奨学金の借り入れはプロミス審査に影響するの?

プロミスの審査で大きなプラス評価になるのが健全な返済履歴。

しかし、度重なる遅延や延滞がある場合は逆に大きなマイナス評価となり、それだけで審査NGとなることも少なくないのです。

また、その対象となるのは現金借入の返済履歴だけではありません。

各種ローンの返済も対象になりますし、今では本体購入方法が割賦方式となった携帯電話の通話料金もその対象となってきます。

そして各種返済履歴の中でも、近年驚きの存在となっているのが奨学金

なんと奨学金の支払いに延滞がある場合、カードローンをはじめとする信用取引の審査に通らないケースが出始めているらしいのです。

奨学金が何故?

そう思われる方は多いことでしょう。

そこで今回は奨学金を借りていたらプロミス審査に影響するのかをテーマに、奨学金とプロミス審査との関わりについて徹底検証して行くことにします。

【プロミス公式サイトはこちら】
プロミス

【詳細はこちら】
プロミス審査の要点

 

なぜ他社延滞がプロミスにバレてしまうのか?

プロミスでは返済履歴が健全であることが審査通過の重要なポイントとなってきますが、健全であるかどうかはどうやって確認されているのでしょうか?

個人情報保護が叫ばれる昨今、個人情報を簡単に第三者へ流すなんて考えられませんから、普通に考えれば借り入れ先以外が返済履歴について把握できるはずはありません。

となれば他社延滞が申し込み先のプロミスにバレることは考えられませんよね。

しかし、それがそうもいかないのです。

実はカードローンや各種ローンなどの信用取引に関わる取引内容は信用情報に記録されます。

そしてその信用情報は各信用情報機関で管理されているのです。

奨学金の延滞が何故、プロミスの審査でバレてしまうのかを理解してもらうためにも、まずはこの点をよく理解する必要があります。

そこでまずはこの信用情報と信用情報機関についてシッカリと理解してもらうことにしましょう。

 

信用情報とは?信用情報機関とは?

平成18年の改正貸金業法において個人の借入額に規制を加えた総量規制が導入されましたが、この総量規制を遵守するためには申込者である個人の借入額を正確に把握する必要が出てきました。

そこで創設されたのが指定信用情報機関です。

指定信用情報機関とは信用情報を管理する信用情報機関の中でも、一定の条件を満たし内閣総理大臣から指定を受けたところを指します。

貸金業者は指定信用情報機関への加盟が義務付けられ、信用情報の確認だけでなく、各情報の登録の義務も課せられたのです。

この各情報が信用情報に当たるのですが、その具体的内容には下記のようなものがあり、これらは内閣府令で定められています。

・氏名
・住所
・生年月日
・電話番号
・運転免許証の番号
・本人確認書類の記号番号
・貸付残高
・元金または利息支払いの遅延の有無
・送料規制対象外に該当する場合の理由

貸金業者は指定信用情報機関に加盟して、これら情報の利用と登録を行っています。

プロミスが申込者の他社借入残高や返済履歴を確認できるのも、この指定信用情報機関の存在があったればこそなのです。

 

国内の信用情報機関は大きく分けると3つ

現在、国内において内閣総理大臣から指定を受けた指定信用情報機関は下記の2つです。

・㈱日本信用情報機構(JICC)
・㈱シー・アイ・シー(CIC)

指定を受けるには下記の厳しい条件をクリアする必要があるため、現在のところこの2社しか指定されていないのが実情です。

・法人である
・貸金業法、個人情報の保護に関して法令違反をしていない
・参加役員が法令違反でない(禁固以上の刑、または罰金となっていない)
・加盟貸金業者が100社以上
・保有している個人信用情報における貸付残高額が5兆円以上
・「資産-負債≦5億円」の財産的基盤を持っている
・信用情報提供業務を遂行できる知識と経験と社会的信頼が認められる

またこれら指定信用情報機関には加盟業者に特徴があり、下記のように指定信用情報機関によって加盟する業者は大きく違っています。

・㈱日本信用情報機構(JICC)⇒消費者金融
・㈱シー・アイ・シー(CIC)⇒消費者金融、信販会社、クレジットカード会社

つまり、JICCは消費者金融業者との契約内容、CICは消費者金融に加えて信販会社やクレジット会社との契約内容についての信用情報がメインで管理されているのです。

そして、これら2つの指定信用情報機関に加えて、銀行を主な会員とする全国銀行個人信用情報センターという信用情報機関があります。

全国銀行個人信用情報センターはJBAや全銀協、もしくはKSCとも呼ばれ、全国銀行協会が1973年に発足し、運営を行っている信用情報機関です。

このJBAは銀行との契約内容についての信用情報がメインで管理されています。

そして現在はJICCとCICの2つの指定信用情報機関と、JBAの3つが主要な信用情報機関とされています。

しかし、ここで問題が出てきます。

それは、この体制では基本的には加盟している信用情報機関の信用情報しか利用できないことになってくるという点です。

これでは正確な信用情報を把握することはできませんよね。

しかし、この点もシッカリとクリアするための対策が講じられているのです。

 

