交際費がかさんで困っていたら、少額からでも借りれるカードローンを教えられて

毎月、交際費がかさんでしまい困っていたところ、1万円以下でも借り入れ可能なカードローンがあることを教えてもらいました。しかも、私のような学生でも申し込みが可能とのことで、早速、内容を調べてみることにしました。いくつかの候補の中から、メインバンクとして利用している三菱UFJ銀行カードローンを選びました。
このカードローンを選んだのは、低金利を武器とした銀行系の商品でありながら、グループ傘下の消費者金融アコムのノウハウを取り入れた利便性の高い商品であると考えたからです。まさに、銀行と消費者金融のいいとこどりをしたような最強のカードローンであると思われます。

三菱UFJ銀行カードローンの利用条件は、安定収入のある20歳以上65歳未満の方でパートでもアルバイトでも申込めます。また、自身に収入のない専業主婦や学生でも申込めます。ということで、学生でも20歳以上であれば申込めます。定期的なアルバイトをやっていれば、その収入も安定した収入とみなされるようです。ちなみに、アルバイトをしてない場合には、親権者の同意があれば利用限度額10万円までで申込めるようです。

申込みは、webかテレビ窓口からとなりますが、webから申込むことにしました。利用限度額は最低金額の10万円です。アルバイトの収入があるため、まずは、お試し診断を受けてみました。すると、借入可能と思われると診断されひと安心です。それから正式に申込みました。学生であるため審査に不安を感じていましたが、30~40分後に無事に審査が通りました。この知らせはメールできます。

融資は振込サービスが受けられないため、カードを取得しなければなりません。カードを取得するためには、テレビ窓口まで出向くか、郵送となります。テレビ窓口は三菱UFJ銀行の本支店内に設置してあり、近くの支店まで行きました。当初は、サラ金の自動契約機みたいで多少の抵抗感がありましたが、このテレビ窓口は、カードローン以外にも海外送金やキャッシュカードの再発行などにも利用されており、抵抗なく入ることができました。

テレビ窓口で運転免許証を提示し無事にカードを取得しました。これで、何時でも利用限度額の範囲内で融資を受けることができます。ちなみに、運転免許証がない場合には、他の身分証明書となりますが、その場合にはカードは郵送で送られることになります。

三菱UFJ銀行カードローンは、三菱UFJ銀行のATMのほか、セブン銀行のATM、ローソンATM、E-netが利用できます。しかも、有難いのはすべて手数料無料でATMを利用することができます。私のような少額の利用者にはとても助かります。また、利用は1000円単位で利用できますし、コンビニでは24時間利用可能です。返済は、私の場合は銀行に口座を持っているため口座引き落としが利用できます。口座を持ってない場合には、前述のATMでの返済となります。いずれの場合も手数料は無料です。繰り上げ返済もATMから手数料無料で行えます。

いつも、利用は数千円単位の少額で利用しています。急な飲み会などには大変重宝しています。返済も口座引き落としのため、引き落としされる際には直前に口座を確認するようにしています。また、返済日の3日前には三菱UFJ銀行からメールにて連絡もあります。

初めてのカードローンですが、意外なほど簡単にカードを作ることができ正直言って驚きました。webから簡単に申込むだけで1時間ほどで契約が完了し、直ぐに借り入れもできます。今は利用限度額が小さいので問題ありませんが、今後、利用限度額が増えるような場合には、充分気を付けて利用する必要があると感じています。

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る