プロミス借り入れ審査の要点解説【最短即日融資・土日融資・在籍確認etc】

これからプロミスの借り入れキャッシングを利用しようと考えている方のために、「プロミス」の審査に関する情報や審査の申し込みから融資までの流れ、利用者の口コミなどについて詳しく説明していきます。

給料日前にお金が足りなくなってしまった時や、急な冠婚葬祭でまとまったお金が必要になった時に、頼りになるのがカードローンやキャッシングですね。

現在では消費者金融だけでなくさまざまな銀行までもがカードローンサービスを行なっています。

利用しやすさも競争しており、提携ATMなどの充実により利便性は年を追うごとに向上しています。

その中でも審査申し込みから融資までのスピーディーさや銀行ATMとの提携で借入のしやすさで定評があるカードローン会社の1つが、大手消費者金融の「プロミス」です。


金利(利率) 4.5%17.8%
限度額 500万円
年齢 20歳~69歳
【プロミス公式サイトはこちら】
プロミス

プロミスとは?

プロミスとは、三井住友フィナンシャルグループの子会社であるSMBCコンシューマーファイナンスが取り扱っているカードローンです。

借り入れを検討している多くの人が気になる金利ですが、実質年率が〜となっており、最大500万円までの融資が可能です(利用限度額は審査の結果、利用者それぞれに決定されます。一律500万円ではありません。)

プロミスはテレビCMなどでの知名度があり、利用者のスタイルに合わせたさまざまなカードローン商品が用意されています。

審査の申し込みから最短30分で審査完了するため、即日融資/即日借り入れが可能な上に、カードローンによる借り入れが不安な女性のために「女性専用ダイヤル」を設けているのもプロミスの大きな特徴です。

【女性専用プロミス】

プロミスの申し込み条件

プロミスでは、借り入れの審査を希望する人向けに最低限の貸付条件を公表しています。

 

それが、

「20歳以上69歳以下の本人に安定した収入のある方」

という条件で、プロミスの公式サイトに明記されています。

例えば、20歳未満の未成年の人や70歳以上の高齢者の方はプロミスの利用はできません。審査を申込んでも否決となってしまいます。

なぜ未成年は申し込みできないの?

プロミスだけではなく、大手消費者金融の全てが20歳未満の人の借り入れをお断りしています。

これは、「民法」により、未成年者との契約や法律行為というものは、保護者や法定代理人などの親権者が後から取り消すことができるからです。

そのため、未成年者と契約を交わし貸付けを行なったとしても、貸付金を踏み倒されてしまうリスクが大きくなります。

よって、多くのカードローン会社では、申し込み条件を「20歳以上」としているところが多いのです。20歳未満の未成年でも融資してくれるようなところは闇金の可能性が高いですから十分に注意してください。

なぜ69歳超は申し込みできないの?

未成年者へ融資をしないのは民法によって貸し倒れのリスクが高まるという理由がありますが、70歳以上の申し込みができないのはなぜなのでしょうか。

貸付対象の上限年齢に関しては、カードローン会社によって年齢条件にばらつきがあるのですが、プロミスでは70歳以上の方の場合「安定した収入」という部分が体力面や健康面で満たせなくなる可能性があると判断しています。
これは銀行カードローンだとより一層顕著で、上限年齢が59歳といったところもあります。会社の退職年齢を想定しているわけですね。

プロミスの場合はその上限を69歳に定め、審査の申し込みが可能な年齢を制限しています。

「安定した収入」の定義とは?

プロミスでは、年齢の他にも「安定した収入があること」が審査する際の条件となっています。

プロミスが明記している「安定した収入」とは、定期的に一定額の収入が入ってくるような状態のことをいっています。

そのため、パートさんや派遣社員の方などで毎月10万円の収入が必ずある方の場合は「安定した収入」という申し込み条件を満たしていることになります。

しかし、ある月は50万円の収入があったとしても、その後半年間は無収入になってしまうような方の場合「安定した収入」という申し込み条件は満たせていませんので、この点で申し込みをしても審査通過が厳しくなります。

申し込みに職業は関係あるの?

