プロミスは学生でも借りれるの?そして未成年は?

カードローンの申し込みをしたいけれど、そもそも学生がカードローン審査に通るのかが心配だという方は少なくないでしょう。

大学生ともなれば急な飲み会や食事会などは社会人よりも多い上、十分な手持ちがないこともあって急な出費に対応できない方も多いため、カードローン需要はかなり大ききことが予測されます。

よって、カードローンがあればなあと思っている方は多いのが実情でしょう。

そこで問題となってくるのが学生はカードローン審査に通るのかという点です。

プロミスの申し込み条件は下記の2点となっています。

・年齢20歳以上~69歳以下
・安定した一定の収入がある

申し込み条件だけ見れば学生だからといってプロミスに申し込めないということにはなさそうです。

しかし、プロミスのHPを見てもパート・アルバイトや派遣社員はOKという文言はあっても、学生OKという文言は見当たりません。

これでは安心して申し込むことはできませんよね。

そこで今回はその答えを導き出すためにも、プロミスの学生に対する対応はどうなっているのかについて詳しく検証していくことにしましょう。

【公式サイトはこちら】
プロミス

【詳細はこちら】
プロミス審査

 

プロミスは学生申し込みOKなの?

プロミスに限らずカードローン申し込みができるかどうかは、カードローン業者の掲げる申し込み条件をクリアできているかどうかにかかっています。

よってプロミスに申込み資格は、先に申しました2つの申し込み条件をクリアしていれば立派にクリアしていることになります。

となればまだ就業していない学生でも、20歳以上でアルバイトなどによる安定した収入がありさえすれば申し込みOKとなります。

プロミスでは年齢と収入の2つに限って条件を設けていますが、職業についての条件は難易も設けていません。

ですから申し込み条件さえクリアしていれば学生だから申し込みできないとか、審査NGとなることは絶対にないのです。

 

プロミスの学生審査は?

学生でも申し込み条件をクリアしていれば、プロミスのカードローン利用できる可能性は大いにあります。

しかし、ここで問題となってくるのが審査です。

プロミスに申し込むことができたとしても、その後の審査を通過しないことにはカードローンの利用はできません。

となれば当然、学生に対するプロミスの審査はどうなのかが気になってくるところでしょう。

そこでまずはプロミスの学生に対する審査内容について検証していきましょう。

 

学生の職業はパート、アルバイトに分類される

プロミスには審査時に用いられる審査基準があり、その審査基準は下記のような様々な項目で構成されています。

・年齢
・職業
・雇用形態
・勤続年数
・他社借入総額
・他社借入件数

これら項目を属性と呼び、各属性には例えば下記のような評価ポイントが振り分けられています。


(職業)

・公務員       5ポイント
・上場大手企業    5ポイント
・中小企業      3ポイント
・自営業者      1.5ポイント
・パート、アルバイト 1ポイント
・派遣社員      2ポイント

※ポイントは例えです。


属性がなんであるのかによって、受ける評価が違ってくるというわけです。

そしてこれら属性に振り分けられたポイントの総合点が、プロミスの定める合格基準値をクリアしていれば審査OKとなります。

ここで注目してもらいたいのが職業です。

学生の場合、各種申込書等の職業欄には「学生」と記入しているでしょうが、審査基準においては学生という職業はありません。

つまり、プロミスに申し込んだ際の学生の職業は「パート、アルバイト」に分類されることになるのです。

ということは学生がプロミスに申し込んだ際は、パート・アルバイトと同様の審査が進められることになります。

 

審査時に重要視されるのはこの4点!

学生の場合、自分の稼ぎで自立しているわけではありませんし、なにかの仕事に正規雇用された就業をしているわけでもありません。

よって審査基準に用いられる各属性においては、高得点を得ることはまず不可能となってきます。

しかし、安心してください。

それが原因で審査に落ちることはありません。

審査基準に挙げられる各属性すべてが平均的な評価が下されているわけではないからです。

属性の中でも重要視されるものには大きなポイント、さほど重要視しないものには低いポイントといったように振られているポイントには大小のバラつきがります。

ですから重要視されるポイントで低評価とならなければ審査落ちする可能性は極めて低くなるのです。

その重要視されるポイントが下記の4点です。

・勤続年数
・他社借入総額
・他社借入件数
・金融事故の有無

①勤続年数

学生の場合、勤務先はパート・アルバイト先となるのですが、この場合でも勤続年数の長さは審査において重要視されます。

勤続年数の長さは安定した収入が得られるという裏付けとなってきます。

特にパート・アルバイトの場合は正規雇用と違って簡単にやめることができるので、離職率は高い傾向になるため、どれだけの期間同じところで働いているのかは返済能力を測る上でも重要な判断材料となってくるのです。

最低でも1年以上の勤務年数があれば辞めることは少ないと判断され、審査は有利に進められます。

仕事を始めて数ヶ月という場合は、勤務年数が1年に達してから申し込む方が確実でしょう。

 

