さま名義でお申し込みいただけます。

ジャパンネット銀行ホームページより

配偶者の収入で審査をすることが可能ということですから、専業主婦であっても利用が可能なわけです。もちろん、他の貸付条件を満たす必要がありますが、条件さえみたせば総量規制対象外でもあるので比較的大きな借り入れも可能です。

ただし、以下の記述から、専業主婦はOKでも専業主夫はNGのようです。

専業主婦(女性のみ可)の方のお申し込みは、配偶者さまの勤務先にお勤めの確認のお電話をいたします。事前に配偶者さまにもご了解いただきますようお願いいたします。

ジャパンネット銀行ホームページより

配偶者、具体的には旦那さんの収入証明書を提示し、配偶者との婚姻関係を証明すれば、専業主婦でもカードローン審査に通りますし、法律や業者の定める範囲内でカードを利用する事は可能になります。勤務先に連絡を入れるそうなので、『旦那に内緒でカードローンを利用したい』というような希望は無理かもしれません。

いずれにしても、借金をする限りは利息をつけて返済する必要がありますから、まずは返済計画を立ててから利用するようにしましょう。収入に対して返済が大丈夫なのか、生活はしていけるのか、そうしたことを事前に返済計画を立てる事で、返済を意識して利用出来ます。

ジャパンネット銀行の場合、下限金利は非常に低い部類に入ります。審査可決して利用できれば非常に使い勝手の良いカードローンだといえるでしょう。

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る