消費者金融、闇金、サラ金って何が違うの?

近年はカードローンを主力商品に持つプロミスやアイフル、アコムなどの大手消費者金融が社会的認知度を得、利用者も多いことから、現在は消費者金融に対するイメージは随分とクリーンなものになってきました。

しかし、それでも消費者金融に対して未だ嫌悪感を拭いきれない方が少なくないのも事実です。

それもこれも「消費者金融 = 悪徳金融」という一昔前のイメージがあまりにも強すぎることが一番の原因でしょう。

また、貸金業者には消費者金融以外にも街金や闇金、そしてサラ金など今現在も悪いイメージを放ち続けている様々な呼び名があり、依然としてこれら業者が存在していることも消費者金融業者のイメージ改善を邪魔しています。

しかし、ここで断言しましょう。

多くの方が抱いている「消費者金融 = 悪徳金融」というイメージは決して正しいものではないということを。

様々な呼び名で呼ばれる貸金業者をすべて並列として認識している方は意外と多く、「消費者金融から借金するなんて危険!」と考えている方は少なくありませんが、この考えは決して正しいものではないのです。

貸金業と呼ばれる業者の中には一部、悪徳金融と呼ばれる業者も存在しますが、すべての貸金業者が悪徳金融ではありません。

そもそも貸金業者と悪徳金融を同じと考えること自体が間違いなのです。

そこで今回はこの誤解を解くためにも、消費者金融と街金、闇金、そしてサラ金はどう違うのか、安全な業者と危険な業者はどれなのかを詳しく説明していきましょう。

 

消費者金融と街金、サラ金、そして闇金はどう違うの?

今回の話を進める上で初めによく理解して欲しいのが悪徳金融の代表格である闇金の存在です。

貸金業者というものをよく理解している方にとっては冗談のような話ですが、闇金と貸金業者を混同してしまっている方は少なくありません。

しかし、誤解しないでください。

貸金業は合法な事業ですが、闇金は非合法な事業です。

よって、貸金業者と闇金業者は決して同じ部類に分類される金融業者ではないのです。

 

闇金は貸金業者ではない!

貸金業者と闇金業者を混同してしまう1つの原因として考えられるのがその呼び名。

貸金業者の呼び名とその特徴は下記のとおりとなっています。

・消費者金融
主に個人向け融資に特化した事業を合法的に展開している貸金業者
・街金
地域に根付いた小規模な消費者金融
・サラ金
サラリーマン金融の略で、以前使用されていた消費者金融の呼び名

上記のように呼び名は違えど、これらすべては消費者金融を指す言葉となっています。

これに対して闇金は下記のとおりです。

・闇金
主に個人向け融資を非合法に行っている業者

つまり闇金は合法的に融資事業を行っている消費者金融とはまったく別の存在なのです。

しかし、消費者金融を悪者として扱う際に使われるサラ金という呼び名がどうしても悪いイメージを持たせてしまい、「消費者金融 = サラ金 = 危険な金融業者 = 闇金」という図式を信じる方も少なくありません。

そしてこれが「消費者金融 = 闇金」という図式を信じる方を増やす原因となっているのです。

 

貸金業者と闇金業者の違い

貸金業である消費者金融と街金、闇金、そして貸金業ではないサラ金との違いを一言で言えば、下記のように法律に従って貸し付けを行っているか、そうでないかの違いです。

 

・法律に従った貸し付けを行っている業者

⇒消費者金融、街金、サラ金

・法律を無視して貸し付けを行っている業者

⇒闇金

 

貸金業を営む業者は貸金業法において様々な厳しい規制が設けられており、その法律を遵守した事業を行っています。

これに対して闇金は何の規制にもとらわれない融資を行っています。

つまり金利設定も取立て方法も自由に行えるというわけです。

その結果がドラマ等の中で度々登場する悪徳金融さながらの悪徳金融業者を生み出すことになります。

となれば法律を一切無視した貸し付けや回収をおこなう闇金業者が、いかに危険な貸付先であることは容易に想像がつくことでしょう。

 

何故、闇金業者が危険なのか?