②他社借入総額

プロミスは貸金業者ですから、貸金業法に定められた総量規制を遵守した経営が法律によって義務付けられています。

総量規制とは貸金業者が個人へ年収の3分の1を超える貸付を禁じた法律です。

よって、プロミスは総量規制を超えない貸付をするためにも、審査時に現在いくらの借り入れがあるのかが重要視されます。

特に学生の場合、返済原資となるのがパート・アルバイトによる収入になるため、その金額は年収ベースに換算すると決して高額なものではありません。

仮にそのアルバイト代が月4万円としましょう。

この場合の年収は48万円となり、プロミスが貸付できる最大額は16万円となります。

この金額だと他社化借入がある場合は貸付できる額は極少額となる可能性が高い上、貸付できない可能性すらあります。

このように学生の場合は借入限度額を少額に設定したとしても総量規制を超える貸付けとなる可能性が大きいため、申込時の他社借入総額に関しては敏感にならざるを得ないのです。

申込む際には現状の他社借入総額が総量規制を超えないか、今回の借り入れで超えそうにないかを確認してから申し込むようにしましょう。

 

③他社借入数

他社借入総額と同様に他社借入件数も総量規制に大きく影響してきます。

現在、借り入れがなくても借入可能先が数件あれば、あっという間に総量規制の規制を超える借り入れになるとも限りません。

よって、他社借入件数が複数社ある場合は審査時には悪影響となります。

近年は消費者金融カードローンは無利息サービスをはじめとするメリットの高いサービスが色々と展開されているので、それを目的に入会する方も少なくありません。

しかし、現在の借入先が2社以上ある場合は審査には悪影響となってくるのです。

利用していないところを解約するなどして借入件数を減らしてから申し込むことをおススメします。

また、知らない方が多いのですが、クレジットカードに付帯されているキャッシング枠も借入先の1つとして数えられます。

クレジットカードのキャッシング枠が付帯されているかどうかの確認も忘れないようにしてくださいね。

 

④金融事故の有無

プロミスに限らず金融事故を起こしている方が審査に通ることはありません。

代表的な金融事故は返済不能となった方が行う自己破産などの債務整理が挙げられますが、そのほかにも度重なる遅延や延滞も金融事故として数えられるのです。

延滞や遅延が自己破産と同列として数えられるのは、合点が行かない方もいるかもしれません。

しかし、プロミスでは信用情報に度重なる遅延や延滞が登録されている場合は、金融事故として扱うことになるので審査通過は難しくなってきます。

そうならないためにも度重なる遅延や延滞は絶対に避け、健全な返済を心がけることが重要となってきます。

この点はよく理解しておきましょう。

 

在籍確認はどうなるの?

プロミスにおいては審査時に必ず在籍確認が行われますが、勤務がパート・アルバイトとなる学生の場合はどうなるのでしょうか?

在籍確認の電話を心配する方もいるようですが、プロミスではこの点は全く問題ありません。

プロミスを名乗って電話がかかってくるわけではなく、必ず個人名で連絡が入ります。

しかも、そこで働いていることが分かればそれでOKですから、電話口に出た時点で在籍確認は終了となります。

またバイト生が多く、名前の把握がされていないなど在籍確認が取りにくい状況では、その旨を相談すれば在籍が確認できる下記のような書類を提出することで在籍確認としてくれる場合もあります。

・収入証明書
・源泉徴収票
・社員証
・在籍証明書

在籍確認が取れなければ審査は終了しません。

この点をよく理解して、在籍確認が取りにくい場合には事前にプロミスへ相談するようにしましょう。

 

無利息サービスは利用できるの?

申し込む学生さんの中には、審査に通ったとしても無利息サービスは使えないのではと心配する方もいるようです。

しかし、プロミスは職業によって利用できるサービスに優劣をつけることは絶対にありません。

よって審査通過した時点で、プロミスの提供するサービスすべてを受けることが可能ですから、当然、プロミスの目玉の一つである無利息サービスもちゃんと利用することができます。

 

親バレの心配はないの?

学生の方が一番気になるのが親バレ

カードローンへ申し込んでいることが親バレすればただでは済まないのは周知のとおりです。

しかし、プロミスではこの親バレの心配もありません。

プロミスから親御さんに直接連絡が入ることはありませんし、自宅への郵送物もメールで対応することが可能です。

1つ気がかりなのが自宅へのカードの郵送ですが、これも無人契約機で発行することもできるので、気になる方はカードの郵送も止めることができます。

ですが返済だけは確実に行うようにしましょう。

基本的には携帯電話への連絡となりますが、延滞が長期に及べば自宅への電話連絡が入る可能性もあります。

この電話連絡で親バレするケースは少なくありません。

しかし健全な返済さえ行っておけば、プロミスで親バレする可能性はほとんどないと言えるでしょう。

 

学生は当日融資は可能なの?