プロミスでは、申し込み条件に職業の制限がありません。

そのため、正社員はもちろんのこと非正規雇用者である契約社員・派遣社員・アルバイト・パートの方でも、「安定した収入」があれば審査の申し込みが可能となります。

自営業者の方でも年齢などの条件を満たしていれば申し込みが可能ですが、融資の利用目的が「事業資金」などの場合には利用ができませんので注意が必要です。

専業主婦は申し込みできる?

パートやアルバイトなどを全くしていない専業主婦の方の場合、プロミスの申し込み条件である「本人に安定した収入のある方」という条件が満たせませんので、たとえ配偶者に安定した収入があったとしても本人名義での審査申し込みはできません。

どうしても申し込みをしたい場合には、パートなどで安定した収入を作るか、収入のある配偶者名義で申し込むことをおすすめします。今はカードローンもクレジットカードのキャッシングも専業主婦への貸付はかなり厳しい状況です。

 

外国籍でも申し込みできる?

外国籍の方でも「20歳以上69歳以下の本人に安定した収入のある方」で、プロミスの定める必要書類の他に、「在留カード」または「特別永住者証明書」を提出できる方であれば融資可能であり、審査対象となります。

申し込み時にはどんな書類が必要?

プロミスに申し込みを行なう時には下記の書類が必要です。

・本人確認書類
・収入証明書類(一定の借入金額を希望する場合)

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう。

本人確認書類
審査の際、全ての申込者に必ず必要になるのが本人確認書類です。
基本的には「運転免許証」が必要ですが、免許証を持っていない方の場合には、下記のいずれか1つを選んで提出する必要があります。

・パスポート
・健康保険証+他1点(住民票など)

その他にも外国籍の方の場合は「在留カード」または「特別永住者証明書」も必要になります。

収入証明書類
希望借入額が50万円を越える場合、または希望借入額と他社での借入額の合計が100万円を越える方は、審査の際に下記のいずれかの収入証明書類の提出が必要です。

・源泉徴収票(最近のもの)
・確定申告所(最近のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

自分の希望額を考慮して必要であれば、審査前に収入証明書類もしっかり準備しておきましょう。

プロミスの申し込みから融資までの大まかな流れ

それでは、実際にプロミスの審査から融資までの大まかな流れを見ていきましょう。

1.審査申し込み
プロミスでは、公式サイトより審査の申し込みが可能です。
ネットからの申し込み方法には、プロミスが指定する最低限の項目のみインターネット上で入力をし、それ以外は電話での手続きを行なう「カンタン申し込み」という方法と、ネット上で全ての必要事項を入力する「フル入力申し込み」という2つの方法があります。
それぞれの方法で申し込みをしたら必要書類などをメール添付などの方法で提出します。

2.審査結果通知
申し込みを行なうと順番に審査が行なわれ、審査完了後に申込者の希望の方法(電話やメールなど)にて、審査結果が通知されます。
この段階での審査は主に申し込みをした人の属性に関する審査が行われます。属性とは年齢や職業、年収、他社借り入れ状況や過去から現在までの借り入れの状況(いくら借りているか、返済遅れはなかったか)などを指します。
最短30分で審査結果の通知が来ますが、審査の混雑状況や申し込み内容によっては時間がかかる場合もあります。
無事に審査通過となった場合には、本契約にすすみます。

3.本契約・キャッシング方法の選択
審査通過となった場合には、本契約が行なわれキャッシングの方法を選択していきます。
キャッシングの方法は、下記の2つのどちらかを選択します。

・銀行振込
・ローンカードを利用したATM取引

銀行振込
銀行振込を選択した場合には、振込を希望する金融機関の情報を入力していきます。
銀行の営業時間内に契約が完了している場合には即日融資が可能となりますが、銀行の営業時間外の場合には、振込が銀行の翌営業日以降に持ち越される可能性がありますので注意が必要です。

ローンカードを利用したATM取引
キャッシング取引を行なうための、専用カードを発行してもらう方法です。
カードを受取れば、そこからプロミスのATMや提携ATMでいつでもキャッングの利用が可能になります。
基本的に契約書とともに郵送で送られてきますが、プロミス店頭や無人契約機への来店で即日発行・受け取りも可能です。