闇金業者がどのような金融業者であるのかは、その実態をよく理解していないとしても、大半の方は危険な借入先であると理解していることと思います。

よって、進んで闇金業者を利用する方はいないでしょう。

しかし、それでも闇金業者を利用してしまう方は後を絶ちません。

危険と分かっていて何で利用してしまうのか?

それは簡単に借り入れできることが最大の原因でしょう。

闇金の特徴は下記のとおりです。

・貸金業法の規定に沿った登録を行っていない
・法定金利を守っていない
・違法な取立てを行う

これだけ見ても決してまともな業者だとは思えませんよね。

しかし、闇金業者にはこれら特徴とは別に、下記のようなメリットもあるのです。

・無職の人にも貸し付けOK
・どの貸金業者からも借りれなかった人にも貸し付けOK
・ブラックリストでも貸し付けOK
・審査なしで貸し付けOK
・手続き不要で貸し付けOK

つまり、至急現金が必要となったり、どこからも借りれない状況に追い込まれた方にとっては、闇金業者はこの上なく利用しやすい金融業者という存在に早変わりするのです。

しかも下記のような借り入れ意欲をあおるセールストークに釣られて、利用に踏み切る方も少なくありません。

・今ならキャンペーン中につき、初回金利0円!
・正規貸金業者として登録しているので安心してお申し込みください
・本日先着10名様に限り、金利10%引き下げ対応!
・面倒な審査もなく、簡単借入OK!
・ほかで断られた方も絶対借入OK!

これならば現金入手が必要な方なら「申し込んでみよう!」と思ってしまうのも仕方のないことでしょう。

しかし、闇金の怖いところは簡単に借り入れできても、法外な利息を含む返済を確実に求めてくるという点です。

闇金業者は非合法な業者ですから、貸金業者のように法に則った金利貸付や回収は行いません。

よっていくら返済しても借金が減ることのない高金利による利息を請求され続け、払えないとなれば時や場所、利用者の人格さえも無視した取立てが行われることになります。

 

最近の闇金業者の特徴は?

一昔前の闇金業者は威圧的な態度をとったり、暴力をふるったりとまるで暴力団のようなイメージでしたが、最近の闇金のイメージは全く違います。

担当者はどう見てもまともなサラリーマン、そして対応も非常に丁寧で、親身に相談に乗ってくれるなど、どこからどう見ても合法な貸金業者にしか見えません。

最近の闇金がソフト闇金と呼ばれているのも、こういった理由があるからです。

よって闇金とは知らずに借り入れして、最悪のケースに及んでしまうことは少なくありません。

ソフト闇金の特徴は下記のとおりです。

・利用者に対して親切丁寧で親身な対応をする
・返済が遅れそうでも少々の融通はきかせてくれる
・厳しい取立てはしない

この特徴を見れば一見合法な貸金業者と何ら変わりがないように思えますよね。

しかし、金利は下記のように明らかに刑事罰の対象となる高さで、大手消費者金融で見られる最大金利18%を大幅に超えるようなものばかりです。

・10日間で金利20% → 年利730%
・1週間周期で金利30% → 年利1564%

年利730%で10万円の借り入れをして、1年間返済が滞ったとしましょう。

この場合の利息は73万円にも上り、これが年利1564%だと156.4万円となります。

これでは利息の返済だけで手一杯となり元金の返済ができないばかりか、最終的には利息さえも支払えなくなることは目に見えています。

しかもソフトな対応はチャンと返済できている間だけで、返済できないことが分かれば手のひらを返したように、下記のような厳しい取り立てや催促が行われるようになります。

・家族や職場にまで返済催促の連絡が入る
・別の闇金から借り入れして返済を迫る
・威圧的な喋り方や態度になる

つまりソフト闇金と呼ばれていても、その実態は従来の闇金と何ら変わりはないのです。

 

ソフト闇金の見分け方は?

