プロミス審査落ちした時の確認事項

大手消費者金融の中でも知名度が高く、サービスも充実しているのがプロミスです。

知名度の高さは安心感につながりますので、初めて利用するカードローンとして選んだ人も多いのではないでしょうか。

しかし、審査で見られるポイントや総量規制のことを知らずに申込むと、あえなく審査落ちしてしまうこともあります。

この記事では、プロミスで審査落ちになる原因や、不合格だったときの対処方法についてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

【公式サイトはコチラ】

実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円20~69歳初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス
実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円20~69歳初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
女性専用レディースキャッシング

 

プロミスの審査でチェックされることとは?

残念ながらプロミスの審査に落ちてしまった人は、まずはどのような理由があって不合格になったのか考えてみることが重要です。

直接理由を回答してもらうことはできませんが、自分で考えて予想できれば、それに応じた対策ができるからです。

そのためには、まずはプロミスの審査ではどのようなところを見られていたのかを知っておきましょう。

プロミスの審査は申込みした人に返済能力があるのかをチェックするために行われますが、特に重視されるのは次のようなポイントです。

・年収や勤続年数など収入に関すること
・総量規制
・個人信用情報

審査で落ちてしまった人は、これらのいずれかに問題があった可能性が高いと考えられます。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

年収や勤続年数など収入に関すること

カードローンの審査では、申込者の年収をはじめとした収入に関することが大きく影響します。

借入れする本人に十分な収入がないと、毎月の返済ができなくなる可能性があるため、審査項目の中でも重要なポイントです。

年収は高いほどよいのはもちろんですが、勤続年数も長いほうが収入が安定していると評価されます。

年収の最低ラインがはっきりしているわけではありませんが、もし100万円を下回るなら審査に合格するのは難しいと考えられます。

そのほかにも、住居が持ち家なのか賃貸なのかでは持ち家の方が有利ですし、配偶者や子供と同居していた方が独身よりも審査結果はよくなる傾向があるようです。

転職して職場が変わったばかりだったり、引っ越しをした直後に申込みをすると審査で不利になる場合があります。

 

総量規制の影響

年収や職場の勤務状況が問題なくても、総量規制のルールに引っかかると審査落ちとなります。

総量規制とは、消費者金融を対象にした法律、正確には改正貸金業法という法律に盛り込まれている決まりです。

内容としては、個人の消費者が貸金業者から借入れできるお金の合計は、その人の年収の3分の1までとなるというものです。

これは、過去に消費者金融の貸しすぎが原因で多重債務者が続出してしまい、社会問題になったため、そのようなことを防ぐために作られたルールです。

総量規制は消費者金融のカードローンとクレジットカードのキャッシング利用分を対象としており、対象の全ての業者からの合計金額が規制されるのが特徴です(クレジットカードのショッピング利用分は対象外です)。

つまり、プロミスで借入れ希望する金額と、すでに利用している他社の消費者金融やクレジットカードのキャッシングの残高の合計が、年収の3分の1を超えられないということになります。

もし消費者金融が総量規制の上限を超えた貸付けを行うと、その業者が行政処分の対象になってしまいます。

そのため、プロミスが総量規制の上限に達することに気づかずに間違えて審査に通してしまうということはありません。

申込者が総量規制のことを知らずに上限を超える借入れ希望の申込みをした場合でも、個人信用情報をもとに他社利用状況をしっかりと確認し、上限に引っかかる、あるいは上限ギリギリになりそうなら審査落ちとなります。

 

個人信用情報

カードローンの審査では個人信用情報の確認が必ず行われますので、信用情報に重大な問題があると審査落ちになってしまいます。

個人信用情報とは、ローンやクレジットカードの契約状況や、その借入れ残高、毎月の返済状況などが細かく記録されたものです。

ローンやクレジットカードなどで支払いを滞納したり、債務整理などの金融事故を起こしたことがある人は、信用情報機関にそのことが記録されていますので、全く別の会社のローンに申込んでもすぐに判明してしまいます。

そうなると、「この人は今回も同じように支払いを滞納するかもしれない」ということで、審査で不利になります。

また、実際は他社利用が多いのに審査に合格しやすいようにと考えて少なめに申告したりすると、信用情報機関の情報でバレますので、嘘の申告をしたと判断されて落とされてしまうこともあります。

プロミスで審査落ちになるケースのうち、かなりの割合が信用情報が原因となっていると考えられます。

個人信用情報については以下の記事も参照ください。

信用情報機関と個人信用情報~事故情報の保持期間

個人信用情報とカードローン審査について

 

プロミスの審査難易度

プロミスの審査で落ちる原因をいくつかご紹介しましたが、審査に落ちた場合は、これらの項目いずれかに当てはまっている可能性が高いです。

それでは、プロミスの審査の難易度はどれぐらいなのでしょうか?