各信用情報機関は定期的に情報の交換を行っているが・・・

現在、国内の主要信用情報機関であるJICCとCIC、JBAの3社は、申込時の申告情報や利用中の返済状況(度重なる遅延や延滞など)の情報を交流する相互交流ネットワークを構築しています。

このネットワークをCRINと呼び、この情報交流によって過剰貸付や多重債務者の発生を抑制しているのです。

各社が情報交流として提供する主な情報は下記のとおりです。

 

・JICC

延滞の解消、貸し倒れ、代位弁済、本人申告情報

・CIC

延滞状況、延滞の解消、債権の回収、代位弁済、本人申告情報

・JBA

延滞状況、代位弁済、取引停止処分、強制解約処分、本人申告情報

 

主にはブラックリストと呼ばれる情報についての情報交換となっていることがお分かりいただけるでしょう。

しかし、問題となってくるのは各社が持つすべての情報交換が行われているわけではないという点です。

しかも、ブラックリストと呼ばれる事故情報に関しても、各社によって提供基準が違ってきます。

いい例がJBAの自己破産の情報です。

この情報はJBAでは10年間保管されることになりますが、JBAはこの情報をCRIN上に提供していません。

よってこの人は銀行系のクレジットカードを作ることは絶対にできませんが、CICとJICCのみに加盟しているところへ申し込めばクレジットカードを作ることも可能となってきます。

これでは情報交換をしているといっても、あまり意味を成さないというしかほかありませんよね。

また平成27年1月からJBAはCRIN上での延滞情報に関する情報の相互交換をやめているのですからこの問題は深刻です。

これは先に説明したように指定信用情報機関が創設された理由が、総量規制に沿った貸し出しを行うための1つの手段であり、貸金業者でない銀行が強制的な義務を負っていないという背景が影響していると言えるでしょう。

よって、相互情報の交換はJICCとCICに関しては連携されていますが、ことJBAに関しては強固な情報交換を行う交流が行われていないのが実情なのです。

 

プロミスは3つの信用情報機関の情報を網羅している

それでは3つの信用情報機関の情報を網羅することはできないのでしょうか?

いいえ、プロミスはこれら3つの信用情報機関の情報をシッカリと網羅しています。

プロミスが加盟している信用情報機関は下記の2つです。

・㈱日本信用情報機構(JICC)
・㈱シー・アイ・シー(CIC)

これによって消費者金融系、信販会社系、クレジットカード系の信用情報はすべて把握することができます。

そして注目してもらいたいのが、プロミスは保証会社としても活動しているという点です。

プロミスの正式社名はSMBCコンシューマーファイナンスといい、現在は三井住友フィナンシャルグループ傘下の子会社の1つで、カードローン事業のブランド名として旧社名であるプロミスという名称を利用しています。

つまり、プロミスはあくまでもブランド名であり、社名ではないのです。

そしてこのプロミス本体のSMBCコンシューマーファイナンスが事業展開しているのが、保証会社。

現在プロミスは下記の銀行の保証会社として、代位弁済やカードローン申し込み時の審査を執り行っています。

・三井住友銀行
・ジャパンネット銀行
・住信SBIネット銀行
・横浜銀行
・福岡銀行

これら銀行カードローンの審査を行っているということは、これら銀行が加盟しているJBAの信用情報も入手することができるわけです。

特にプロミス自体が三井住友フィナンシャルグループの傘下であることを考慮すれば、三井住友銀行が持つ信用情報が手に入ることは容易に推察がつきます。

よって、ことプロミスに至っては、現在国内で主要と言われている信用情報機関の情報をすべて網羅できていると考えるべきでしょう。

 

奨学金がプロミス審査に影響を与える理由は?

信用情報と、それを管理する信用情報機関について理解してもらったところで、本題の奨学金がどうしてプロミス審査に影響してくるのかの説明に入ることにしましょう。

 

奨学金貸与条件に個人信用情報の取扱いに関する同意書が!

カードローン申込時には個人信用情報の取扱いに関する同意が求められます。

この同意は既に登録されている個人情報の開示ならびに、申し込みから契約後の取引情報の登録を認めることを意味します。

つまり、審査時に現状までの信用取引情報を開示して利用することを認め、契約後に返済等に問題があればその情報を信用情報機関に登録することを認めるということです。

この個人信用情報の取扱いに関する同意はカードローンや各種ローンをはじめとする信用取引では一般的なものになっていますが、こと奨学金に関しては信用取引と判断するには少々無理があります。

よって今までは奨学金申込等の情報が信用情報機関に登録されることはありませんでした。

しかし、奨学金を提供する日本でも代表的な日本学生支援機構が平成20年11月に全国銀行信用情報センター(JBA)に加盟したことから、平成21年4月以降の奨学金貸与者から個人信用情報の取扱いに関する同意が求められるようになったのです。