以前の闇金ならいかにもという感じがあるので、この金融業者はおかしいと簡単に判断はできますが、ソフト闇金の場合は話は別です。

よって知らずに借り入れしてしまう方も少なくありません。

そこで知らずにソフト闇金を利用しないためにも、その見分け方を簡単に説明しておきましょう。

その見分け方は下記のとおりです。

・ブラックリストでも融資可能を掲げている
・返済期間が短い
・金利が高い
・HP上に会社情報が記載されていない
・電話やり取りは固定電話でなく、携帯電話

上記の見分け方はソフト闇金だけでなく、従来の闇金にも共通して言えます。

闇金は合法的な融資を行っておらず、警察からの摘発を避けるため事務所を構えず、固定電話も持たない携帯電話のみで連絡を取るところが大半です

よって下記のような条件が当てはまる場合は闇金だと判断していいでしょう。

・事務所が存在しない
・やり取りが携帯電話のみ
・利息制限法で定められた最大金利20%を超えている
・何を見ても会社情報が確認できない

基本的に闇金を利用する方は、合法な貸金業者で審査NGとなった方が大半のことでしょう。

よってその方たちにとっては唯一借り入れできる金融業者ではありますが、先程説明したように返済しきれないような考えられない高い利息支払いが待ち受けており、最終的には身を滅ばすことになります。

そうならに為にも借り入れするなら、信頼性が高く、安心して借り入れできる大手消費者金融がおススメとなってきます。

貸金業者は法を遵守する信頼性の高い金融業者!

消費者金融をはじめとする貸金業者が闇金とどう違うのかを、シッカリと理解しておけば闇金がいかに非合法な金融業者なのかを理解できます。

そこで合法的な金融業者がどんなものなのかを理解してもらうため、貸金業について説明していくことにしましょう。

 

貸金業が合法な金融業者と呼ばれるゆえんはコレ!

貸金業とは個人または事業者に対して融資を行う事業で、この事業を営むためには内閣総理大臣または都道府県知事の登録を受けることが義務付けられています。

つまり融資を事業として営むためには、政府または地方自治体の登録が必要となってくるのです。

貸金業を営みたいからといって、勝手に事業を始めることはできるような容易な業種ではありません。

また登録を受けた貸金業者は貸金業法という法律を遵守した事業を営まなければならず、法に違反した場合は厳しい罰則が下されることになります。

つまり貸金業者は国や地方自治体の認可を受け、法律を遵守した事業を行うことが義務付けられた金融業者というわけです。

また遵守しなければならない貸金業法には、貸金業者に対して下記のような厳しい規制が敷かれています。

・総量規制
・上限金利の規制
・貸金業務取扱主任者の設置
・取立ての規制

①総量規制

貸金業者は個人の年収3分の1を超える貸し付けを禁止した法律で、貸し付けの際には信用情報機関を利用しての借入状況の確認作業が義務付けられています。

これに違反した場合には業務停止命令等の厳しい処罰が下されることになります。

②上限金利の規制

以前は出資法で定められた29.2%が上限金利として認められていましたが、今は下記のように借入金額に応じて15%~20%が上限金利として設定されています。

借入金額10万円未満 上限金利20%
借入金額10万円以上~100万円未満 上限金利18%
借入金額100万円以上~ 上限金利15%

よってこれを超える上限金利の設定は違法金利とされ、法的処罰が下されるだけでなく、貸付けも民事上無効となります。

つまりこの上限金利を超える利息請求された借り入れについては、返済する義務自体が消失してしまうのです。

 

③貸金業務取扱主任者の設置

貸金業取扱主任者とは国家資格の1つであり、当該事業者内で貸金業に従事する者が法令を遵守した業務を行うよう指導するための権限を持ちます。

貸金業務に従事する者50人に対して1人以上の設置が法律で義務付けられており、具体的には下記のような業務を執り行います。

・健全な職場作り
・個人情報保護
・犯罪防止
・違法行為の排除
・反社会的勢力との関係根絶
・玉無に関する透明性の確保

 

④取立ての規制

また取立てに関しても下記のように厳しい規制が設けられています。

  • 取立て行為が可能なのは午後9時~午前8時以外(正当な理由があれば別)
  • 自宅以外への取立て行為はNG(正当な理由があれば別)
  • 自宅訪問時、退去要求の意思表示には従わなければならない
  • 本人以外に債務者情報を明かしてはならない
  • 債務者に対し、債務者以外へ返済のための資金調達を要求してはならない
  • 債務者以外の人に返済要求をしてはならない
  • 債務整理の通知後は、債務者に対する返済要求をしてはならない

以上のことからも貸金業者がいかに安全な金融業者であるかがお分かりいただけたでしょう。

 

利用するなら知名度、信用度ともに高いところがおススメ!