プロミスが直接審査基準を公開することはありませんので甘いのか厳しいのかは判断が難しいですが、公式ホームページでは実際の審査通過率(成約率)が公表されていて、申込みをした人のうち審査に通過した人の割合を知ることはできます。

審査通過率の公開場所ですが、プロミスの公式サイトを開くと、上の方に小さい文字で「企業情報」というリンクがあります。

企業情報のページでは、事業展開についての詳細や実績についての情報が公開されており、月次データの中にある「成約率」を見ると審査に合格した人の割合が分かります。

実際のデータを確認してみると、プロミスの場合は安定して40%台前半が続いています。

つまり申込みをした2人に1人以上が審査落ちしているということになるのです。

もちろんこれは債務整理をした人や申込みブラックの人も含まれた数字ですので、信用情報に重大な問題がない人だけで考えるともう少し合格率は高くなります。

しかし、積極的な融資を行なっているイメージのプロミスが2人に1人以上を審査落ちとしているのは、意外に感じる人もいるのではないでしょうか。

残念ながら審査で否決されてしまった人も、自分以外も半数以上は落ちていることを知れば、少し気持ちが軽くなるかもしれません。

急いで借入れをしなければならない事情がある人も、一度落ちついて次の対応を行なっていきましょう。

 

審査落ちした後の対処法

それでは、プロミスの審査に落ちてしまった後はどのような対応をするのがよいのか見ていきましょう。

一度審査落ちをしたらしばらくの間は再度の申込みはできませんので、どうしてもお金を借りる必要がある場合は別の会社のカードローンに申込むことになります。

その際は、次のようなポイントに気をつけて対処法を考えていきましょう。

・申込みブラックに注意する
・自分の信用情報を振り返る
・中小の消費者金融も視野に入れて次のカードローンを選ぶ

それぞれ詳しくご紹介していきます。

 

ポイント1 申込みブラックに注意する

カードローンで審査落ちしたときにまず気をつけたいことは、申込みブラックになるのを避けることです。

これに気をつけないと、どこに申込んでも通らなくなるばかりか、本来は合格できていたかもしれない会社も不合格になってしまいますので要注意です。

カードローンに申込みをして審査落ちしたことは、信用情報として記録されますので、他社の審査でもその事実が分かるようになっています。

もし審査落ちの結果を知って焦ってしまい、他のカードローンに連続で申込むと、信用情報機関に短期間に多数のローンの申込みの記録が残ってしまい、そのことが悪い評価につながって審査落ちになってしまいまうのです。

多重申込によって信用情報が一時的にブラック状態になることから、俗に申込みブラックと呼ばれています。

「この人はどうしても今スグに借りなければいけないという、かなりお金に困った状態に違いない」と判断されてしまうのです。

一般的に、申込みブラックになるかどうかのラインは、一ヶ月に3社までと言われています。

プロミスの次のあと2社までなら問題ありませんが、もしその2社も落ちてしまったら、しばらく時間を空けてから申込むべきです。

信用情報に記録された申込みと審査落ちの記録は、6ヶ月間保存されることになっています。

最後に審査落ちしてから半年以上が経過すれば、前回の審査落ちの事実は次の審査に影響しなくなります。

申込みブラックについては以下の記事も参照してみてください。

申込みブラックに要注意

 

ポイント2 自分の信用情報を振り返ってみる

プロミスで審査落ちした後は、申込みブラックにならない範囲で別の会社に申込むことになりますが、その前に一度、自分の信用情報がどうなっているのか振り返ってみるのが有効です。

ある程度の年収があり総量規制も問題なく、勤続年数も長いのに審査落ちしてしまったならば、信用情報に問題があった可能性が高いからです。

もし信用情報が原因で審査落ちしたのなら、すぐに別の会社のローンに申込んでも、全く同じ信用情報をもとにした審査が行われますので、同じ理由で審査落ちする可能性があるのです。

一定期間のうちに審査落ちできる回数には限りがあることを考えると、対策なしで申込むのは得策ではありません。

信用情報としてして記録された長期滞納や強制解約などの記録は、ずっと残るわけではなく5年間までが保存期間です。

その記録が消えるのを待ってから申込みをするのもひとつの方法ですし、それが待てないなら、後ほどご紹介する中小の消費者金融を利用するのも方法です。

もし今まで自分がどのようにローンを利用していたのか思い出せない場合は、信用情報機関に情報の開示請求をすることもできます。

開示請求を行えば、自分の信用情報を自分の目で見て確かめることができますので、審査の対策もたてやすくなります。

消費者金融の審査で関係のある個人信用情報機関は「CIC」「JICC」「全国銀行個人信用情報センター」の3つがありますので、それぞれ開示手続きについてチェックしてみましょう。

 

CIC

CICは貸金業法と割賦販売法で指定されている信用情報機関です。
http://www.cic.co.jp/mydata/index.html

CICの開示請求は3つの方法があります。

・インターネットでの開示(手数料1,000円)
・郵送での開示(手数料1,000円)
・窓口での開示(手数料500円)

インターネット開示では、自宅のパソコンやスマホで操作が完結し、自分の信用情報をPDFファイルとしてダウンロードできて便利です。

 

JICC

JICCは、株式会社日本信用情報機構の略で、貸金業者の信用情報機関です。
https://www.jicc.co.jp/kaiji/index.html

開示請求の方法は3つあります。

・インターネットから手続きをして郵送で開示(手数料1,000円)
・郵送での開示(手数料1,000円)
・窓口での開示(手数料500円)