プロミスで最短で融資を受ける方法

「とにかく早くキャッシングを利用したい!」という方のために、プロミスで最短融資を受ける方法を紹介します。

1.WEBのフル入力申し込みにて申し込みをし、その後に申し込み完了し、プロミスのフリーコールに電話をかけて審査結果を急いでいるという旨を伝える。(優先的に審査を行なってくれる可能性がある。)

2.審査結果が出たらキャッシングの方法に銀行振込を選択し、限度額以下の希望額を振り込んでもらい完了。
もしくは、プロミスの店舗、または無人契約機にてローンカードを発行してもらい、カードを受取って近くのATMを利用してキャッシングを行ない完了。

また、三井住友銀行やジャパンネット銀行に口座を開設している人であれば、振込キャッシングを最短10秒で受けることも可能です。

土日祝日に最短で融資を受ける方法

土日祝日に最短で融資を受けるためには、平日とは違った方法になりますので、しっかりとポイントを押さえておきましょう。

1.WEBのフル申し込みから必要事項を入力の上、審査の申し込みを行ない、コールセンターへ連絡を入れる。
この時に土日祝日に勤務先が休みになっている方は、勤務先が休みになっているが即日融資を受けたいと相談しましょう。電話以外の方法で在籍確認をとってくれる可能性があるためです。
土日祝日に勤務先が休業日となる方が、電話での在籍確認以外受け付けてもらえないとなると土日祝日に融資を受けることができません。

2.審査結果を待っている間に、無人契約機へ向かう

3.審査結果が通知されて本契約となったら、無人契約機でそのまま本契約を行ない、ローンカードを受け取り、ATMにてキャッシングを行なう。

土日祝日に即日融資を希望するなら無人契約機の利用が必須!

無人契約機とは、全国各地に設置されているプロミスの契約ルームにあるATMのような機械のことです。

借り入れ審査の申し込みからカード発行まで、設置されている電話を利用しオペレーターの案内に添って全ての手続きを行なうことが可能です。

店頭窓口の場合は、営業時間が18時までの場所がほとんどで、土日祝日は休業となりますが、無人契約機は土日祝日も9:00~22:00(一部21:00もあり)まで営業しています(年末年始は営業日や営業時間に変更の可能性あり)。

ただし当日の審査対応は21時までとなっていますので、21時までに審査が完了しない場合には、審査結果が翌日に持ち越しとなります。

こんな人は審査落ちする可能性あり!審査落ちの注意点

プロミスでは申し込みをした後に必ず審査が行なわれ、審査を通過した方のみ融資を受けることができます。
しかし、申し込み条件を満たしており必要書類をしっかり揃えているのに、なぜか審査に落ちてしまったという人がいます。

このような人は、一体何が原因で審査落ちしてしまったのでしょうか?
そこで、プロミスの審査に落ちてしまう人の特徴をまとめてみました。

・信用情報に信用事故などのキズがついている
・現在、他社で高額の借入がある
・現在、複数の会社での借入がある
・一度に複数のカードローン会社に申し込みをした
・在籍確認がとれなかった

それでは、1つずつ詳しく説明していきます。

信用情報に信用事故などのキズがついている
カードローンの審査では、申込者の申告内容とともに、個人信用情報という情報の確認が行なわれます。
個人信用情報とは、個人と企業とのお金の貸し借りの情報が記録された情報のことで、車のローンやクレジットカードの利用情報、携帯電話の分割払いの履歴など、さまざまな取引が記録されています。
その中で、過去に返済日を過ぎてもお金を返さなかったような履歴が残っている場合、プロミス側からチェックされて審査落ちとなる可能性があります。
数日程度の延滞が1回などの場合には、審査通過の可能性が残されていますが、過去におよそ2ヶ月以上の延滞を起こしている場合には、個人信用情報に「信用事故」として記録され通称「ブラックリスト」に載るという状態になります。
ブラックリスト入りとなると、およそ5年〜10年程度カードローンを始めとした各種ローンの審査などに通過できなくなってしまいますので注意が必要です。
また、数日程度の延滞を何度も起こしている場合にも、厳しく審査される可能性がありますので注意が必要です。