プロミスの特徴の1つがスピード審査による当日融資です。

このサービスが目的でプロミスへ申し込む方は実に多いのですが、学生もこのサービスを目的に申し込む方は少なくありません。

そこで気になってくるのが当日融資を受けられるかどうかという点です。

学生の場合、年収が少ないこともあって審査が難航することもありますが、先程説明した審査時に重要視される下記4つをクリアしていれば審査はすんなりと進み、当日融資も可能です。

・勤続年数
・他社借入総額
・他社借入件数
・金融事故の有無

しかし、これらの内どれかに問題があれば審査は詳細に行われることになるので、必然的に審査時間は長くなるため、当日融資は不可能となる可能性は高くなってくるでしょう。

また借入希望額を高めに設定するのも厳禁です。

借入希望額は高ければ高いほど審査は厳しくなります。

特に学生は収入が低いこともあり、そんなに高額でない場合も厳しく審査されることになります。

最高借入額は年収の3分の1であることを念頭に置き、それよりもグッと抑えた借入希望額にすることをおススメします。

 

プロミスは未成年でも申し込めるの?

学生となれば成人だけでなく未成年者も含まれるため、プロミスの未成年への対応については気になってくるところです。

学生がOKですから、未成年でも学生なら申し込みOKと考えるかのも多いかと思いますが、残念ながらプロミスへの申し込みは未成年者はNGとなっています。

これはプロミスの申込条件でも下記のように謳われており、申込可能なのは20歳以上の成人のみです。

・年齢20歳以上~69歳以下

なんで未成年の申し込みはできないの?

未成年の学生でもアルバイト収入が高い方などは、なんで申し込みできないんだと不思議がる人もいることでしょう。

しかし、未成年に対する貸付は法律によって厳しい規制がとられており、民法5条において下記のように定められています。

・未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない
・前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる

また民法において未成年者に対する貸付は下記の条件を全て満たした場合、その契約を全くの白紙とすることができるとも定められています。

・契約者が満20歳未満
・契約者に婚姻の経験がない
・保護者の同意を得ていない
・保護者から渡される小遣いの範疇をこえた借り入れ
・保護者の同意を得た取引でない
・詐術を用いた契約でない

成人に比べ金融取引の経験や知識が全く少ない未成年者を配慮し、契約によって不利益を被らないように法律で保護しているのです。

上記条件を満たした契約は貸付した後でも無効にすることができ、無効となった場合は契約時点に遡り最初から下記のようにすべての契約事項が取消しされます。

・返済義務は全くなくなる
・返済額の返還請求ができる
・受け取った商品やサービスは残っていれば返済、なければ返済しなくてもいい

つまり未成年者に対する貸付はもしもという場合には大きな負債を負うことになるリスクをはらんでいるというわけです。

よってこのリスクを回避するため、プロミスをはじめとする大手消費者金融業者は未成年に対しての貸付は一切行っていないのが一般的認識となっています。

 

未成年だけど結婚している場合は?

未成年者であっても結婚して家庭を持てば、未成年者という扱いではなく成人と同等の扱いとなります。

法律上では成人として認められているので、未成年者と違って個人に対して返済責任が発生します。

よって、金融機関からの借り入れには親の同意は必要なく、基本的には個人の責任において借り入れすることが可能になります。

となれば結婚している未成年者ならばプロミスのカードローン利用は可能になってくるのでしょうか?

残念ながら答えはNOです。

プロミスに限らず、未成年者には既婚・未婚を問わず貸付を行っている大手カードローン業者は皆無なのが実情です。

よって、プロミスにおいても申し込みの受付自体を断られることになります。

プロミスは申込条件の年齢制限にもあるとおり、その資格を有していない場合の申し込みに例外は認めていないのが現状なのです。

プロミスにおいてはとにもかくにも、未成年者の申し込みはNGだということをよく覚えておきましょう。

 

学生ローンなら未成年者でもOKだが・・・

未成年者でも利用できるカードローンといえば学生ローンが提供しているものが代表格と言われいます。

社名は決して知名度があるとは言えませんが、未成年者でも利用することが可能です。

有名どころとしては下記の2つが挙げられます。

①カレッジ
(各種条件)
・日本国籍を有する
・学生の方
・安定した収入がある方
・金利 17.0%
・借入限度額 10万円(20歳以上は50万円)

②マルイ
(各種条件)
・学生の方
・安定した収入がある方
・金利 15.0%~17.0%
・借入限度額 50万円

上記2つは学生ローンの中でも名の通ったところになりますが、基本的に未成年者に率先して貸付している消費者金融の中には悪徳金融が潜んでいる可能性は否めません。

よって、知名度の低いところからの借り入れは十分な注意が必要となってきます。

どうしても借り入れしなければならない場合は十分な注意を払い、できるならば親族や知人から借り入れすることをおススメします。

【公式サイトはこちら】
プロミス

【詳細はこちら】
プロミス審査

関連記事

メニュー

ページ上部へ戻る