ここまでの説明で非合法な闇金業者がいかに危険な金融業者であることは理解していただけたことでしょう。

よって借り入れするならば、安心して借り入れできる合法な貸金業者を選ぶことが必須となってくるのです。

安心して借り入れするには?

一番おススメなのがプロミス、アイフル、アコム、モビットをはじめとする大手消費者金融でしょう。

消費者金融と名を打っていますがアイフルを除くこれら業者は、下記のようにメガバンクによる資本介入を受けており、実質は名の通った企業傘下となっているのが実情です。

プロミス 正式名称はSMBCコンシューマファイナンス㈱で三井住友フィナンシャルグループの完全子会社
アコム 三菱UFJフィナンシャルグループの関連会社
モビット 三井住友銀行グループの関連会社

 

この中でもアコムはライセンスを取得するのが難しいとされているMasterCardのプリンシパルメンバーで、MasterCardがライセンス供給している日本唯一の消費者金融業者として知られています。

この点はいかにアコムが企業として高い評価を得ているかの証とも言えるでしょう。

また企業傘下となっていない唯一の消費者金融業者であるアイフルにしても、下記のように知名度の高い企業を完全子会社としていることからも、その信頼性の高さがうかがえます。

 

アイフルの子会社
・ライフカード株式会社(クレジットカード)
・ビジネクスト(事業者金融)

 

よって借り入れをする際には、まずは大手消費者金融から検討するのが一番オススメな選択方法となってきます。

 

大手消費者金融がダメなら

しかし、すべての方が大手消費者金融の審査をパスできるわけではありません。

そこで次の選択先として上げられるのが中小の消費者金融業者です。

中小の消費者金融は大手消費者金融と比べれば審査に通りやすいという特徴がありますが、闇金が紛れている危険性を伴うデメリットが存在します。

また正式に登録した合法な貸金業者であっても、大手消費者金融では有り得ない下記のような厄介な点もあるため業者選びには慎重を期する必要があるでしょう。

・取立てが強引
・法に触れない形での嫌がらせ

闇金や質の悪い業者を利用しないためにも、中小の消費者金融を選ぶ際に確認してもらいたいのが下記の3点です。

・登録番号はあるか
・メジャーな媒体に広告を打っているか
・ブラックOKなどの無理な借り入れを助長する勧誘がないか

正式な登録を行っている貸金業者なら各都道府県知事から発行された「東京都知事(1)第12345号」といった登録番号を掲示することが義務付けられています。

またブラックOKなどという貸金業法に抵触する貸し付けを明言しているところが合法な貸金業者であるとは考えられませんし、メジャーな広告を売っているところほど知名度を気にしている証拠なので大手消費者金融波の対応が期待できます。

中小の消費者金融業者でも、合法な貸金業者であれば安心して借り入れすることはできますが、危険性が伴うことは事実です。

利用する際にはこの点をよく理解して、闇金や厄介な業者を選ばないよう気をつけましょう。

 

オススメの大手消費者金融はコレ!

それでは最後に安心して利用できるおススメの大手消費者金融の利用条件を紹介しておきましょう。

①プロミス
プロミス

・金利    4.5%~17.8%
・借入限度額 500万円
・審査時間  最短30分
・即日融資  可能
・無利息サービス 30日間

 

②アイフル

・金利 4.5%~18.0%
・借入限度額 500万円
・審査時間  最短30分
・即日融資  可能
・無利息サービス 30日間

 

③アコム

・金利 3.0%~18.0%
・借入限度額 800万円
・審査時間  最短30分
・即日融資  可能
・無利息サービス 30日間

 

④モビット
・金利      3.0%~18.0%
・借入限度額   800万円
・審査時間    10秒簡易審査
・即日融資    可能
・無利息サービス なし

 

 

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る