現在他社で高額の借入がある
プロミスをはじめとする消費者金融は、「総量規制」と呼ばれる規制の対象になっています。
総量規制とは、貸付けを行なう業者(プロミスetc)と利用者との間の、過剰な貸し借りを防止するための規制です。
総量規制の対象になっている金融機関では、利用者の年収の3分の1までしか貸付けを行なうことができません。
たとえば、年収が300万円の人の場合、年収の3分の1である100万円までしか業界全体で貸付けを行なうことができません。
そのため、すでに他社で95万円の借入がある場合には、理論上、プロミスでは5万円しかお金を貸すことができません(実際は審査に通らない可能性が高い)。
そのため、総量規制に違反する恐れがあると判断された場合には、審査に落ちてしまう可能性があります。プロミスはこの点は厳密に遵守しています。

現在、複数の会社での借入がある
プロミスに申し込みをした段階で、複数のカードローン会社に借り入れがある場合には、先ほども説明した総量規制に違反してしまう恐れがあるため、審査落ちとなる可能性があります。
また、総量規制に違反する心配がない場合でも、複数の会社にすでに借入がある状態で新たにプロミスに申し込みを行なうと「他社の借金を返済するために自社のカードローンを利用するのではないか」と思われて審査落ちしてしまう可能性もあります。

一度に複数のカードローン会社に申し込みをした
複数の会社での借り入れがある場合と重複しますが、プロミス以外にも半年間で複数のカードローン会社に審査の申し込みをしている場合には、審査落ちとなる可能性があります。信用情報機関にはほぼリアルタイムで審査申込状況が書き込まれるため、どこに申込んで審査結果がどうだったかといった情報は審査担当者に筒抜けになっています。
こちらも総量規制に違反する恐れがあることや「お金に困っているのではないか」と認識される傾向があるため、審査落ちしてしまう可能性があります。

在籍確認がとれなかった
プロミスに申し込みをすると、審査の最終段階で在籍確認が行なわれます。
在籍確認の方法は、申込者が申告した勤務先への電話連絡により行なわれます。
具体的な内容として、電話は個人名で職場にかかってきますので「〇〇(個人名)と申しますが△△さん(申込者名)はいますか?」という電話がきます。
申込者不在の場合でも基本的にはOKですが、在籍確認を完了させるためには電話対応者が申込者の在籍を確認できるような回答をする必要があります。
そのため「△△はただいま席を外しています。」や「△△は本日お休みを頂いています」などの回答が得られれば、プロミスの在籍確認は完了します。
しかし、「△△という人はいません。」や「私的な電話には回答できません。」などと回答されてしまうと在籍確認がとれないため審査落ちする可能性があります。

プロミスの審査に通過するためのポイント

審査落ちの理由がある程度把握できたところで、次はプロミスの審査に通過するためのポイントをしっかりと確認していきましょう。

・個人信用情報を磨いておく
・他社の借り入れはできるだけ返済しておく
・一度に複数のカードローン会社に審査の申し込みをしない
・社内の同僚に在籍確認の電話が来ることを事前に伝えておく

個人信用情報を磨いておく
プロミスの審査に通過するためには、過去の優良な取引実績が必要です。
そのため、現在他社で借り入れをしている場合には、必ず返済日を守ってしっかりと返済するようにしてください。
滞納などを起こしてしまうと、その分だけ審査通過が厳しくなりますので十分に注意してください。

他社の借金はできるだけ返済しておく
審査落ちの原因でも説明したように、プロミスに申し込みをした段階で他社からの借入金額が高額になっている場合は「総量規制」の違反を警戒されて審査落ちしてしまう可能性があります。
そのため、申し込み前に現在の借入額を限りなく0に近づけておくことが大切です。
完済できるものはこの時点でなるべく完済し、借入金額や借入業者をなるべく減らしておくようにしましょう。

一度に複数のカードローン会社に申し込みをしない
カードローン審査の新規申し込みをすると、限度額は低めに設定される傾向があります。
そのため、複数のカードローン会社と契約し合算で高額融資を狙おうとする方もいますが、短期間に複数社へ申し込みをすると「お金に困っている」と判断されかねません。
そのためプロミスに申し込みをする場合には、プロミス1本に絞って申し込みを行なうことが大切です。

社内の同僚に在籍確認の電話が来ることを事前に伝えておく
いくら申し込みの申告内容や個人信用情報の履歴が優良でも、最終的に在籍確認がとれなければ審査完了にはなりません。
職場への在籍確認の電話には必ず自分がでられるとは限りませんので、職場の同僚に事前に在籍確認の電話が来ることを伝えておいた方が確実に対応してもらえます。
カードローンを利用していることがバレたくない方は「クレジットカードの入会申し込みをしたので在籍確認の電話がくる」などと伝えておくと、疑われずに対応してもらえます。

プロミスは利用しやすい?口コミを徹底解明!

