プロミスをカードレスで利用する際の注意点

「お金を借りたいけど、自宅にカードなどの郵送物が届くのは避けたい。」

そんな方が便利に利用できるのがプロミスのカードローンです。
プロミスでは、融資方法に振込を選択することができ、カードなしで取り引きを始めることができますよ。

「カードがない=郵送物がない」となると、利用したい方も多いと思いますが、プロミスをカードレスで利用するためにはいくつか注意点があります。

今回は、プロミスをカードレスで利用する際の注意点についてまとめてみました。

【プロミス公式サイトはこちら】

金利限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円20~69歳初めての方30日間無利息
プロミス
金利限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円20~69歳初めての方30日間無利息
女性専用レディースキャッシング

【詳細解説はコチラ】
プロミス借り入れについて

プロミスを利用するメリットとは?

プロミスを利用する際に得られるメリットには、以下のものがあります。

・WEB完結で簡単申し込みでカードレス融資可能
・瞬フリを使えば24時間融資可能!
・30日間の無利息期間サービスあり
 ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
・レディースキャッシングで女性も安心借り入れ

WEB完結で簡単申し込みでカードレス融資可能

プロミスの公式サイトから申し込みをするWEB完結は、申し込みから融資までの手続きがインターネットで完了します。

プロミスは審査スピードの速さにも定評があり、最短30分で審査結果の通知が来ます。

また、専用のローンカードを発送するかしないかを選択できますので、「発送しない」を選び、明細書に関してもWEB明細を利用すれば郵送物が自宅に届く心配がありません。

カードレスを利用する場合の融資方法は、利用者の金融機関口座への振込になります。

瞬フリを使えば24時間融資可能

プロミスの振込融資は、基本的にどの金融機関の口座でも可能ですが、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録しておくと、「瞬フリ」を利用することが可能です。

通常振込融資の場合、口座を登録した金融機関の営業日に大きく左右されるため、土日祝日や平日の15時以降など、銀行の営業時間外に振込依頼をかけると、実際にお金が振り込まれるのは銀行の翌営業日となってしまうことがあります。

しかし、プロミスの瞬フリを利用すれば依頼手続きを行なってから最短10秒で振込が完了します。
土日祝日や時間に関係なく振込融資がが可能となっており、振込融資特有のデメリットをカバーした融資方法となっています。

30日間の無利息期間サービスあり

プロミスの大きな特徴の1つに、30日間の無利息期間サービスというものもあります(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)。

無利息期間サービスは他の大手消費者金融でも取り扱いがありますが、初回借り入れ日を基準にして無利息期間がスタートになるのがプロミスの特徴です。

他社の場合は、契約日の翌日から無利息期間がスタートするので契約後はなるべく早めに借り入れを行なう必要がありますが、プロミスは自分の好きなタイミングで無利息期間をスタートさせることができます。

30日間は利息が0円となりますので、期間内に完済してしまえば利息なしでお金をかりることも可能です。

レディースキャッシングで女性も安心借り入れ

金利限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円20~69歳初めての方30日間無利息
女性専用レディースキャッシング

カードローンを借りたことがない女性の場合、消費者金融を利用するのが不安という方も多いのではないでしょうか?

そんな時に安心して利用できるのが、プロミスのレディースキャッシングです。
レディースキャッシングは、対応や在籍確認の電話など対応が全て女性となり、安心して借り入れを行なうことができます。

そのため、借り入れや審査などで不安なことがあっても同性同士安心しして相談することができます。

カードレス利用のおすすめは「WEB完結」+「瞬フリ」

カードレスでプロミスを利用するにはいくつかの方法がありますが、おすすめなのが「WEB完結」+「瞬フリ」の組み合わせです。

基本的に専用ローンカードは、手元にあるだけでATMの営業時間であればいつでもキャッシングが可能であるという利便性がありますが、WEB完結を利用して振込融資を選択すると銀行の時間によって即日融資が受けられないことがあります。

しかし、振込融資を希望しても、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録して瞬フリを利用すれば24時間土日祝日関係なく依頼から最短即日融資が可能です。

カードレスで利用する時の注意点は?

カードレスにするとローンカードの郵送がなくなるので、誰にもバレずに借り入れができると安心している方もいるかもしれません。

しかし、カードレスでプロミスを利用するためにはいくつか注意点があります。

郵送物はないが在籍確認の電話はある

WEB完結でカードレスを利用すると、郵送物がなくなるので誰にもバレずに利用できると安心する方がいますが、プロミスのWEB完結申込みの審査では勤務先に電話連絡をする在籍確認は行なわれます。

そのため、郵送物による家族バレの心配はありませんが、電話による会社バレの心配があります。

在籍確認の電話は個人名でかかっていきます。たとえば「〇〇(個人名)と申しますが××(申込者名)さんはいますか?」といった風に電話がきます。

普段個人からの電話がない場合、社内の人に怪しまれてしまう可能性があるので、事前に職場の人達に「クレジットカードに入会申し込みをしたから在籍確認の電話がくる。」などと伝えておくと怪しまれずに対応してもらえるでしょう。

また、どうしても在籍確認の電話をしてほしくないという方であれば、申込者情報次第では電話以外の方法で在籍確認をとってくれることもありますので、プロミスのコールセンターに相談してみるのもよいでしょう。

通帳に履歴が残る

プロミスのカードローンを銀行振込にて利用した時に、心配なのが通帳記入時に履歴が残ってしまうことです。

振込元の名義は「プロミス」または「パールセンター」のいずれかの名前が選べるようになっていますので、プロミスの名前を伏せておくことも可能ですが、通帳を他者にチェックされることがあれば怪しまれてしまう可能性があります。

通帳を他人に見られてしまう可能性のあるかたは、無人契約機などでのローンカードの受け取りの方が紙面での履歴が残りにくいのでおすすめです。

ローンカード専用サービスが利用できない

プロミスをカードレスで利用していると、カード専用サービスの利用ができなくなります。

また、プロミスの借り入れ・返済はカードがある前提のサービスが多いため一部プロミスのサービスが利用できないというデメリットもあります。

具体的には、以下のような手続きがカードレスではできません。

・ATMでの直接借入れ
・ATMでの直接返済
・メディア端末からのコンビニ返済

カードレスの場合、口座振替や銀行振込での取り引きが可能ですが、提携銀行やコンビニATMなどでの取り引きがダイレクトにできないので、不便に感じる方もいます。

返済が遅れると郵送物が届く可能性も

これはプロミスに限ったことではありませんが、返済期日を守らずに滞納があった場合には督促状などの郵便物が自宅に届いたり、プロミス側から電話連絡がくる可能性があります。

たとえカードレスにして家族バレを防いだとしても延滞を起こすとプロミス側からの通知でバレることがありますで注意が必要です。

返済日はしっかり守って返済し、どうしても返済期日を過ぎてしまいそうな場合は、返済日が遅れてしまう旨をプロミス側に事前に相談しておくことが大切です。

まとめ

今回は、プロミスをカードレスで利用するための注意点や特徴について説明してきました。
プロミスでカードレスを選択することによって、郵送物をなしにすることができ、家族バレの確率も低くなります。
一方で、しっかりチェックしておかないと、カードレスの利用を不便に感じてしまうことや、時には自宅に郵送物が届いてしまう恐れもあります。
カードレスのメリットや注意点をしっかりチェックして上手に利用していくことが大切です。

【プロミス公式サイトはこちら】

金利限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円20~69歳初めての方30日間無利息
プロミス
金利限度額年齢その他
4.5%~17.8%500万円20~69歳初めての方30日間無利息
女性専用レディースキャッシング

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る