種類別に見るカードローンの特徴

カードローンは3種類

カードローンは大別すると3つの種類に分けることができます。一つは消費者金融系です。そして二つ目が銀行系のカードローンとなります。3つ目は信販系のカードローンとなります。これら三つは種類も違えば特徴も違うので、利用する前はしっかりとその違いに付いて把握しておくことが大事となります。

消費者金融系のカードローンの特徴は何とも言っても、借りやすいというのが特徴でしょう。消費者金融系のカードローンは雇用形態で借り入れが制限されることがないのです。つまり、アルバイトが借りても大丈夫ですし、パートが借りても大丈夫なのです。これらの非正社員の方でも借りれるのが一番大きなメリットでしょう。
さらに、もう1つメリットがあり、審査が早く、多くの場合で即日融資に対応してもらえるという点です。銀行系のカードローンでは即日での融資は若干ハードルが高いのですが、消費者金融系であれば審査に通ればすぐに借りることができます。

銀行系のカードローンの特徴は他のサービスに比べて金利が低いという特徴があります。実際の所、各銀行でも金利の低さにはばらつきがあるのですが、それでも銀行系は総じて消費者金融、そして信販系よりも金利が低いという特徴があります。

信販系のカードローンの特徴は、金利、借りやすさ共に銀行と消費者金融よりも中間位置にあるのですが、最大の特徴は利用できるATMなどが他のサービスよりも多いことから、非常に利用しやすいというメリットがあります。また、中には即日融資も対応している所もありますが、全部が全部即日に融資をしてくれるように対応してくれるわけではないので注意しなければなりません。信販系のデメリットとしては、銀行系などに比べると金利が高いことでしょう。ですので、信販系を利用するときは金利の方に注目してしっかりと返済をしていかなければなりません。

 

利息が低い銀行カードローン

カードローンサービスの種類の中で利子が安いのは、この中でも特に銀行系のカードローンサービスとなります。どうして銀行系のみが金利が低いのでしょうか。それは銀行系がターゲットとしている顧客に理由があります。銀行系のカードローンサービスは実は正社員で安定的な職業につけている人を主な対象としてターゲティングしていると言われています。安定した収入を大量に得ることが可能なのが正社員で安定した職業に付いている人たちの特徴です。
そのため、お金を大量に貸し付けることができれば、多少金利が低くても、十分利息から収益を上げることが可能となるのです。このあたりは銀行の堅実さを示しているといえるでしょう。

逆に、低所得者層までをターゲットとした消費者金融などは少額の借り入れでも高金利を適用しそれなりの利息が発生するように利率水準を調整しています。小口の顧客が特に多い消費者金融が低金利で貸付けを行えば経営は成り立たなくなる可能性があります。

しかし、正社員とあるように審査段階で雇用形態が問われるのは避けられません。また、ただ単に正社員であればいいというわけでは無く、中小企業よりも大企業、そして公務員などが比較的借りやすくなっています。正社員や雇用形態、勤め先の他にも、銀行系のカードローン審査は相手の勤め先の勤続年数やその地域への居住年数も考慮に入れています。例え、安定した職業に付いていたとしても転職が多かったりすると中々貸し付けてくれない場合もあります。

このように、銀行系のカードローンサービスは低金利で借りれるのが非常に魅力的ではありますが、実際に審査に通過するにはある程度の属性が必要となるのです。銀行系のカードローンサービスは低金利で借りれるのが魅力的ですが、ということは比較的しっかり稼いでいる所得者をターゲットにしているので、審査に通過して契約するのは消費者金融に比べるとハードルが高いという特徴を持っているのです。

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る