プロミスの概要が分かったところで、実際にプロミスを利用した人達の口コミを見ていきましょう。

プロミスを利用するメリット

プロミスを利用するメリットには下記のような口コミがありました。

・申し込みからすぐにキャッシングができた
・来店や電話が不要で申し込みから借入までが行なえた
・30日間の無利息サービスが利用できた
・「おとくらぶ」の利用ができた

申し込みからすぐにキャッシングができた
プロミスは申し込みから審査まで最短30分で完了し、最短で即日融資にも対応していますので、急な出費でピンチの時にも手軽に利用することが可能です。

来店や電話が不要で申し込みから借入までが行なえた
プロミスでは、来店や電話が申し込みから借入まで一切不要で行なえる「WEB完結」という申し込み方法がありますので、希望によって郵送物のありなしまでを選択することが可能です。(ただし、審査の過程において、職場への電話連絡による在籍確認が行なわれる可能性があります。)
そのため、郵送物でカードローンを利用していることが家族や同居人にバレる心配もありません。

30日間の無利息サービスが利用できる
プロミスでは新規契約者を対象に、メールアドレスの登録とWEB明細の利用にて30日間の無利息サービスの提供を行なっています。
無利息サービスとは通常4.5%〜17.8%かかる実質年率が、初回利用日の翌日から30日間は無利息になるサービスです。
この期間内に借入した分を全額返済してしまえば実質利息0でお金が借りられますので、急な出費分をすぐに返済したい方などにプロミスはおすすめです。

「おとくらぶ」の利用ができる
クレジットカードに比べて優待サービスなどが乏しいイメージのあるカードローンですが、プロミスでは目的ローンの利用者を対象に「おとくらぶ」という優待サービスを行なっています。
「おとくらぶ」の会員は、ハイクラスのホテルやリゾートホテルを優待価格で利用できたり、映画館やテーマパークなどを特別価格で利用することが可能です。
月別のお得なキャンペーンなども行なっていますので、優待サービスを利用してさまざまな施設をお得に楽しむことができます。

プロミスを利用するデメリット

プロミスを利用することのデメリットには下記のような口コミがありました。

・他のローンに比べて実質年率が高め
・総量規制の対象のため高額融資が狙えない

他のローンに比べて実質年率が高め
プロミスは消費者金融系のカードローンとなっており、他の個人向け融資、、、例えば銀行のカードローンなどに比べて実質年率が高めの設定になっています。
しかし、大手消費者金融の最大金利は18%というところがほとんどですので、プロミスの上限の実質年率である17.8%は、大手消費者金融の中では、若干低めの設定にはなっています。

総量規制の対象のため高額融資が狙えない
プロミスは消費者金融系カードローンですので、総量規制の対象となっており、利用者の年収の3分の1までしか貸付けを行なうことができません。
そのため、年収の3分の1以上の限度額を希望する場合には、総量規制対象外である銀行のカードローンに申し込みを行なう必要があります。
ただし、初回の申し込みで設定される限度額はほとんどの場合が、希望よりも低めの設定になるため、はじめから年収以上の限度額を利用できることはないといっても過言ではありません。

まとめ

今回は、大手消費者金融のカードローンであるプロミスの特徴や審査のポイントについて説明しました。
カードローンを利用したことのない方の中には、利用に抵抗がある方もいると思いますが、プロミスのしくみやメリット・デメリットを把握し、借入や返済をしっかりと行なっていけば安心して利用することが可能です。
スムーズな借入を行なうためにもまずはプロミスの審査に通過できるように、事前の準備をしっかりと行なうようにしましょう。


金利(利率) 4.5%17.8%
限度額 500万円
年齢 20歳~69歳
【プロミス公式サイトはこちら】
プロミス

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る