借金返済~金利が高い時は借り換え一本化を検討する

お金を借りる際には誰しもすぐに返済するつもりで借ります。借りる金額も次の収入が入ってくるまでの数日間だけなので数万円で、、、という人がほとんどです。

しかし、最初はほんの少しのつもりであっても、数万円でよかった借金はいつの間にか数十万円に積み上がり、借金の返済金を借りるために新たなところに審査を申し込む。

実はこのようにして些細なことの積み重ねで多重債務に陥っていきます

例えば、あるサラリーマンは、給料日前の数日間をしのぐために大手の消費者金融のカードローンに申し込みました。数日間の生活費があればよいので金額も2万円~3万円あれば十分でした。
しかし、消費者金融の審査結果では10万円の融資限度額の枠がもらえます。多い分には問題ないとそのままそのカードローンを使ったところ、次の給料日前もやや金欠気味に。しかも先月借りた分の返済もありますから余計に財布の中が厳しくなりそうな予感です。
まあ、仕方ないかと10万円の枠のうち4万円を借り、そのうち1万円を返済に回しました。しかし、基本的に収支がギリギリなのでその翌月も生活費は苦しいまま。そしてそれまでの返済分も上乗せでやってきます。。。

借金は一気に加速する

こうして、半年、1年経つうちに、借金は膨れ上がっていきます。数万円のうちはまだ大して危機感もありませんが、これが10万円を超えたあたりから借金の額は急激に膨らみ始めます

なぜなら収支がギリギリなうえに返済額が急激に膨れ上がってくるからです。返済をしているうちは限度額も引き上げられますが、一度でも返済が遅れたりすると一気に枠の増額は厳しくなります。仕方なく他社のカードローンを申し込むことになり、、、と多重債務状態に突き進んでいくわけです。

この多重債務者、一時期は300万人に迫ろうかという勢いでしたが、貸金業法が改正され総量規制が導入されたことで今では50万人を割り込むまで減少しています。

しかし、上記のような状態になる人がいないわけではありません。借金の金額が100万円前後になってくると、金利負担も目に見えてきつくなっていきます。

こうした時に検討したいのが借金の一本化です。
借入先が複数あると、一般的に考えて二つの大きなデメリットがあります。

一つは金利。
例えば200万円の借金があるとして、その内訳が

50万円×4社

の場合と、

200万円×1社

の場合とでは金利が大きく違ってきます。

50万円×4社の場合は金利も上限での借入となっている場合が圧倒的に多いです。

上限金利とは、

4.5%~18.0%

と表記されている場合だと18.0%のことを指します。つまり高い金利で設定されているということです。なぜなら、貸す側にとって50万円という金額は比較的少額の部類に入るため、適用される金利も金融機関のリスク軽減のためにいっぱいいっぱいで設定されるからです。

では、200万円×1社の場合だとどうでしょう?

金融機関にもよりますが個人向けのカードローンで200万円という金額は高額融資の部類に入ってきます。消費者金融であれば融資限度額の最高が300万円というところも珍しくはありませんから200万円というと結構な金額になっているわけです。
ということは、適用される金利も18%などという上限付近ではなくもっと低い金利になる可能性が高くなります。仮に銀行のカードローンで一本化ができれば、7%~10%あたりになる可能性も十分にあります。

18%で200万借りるのと例えば8%で200万借りるのとでは、返済総額は大きく変わってきます。ゆえに複数借りているのであれば、金利がいくらなのかを確認して一本化できるところを探すべきなのです。

もう一つのデメリットは管理の煩雑さです。
4社あるということは返済日も月に4回あるということです。いろいろな連絡も4社それぞれから送られてきます。
例えば月に4回ある返済のうち、一回だけでも漏れてしまうとその後の追加融資や他社への借り換えが非常にやりにくくなります(延滞を一回でもやると審査が一気に通りにくくなります)。

ゆえに、借入先は少なければ少ない方が良いのです。

借金総額が100万円以下の場合はそれほど大きな金利軽減にはならないかもしれませんが100万円を超えているようだと真剣に考えるべきです。もちろん、その際にはできるだけ金利の低い銀行カードローンなどを第一優先に検討してみてください。

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る