消費者金融の在籍確認について

昔は「サラ金」などのイメージが強かった消費者金融カードローンも、最近では誰でも気軽に申し込みができるようになってきました。
しかし、どの消費者金融で申し込みをしても全ての人が契約できるわけではなく、融資を受けるためには審査に通過する必要があります。
その中でほとんどのカードローン会社で行なわれるのが、「職場への電話連絡による在籍確認」です。
消費者金融の在籍確認とは、どのような内容で行なわれるのでしょうか?
今回は、消費者金融の在籍確認の方法と対策法を紹介します。

ほぼ全ての消費者金融で行なわれる電話での在籍確認

アコムやプロミスなど、テレビCMなどでおなじみの消費者金融のほとんどが、職場への電話連絡による在籍確認を行なっています。
在籍確認は「個人名」で電話をかけてくる会社が多く「〇〇といいますが××さんはいますか?」という内容で電話をしてきます。
電話がかかってきたタイミングで本人が不在でも、電話に応対した人が「××は本日お休みしています」など、「在籍がある」と確認できる答えが返ってくれば在籍確認は完了となります。在籍が確認できればそれでOKのことなので、それ以上のやりとりが発生することはありません。

逆に「そんな人はいません。」とか、「私的な電話には答えられません。」などの答えが返ってきてしまうと在籍確認が取れないことになりますから、カードローンの審査はそこで一旦泊まってしまうことになります。

個人名でかかってくる在籍確認への対処法

職場に個人名でかかってくる電話は職場の同僚などにも印象が残ってしまうため、事前にしっかりと根回ししておくことが大切です。
在籍確認はカードローン以外にもさまざまなローンやクレジットカードの入会審査で行われています。電話に出るかもしれない職場の同僚には「クレジットカードの申し込みをした。」などと伝えておけば、職場の人々に疑われることなく在籍確認の電話に対応してもらえます。

勤務先への電話連絡がない消費者金融に申し込む

どうしても職場に電話をしてほしくないということであれば、電話連絡なしの消費者金融に申し込みをするという方法もあります。
たとえば、大手消費者金融である「SMBCモビット」では、申し込みから融資まで電話連絡一切なしで行なえる「web完結」という申し込み方法などがあります。(ただし、申し込みには一定の条件があります。)
また消費者金融によっては、コールセンターへの相談で社員証や社会保険証などでの在籍確認に変えてもらえる場合もあるので、一度相談してみるのもよいでしょう。

まとめ

今回は、消費者金融の在籍確認の方法と対処法を紹介しました。
個人名で勤務先に電話が来るのは、あまり気分が良くないという方も多いと思いますが、職場の同僚に事前の根回しをしっかりしておくことで、ムダに怪しまれることはなくなります。
突然の電話にもしっかり対応できるように前もって準備しておくことが大切です。

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る