日本学生支援機構がJBAに加盟した理由は下記のとおりです。

・延滞者が各種ローン等を受け、過剰貸付となることを抑制するため
・多重債務化への移行防止
・延滞者続出による未回収者の減少

特に多重債務者の発生を抑えることができる点は、教育的観点からも有意義であることが認められ、3ヶ月以上の延滞に限り個人情報機関へその情報を登録することを目的にJBAへの加盟が実現しました。

日本学生支援機構の2015年度末の奨学金延滞額は約880億円にも上り、決して楽観できる額ではないことを考慮すれば、このような手段に踏み切ったのも致し方のないことでしょう。

 

現在のところすべての奨学金貸与者が対象ではない

信用情報機関への登録は個人信用情報の取扱いに関する同意が必須となってきます。

よって、同意が申し込み条件となった平成21年4月以降の奨学金貸与者に関しては、3ヶ月以上の延滞が発生すれば否応なしにJBAへの情報登録が行われます。

しかし、平成21年3月以前の奨学金貸与者に関しては同意書が交わされていない以上、信用情報機関への登録は行えません。

現在のところ日本学生支援機構は平成21年3月以前の奨学金返済対象者に対して、この同意書を取り付ける作業に入っていますが、すべての方の同意が取れているわけではありません。

同意していない方に関しては、信用情報機関への登録は行われていないのです。

日本学生支援機構のHPでも、平成21年3月以前の奨学金返済対象者に対しては下記のような記載がされています。

「現在返還中の皆様のうち、本制度の趣旨を理解され、同意いただける方につきましては、任意で同意書の提出をお願いしています。」
*出典:日本学生支援機構HPより

つまり、同意に関しては強制的ではないということです。

現在、奨学金貸与には個人信用情報の取扱いに関する同意が必須となっていますが、平成21年3月以前の奨学金返済対象者に対しては同意した方だけが対象となるという点をよく理解しておきましょう。

 

奨学金の延滞が記録されればプロミス審査はNG!

それでは最後に奨学金の延滞情報が信用情報に登録された場合、プロミス審査に同影響するのかを説明しておきましょう。

 

①延滞は自己破産と同じくらいのダメージが!

一般的には返済が少し遅れると遅延、数ヶ月に及ぶと延滞に分類されるのですが、遅延と判断されるか、延滞と判断されるのかによって、審査に及ぼす影響は全く違ったものになります。

プロミスにおいては15日以内の遅延であれば、遅延損害金は発生するものの連絡さえしておけば取立て等の督促は一切ありません。

プロミスは多少の遅延に関しては、寛容な対処をすることを明言しているとも言えるのです。

しかし、それも3ヶ月以上ともなれば話は違ってきます。

貸金業者であるプロミスは貸金業法において、3ヶ月以上の延滞情報を信用情報機関へ登録することを義務付けられています。

つまり、奨学金延滞で信用情報機関に登録される3ヶ月という延滞は、すでに遅延とは呼べない状況に陥っているわけです。

ここでよく理解しておいてもらいたいのが延滞という行為です。

この業界ではブラックリストと呼ばれるものがあり、それに当たる情報が登録されればプロミスに限らず、一切の信用取引契約は成立することはありません。

ブラックリストに当たる情報として一番有名なのが下記のような債務整理です。

・任意整理
・特定調停
・個人再生
・自己破産

この中でも皆さん良くご存知なのは自己破産でしょうが、これら債務整理は返済することができなくなり、金利の軽減や返済期間の長期化、すべての債務の免責を受けることができる最終手段です。

この債務整理によって債務者は借入負担を軽減することができますが、この措置を取れば返済能力ナシというレッテルを貼られることを意味します。

返済能力ナシと断定されているのですから、ブラックリストとなればどこからも借入することはできませんし、もちろん各種ローンを組むこともできません。

延滞はこのブラックリストに当たる行為と判断されるのです。

となれば「ブラックリスト =延滞 = 審査NG」となるため、これが発覚すればプロミスの審査通過確率は極めて低い、もしくは全く可能性がないと言わざるを得ないでしょう。

 

②プロミスで奨学金延滞は必ずバレる!

日本学生支援機構が加盟している信用情報機関は主に銀行が加盟しているJBAですが、この情報はプロミスでも入手することが可能です。

先程も申しましたがプロミスはJICCとCICに加盟している上、JBAに加盟している銀行カードローンの審査を行っています。

よって、JBAの信用情報についても入手可能と考えられます。

となればJBAに登録された日本学生支援機構の奨学金延滞は、プロミスの知るところになると考えておいた方がいいでしょう。

おそらく既に申し込みして、何が原因かわからないのに審査に落ちたという方もいることでしょう。

今回説明した内容を知らなければ、審査落ちの理由は一生分からなかったかもしれません。

しかし、奨学金の延滞がプロミス審査に落ちる原因の1つであるということが理解できた今、落ちた原因が分かって頷いている方もいるのではないでしょうか。

プロミス審査では奨学金延滞が、審査落ちとなる原因の1つであることをよく理解しておきましょう。

【プロミス公式サイトはこちら】
プロミス

【詳細はこちら】
プロミス審査の要点

 

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る