JICCの場合もインターネットで請求手続きができますが、信用情報は郵送で届きます。

 

全国銀行個人信用情報センター

全国銀行個人信用情報センターは、全国銀行協会が運営しています。
https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/

全国銀行個人信用情報センターは郵送での開示請求のみ受付しています。
開示請求には手数料1,000円が必要です。

3つの信用情報機関の開示請求についてご紹介しましたが、まずはCICだけ開示してみるというのもよいでしょう。

CICはオンラインからの手続きが簡単で、クレジットカードで手数料の決済ができ、PDFでダウンロードできるのが便利です。

 

ポイント3 中小の消費者金融も視野に入れる

信用情報を振り返ってみて不安な点があるなら、大手のみでなく中小の消費者金融も視野に入れて次に申込む会社を選ぶのがおすすめです。

大手の消費者金融はそれぞれ審査の基準も近く、同じ結果になる可能性も十分にありますので、大手とは違った基準で審査を行っている中小の消費者金融を選ぶことで、審査に合格しやすくなる可能性があります。

中小の消費者金融とは、プロミスやアコムなどテレビCMを流している大手とは違い、普通の人にはほとんど名前を知られていないようなマイナーな消費者金融です。

システムによる自動的な審査ではない独自の基準で審査を行っていますので、たとえ債務整理経験者でも前向きに審査を行い、現在の状況によっては借入れができる場合もあるのです。

中小の業者とはいえ、自動契約機を設置している業者があったり、コンビニATMが利用できることもあります。

ネット申込みが普及していることが要因で格段に利用しやすくなっていますので、大手の審査が不安な人にはメリットがあります。

 

なぜ中小の消費者金融は大手で落ちた人でも借りられる可能性があるのか?

中小の消費者金融が大手と違った基準で審査をしているのは、ターゲットとしている顧客が違うというのが理由のひとつです。

大手の消費者金融は昔からテレビCMを頻繁に流しており、基本的には初めてカードローンを利用する人をターゲットにしています。

システムによる自動的な審査を採用して利便性を高め、スピード審査でリスクの少ない人にどんどん融資をしていくというスタイルです。

それに対して中小の業者は、大手に知名度では勝てませんので、同じような審査を行っていてもユーザーは安心感のある大手を選んでしまいます。

そこで、大手のシステムによる審査とは違った独自の基準でじっくりと審査を行い、大手では審査落ちとなるようなリスクがある顧客にも、ある程度の範囲なら融資ができるような審査方法をとっているのです。

中小の業者の審査は、最短30分の大手とは違い、何日かかけてじっくりと行うこともあります。

逆に言えば、それだけじっくりと審査を行うことで、大手のシステム審査では落ちてしまう人でも借りられる可能性が出てきます。

自分の今の状況では大手の審査は厳しそうと予想できるなら、申し込みブラックにならないためにも、早めに中小の消費者金融も視野に入れたカードローン選びに切り替えましょう。

 

安全な中小消費者金融の探し方

中小の消費者金融は比較的知名度の低い業者ばかりですので、闇金などのトラブルにあわないように、意識的に安全な業者を探すように心がける必要があります。

また、最大金利が年19~20%のカードローンもありますので、大手の年18%や銀行の年14~15%に慣れていると高いと驚いてしまうかもしれません。

安全な消費者金融の見分け方ですが、まずインターネットなどで利用者の情報が多数見つかるかどうかがひとつの目安になります。

創業からある程度の年月が経過していて、同じ屋号やブランドを継続しているなら、ルールを守らないような危険な業者ではないと考えられます。

興味のある業者が見つかったら、貸金業協会に加入しているかどうかを必ずチェックしましょう。

公式サイトのトップページなどに、会員番号とともに記載があるはずです。

また、日本貸金業協会のホームページで会員登録されているか検索してみるとさらに安心です。

■日本貸金業協会 協会員検索
http://www.j-fsa.or.jp/association/member_info/search/result.php?pcnt=s&scnt=1

このリストに登録されていれば、法律を守って営業している業者と分かります。

いくら中小の業者と言っても、審査の通りやすさを最優先にするのではなく、業者が健全かどうかを優先して選ぶことが大切です。

 

まとめ:審査落ちの理由を振り返って、それに応じた対策を

プロミスで審査落ちしてしまったときは、年収や総量規制、信用情報など審査でチェックされるポイントを一度振り返ってみましょう。

ほかの会社に連続で申込むと申込みブラックになる可能性があり、かえって審査に合格できなくなってしまいますので要注意です。

収入面に不安があるなら勤続年数が長くなってから申込むこともできますし、信用情報に不安があるなら中小の消費者金融も含めてカードローンを選ぶのがおすすめです。

今の自分の状況に適した対策を考えて、合格率アップを目指していきましょう。

【公式サイトはコチラ】

実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円20~69歳初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス
実質年率限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円20~69歳初めての方30日間無利息
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
女性専用レディースキャッシング
【詳細はこちら】
プロミス審査

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る